2020年8月10日 (月)

[ド] グッドガールズ:崖っぷちの女たち

 Netflixで配信中。仲良し女性3人が、資金繰りに困って強盗をし、成功したものの… と言うクライムコメディ。

Good-girls
 ミシガン州の郊外に住む専業主婦ベスは、夫の浮気に気づく。さらに夫の経営する店が資金繰りに困っているため、ローンの支払いにも困ることに。ベスの妹アニーはスーパーで働くシングルマザー。夫は新しい妻と2人で娘の親権を争うと言い出すが、弁護士費用も払えないアニー。彼女たちの親友ルビーはウェイトレス。夫は警官を目指す警備員。家庭は円満だったが、娘は腎臓病で移植が必要。治療薬はあるが高価で払えない… 3人は、アニーの働くスーパーに強盗に入ることを計画。見事成功するが、そこには予想以上の大金が…

 ベス役にクリスティナ・ヘンドリクス(MAD MENのジョーン)。妹のアニー役にメイ・ホイットマン。ルビー役にレタ。ベスの夫ディーン役にマシュー・リラード。

 お金がない3人の女性たち。でも結構いい家に住んでるよね… 底辺ではなさそうだが、カツカツなのだろう。何もなければなんとか暮らせるが、弁護士費用とか、高価な治療薬とかには足りない。ないなら盗もう!と言う安易な発想。意外と簡単に成功してしまうが、ちょいちょいミスをしている。そしてそれがあとでちょいちょい問題になる。

 スーパーに、思いのほか大金があったのだが、これには当然理由がある。そこから彼女たちは泥沼にはまっていくワケだが、謎なのは、店長がその大金のことを知らないこと。店長なんだから当然店の売上金とかも管理してるだろうし、売上げ以上の金があるとなれば気づくはずで、そうでないとすれば店長も関わっていることになると思うのだが… また、治療をしなければ腎臓移植が必要で、治療する薬はあるのにお金がないから治療を受けられないって問題だよ、やっぱり。

 ドジな彼女たちの行動や、ちょっと謎な設定にイラッとしつつも、コミカルな展開を楽しんでいる。シーズン1が10話、シーズン2が13話、シーズン3が11話。シーズン4も決まっているらしい。彼女たちに平穏は訪れるのだろうか???

| | コメント (0)

[ド] アンビリーバブル たった1つの真実

 Netflixオリジナル作品。リミテッドシリーズで全8話。実際に起こった事件を元にした作品とのことで、レイプ被害者の苦悩と刑事の奮闘を描く。

Unbelievable
 ワシントン州の若者向け支援センターで暮らすマリーは、ある日の朝方、突然押し入った男にレイプされる。警察に被害届を出したものの、気遣いなく何度も執拗に質問攻めにされた挙げ句、証言内容に食い違いがあるからと言われ、虚偽報告だと決めつけられてしまう。渋々ウソであると認めてしまったマリーは、友達にも見放され、孤立。
 3年後、コロラド州でレイプ事件が起こり、捜査に乗り出したカレンは、同じ手口の犯行が別の警察署管轄管内で起こっていることを知り、そちらの担当グレースと共同チームを作って捜査に当たることに。

 マリー役にケイトリン・デヴァー。カレン役にメリット・ウェヴァー(ナース・ジャッキーのゾーイ、ウォーキング・デッドのデニース、ゴッドレスのメアリーなど)。グレース役にトニ・コレット(ユナイテッド・ステイツ・オブ・タラのタラ)。

 実際の事件ということで、結末がすっきり系でよかった。が、最初の被害者マリーの件を担当した刑事には腹立つなー。被害者の気持ちを全く考えもせず、証言が食い違ってるからウソだと決めつけるとか、想像力の欠如に他ならない。レイプされて動揺している人が、最初から完璧に一貫している証言をできなくてもしょうがないじゃん、動揺してるんだから。おまけに虚偽報告だと決めつけて訴えるとか、どんな神経をしてるんだろうと思う。また、州を跨ぐとうまく連携しない、レイプ事件の報告書を真面目に書く刑事は少ない、事件のデータベースの作り方にも問題がある(検索しにくい)など、当時のアメリカの警察にもいろいろ問題点があること(今は改善されているのか?)、犯罪ドラマや、DNA検査に関する書籍で、犯人も勉強しており、証拠採取が難しくなっていることなど、興味深い。

 一方、最初から被害者に寄り添ってじっくりと話を聞き、最初からムリに話さなくてもいいこと、思い出したら教えて欲しいことなどを伝えて被害者の立場に立って話を聞くことができるのは同じ女性だからだろう。手がかりがほとんど見つからないにも関わらず、地道な捜査を進めて犯人を追い詰める展開は目が離せず、8話一気見してしまった。

 それにしてもアメリカってレイプ事件が多いのね… 70代のおばあさんまでレイプされるって… 大丈夫かアメリカ人?

| | コメント (0)

2020年8月 8日 (土)

[ド] DARK

 Netflixで配信中。ドイツの作品。ある田舎町で子どもが失踪。33年前にも同じような事件が起こっており、どうやら原発が関係しているのか? と言うことで、原発の町で、1953年、1986年、そして2019年の出来事を描く。

Dark
 2019年ドイツの田舎町ウィンデン。ある日、高校生ヨナスの父親が自室で自殺。ショックからしばらく学校を休んでいたヨナスは、復学。夜、友達に誘われ数人で森へ入ると不思議なことが起こり、全員で逃げ出すが、少年ミッケルだけが戻らず、そのまま行方不明に。ミッケルの父ウルリッヒは、33年前に弟マッツが同じように突然行方不明となった経験があり、余計に衝撃を受ける。警官でもあり、必死に捜索するが見つけられず。ある日、少年の遺体が発見されるが…

 ヨナス役にルイス・ホフマン。母ハンナ役にマヤ・ショーネ。ウルリッヒ役にルドルフ・ベーケルマン。妻カタリーナ役にヨルディス・トレーベル。他にも登場人物いっぱいいるが、若い頃と現在とで役者さん多数だし馴染みのない俳優さんたちなのでこれくらいで。

 最初は、名前も覚えられないし、顔も誰が誰だか… と言う感じだったのだが、だんだんわかってくると面白さがわかってきた。この町では33年ごとに何かが起こるらしい。そしてどうやら原発が関係しているらしい。ヨナスの父についての事実がわかる辺りはかなりの衝撃。ウルリッヒの行動にも注目だ。

 シーズン1が10話。シーズン2と3が8話ずつで、完結しているらしい。とりあえずシーズン1まで見終わった。どんな展開になるのか、収束するのか、興味津々。

| | コメント (0)

2020年8月 3日 (月)

[ド] サンタクラリータ・ダイエット

 Netflixオリジナル作品。妻が突然ゾンビになってしまった一家の物語。

Santa-clarita-diet
 郊外で不動産業を営むシーラとジョエル。だが接客中に突然具合が悪くなったシーラは、案内中の住宅のバスルーム中に吐きまくる。あまりに大量の嘔吐物を見て驚いたジョエルは、シーラを病院へ連れて行くがまさかの3時間待ち。すっかり具合がよくなったシーラは帰ると言い出し… 猛烈な空腹感に襲われたシーラは、冷蔵庫の生肉を食べまくる。シーラの様子に不安を感じたジョエルは、隣人のオタク息子エリックに助言を求め、心臓が鼓動していないこと、皮膚を切っても鮮血が出ないこと、出るのはドロドロの血であること、生肉を欲すること… などから、シーラがゾンビ化したと判断。そしてついに悲劇は起こった…

 シーラ役にドリュー・バリモア。ジョエル役にティモシー・オリファント(デッドウッドのブロック保安官)。彼らの娘アビー役にリヴ・ヒューソン。隣人の息子エリック役にスカイラー・ギソンド。その義理の父役にリカルド・チャビラ(デス妻のカルロス)。

 ドリューがこんなぶっ飛んだ役をやるなんて~ しかも夫役がティモシー・オリファントで、デッドウッドの時とは全く違ったコミカルな役で驚き。この人笑うんだ…

 コミカルなゾンビものと言うことでは「iゾンビ」に近いか。でも誰を食べるか(殺すか)考える辺り、デクスターにも通じるものが!? 夫婦で不動産業ということで、時間はある程度自由になるらしい。なぜシーラが突然ゾンビ化したのかはまだ謎だが、娘アビーにも早々に伝えて理解してもらってるし、隣人のエリックにも話してあるので、1人で秘密を抱え込まなくていい分、楽かも知れない。ゾンビ化についての謎も、そのうち明かされるのだろうか??

 シーズン1~3まででそれぞれ10話ずつの全30話。気楽に楽しめそう。


| | コメント (0)

2020年8月 1日 (土)

[ド] SAFE 埋もれた秘密

 Netflixオリジナル作品。妻を亡くし、閑静な高級住宅街で2人の娘を育てる外科医が、16歳の娘の失踪をきっかけに、この街のある秘密が… 小説のドラマ化らしい。ミニシリーズで全8話。

Safe
 妻を亡くしたばかりの外科医トム・デラニー。ある日、16歳の長女ジェニーがパーティーに行ったまま戻ってこないため、近所中を探し回るが見つからず。親しい友人で刑事でもあるソフィに連絡、捜索が始まる。だが、一緒に居たと思われる恋人クリスが遺体で発見され…

 トム役にマイケル・C・ホール(デクスターのデクスター!)。ジェニー役にエイミー・ジェームズ・ケリー。ソフィ役にアマンダ・アビントン。トムの同僚で戦友でもあり親友のピート役にマーク・ウォレン(「華麗なるペテン師たち」のダニー)。クリス役にフレディ・ソープ。

 マイケル・C・ホールがイギリスのドラマに出演していたとは!! 外科医の役だが、どうしてもデクスターに見えてしまう… 失踪した娘を探すために奔走する役だが、親友のピート役マーク・ウォレンとのチームワークがすごくいい。

 トムの住む場所は塀に囲まれ、出入り口は門で閉ざされた住宅地らしい。なので安全と考えてそこに住んでいるのだろうが、危険は身近にある。失踪したジェニーを追ううち、この街の秘密が少しずつ明かされる。なかなかスリリングで8話一気見しちゃった。

| | コメント (0)

[ド] アンブレイカブル・キミー・シュミット

 Netflixオリジナル作品。中学生の時にカルト宗教によって拉致され、3人の女性と共に地下に監禁されて15年。救出され、一人NYで暮らすことにした29歳のキミー・シュミットの物語。

Unbreakable-kimmy-schmidt
 中学生の時にカルト集団に拉致され、監禁されたキミーたち。外の世界では生きものは絶滅していると説明され、15年間地下で暮らしていた。ある日突然救出され、外の世界が無事であることを知ったキミーたち。NYでテレビ出演したことで寄付金を受け取り、それぞれの故郷へと戻ることになったが、キミーだけはNYで暮らすことを決意。仕事と住む場所を見つけ、初めての都会暮らしに浮かれるが…

 キミー役にエリー・ケンパー。ルームメイトのタイタス役にタイタス・バージェス。アパートの大家リリアン役にキャロル・ケイン。キミーが働くことになった屋敷の女主人ジャクリーン役にジェーン・クラコウスキー(アリー・マクビールのエレイン)。

 アンブレイカブルってそういう意味か… 劣悪な環境で15年も耐えてきたキミーはとにかくポジティブ。些細なことに感激し、辛い目に合っても前を向いて進む。せっかくもらった寄付金も盗まれてしまうが、いつまでも嘆かない。15年は長い。当時はスマホなんてなかったし。目に映る物すべてが新鮮。

 ルームメイトのタイタスはミュージカルスターを夢見るゲイ。ずる賢いと言うかちゃっかり者というか。大家のリリアンのぼんやりさ加減もあって、居心地は良さそうな部屋だ。仕事先のジャクリーンには意外な過去があるとか、セレブな暮らしぶりとか、生意気なティーンエイジャーの娘とか、お金持ちあるあるも楽しい。

 シーズン1~3が13話ずつ、シーズン2が12話。キミーにパワーをもらおう。



| | コメント (0)

2020年7月26日 (日)

[ド] ザ・ボーイズ

 Amazon Prime Videoで配信中。同名コミックの映画化らしい。特殊能力を持つスーパーヒーローがたくさんいる世界で、彼らの多くはヴォート社という会社に雇われていると言う設定。その中でもセブンと呼ばれるトップクラスのヒーロー7人と、彼らの悪事を暴こうと闘う普通の人たち「ボーイズ」の物語。

The-boys
 ヴォート・インターナショナルは、200名超のスーパーヒーローたちを雇い、メディアに露出させることで収益を上げていた。中でもセブンと呼ばれる7人はトップクラスのヒーロー。普通の青年ヒューイは、ある日恋人のロビンが目の前で一瞬のうちに粉々になってしまう。セブンの1人で高速移動能力者のAトレインがロビンに衝突したためだった。にもかかわらず、不誠実な対応をするヴォート社に不信感を持つ。
 一方、セブンのメンバーの1人の引退に伴い、メンバー募集に応募したアニーは、見事選ばれ、セブンの仲間入りを果たす。スターライトと言う名前を与えられ、期待に胸膨らませるアニーだったが、出勤初日にセブンの1人であるディープにセクハラを受け、幻滅。失意のアニーは、偶然ヒューイと知り合う。

 ヒューイ役にジャック・クエイド。メグ・ライアンとデニス・クエイドの息子だそう。彼をボーイズに誘う男ビリー・ブッチャー役にカール・アーバン(オールモースト・ヒューマンのケネックス刑事)。ブッチャーの元同僚マザーズミルクことマーヴィン役にラズ・アロンソ。マーヴィンと仲が悪いフレンチー役にトマー・カポン。ヒューイのパパ役でサイモン・ペグ。ブッチャーの元同僚でCIA副長官スーザン役にジェニファー・エスポジート(スピン・シティのステイシー)。
 セブンのリーダー、ホームランダー役にアンソニー・スター。スターライトことアニー役にエリン・モリアーティ。クィーン・メイヴ役にドミニク・マケリゴット。Aトレイン役にジェシー・T・アッシャー。ディープ役にチェイス・クロフォード(ゴシップガールのネイト)。透明人間のトランス・ルーセント役にアレックス・ハッセル。ブラックノワール役にネイサン・ミッチェル。ヴォート社の副社長マデリーン役にエリザベス・シュー。ヴォート社の社長?エドガー役にジャンカルロ・エスポジート(ブレイキング・バッドのガスなど)。触れただけで相手の心を読み取る能力者メズナー役にハーレイ・ジョエル・オスメント(シックスセンスの少年が…)。

 すごく盛りだくさんなキャストだなー。ハーレイくんにはびっくりだけど(^o^; 特殊能力を持つヒーローがたくさんいて、会社に雇われてると言う設定も斬新だと思うが、ヒーローだからって善人とは限らない(と言うか、むしろやりたい放題の悪人??)と言うところ、とても興味深い。しかも彼らを金儲けの道具にしている会社、まるで巨大軍事産業のよう。これって、アメリカの軍事産業に対する皮肉なのかなと思う。

 そんな彼らの真相に気づき、闘うことにしたボーイズ。とはいえ、それぞれ目的が違うので、なかなか足並み揃わず。特殊能力もないし。彼らに勝ち目はあるのか? あるんだなこれが。ヒーローも人間、弱点がある。

 ヒーローが主役じゃないヒーロー物って初めてじゃないかな。いかにも悪そうな、嫌らしい感じのヒーローに描いているところも興味深い。あのイケメンのチェイス・クロフォードが、あんな嫌らしい感じになってるし。見た目っていくらでも偽れるんだなとか、メディアって怖いなとか、いろいろな事を考えながら8話一気に観賞。

 シーズン1が8話。3まで決まっているらしい。続きも楽しみ。


| | コメント (0)

2020年7月18日 (土)

[ド] アウトブレイク

 Amazon Prime Videoで配信中。カナダの作品でフランス語。あまりにタイムリーすぎてびっくり。モントリオールのイヌイットを中心に謎の伝染病が流行り始め、死者が… と言うストーリー。突っ込み入れながら鑑賞中。

Outbreak
 カナダ、ケベック州モントリオールの街中で、イヌイットのホームレスの間に未知のウイルス感染が広がる。従妹のアラシーと、その周りにいた人たちが同じような症状で死亡したのを目の当たりにしたネッリは、偶然知り合った緊急衛生研究所の所長アンヌ・マリーに報告。すぐに調べ始めたアンヌ・マリーは、新型コロナウィルスが原因であることを突き止めるが…

 アンヌ・マリー役にジュリー・ルブレトン。その夫で医師のマルク役にガブリエル・サブラン。その愛人で医師のクロエ役にメリッサ・デゾルモー=プーラン。公安大臣役にギョーム・シール。ネッリ役にナンシー・サンダース。

 イヌイットのホームレスが相次いで亡くなったことに気づいたネッリだが、ホームレスであること、イヌイットであることから、自分たちには関係ないと考える人たち、体調不良になっても平気で出歩く人たち、咳が出るのにマスクをしない人たち、マスク不足に乗じて病院からマスクを盗み出して高値で売りさばく輩、事の重大さに全く気づいていない大臣… と、どこかで見たようなシーンが続々。まるで予言していたかのよう。

 シーズン1が10話。果たしてこの10話でどこまで話が進むのか…

| | コメント (0)

2020年7月13日 (月)

[ド] プロット・アゲンスト・アメリカ

 スターチャンネルEXで配信中。1940年のアメリカ大統領選で、ルーズベルトではなく、リンドバーグ(大西洋単独無着陸飛行に成功したあのリンドバーグ)が勝っていたら? と言うアナザーストーリー。リンドバーグはドイツ寄りで、第二次世界大戦にアメリカが参戦しないと言う公約を掲げて当選したと言う設定だ。なのでアメリカは参戦していないのだが、リンドバーグがナチ寄り→反ユダヤということで… あるユダヤ人一家を描いた物語。同名小説が原作らしい。

Plot-against-america
 1940年6月。ニュージャージー州ニューアークのユダヤ人街に住むユダヤ人一家。父ハーマンは保険外交員。昇進が近いと考えて隣町への引っ越しを考えるが、すぐ近くにドイツ人街がある上に、住み慣れた街を出ることに不安を感じる妻ベス。そんな中、大統領選に英雄的飛行士リンドバーグが立候補したことでユダヤ人街に不安が広がる。彼は反ユダヤだった… 一方、妻子ある男性と付き合っていたベスの姉エヴリンは、彼が妻と離婚する気がないことにやっと気づいて別れることに。そんな時、年配の独身ラビと知り合い…

 ベス役にゾーイ・カザン。夫ハーマン役にモーガン・スペクター。ベスの姉エヴリン役にウィノナ・ライダー。ハーマンの甥アルヴィン役にアンソニー・ボイル。ラビのベンゲルズドーフ役にジョン・タトゥーロ。モンティ(ハーマンの兄)役にデヴィッド・クラムホルツ(Numb3rsのチャーリー)。

 「高い城の男」もそうだけど、あのとき負けてたら… とか、戦争してなかったら… とか、アメリカ人もやっぱり考えるのだろうか。確かに反ユダヤの大統領が誕生していたら、今のアメリカはずいぶんと違った社会になっているんじゃないかと思う。それだけユダヤ人が力を持った国ということなんだろう。

 「マーベラス・ミセス・メイゼル」もユダヤ人女性の物語で、ユダヤ人社会が出てくるのだが、教養があり、裕福な人たちとして描かれている。毎年避暑地に集まって2ヶ月のバカンスを楽しむエピソードもあった。やはりユダヤ人同士での結婚が望ましいと考えているようで、夏のバカンスも出逢いの場になっている感じだった。そういう人たちのつながりって大きい。

 話は戻ってこちらの世界。反ユダヤの大統領が誕生し、ラビを手懐け、集まっているユダヤ人たちを南部の農村部に移住させてバラバラにしようという政策を始める。でも南部ってKKKとかがいるところである。KKKの標的は黒人だけではなく、ユダヤ人も含まれている。そういう人たちを放置しとく国のトップってどうなのよと思うが、そういうところへユダヤ人を送り込むと言う発想もまた怖い。優秀な人たちが集まると自分たちの立場が危ういと思うんだろうか。

 リミテッドシリーズだそうで全6話。5話まで配信されたので残るはあと1話。果たしてどんな結末が待っているのか…

| | コメント (0)

[ド] スパルタカス

 ちょっと古いね、2010年の作品。スターチャンネルEXで配信中。なんとなく見そびれていたので視聴。剣闘士ということで闘いのシーンがとても多いのだけれど、その見せ方がすごい、迫力あるけどかなりグロい。そして官能的なシーンも盛りだくさんなのでエロい。そのへんが人気の理由か? 原題は "Spartacus: Blood and Sand"。これ、見るとわかるのだが、訓練所や剣闘するスタジアムは下が砂で、そこには彼らの血がたくさん流れているのだ…

Spartacus
 トラキア人たちは、ゲタイ人の討伐にやってきたローマ軍と渋々条約を交わし、加勢することに。だがローマ軍副将グラベルは自らの出世しか頭になく、作戦を勝手に変更。そのせいで、故郷の街がゲタイ人による報復を受けることに気づいた男たちが逃亡して故郷へ戻る。だが時すでに遅く、村は廃墟と化していた… 偶然村を離れていた妻スーラを救った男だったが、ローマ軍にとらえられ、妻は連れ去られてしまう。その後剣闘士の訓練所へ送られた男は、スパルタカスと言う名前を付けられ、闘うことを強いられたが…

 スパルタカス役にアンディ・ウィットフィールド。剣闘士訓練所を持つバティアトゥス役にジョン・ハナ。妻ルクレティア役にルーシー・ローレス。訓練所の指導者ドクトーレ役にピーター・メンサー。訓練所のトップスター、クリクシス役にマヌー・ベネット。グラベル役にグレイグ・パーカー。その妻イリティア役にヴィヴァ・ビアンカ。

 最初の頃のスパルタカスはでくの坊というかなんというか… やることなすことアホな感じに見えてしまったのだが、次第に思慮深い剣闘士へと成長。だが、彼を不幸が次々と襲う。彼に平穏は訪れるのか??

 シーズン1が13話、シーズン2、3が10話ずつ。と調べていて気づいた。シーズン2からはスパルタカス役がリアム・マッキンタイアに変わっているのだ。どういうことだ、何があった? とさらに調べると、初代スパルタカス役のアンディ・ウィットフィールドは非ホジキンリンパ腫で2011年9月に亡くなったそう。なんと… 無敵の男も病には勝てなかったのか… この役でブレイクしたところだったのに、残念だね…

| | コメント (0)

[ド] ハリウッド

 Netflixオリジナル作品。第二次世界大戦後のハリウッド黄金時代を舞台に、俳優や映画製作者たちの姿を描いたミニシリーズで、全7話。

Hollywood
 第二次世界大戦後のハリウッド。大手映画スタジオであるエーススタジオの入口には、エキストラ出演しようと集まる大勢の人々が。その中の1人、ジャックは退役軍人で、双子を妊娠中の妻と結婚したばかり。自慢の容姿を武器に俳優への道を模索するがなかなかチャンスをつかめず。そんなとき、ガソリンスタンドの経営者アーニーにスカウトされ働くことになったが、その仕事は給油だけではなかった… 

 ジャック役にデヴィッド・コレンスウェット。監督志望のエインズリー役にダレン・クリス(Gleeのブレイン)。エインズリーの恋人で女優を目指す黒人女性カミーユ役にローラ・ハリアー。エース・スタジオの重役ディック役にジョー・マンテロ。ガソリンスタンド経営のアーニー役にディラン・マクダーモット(ザ・プラクティスのボビー・ドネル)。ロック・ハドソン役にジェイク・ピッキング。脚本家志望のアーチー役にジェレミー・ポープ。エーススタジオの女性幹部エレン・キンケイド役にホランド・テイラー。エーススタジオ社長の娘で、女優志望のクレア役にサマラ・ウィーヴィング。大物マネージャー、ヘンリー役にジム・パーソンズ(ビッグ・バン・セオリーのシェルドン)。社長の妻で元女優のエイヴィス役にパティー・ルポーン。女優で社長の愛人ジャンヌ・クランドール役にミラ・ソルヴィノ。社長役にロブ・ライナー。黒人初のアカデミー賞を受賞したハティ・マクダニエル役にクイーン・ラティーファ。女優タルラー・バンクヘッド役にパジェット・ブリュースター(クリミナルマインドのエミリー・プレンティス、Huffのベス)。ヴィヴィアン・リー役にケイティ・マクギネス。クリエイターはライアン・マーフィー。ダレン・クリスってライアン・マーフィーのお気に入りだね。

 黄金時代のハリウッド。実在の俳優たちも出てくるので、とても興味深い。第二次大戦後と言うことで、人種差別やゲイ差別の時代。そんな時代にあえて黒人女優主演の映画を作ろうとする人たちの物語だ。「風と共に去りぬ」のメイド役で初のアカデミー賞黒人受賞者となったハティ・マクダニエルが出てくるが、授賞式に入れてもらえなかった(黒人だから)と言う有名なエピソードも語られていて、本当に興味深い。ロック・ハドソンがガッツリ同性愛者として出てくるが、そんな彼を利用するエージェント役がジム・パーソンズだったり。ロック・ハドソンが台詞を覚えられない大根役者に描かれていたり。フィクションなのだろうが、実際の出来事もかなり盛り込まれていたりするので、こんな時代だったのかなぁなどと想像。もっと見たかったー、けどうまくまとまってるので、やっぱこれで終わりだね。

| | コメント (0)

2020年6月23日 (火)

[ド] ラスト・キングダム

 Netflixで配信中。9世紀のイギリスを舞台にした作品で、歴史小説家バーナード・コーンウェルの「The Saxon Stories」が原作とのこと。実在のアルフレッド王などが出てくるのだが、主人公ウートレッドは架空だがモデルはいるらしい。ノーサンブリアの豪族の家に生まれたウートレッドが、デーン人に家族を殺されヴァイキングとして育てられるが、その育ての父も殺され… と言うストーリー。サクソン人として生まれながらデーン人に育てられ、両者の間で葛藤する主人公の物語。

The-last-kingdom
 イギリス北部のノーサンブリア、ベバンバーグの領主の次男として生まれた少年は、攻め入ってきたデーン人に父と兄を殺されたことで跡継ぎウートレッドとなるが、領主の座を狙う叔父に命を狙われ、それを知ったデーン人ラグナルに育てられる。ヴァイキングとして育った青年ウートレッドだったが、ラグナルに敵対するデーン人に襲撃され、命からがら逃げ出す。家族を失ったウートレッドは、後に王となるアルフレッドの元へ行くが…

 ウートレッド役にアレクサンダー・ドレイマン。彼に洗礼をした神父ベオッカ役にイアン・ハート。ウートレッドの友人ブリダ役にエミリー・コックス。アルフレッド王役にデヴィッド・ドーソン。#1にはヴァイキングの長老?役でルトガー・ハウアーも出演。登場人物どんどん死亡退場で、どんどん新キャラ登場なので書き切れん…

 シーズン1のウートレッドは、若さ故か、とにかく乱暴者で何がしたいのかよくわからない、全く好感の持てない男なのだが、次第に成長。部下から信頼される男になっていく。彼の戦略は巧みで、アルフレッド王を何度も救う。困ったときのウートレッド頼みというか、デーン人に攻められて難しい状況になると、ウートレッドに助けを求めるくせに、彼に対してかなり酷い扱いをするアルフレッド王。そこには、ウートレッドがクリスチャンの洗礼を受けながらもクリスチャンにならない(デーン人としての信仰を持っている)ことが影響しているようだ。敬虔なクリスチャンであるアルフレッド王は、神こそがすべて。(すべて神頼み?)イギリスを一つに統一することを目指しているが、志半ばで病に倒れる。

 デーン人というのは今のデンマーク人の祖先だそうで、イギリスにはこんなにたくさんデーン人が入ってきてたことを初めて知った。書物を愛し、出来事を忠実に書物に書き、遠方からも手紙で連絡を取る知的なアルフレッド王に対し、文字なんて物を使わず、闘って奪うことが人生で、死ぬときに剣を持っていなければバルハラ(天国?)へ行かれないと信じている戦士、でも野蛮人な感じのデーン人。戦闘シーンがとても多いのだが、戦い方もだいぶ違う。

 シーズン1、2が8話ずつ、シーズン3と4が10話ずつ。シーズン4の#4くらいまで見たのだが、シーズン2辺りから格段に面白くなる。エセルなんとかと言う名前の人がやたら多くてかなり混乱したが(やっと覚えたと思ったら死んじゃうし)、サクソン人なのか、デーン人なのか、自身のアイデンティティで悩むウートレッドが、あっちについたりこっちについたりしながら、自らの進む道を模索する様子を、ハラハラしながら観賞。ゲーム・オブ・スローンズと違って、ウートレッドが主人公=死なないと言う点は安心して見られるけどね。

| | コメント (0)

2020年6月12日 (金)

[ド] ザ・ループ

 Amazon Prime Videoで配信中。先日見た「アップロード」を見終わったあとにオススメされたので視聴。スウェーデンのアーティストによる、ストーリー付きイラスト集「TALES FROM THE LOOP」が原作のSFドラマ。

Talesfromtheloop
 オハイオ州の田舎町マーサー。この町では、地下にある研究施設「ループ」である研究が行われていた。この施設に勤務するアルマは、研究中のある物質を勝手に持ち出す。翌朝、娘ロレッタが学校から戻ると家が無かった… 母親を捜し歩くロレッタは、近所に住む少年コールに出会う。2人は、アルマの勤務する「ループ」へ探しに行くが、アルマは勤務していないと言われてしまう… コールは自宅にロレッタを連れてくるが、彼女を見た母親は衝撃を受ける。ロレッタは、少女時代の自分だった…

 と言うのは第一話。全8話で、それぞれが別の話なのだが、舞台が小さな田舎町で、この研究施設ループのせいで起こる不思議な現象を描いた物なので、つながっていると言えばつながっている。

 この物語の要であるロレッタ役にレベッカ・ホール。夫ジョージ役にポール・シュナイダー。彼らの息子ジェイコブ役にダニエル・ゾルガードリ、コール役にダンカン・ジョイナー。ジョージの父であり、ループの管理者ラス役にジョナサン・プライス。

 摩訶不思議な現象が盛り込まれていて確かにSFではあるのだが、舞台はおそらく60~70年代くらいの設定。スマホなどのハイテク装置は全く出てこない。ゆったりと時間が流れる田舎町を舞台にしているせいか、日常はのどかで、人間ドラマでもある。どの回も考えさせられる内容になっていてとても興味深い。シーズン2も期待しちゃうなー

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

[ド] オリーヴ・キタリッジ

 Amazon Prime Videoで配信中。「オリーヴ・キタリッジの生活」が原作のミニシリーズ。数学教師オリーヴと薬剤師の夫ヘンリーの25年の物語。

Olive-kitteridge_20200525213601
 アメリカ北東部の小さな港町で、薬局を営む夫ヘンリーと10代の息子クリストファーと暮らす数学教師オリーヴ。温厚で面倒見のよいヘンリーとは対照的に、厳格でズケズケとものを言うオリーヴ。ある日、薬局の従業員が急死し、代わりにやってきた若い女性デニースをすっかり気に入ったヘンリー。だが新婚のデニースの夫が急死し、かいがいしく面倒をみるヘンリーを、冷ややかな目で見るオリーヴ。彼女は同僚のオケイシーに思いを寄せていた…

 オリーヴ役にフランシス・マクドーマンド。ヘンリー役にリチャード・ジェンキンス。大人になったクリストファー役にジョン・ギャラガー・Jr。オリーヴの友人役にアン・ダウド(LEFTOVERSのパティ、ハンドメイズテイルのリディアおば)。オケイシー役にピーター・マラン(オザークへようこそのジェイコブ)。近所のレイチェル役にローズマリー・デウィット(ユナイテッド・ステイツ・オブ・タラのシャーメイン)。デニース役にゾーイ・カザン。ジェリー役にジェシー・プレモンス(ブレイキング・バッドのトッド、FARGOのエド)。ジャック役にビル・マーレイ。

 全4話で、1話がたっぷり1時間くらいあるので、ドラマというよりは長い映画という感じか。偏屈なオリーヴを、深く愛しているヘンリー。何故かはわからないが、やさしいヘンリーは誕生日にカードを送ったりするマメな男性だ。だが、カードを読んだらさっさとゴミ箱へ捨ててしまうオリーヴ。こういうちょっとしたシーンに、彼らの性格がとてもよく描かれているなと思う。オリーヴはヘンリーに物足りなさを感じている。やさしすぎると言うことなのか。同僚のオケイシーとの不倫を夢見ているが、決して実行はしない。

 ヘンリーは誰に対しても優しい。常にいい面を見ようとする。クリストファーの結婚式がいい例で、いい式だったと感じているヘンリーに対し、風が強くて屋外のセッティングがめちゃくちゃになって散々だったと言うオリーヴ。彼女は欠点を見つけることに長けている。そんな両親に育てられ、問題を抱えたまま大人になったクリストファー。

 ヘンリーは明らかに善人だが、オリーヴの言っていること、やっていることは確かに正しい。ウソが付けない、思った事をズケズケと言ってしまうと言うだけで、優しさがないわけではない。そんな彼女にヘンリーは惹かれたのか。

 かなり見応えのある作品だが、引き込まれて4話一気に見てしまった。港町の風景も素晴らしい。2015年のエミー賞では、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞(ビル・マーレイ)、監督賞、脚本賞、作品賞と6部門を受賞したと言うのも納得だ。

| | コメント (0)

2020年5月24日 (日)

[ド] アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~

 Amazonオリジナルドラマで、Amazon Prime Videoで配信中。自動車事故で死んだ主人公が、ヴァーチャル天国へアップロードされ、そこで余生???を過ごすことになると言うストーリー。

Upload
 アプリ開発をしていたネイサンは、自動運転車の事故で重体に。手術を受けるか、ヴァーチャル天国へ行くためのアップロード作業を受けるかの選択を迫られ、ガールフレンドのイングリッドの強引な説得でアップロードを選択。ホライズン社のレイクビューへアップロードされることになるが途中で事故が… 無事アップロードされ、レイクビューでの生活が始まったネイサンだったが、記憶の一部が欠落していた。見知らぬ場所での生活を強いられ、自暴自棄になったネイサンだったが、カスタマーサービスのノラと親しくなり、恋に落ちる…

 ネイサン役にロビー・アメル。彼はスティーブン・アメル(アローのオリヴァー・クイーン)の従弟らしい。ノラ役にアンディ・アロー。ノラの同僚アリーシャ役にザイナブ・ジョンソン。ネイサンのガールフレンド、イングリッド役にアレグラ・エドワーズ。レイクビューの住人ルーク役にケヴィン・ビグリー。イングリッドのママ役でテリル・ロセリー(スターゲイト:SG1のDr.フレイザー)。

 ネイサンは親友ジェイミーと共同でアプリ開発をしているが、そのアプリの売り方でジェイミーと意見が合わずにもめる。そんな中で、事故に遭い死亡。ガールフレンドのイングリッドは彼を手放したくないために無理矢理レイクビューに入れ、資金を出す。レイクビューでの生活は夢のよう… なはずが、結局はすべて金次第。金はイングリッドが出しているので、彼女に飼われている状態だ。体裁ばかりを気にしているイングリッドに嫌気がさすが、逃げ出すこともできず。そんな状況の中で、カスタマーサービスのノラに恋をして… と言うことで、生きている人間と死んでいる人間の恋は正立するのか? と言うラブコメであると同時に、ヴァーチャル天国という未来を見せてくれるSFでもある。さらに、ネイサンの死には誰かが関わっているらしいのでミステリー?

 ネイサンはちょっとチャラい感じの自己中男だ。イングリッドとも遊びで、真剣な付き合いに進めるつもりはない。だが彼女から逃れられなくなってしまう。そんな彼も、レイクビューでの生活で変化が。記憶の一部をなくしたためなのか、ノラに恋をしたためなのか、誠実な男に変わる。だが、欠落していた記憶が戻り…

 シーズン1は全10話。えー、ここで終わっちゃうのーって感じなので、シーズン2が待ち遠しいな。

| | コメント (0)

2020年5月20日 (水)

[ド] ジェーン・ザ・ヴァージン

 Netflixで配信中。ヴァージンなはずなのに、突然妊娠を告げられたジェーンの物語。ロマンティック・コメディかな、ドタバタだけど。

Jane-the-virgin
 祖母と母と3人暮らしのジェーン、23歳。祖母の言いつけを守り、清く正しくヴァージンを守っていた彼女だったが、ある日突然妊娠が発覚。そんなはずはない… と思いきや、子宮癌検診を受けた病院で、医師が別の患者と間違えて人工授精の処置をしていた…

 ジェーン役にジーナ・ロドリゲス。ジェーンの母ジオマラ役にアンドレア・ナベド。祖母アルバ役にイヴォンヌ・コル。ジェーンの恋人マイケル役にブレット・ディアー。お腹の子の父親ラファエル役にジャスティン・バルドーニ。その妻ペトラ役にヤエル・グロブラス。ジェーンのバイト仲間リナ役でダイアン・ゲレーロ(オレンジ・イズ・ニュー・ブラックのマリッツァ)。

 ジェーンは祖母の言いつけを素直に守り、恋人マイケルともまだセックスはしていない。それなのに突然妊娠を告げられ、そんなハズはないと婦人科のドクターに助言を求めると、実は間違えて人工授精しちゃいました…ってそんな~ しかもその精子は、ドクターの弟ラファエルのもの。ラファエルはかつて癌の闘病経験があり、その前に精子を採取して凍結保存していたのだが、それをこっそり使って妊娠しようと妻ペトラが企む。が、間違えてジェーンの子宮へ… しかも、凍結保存していた精子はもうない。ラファエルから健康な精子はもうとれないらしい。子どもを持つ最後の望みだったと言う設定。さてジェーンはどうするか。

 ラファエルとペトラ夫婦はうまくいっていないとか、ジェーンとラファエルは以前一度キスをしたことがある仲だったり、マイケルは警官で捜査中に犯罪者とペトラが逢い引きしているのを見てしまったり… とソープオペラさながらのドタバタさ。ジェーンの母は未婚の母なのだが、ジェーンの父は実は…とかもうホントにソープ。

 シーズン1、2が22話。3が20話、4が17話、5が19話で終わっているらしい。ハッピーエンドかなぁ。気になるね。

| | コメント (0)

[ド] ナチ・ハンターズ

 アマゾンプライムビデオで配信中。原題は "Hunters"。

Hunters
 1977年アメリカ。ビフ国務次官は自宅庭で友達を呼んでバーベキューをしているところへ部下とその彼女がやってきた。彼女はビフを見て、それがナチスの幹部だったことに気づいて騒ぎ始め…
 祖母ルースと2人暮らしの高校生のジョナは、ある夜、物音に気づいて1階へ下りると、ルースが射殺され、犯人が逃げていくのを目撃。ルースの葬儀にやってきたルースの旧友マイヤーと知り合う。マイヤーの家で、犯人の手がかり得たジョナは犯人を突き止めるが…
 フロリダで、高齢のNASA科学者がシャワールームで死亡。捜査を担当することになったFBI捜査官モリスは、被害者が元ナチスの科学者だったことに気づく…
 
 ジョナ役にローガン・ラーマン。マイヤー役にアル・パチーノ。大佐役にレナ・オリン。FBI捜査官モリス役にジェリカ・ヒントン(グレイズ・アナトミーのDr.エドワーズ)。ビフ役にディラン・ベイカー。ハンターズのメンバー役にキャロル・ケイン。

 #1がすごいね、冒頭のシーンからかなりの衝撃。ジョナ自身はまだ若いので、ユダヤ人虐殺は歴史の物語としてしか知らなかったのだが、ルース自身の体験を、あとから知ることとなる。祖母ルースの秘密を知り、自分もハンターズに加わる。一方、ナチスの残党?がアメリカで何やら画策していると言う設定。さらに事件の捜査ということで関わることになったFBI捜査官モリス。

 シーズン1が10話。とりあえず5話まで見たのだが、意外な展開もありそう。アル・パチーノをドラマで見られるとは…


| | コメント (0)

2020年5月16日 (土)

[ド] ビカミング・ア・ゴッド

 スターチャンネルで配信中。原題は "On Becoming a God in Central Florida"。タイトルから、どんな内容なのか全く想像がつかないのだが、90年代のフロリダを舞台に、主婦がネズミ講まがいの商売で神に上りつめる話らしい。

On-becoming-a-god-in-central-florida
 保険会社に勤める夫トラヴィスと、産まれたばかりの娘デステニーとともに暮らすクリスタルは、ウォーターパークでバイトをしながら家計を支えていた。マルチ商法のFAMにのめり込んでしまった夫トラヴィスは、クリスタルの反対したにも関わらず会社を辞めてFAMに専念することに。だが過労から車で池に落ちてしまい、ワニに襲われてしまう…
 突然未亡人となってしまったクリスタル。保険会社は退職しており、FAMとの契約は個人事業主と言うことで退職金もなし。さらにトラヴィスは自宅を抵当に借金をしていた… 手元にあるのは、大量のFAMの商品だけだった。

 クリスタル役にキルスティン・ダンスト。トラヴィス役にアレクサンダー・スカルスガルド。FAMの上位会員コーディ役にテオドール・ペルラン。コーディの上位会員の妻キャロル役にジュリー・ベンツ(デクスターのリタ)。クリスタルの同僚アーニー役にメル・ロドリゲス。アーニーの妻ベッツ役にベス・ディット。マルチ商法ガーボーシステムの創立者オビー・ガーボー2世役にテッド・レヴィン(名探偵モンクのストットルマイヤー警部)。オビーの妻ルイーズ役にシャロン・ローレンス。

 92年ということなので、まだ携帯は普及していない。なんでこんなマルチ商法にハマってしまったんだろうなぁ、トラヴィス。人がよすぎる感じの彼は、妻と娘を幸せにするためと信じてFAMにのめり込む。人を勧誘することで自分にお金が入る。勧誘した相手が別の人を勧誘するとまたお金が入る。ピラミッドの上の方にいれば、だまっていてもお金が転がり込むことになるが、下の方になればなるほど勧誘は難しくなる。このFAMで売っているのは洗剤などの日用品らしいが、特別いいものとも思えない。ちょっと考えれば詐欺まがいだとわかると思うのだが…

 そんな夫が急死、借金だけが残り途方に暮れたクリスタルは、コーディに説得されて(ボーナスを条件に)ポストを継ぐことに。そして持ち前のガッツで進み始める。キルスティン・ダンストいいなぁ、いつまでもくよくよせず、常に前向き。

 シーズン1が10話。シーズン2も決まっているらしい。

| | コメント (0)

2020年5月13日 (水)

[ド] ペーパー・ハウス

 Netflixオリジナル作品で配信中。8人組の強盗団のお話で、スペインの作品。シーズン1を視聴中。

La-casa-de-papel
 教授と名乗る男にリクルートされた犯罪のプロたち8人。お互いの名前も知らず、都市の名前でお互いを呼び合う彼らは、教授の計画した強盗を実行。造幣局に銃を持って押し入り、人質を取って立てこもる。彼らの本当の狙いは…?

 トーキョー役にウルスラ・コルベロ。ベルリン役にペドロ・アロンソ、モスクワ役にパコ・トウス、その息子デンバー役にハイメ・ロレンテ、リオ役にミゲル・エラン、ナイロビ役にアルバ・フローレス、ヘルシンキ役にダルコ・ペリッチ、オスロ役にロベルト・ガルシア。教授役にアルバロ・モルテ。刑事のラケロ役にイツィアル・イトゥーニョ。

 あちこちで強盗をしてまわるのかと思ったら、どうやらこの造幣局の強盗で1シーズン? 手際よく金を強奪してさっさと逃げられたのにあえて警報を鳴らして警察がやってくるのを待ち、人質をとって立てこもる8人。別の場所から指揮を執る教授。すべてこの教授の綿密に練られた計画で、わざわざ立てこもったのにも理由があるのだが、すべて計画どおりというわけにも行かず…

 シーズン1は9話、2は6話、3は8話、4は8話。果たして彼らの計画はどうなるのか?? 

| | コメント (0)

2020年5月 5日 (火)

[ド] アウトサイダー

 スターチャンネルで放送中。スターチャンネルEXでも配信中で、こちらで視聴。スティーブン・キング原作のドラマ化。ジョージア州の田舎町を舞台に、少年の殺人事件を描いたものなのだが、キング作品らしいミステリー。

The-outsider
 ジョージア州の小さな田舎町で、少年の惨殺死体が発見される。遺体は近くに住む11歳の少年と判明。複数の目撃証言や、物的証拠から、高校教師テリーが逮捕される。ところが、事件のあった時間、テリーは学会に出席するため、100km離れた場所に出張していた…

 事件を担当するアンダーソン刑事役にベン・メンデルソーン。妻ジーニー役にメア・ウィニンガム。容疑者テリー役にジェイソン・ベイトマン。今度は殺人事件の容疑者か… テリーの妻グローリー役にジュリアンヌ・ニコルソン。

 まだ2話しか見ていないのでどっち系かわからないのだが、とにかく謎。映像では、目撃者は確かに犯行現場付近でテリーを目撃している。血まみれだし、明らかに犯人だ。だが、同時に、100km離れた場所にいたことが証明されていて、カメラにも映っている。これはどういうことなのか。

 学会でカメラに映っているのは普通の高校教師テリー。少年野球のコーチもしていて、善良で熱心な教師に見える。一方、犯行現場付近で目撃されたテリーらしき人物は明らかに異常。ぼんやりとしていて意識がない様子。何かにとりつかれている?? 同じ時間に離れた場所に存在するって普通ではあり得ないので… そっち系??? それとも何かトリックがあるのか?

 全10話。HBOの作品なのでクォリティが高い。第1話が衝撃的なのは当然として、第2話も衝撃的だった。さてどんな展開になるのか、楽しみ。

| | コメント (0)

2020年4月23日 (木)

[ド] FBI:特別捜査班

 WOWOWで放送が始まったドラマ。とりあえず第一話を鑑賞。タイトル通りFBIの話なのだが、何か特色があるのだろうか??

Fbi
 ブロンクスのアパートで爆発事件が発生。すぐに駆けつけたFBI特別捜査官マギーたちは、周辺の住民に避難指示を出すが、すぐに第二の爆発が起こり、アパートは崩壊。発生源と思われる男がギャングのメンバーだったことから、黒人ギャングの内部抗争かと思われたが、ナンバー2も爆死したことから、ギャング間の縄張り争いも視野に捜査を続けていたが…

 マギー役にミッシー・ペリグリム。相棒OA役にジーコ・ザキ。アナリストのクリステン・チャザル役にエボニー・ノエル。彼らの上司?役にジェレミー・シスト(Kidnappedのナップ)。そのボス?役にコニー・ニールセン(フォロイングのリリー・グレイ)。てっきりレギュラーだと思ったらこの#1(パイロット版)にしか出演していない様子。

 主人公マギーがどういう過去を持つ人物なのかはこれから描かれていくのだと思うが、彼女に共感できるか否かが、このドラマにはまれるか否かを左右するのではないかと思う。FBIのドラマっていろいろあるので、何か特色があるのかなぁ、#1を見た限りでは特別感はなかった。

 シーズン1は22話、シーズン2は19話。さて、続くのか?

| | コメント (0)

2020年4月21日 (火)

川崎生活の思い出に

 思いがけず始まった川崎での生活も残り少なくなってきた。この年でまた引っ越しをすることになるとは夢にも思わなかったし、3年間という短い間ではあったが、いろいろな経験ができたと思う。

 当然のようにこの近所に知り合いはいないのだが、関東在住の幼なじみとちょくちょく会うことができた。交通の便の良い場所なので、気軽に電車に飛び乗って遊びに行くこともできた。1年だけだったが、ユーコープの仕事をさせていただき、それをきっかけに知り合いもできた。そして、"息子その2"の近くに住んだことで、毎日会い、一緒に食事をすることができた。藤枝で通院しているので、そのたびに新幹線で移動しなくてはならないのは少々面倒ではあったが、ぷち旅行の気分で寄り道したりして、それもまた楽しかった。

 そんな川崎生活の思い出に、ウクレレ演奏を2つ。
★このアパートの「お風呂が沸きました」の曲。これ、「人形の夢と目覚め」 と言う曲だそう。


★ごみ収集のメロディでお馴染み、「好きです かわさき 愛の街」。これも、ちゃんとした川崎市の歌だそうで、歌詞もあるらしい。


 そんな生活もいよいよ終わってしまう… 今年の転勤が決まった時、残り少ない川崎生活を存分に楽しもうと思った。春になったらウクレレ持って公園で歌おう!と友達と楽しみにしていた。それなのに… まさかのコロナ騒動で、外出もままならない日々。平凡な日常の、なんとありがたかったことか。友達とランチして、ただただおしゃべりをする時間って、本当に貴重だったんだなと思う。

 はて、本当に予定通り引っ越しできるのか。少々不安ではあるが、まぁなんとかなるさ。病気が見つかった時だって、なんとか乗り越えた。東日本大震災の時は、もう日本がダメになってしまうのかもとすら思ったが、平和な日常は戻ってきた。今回だって、きっと乗り越えられると信じて。

| | コメント (0)

2020年4月18日 (土)

[映] ビリーブ 未来への大逆転

 WOWOWで放送。実話に基づいた作品とのことで、1970年代に男女平等裁判に挑んだ女性弁護士の物語。

On-the-basis-of-sex
 1956年、ハーバード・ロースクールに入学した数少ない女性ルース・ベイダー・ギンズバーグ。年上で先にこの大学のロースクールで学んでいた夫マーティンに続いて入学したルースだったが、直後にマーティンがガンを発症。夫の看病と育児、夫の分の授業を受けるなど過酷な生活を持ち前のガッツで乗り切ったルース。
 2年後、マーティンのガンが寛解し、ニューヨークの法律事務所で働くことに。夫を支えるため、コロンビア大学で単位を取得、その単位でハーバードの学位を得ようと交渉するが却下されてしまい、コロンビア大学に移籍することに。その後、主席で卒業するが、どこの法律事務所でも雇ってもらえず。やむなく、ラトガース大学で学生に講義をする道を選ぶ。
 1970年、マーティンが持ち込んできた案件に興味を持ったルース。それは、働きながら母親を介護するために介護士を雇うことにしたモリッツという男性が、独身であることを理由に所得控除を受けられないと言うもの。これは男性の性差別だと考えたルースは、訴訟を起こし、性差別を是正する第一歩にしたいと考えるが…

 ルース役にフェリシティ・ジョーンズ。マーティン役にアーミー・ハマー。ルースの旧友でアメリカ自由人権協会(ACLU)のメンバー、メル役にジャスティン・セロー(The leftoversのケヴィン)。ベテラン女性弁護士役にキャシー・ベイツ。ロースクールの学長役にサム・ウォーターストン(The Newsroomのチャーリー、ゴッドレスの保安官)。最後に本物のルース・ベイダー・ギンズバーグ本人がちょっとだけ出演。最高裁判事まで務めた人らしい。

 すごいなー、こういう人がいたから今のアメリカがあるんだろう。アメリカって意外と保守的で、女性は家庭を守るもの的考えが長く女性を束縛していたとのこと。なるほどね、「ハンドメイズ・テイル」の思想って、あながち突飛ではないのだろう。夫を支えつつ自らの信念も曲げずに闘う姿はなんとも頼もしいし、そんな妻を支える夫マーティンも素晴らしい。ルースさん、87歳でご存命らしい。

| | コメント (0)

2020年4月15日 (水)

[ド] アンという名の少女

 Netflixで配信中。「赤毛のアン」に基づいたドラマ。ドラマ版「赤毛のアン」としては、1985年のミーガン・フォローズ主演のミニシリーズがとても印象深い。今回の作品は、差別や偏見がかなり描かれていて、ちょっと暗い内容な気がする。

Anne-with-an-e
 プリンスエドワード島のアボンリー村、グリーンゲーブルで農場を営むマシューとマリラ・カスバート兄妹。年を重ね、次第に農作業が大変になってきた彼らは、作業を手伝ってもらえるよう、孤児院から男の子を養子にもらうことに。だが、駅に迎えに行ったマシューは、やってきたのが痩せた少女だったことに驚く。だが農場までの道中、おしゃべり好きのアンの話を聞いてすっかり気に入ってしまうマシュー。はじめはアンを孤児院に帰そうと考えていたマリラも、ひたむきなアンを大切に思うようになり、正式に養女にすることに決める。やがてアンは学校に入学することになるが…

 アン役にエイミーベス・マクナルティ。マリラ役にジェラルディン・ジェームズ。マシュー役にR.H.トムソン。アンの親友ダイアナ役にダリラ・ベラ。同級生のギルバート役にルーカス・ジェイド・ズマン。

 初っぱなからアンの表情にやられた~。絶世の美女ってワケではないと思うが、うれしい時の本当にうれしそうな顔、悲しい時の本当に悲しそうな顔、怒った顔、本当に分かりやすい。この表情がたまらない。本をたくさん読んでいるからだろう、13歳なのに難しい言葉をたくさん知っていて、表現が実に豊かで大げさ。それが時におかしく、また可愛らしかったりするのだが、そんな微笑ましいシーンばかりではなく、孤児院で受けた辛いこと、その後に引き取られた家庭で働かされ虐待されて育ったこと、またカスバート家の養女になってからも、孤児院育ちであるが故にいじめられたり、差別されたりと暗いシーンも多い。そのたびに打ちのめされ、どん底まで落ち込むアンだが、必ず起き上がる。マシューとマリラが愛情一杯に彼女を支える。そんなシーンに感動しっぱなしだ。

 シーズン1が7話(1話だけ1時間半ある)、シーズン2と3が10話ずつの全27話。原作にはないエピソードや、追加された登場人物もいるとのこと。素晴らしい作品。

| | コメント (0)

2020年4月13日 (月)

[ド] ザ・ラウデスト・ボイス ーアメリカを分断した男ー

 ぼんやりWOWOWを見ていたら、太ったハゲ親父が出てくるドラマが始まった。顔は明らかにラッセル・クロウなのだが… なんじゃこりゃ??と思ったら、FOXニュース初代CEOについての実話を描いたドラマとわかる。どうやらコイツがトランプ大統領誕生の黒幕らしい。原作は「The Loudest Voice in the Room」で、これはこの作品中でも触れられているが、エイルズを告発したものらしい。著者がこのドラマの製作総指揮、脚本。

The-loudest-voice
 1995年、差別的暴言が原因でCNBC局を解雇されたロジャー・エイルズ。だが翌年、ルパート・マードックが立ち上げた「FOXニュース」の初代CEOに。ニュース番組はショーだと考えた彼は、米国全土の保守派の視聴者をターゲットに、視聴率を上げるためには手段を選ばず、時にはフェイクニュースを流して扇動。2001年の同時多発テロでは衝撃的映像を次々に流し、CNNよりも人気を得ることに成功。さらに2016年の大統領選では、政財界の大物ドナルド・トランプに目を付け、彼を大統領にするべく画策する…

 ロジャー役にラッセル・クロウ。すごい激変ぶり。顔は確かに彼だけど… 妻ベス役にシエナ・ミラー。ロジャーをセクハラで訴えたキャスター、グレッチェン・カールソン役にナオミ・ワッツ。(この件は映画「スキャンダル("Bombshell")」で描かれた内容で、この映画ではグレッチェン役はニコール・キッドマン、ロジャー・エイルズ役はジョン・リスゴー。見に行こうと思っていてコロナ騒動で行きそびれてしまったのだが、なんとしても見たい。)グレッチェンの夫役にジョッシュ・チャールズ(グッド・ワイフのウィル・ガードナー)。広報担当ブライアン・ルイス役にセス・マクファーレン。ルパート・マードック役にサイモン・マクバーニー。その息子役にバリー・ワトソン(「恋するブライアン」のブライアン)。グレッチェンの弁護士役にジェシカ・ヘクト(フレンズのロスの元妻スーザン)。

 ラッセル・クロウの変身ぶりにびっくりだが、この人が主人公だろうと思って見始めたものの、とんでもない差別主義者、女性蔑視、セクハラやりたい放題のクソじじいでびっくり。どこにも共感する余地がなく、なんでこんなクソヤローのドラマができた?と思ったら、なるほど、映画「スキャンダル」で取り上げられたセクハラ問題が描かれていると同時に、トランプvsヒラリーの時の大統領選についても描かれていて、このクソじじいがトランプを大統領にした立役者だったと知る。

 そんなクソヤローが立ち上げたニュース局である。この男がクソならFOXニュースもクソだ。この騒動について、金をもらって口をつぐんだ人たちがほとんどにも関わらず、よくぞドラマ化したと思う。よくやったSHOWTIME。

 ミニシリーズと言うことで全7話。いつもの素敵なラッセル・クロウ、早く戻ってきて!


| | コメント (0)

2020年4月 7日 (火)

[ド] BOSCH/ボッシュ

 アマゾンプライムビデオで配信中。原作小説があるらしい。ロス市警のボッシュ刑事が主人公の刑事物だが、重厚な作品だ。

Bosch
 LA市警ハリウッド署殺人課の刑事ハリー・ボッシュ。容疑者を射殺した件で裁判中の身だが、少年の白骨化した遺体が見つかり、捜査を担当。だが死体を車のトランクに乗せていて逮捕された男ウェイツが、この少年白骨化遺体事件の犯行をほのめかす。自白する代わりに死刑を逃れる司法取引を申し出る。少年の骨には虐待のあとがあり、ウェイツは犯人ではないと考えたボッシュだったが、地方検事は取引に応じることに。現場へ連れて行って事情を聞くことになるが、その最中にウェイツは警官を撃って逃げてしまう…

 シーズン1はこの事件を丁寧に追っていく。ボッシュ役にタイタス・ウェリヴァー。相棒ジェリー役にジェイミー・ヘクター。上司グレイス役にエイミー・アキノ(ERのDr.コバーン)。本部長代理アーヴィング役にランス・レディック。ボッシュの前妻エレノア役にサラ・クラーク(24のニナ・マイヤーズ)。元FBIのプロファイラーだが今はラスベガスのカジノでギャンブラーだって。娘マディ役にマディソン・リンツ。同僚刑事役でトロイ・エヴァンス(ERのフランク)。弁護士役でアブラハム・ベンルビ(ERのジェリー)。新人警官役にアニー・ワーシング(24のルネ・ウォーカー)。骨の鑑定をしていた博士?役にアラン・ローゼンバーグ(LAローのイーライ)。

 ゲストもなかなか豪華。原作小説があるからなのか、ストーリーがかなり骨太だ。離婚していて、妻はやり手で、娘がいて… と言うのはなんだかビリー・マクブライドとかぶる気もする… 舞台がカリフォルニアというのも同じだね。高級マンションに住み、おしゃれな生活をしているが、仕事一筋。正義感が強く、腕利き刑事なのに、なぜか周りに敵をたくさん作ってしまう。

 シーズン1~5までそれぞれ全10話。4月17日からシーズン6を配信開始。シーズン7も決まっているらしい。

| | コメント (0)

[ド] ナイト・マネジャー

 こちらもスパイ小説が原作らしい。AXNで一挙放送を録画して見たのだが、なんと、アマゾンプライムビデオで配信中だった… しかも吹き替え版あるし。

The-night-manager
 2011年、エジプト革命のさなか、カイロのホテルでナイト・マネジャーを務めていたジョナサン・パイン。ある日、地元有力者ハミドの愛人ソフィーから資料のコピーを頼まれるが、イギリス人武器業者リチャード・ローパーの違法取引に関する文書であると知り、英国情報部の国際執行機関にこっそり通報。その後ソフィーと親密になるが、内通したことがバレ、ソフィーは殺されてしまう。
 4年後、スイスのツェルマットのホテルでナイト・マネジャーをしていたパインだったが、特別な宿泊客としてローパーが現れる。ソフィーの復讐を考えたパインは、再びローパーの情報を流し、それがアンジェラ・バーの目にとまり、ローパーの身近にスパイとして潜入する仕事をオファーされ、引き受けることに…

 パイン役にトム・ヒドルストン。マイティ・ソーのロキでお馴染み。彼がとにかく格好いい!! そして武器の違法取引をして稼いでいるローパー役にヒュー・ローリー(Dr.Houseのハウス)。彼がまた憎らしいほどワルでピッタリ。アンジェラ・バー役にオリヴィア・コールマン(ドクターWhoのローズのママ、「セレブになりたくて」のサイモンのママなどでお馴染み)。去年のアカデミー賞では主演女優賞を受賞している名女優。おばちゃんのイメージだったのだが、私より若かった…(^o^; 今回は英国の国際執行機関員役だが妊婦という設定。切れ者だが、干されて閑職に回されているらしい。アンジェラに力を貸す上司?メイフュー役にダグラス・ホッジ(キャピタル・シティのデクラン!!)。アンジェラとともにローパーを追い詰めようと奔走する米国務省職員ステッドマン役にデヴィッド・ヘアウッド(スーパーガールのハンク・ヘンショウ)。MI6の幹部ドロムグール役にトヴァイアス・メンジーズ(アウトランダーのフランク・ランダル、ジャック・ランダル役)。

 軍人として戦地も経験しているパイン。夜のホテルマネジャーとしてホテルを手際よく切り盛りしていた彼が、スパイへ。すごく格好いいしスリリング。なのに女には弱くて… とちょっとは弱点もなくちゃね(^o^;

 シーズン1が全8話。でもIMDb見ると全6話になってるのはなぜだろう??

| | コメント (0)

2020年3月17日 (火)

[ド] ジェシカ・ジョーンズ

 Netflixで配信中。マーベルコミックが原作らしい。以前一度ちょっと見始めたのだが、あまりに暗い映像で気分が上がらず放置。今回再チャレンジしたのだが、ジェシカ・ジョーンズはすごい力持ち!! 私立探偵なのだが、暗い過去を持つ。

Jessica-jones
 エイリアス探偵事務所を開き私立探偵として浮気の調査などをしているジェシカ・ジョーンズ。彼女には超人的なパワーがあるが、かつてキルグレイヴに操られていたと言う暗い過去がある。そんな彼女の元へ、失踪した娘を探して欲しいと言う依頼が入る。彼女の足取りを捜査していて、死んだはずのキルグレイヴの痕跡に気づいたジェシカは動揺。逃げようとするが…

 ジェシカ役にクリステン・リッター(23号室の小悪魔のクロエ、ヴェロニカ・マーズのジアなど)。ジェシカの親友でラジオのパーソナリティでもあるトリッシュ役にレイチェル・テイラー(666 パークアヴェニューのジェーン)。弁護士ジェリ・ホガース役にキャリー・アン・モス。ジェシカと関係を持つバーテンダー、ルーク・ケイジ役にマイク・コルター。そしてキルグレイヴ役はデヴィッド・テナント(ドクター・フー!)らしい!!

 アメコミヒーローってことで、ディフェンダーズにもこの役で出てるのね… ヒーローだったのに、操られて殺人までさせられ… と言う暗い過去を持つジェシカ。キルグレイヴが死んでやっと解放されたと思いきや、実は生きていた… と言うことでまた彼の影におびえつつ、今度は逃げずに闘うぞと言うジェシカ。前途多難な感じではあるが。

 シーズン1~3まで、それぞれ13話ずつ。完結してるといいな。

| | コメント (0)

[ド] 弁護士ビリー・マクブライド

 アマゾンプライムオリジナルシリーズ。面白いよと勧められて#1を見てみた。原題は"Goliath"、つまりゴリアテ。かつては大手事務所のやり手弁護士だったが、すっかり落ちぶれてアルコール依存症の主人公が、たまたま受けた依頼がくせ者で… と言うストーリー。ゴリアテのような巨大企業と闘うと言う意味なのだろう。なかなか骨太だ。

Goliath
 かつてはやり手弁護士だったビリー・マクブライドは、今では自らが創設者だった事務所を辞め、アルコール依存症。元妻はその事務所にパートナーとして残っており、高校生の娘と暮らしている。そんなある日、巨大兵器製造企業の従業員の爆死事件の訴訟を依頼されたビリー。はじめは断ったものの、爆死した従業員の姉と親密になり、引き受けることに。だが調査を始めると不穏な動きが… 

 ビリー役にビリー・ボブ・ソーントン。ビリーとともに弁護士事務所を創設したドナルド・クーパーマン役にウィリアム・ハート。顔に火傷の傷があり、なぜかビリーを敵視している。ビリーの元妻ミシェル役にマリア・ベロ(ERのデル・アミコ)。娼婦でビリーの手伝いをしているブリタニー役にタニア・レイモンド(「マルコム in the middle」のシンシア!)。クーパーマン・マクブライドの弁護士キャリー・セネイト役にモリー・パーカー(デッドウッドのアルマ)。爆死した従業員ラーソンの姉役にエヴァー・キャラダイン(メジャー・クライムズのシャロン・ベック、ハンドメイズ・テイルのナオミ)。

 まだ#1しか見ていないのだが、大波乱の予感。爆死した従業員ラーソンは自殺ということになっていて、遺族や、近くにいた漁船は早々に賠償金をもらって納得している。だが自殺するはずがないと考えた姉がビリーに弁護を依頼。ちょっと調べ始めたら明らかにあやしいことに気づいてしまったビリー。この兵器製造会社の弁護をしているのがクーパーマン・マクブライドであることから、ビリーが関わり始めたことを知ったクーパーマンは妨害を始める。

 そもそもビリーとドナルド・クーパーマンの間に何があったのか。クーパーマンは顔に火傷を負っていて、表には出ない。ビリーを酷く憎んでいる。ビリーは事務所を辞め、妻とも離婚、今やアル中ですっかり落ちぶれている。この2人がカギな気がする…

 シーズン1~3までそれぞれ8話ずつ、シーズン4までは決まっているらしい。じっくり見よう。

| | コメント (0)

2020年3月16日 (月)

[ド] ゴッドレス ー神の消えた町ー

 Netflixで配信中のリミテッドシリーズ。1884年のアメリカ、ニューメキシコ州の街が舞台の西部劇。全7話。

Godless
 1884年、ニューメキシコ州。鉱山作業員の給料を乗せた列車を襲撃したフランク・グリフィンとその仲間たち強盗団。だが、元手下のロイ・グッドがそれを邪魔し、金を奪って逃走。一味は彼を追うが見失う。戻った一味は、とらえられていた仲間を奪還、町の住民を皆殺しに。連邦保安官ジョン・クックは惨状を目の当たりにし、ラ・ベルの町に到着、警告する。一方、負傷したロイは、町外れの牧場を営むアリス・フレッチャーの元に転がり込み、治療を受ける。

 アリス役にミシェル・ドッカリー(ダウントンアビーのメアリー)。ロイ・グッド役にジャック・オコネル。ラ・ベルの保安官マクニュー役にスコット・マクネアリー。彼の妹で町長の未亡人メアリー役にメリット・ウェヴァー(ナース・ジャッキーのゾーイ、ウォーキング・デッドのデニース)。フランク・グリフィン役にジェフ・ダニエルズ(ニュースルームのウィル・マカヴォイ)。連邦保安官のジョン・クック役にサム・ウォーターストン(ニュースルームのチャーリー・スキナー)。保安官助手のホワイティ役にトーマス・サングスター(ゲーム・オブ・スローンズのジョジェン)。

 フランク・グリフィン率いる盗賊団はいかにも悪者。でも、フランク自身もかつては被害者であったことがわかる。悪の連鎖… 孤児ロイを息子のように面倒見ていたが、裏切られ、憎しみを募らせる。ロイを追ってラ・ベルの町へ。

 ロイ・グッドがなぜフランクを裏切ったのかはまだよくわからないが、町を襲撃するのを阻止したかったと言っている辺り、フランクと行動を共にしつつも、いつかは裏切ろうと考えていたのかも知れない。根は悪い人ではなさそう。

 アリスは、結婚するためにこの地に連れてこられたものの、夫と初めて会ったその日に大洪水で夫が流されて1人になってしまったそう。その後、ネイティブ・アメリカンの男性と知り合い結婚、元夫の遺産である牧場を取り戻して生活しているらしい。そのためか、町の住人からは嫌われていて、ほとんと関わらない。

 マクニュー保安官は、数年前に娘を出産した際に妻が亡くなり、それ以来失意の日々。かつてはかなり有能な保安官だったらしいが、いまではすっかり見る影も無い。視力が衰えているらしく、かなり危なっかしい。保安官助手のホワイティは、一見チャラそうな若者だが、マクニューに仕込まれたらしく、銃の腕前はピカイチ。

 ラ・ベルの町は2年前の鉱山事故で男性のほとんどを失い、以来女性ばかりの町となったらしい。亡くなった町長の未亡人メアリーがこの町のボス的存在で、メアリーはマクニューの妹だ。

 そんな町にグリフィン一味がやってくる。そして、鉱山のあるこの町を狙った男どももやってくる。保安官は頼りない。さてどうする?? 1話が1時間以上あり、かなり見応えある。

| | コメント (0)

«[ド] WHAT/IF 選択の連鎖