2021年5月 9日 (日)

[ド] 運命の7秒

 Netflixオリジナルシリーズ。ひき逃げ事件を隠蔽する警察、真相を突き止めようとする家族と検察。

Seven-seconds
 ジャージーシティ。身重の妻が出血したと聞いて、慌てて車を走らせる警官ピーターは突然、公園の近くで衝撃を感じる。見ると車は自転車を巻き込んでおり、誰かをはねたことに気づく。すぐに警察を呼び、同僚がやってくる。リーダーのディアンジェロは、遠くに跳ね飛ばされた少年を発見するが、すでに死亡していること、黒人少年であること、ピーターの妻が危険な状態であることを考え、事故をもみ消すことに。少年の遺体を放置し、通報はなかったことにしてピーターを帰す。幸い妻は無事だったが、はねた少年が生きていたことを知ってショックを受けるピーター。
 教師ラトリスは、夫とともに帰宅するが、息子帰宅していないことに気づく。そして事故に遭い、病院に運ばれたことを知る。病院に駆けつけると、生命維持装置につながれた息子…
 ホームレスの男が容疑者として逮捕される。事件を担当することになった検事KJはアルコール依存症。担当刑事フィッシュに言われてやむなく仕事に取りかかるが、不審な点を見つけ…

 KJ役にクレア・ホープ・アシティ。ラトリス役にレジーナ・キング。夫イザイア役にラッセル・ホーンズビー。ピーター役にボー・ナップ。ディアンジェロ役にデヴィッド・ライオンズ(レボリューションのモンロー、ザ・ケープのヴィンスなど)。刑事フィッシュ役にマイケル・モーズリー。

 全10話のミニシリーズ。怖いなー、警察が身内をかばうってありそうだな。どうもこのディアンジェロって刑事は悪徳警官っぽい。「シールド」のヴィック率いるストライクチームみたいな感じで、ボスの言うことは絶対。そんな中に組み込まれてしまったピーター。別の地区からやってきた新米で、自首したい。だがディアンジェロが怖くてできない。

 一方、検事のKJはアルコール依存症。辛い仕事だからなのか、酒に溺れる日々。だがこの事件を担当し、容疑者として逮捕されたホームレスが犯人ではないことに気づく。渋々仕事をしていたような彼女が、俄然やる気に。

 この作品で、レジーナ・キングがエミー賞を受賞。親としてはこんな警察許せないよね。

| | コメント (0)

[ド] トレッドストーン

 WOWOWにて視聴。シーズン1の10話を5話ずつ一挙放送。よくよく調べたらAmazon Prime Videoでも見られると気づく… ジェイソン・ボーンシリーズのスピンオフだそう。

Treadstone
 1973年、東ベルリン。KGBが極秘に人間兵器を作り出す実験を行っていた。それは洗脳や催眠によるもので、セミと呼ばれ、普通に生活しているが、何かをきっかけに覚醒して任務を遂行すると言うもの。その調査及びマイズナー博士の殺害のために乗り込んだCIAエージェントのジョンは、KGBに拘束されて被験者となってしまう。洗脳と催眠の最中、マイズナーを殺害して逃亡、戻ってきたジョンだったが、1週間の任務だとの認識とは違い、実際には9カ月行方不明になっていたのだった。
 現在のロンドン。ジャーナリストだったタラは職を追われ、タクシー運転手として働いていたが、北朝鮮のクォン将軍に見込まれ、ある任務を引き受けることに…
 アラスカの油田で掘削作業をしていたダグは、突然自分が超人的な身体能力を持っていることに気づく…

 ジョン役にジェレミー・アーヴァイン。タラ役にトレイシー・イフェアチョア。ダグ役にブライアン・J・スミス(Sense8のウィル)。CIAでタラの助けをするマット役にオマー・メトワリー。北朝鮮のセミ、ソヨン役にハン・ヒョジュ。セミの教育係ペトラ役にガブリエル・シャルニツキー。CIA?のエレン・ベッカー役にミシェル・フォーブス(新スタートレックのロー・ラレン、バトルスター・ギャラクティカのケイン提督など)。

 50年くらい前に始まった、KGBによる人間兵器を作る実験と、現代のシーンが交錯。3話まで見たが、まだ話がよく飲み込めていない。現代にセミと呼ばれる潜伏工作員がたくさんいて、本人がそうと気づいていないらしいことはわかった。北朝鮮が舞台として出てくるドラマって珍しいんじゃないかと思う。50年前の話はわかるとして、現代にセミがいると言うことは、最近までこの実験を続けていたと言うこと。果たして誰が? ダグはドラッグ運びをやらされていたらしいいので、戦士としての利用ではない?

 謎が多く、スリリングで毎回目が離せないのだが、どうやらシーズン1で打ち切りらしい。せめて納得のいく結末だといいなぁ。

| | コメント (0)

2021年5月 6日 (木)

[ド] デッドウォーター・フェル

 WOWOWにて視聴。全4話のミニシリーズで一挙放送。スコットランドの平和な村を舞台にした事件を描く。

Deadwaterfell
 スコットランドののどかな村で、診療所の医師トムは、妻ケイトと娘たちと平和に暮らしていた。近所の住人とはみな知り合いで、特にケイトの同僚ジェスとその恋人スティーヴとは家族ぐるみの付き合いだった。あるダンスパーティの夜、トムの家が火事になっているのに気づくジェス。スティーヴがすぐに救助に入るがケイトと娘たちは助からず、トムのみなんとか一命を取り留める。検視の結果、全員にインスリンが注射されていることがわかり、警察が捜査を始める。子ども部屋に外から鍵が取り付けられていたこと、ジェスが鍵を購入していたことから、ケイトが無理心中を図ったかと思われたが…

 トム役にデヴィッド・テナント(2代目ドクター・フー)。ジェス役にクーシュ・ジャンボ(グッドワイフ、グッドファイトのルッカ・クイン)。スティーヴ役にマシュー・マクナルティ。ケイト役にアンナ・マデリー。

 ケイトが精神を病んで… と見えるが、絶対に違うと考えたジェス。そしてトムがゲス男だとわかり… と言う展開。何があったのかは最後にわかるのだが、どういう結果になるのかまでは描かれていない。ちゃんと裁かれるであろうと思わせるシーンのみ。うーん、もうちょっと何かあるかと期待したのだが。

| | コメント (0)

2021年5月 5日 (水)

[ド] 暗黒と神秘の骨

 Netflixオリジナル作品。原題は"Shadow and bone"で、原作小説があるらしい(「魔法師グリーシャの騎士団」三部作と、"Six of Crows"二部作。後者は未訳だそう)。

Shadow-and-bone
 「影溜まり」と呼ばれる超自然的な暗黒の領域によって東西に分断されている国ラヴカ。影溜まりにはヴォルクラと呼ばれる怪物がいて、通り抜けることはかなり困難だが、北にはフョーダ、南はシューとそれぞれ敵対する国に挟まれている。影溜まりに両親を殺され、東ラヴカの孤児院で育った少女アリーナ・スターコフは、地図制作者として第1軍に配属される。孤児院で一緒に育った親友マルも、追跡者として同じ軍に配属されることに。だが、魔法師の第2軍が影溜まりを渡って西のノヴォクリバースクへの任務が決まり、追跡者としてマルも同行することに。マルと離れたくないアリーナは、こっそり地図を燃やし、自分も任務に同行する。彼らの乗った船は、影溜まりでヴォルクラの襲撃を受け、マルも傷を負う。マルを救ったアリーナは、ヴォルクラに連れ去られそうになるが、そのとき光を放ってヴォルクラを撃退する…
 東ラヴカに戻った船から救助された彼らは、アリーナが「太陽の召喚者」であると証言。影溜まりを破壊する唯一の手段である伝説の「太陽の召喚者」が現れたと騒ぎに。それを聞きつけたキリガン将軍は、リトルパレスにアリーナを連れて行き、訓練することに。
 一方、影溜まりの西、首都ケテルダムでは、ギャング「クロウ」のリーダー、カズが、大金を目当てに太陽の召喚者を連れてくる仕事を請け負う。

 アリーナ役にジェシー・メイ・リー。マル役にアーチー・ルノー。キリガン将軍役にベン・バーンズ。クロウのリーダー、カズ役にフレディ・カーター。手下のイネジュ役にアミタ・スマン。ジェスパー役にキット・ヤング。

 なかなか壮大なダークファンタジー。世界観や用語が全くわからないので、#1はなんだかさっぱりわからず。その後、いろいろ調べて再チャレンジ。グリーシャと言う魔法師は、生まれつきの能力らしく、幼い頃にテストを受けて見つかる。アリーナは、最強クラスのグリーシャだったわけだが、そうなると訓練のためにリトルパレスへ連れて行かれる→ マルと離ればなれになることを恐れ、テストでちょっとズルをする。結果、グリーシャではないと思われ、地図制作者になったらしい。彼女は母親がシュー人(ラヴカとは敵対している)だそうでハーフ。その見た目から常に差別されてきたらしい。一方グリーシャは、特殊能力があると言うことで優遇され、軍でも居住テントは綺麗で食料も豊富。

 アリーナのいたのは東ラヴカ。キリガン将軍のいるリトルパレスがあるのもこちら。影溜まりを挟んで西ラヴカ、さらに西に海があり、島に首都ケテルダムがある。カズたちはそこからやってきた。ラヴカの北にはフョーダ、南にはヒューがあり、それぞれ敵対しているので、通行は困難。西と東を行き来するには影溜まりを通過するのが一番早いが、怪物ヴォルクラがいてとても危険。

 そのへんの用語、設定がわかっていると、物語もだいぶわかりやすくなる。シーズン1が8話。6話まで見た。あと2話、じっくり楽しみたい。

| | コメント (0)

[ド] GIRI/HAJI

 Netflixオリジナルシリーズ。日本とロンドンを舞台にしたヤクザモノ!? 「義理/恥」。

Giri-haji
 暴力団の組長の甥がロンドンで殺害されたことをきっかけに、暴力団同士の抗争が勃発。飲食店での銃撃事件を担当した森健三刑事は、組長の甥殺害に、自分の弟・勇人が関わっていると聞かされる。だが勇人は死んだはず…? 真相を突き止めるべく、ロンドンへ飛んだ森は、勇人が生きていることを確信。彼を探し始めるが…

 森健三役に平岳大。勇人役に窪塚洋介。ロンドン警察で犯罪学を教えているサラ役にケリー・マクドナルド(ボードウォーク・エンパイアのマーガレット)。ロンドンのギャング、アボット役にチャーリー・クリード・マイルズ。彼と組んでいたヴィッカーズ役にジャスティン・ロング(エドのウォーレン)。暴力団の福原役に本木雅弘。健三の母役に丘みつ子。妻役に中村優子。

 なかなかの豪華キャスト? 勇人は死んだことになっていたが、実は生きていてロンドンに潜伏していた。彼は福原の組織の殺し屋だったらしい。で、その兄貴が刑事って大丈夫なんだろうか??? 日本の警察って、身内に暴力団関係者がいても大丈夫なの? 暴力団の殺し屋が、自分の死を偽装して逃亡ってとこくらいまではあり得るかなとちょっと思ったが、ロンドンで活動ってどうなんだろう? 物価高いよ? 潜伏するんならやっぱり東南アジアとかじゃない? ちょっと無理がある設定な気はする。

 とはいえ、前半はなかなか面白かった。健三と勇人の関係はちょっと訳あり。健三の家庭も訳あり。娘のタキも問題あり。そしてロンドンのサラにも過去があり、職場で干されている。そんな彼らが出会い… と言うストーリー。どんな方向へ進むのか、興味津々で見ていたのだが、最終話、みんなで踊り始めたところでドン引き。インド映画かっ

 結局、なんだかよくわからない結末。シーズン1のみの全8話。打ち切りらしい。だろうねぇ…

| | コメント (0)

[ド] ゼム

 Amazon Prime で配信中。1950年代のアメリカにおける黒人差別を描く。

Them
 1950年代のアメリカ。ノースカロライナに住むエモリー一家は、夫ヘンリーと娘たちが不在中、突然やってきた白人たちによって幼い息子は殺害され、妻ラッキーはレイプされてしまう。
 その後、ヘンリーは新しい仕事を見つけ、一家はロサンゼルスへ。だが彼らが購入した家は、白人地区。黒人一家がやってきたことで、この地区に住む白人たちがざわつく。そして追い出すべく嫌がらせを始めるが…

 ラッキー役にデボラ・アヨリンデ。ヘンリー役にアシュリー・トーマス。白人地区代表みたいな感じで嫌がらせを先導するベティ役にアリソン・ピル(ニュースルームのマギー、スタートレック・ピカードのジュラティ博士など)。

 白人たちの嫌がらせは陰湿そのもの。黒人というだけで、相手をよく知りもしないのになんでそこまで嫌うのか。冒頭の暴行にしても、完全に犯罪だと思うのだが、おそらく捜査はしてもらえないのだろう。そんなことが合っていいわけはない。そういう理不尽な扱いを受けてきたと言うことはよくわかっているつもりだし、彼らの怒りがおさまらないのもわかる。

 だが、どうもストーリーがイマヒトツよくわからない。家にとりついた霊のようなものに操られているらしいのだが、その霊の目的はなんなのか。かつて酷い目にあった黒人の霊ならば、エモリー一家に味方していいはず。でもそうではない。白人たちの霊ならば、彼らを追い出すような現象を起こせばいいと思うのだが、そうでもない。どうも話がわからない方向へどんどん進んでいく。

 ただ怖がらせたいだけの作品なのか。そうだとしたら、せっかくのテーマなのにもったいないと思う。ちょっと残念だった。シーズン1が10話。続きはできるのか?

| | コメント (0)

2021年4月23日 (金)

[ド] ジャン・クロード・ヴァン・ジョンソン

 Amazon Prime Videoで配信中。アクション俳優ジャン・クロード・ヴァン・ダム、実はそれは仮の姿で、本当は国際的エージェントだった… と言う設定。自らプロデュースした作品らしい。

Jean-claude-van-johnson
 落ち目のアクションスター、ジャン・クロード・ヴァン・ダム。だがそれは仮の姿で、実は国際的エージェント、ジャン・クロード・ヴァン・ジョンソンだった… かつてのヘアメイク担当(だが実は彼女もエージェント)のヴァネッサと復縁するため、俳優(エージェント)として復帰することにしたJC。さっそく俳優として撮影と並行して、ドラッグ密売をする組織に潜入することになるが…

 ジャン・クロード・ヴァン・ジョンソン役にジャン・クロード・ヴァン・ダム。自虐ネタがものすごい!! すっかりアクションとはご無沙汰で、バーベルも持ち上げられない~なんてシーンがあるけど、体はいまだにムキムキ。絶対欠かさずトレーニングしているはず。股割りもできなくなった~とかコミカルにやってるけど、ちゃんとできる。すごいね、この体。恋人ヴァネッサ役にカット・フォスター。

 スパイものとしてのストーリーはかなりなんちゃって感でいっぱいだが、いまだアクションスターとして現役バリバリな感じのJC。年を取ったことを自虐的に演じているあたりは余裕か。

 シーズン1のみで全6話。続きそうなエンディングだったので、ちょっと残念。

| | コメント (0)

2021年4月17日 (土)

[ド] ザ・サーペント

 Netflixで配信中のイギリスのミニシリーズ。1970年代、東南アジアのヒッピートレイルを訪れた旅行者らを、金のために次々と殺害した連続殺人鬼シャルル・ソブラジを描いた作品。

The-surpent
 1970年、バンコクのカニット・ハウスで、毎晩のように豪華なパーティを開く、自称宝石商の男アラン。彼に誘われて連れ込まれた欧米からの旅行者は、なぜかみな具合が悪くなり… 数ヶ月後、オランダ大使館の書記官が、オランダ人観光客の男女が行方不明になったことを知り、調査を始める。カニット・ハウスに住むアランと恋人のモニクが関わっていることを突き止めるが…

 アラン(他偽名多数)役にタハール・ラヒム。恋人モニク(ことマリー・アン)役にジェナ・コールマン。彼らを追う書記官クニッペンバーグ役にビリー・ハウル。

 70年代に東南アジアを旅行する欧米人が多かったのだろうか。着の身着のままでやってきた若者を言葉巧みに誘って自宅に連れ込み、薬を盛って動けなくして殺害。金品やパスポートを奪う。場所がバンコクであること、旅行中の若者を狙っていることから、なかなか手がかりがつかめず。バンコクの警察はあまりやる気が無い感じだし、旅行者の国籍も様々なので連続殺人だと気づかれにくい。アラン自身はフランス国籍だが、母親がベトナム人?で見た目は東洋系。そのためフランスでは常に差別を受けていたらしい。そんなことが根底にあるのだろうか、ターゲットは白人。異国の地で見知らぬ人を信用してはいけないってことかな。

 全8話。怖いわ…

| | コメント (0)

2021年4月11日 (日)

[ド] ライン・オブ・デューティ 汚職特捜班

 Netflixで配信中。以前他でも放送していた気がするが、なんか重そうで躊躇していた作品。Netflixで配信しているので試しに見始めて、ハマった… イギリスのドラマで、AC-12と言う、警察官の不正などを調査する部署(アメリカで言うところの内務調査部的な感じ?)の物語。なので他の警官からは嫌われている存在。汚職警官などを追い詰める様がスリリングだ。

Line-of-duty
 テロ対策を担当していたスティーヴ・アーノット。手違いから部下が無実の男性を射殺してしまうが、部下をかばうことをせず、罪を告発。そのことから同僚からつまはじきにされてしまう。その後、汚職特捜班AC-12へ移動になったアーノットは、ある刑事の調査をすることに。だがその刑事は、表彰経験が何度もあるヒーロー的存在だった…

 アーノット役にマーティン・コムストン。上司ヘイスティングス役にエイドリアン・ダンバー。同僚フレミング役にヴィッキー・マクルーア。シーズン1のターゲットであるゲイツ役にレニー・ジェイムズ(ウォーキング・デッドのモーガン)。シーズン2のターゲット、デントン役にキーリー・ホーズ(キケンな女刑事 バック・トゥ・80’sのアレックス)。

 シーズン1が5話、シーズン2~5がそれぞれ6話、シーズン6が7話。シーズン3まで見たが、それぞれのシーズンで一区切りというか、一つのターゲットになっている感じ。だが、2~3はつながっているし、1に出ていた人物が3で重要になってくるので、最初から順に見ないとダメな感じね。

 最初、あまりパッとしない感じだなと思って見ていたのだが、次第にハマった。アーノットとフレミングのチームワークがいい。上司ヘイスティングスも、不正を絶対許さないと言う点で安定感がある。じっくり見よう。

| | コメント (0)

[ド] 黒衣の天使 ~女性連続殺人鬼メアリー・アン・コットン~

 AXNミステリーで放送。イギリスのミニシリーズで全3話。実話に基づいた作品らしい。1850年代~70年代にかけて、周りの人を次々毒殺した女性の物語。

Dark-angel
 1850年代半ば。若くして恋人と駆け落ちしたメアリー・アンは、相次いで4人の子どもを亡くし、産まれたばかりの娘を連れて実家へ舞い戻る。失業中の夫ビリーを心配し、父はビリーに生命保険をかけることに。やがてビリーは船員の仕事を見つけ、また子どもにも恵まれるが、不在がちな夫に、仕事と家事育児に追われる生活に不満を募らせるメアリー・アン…

 メアリー・アン役にジョアン・フロガット(ダウントン・アビーのアンナ)。義理の父ジョージ役にアラン・アームストロング。親友マギー役にローラ・モーガン。浮気相手ジョー役にジョナス・アームストロング。

 英国初の女性連続殺人犯かもしれないらしい。この時代に生命保険があったと言うのもすごいが、親しい人を次々毒殺するってどういう感覚だろう? 子どもを何度も亡くして感覚が麻痺してしまったのだろうか?

 ダウントン・アビーの大好きキャラ、アンナのイメージが強いジョアン・フロガットが演ずることで、またギャップがすごい…

| | コメント (0)

2021年4月 4日 (日)

[ド] トワイライト・ゾーン2019

 Amazon Prime Videoで配信中。あのチャラララ、チャラララの音楽でお馴染みのドラマ、また新しいのができたらしい。世にも奇妙な物語的な、1話完結のミステリアスな物語集。

The-twilight-zone2019
 シーズン1の4話くらいまで視聴。1話完結なので毎回話もキャストも全く異なるのだが、ナレーターはジョーダン・ピールで共通。毎回興味深いストーリーだし、それほど長くないので毎日楽しみに観賞中。このテーマ曲、ガラケーの着メロにしてるのよね… 

 最初はスーパー・ドラマTVで放送したらしい。知らなかった… 配信で見られるようになってありがたいよ。

| | コメント (0)

[ド] アンダン ~時を超える者~

 Amazonオリジナルアニメで、Amazon Prime Videoで配信中。アニメだからと敬遠していたのだが、役者の動きを撮影してトレースする方法で作られていて、ほぼドラマと言っていいと思う。事故に遭って以来、不思議な能力に目覚めた女性の物語。

Undone
 毎日が同じ事の繰り返しだと感じていたアルマ。妹が結婚することになり、母親からは同棲中のサムとの結婚を期待されるが、平凡な日常に全く魅力を感じず、結婚にも消極的。そんなある日、車を運転中、死んだはずの父ジェイコブが目の前に現れ、事故を起こしてしまう。病院で目覚めたアルマは、そこにいる父から不思議な話を聞き、協力を頼まれるのだが…

 アルマ役にローサ・サラザール。妹ベッカ役にアンジェリーク・カブラル。彼らの母役にコンスタンス・マリー(サンタバーバラのニッキー!! すごく久しぶりに見た!)。父役にボブ・オデンカーク(ベター・コール・ソウルのジミー)。

 これはすごく面白くてほぼ一気見。アルマの父は、アルマが少女時代に事故で亡くなっている。にも関わらず、アルマが能力を得てから彼女の傍らに現れ、彼女にアドバイスをするようになる。試行錯誤しながら能力を操るすべを身につけ、父の死に関する謎を解くべく奔走するのだが、ミステリアスな映像もあってとても面白かった。

 シーズン1が8話。1話が30分程度なのであっという間。シーズン2もできるらしい。気になるエンディングだったので、楽しみ。

| | コメント (0)

2021年3月30日 (火)

[ド] ゾーイの超イケてるプレイリスト

 スーパー・ドラマTVで放送開始。ある日突然、相手の気持ちが歌で表現されると言う特殊能力が身についてしまった女性の物語。

Zoeys-extraordinary-playlist
 サンフランシスコのIT企業でプログラマーとして働くゾーイ。チームリーダーへの昇進をかけて面接に挑むが失敗。そんな中、頭痛が。父が神経難病を患っていることもあり、MRI検査を受けることに。だが検査中、騒音を和らげるためにかけてくれた音楽がギンギンのロックで余計に不安に。その直後、大きな地震が起こり… なんとか検査を終えるが、それ以来、ゾーイには不思議な能力が…

 ゾーイ役にジェーン・レヴィ。同僚で親友のマックス役にスカイラー・アスティン。アパートの隣人モー役にアレックス・ニューウェル(Gleeのユニーク)。同僚サイモン役にジョン・クラレンス・スチュワート。ゾーイの母マギー役にメアリー・スティーンバージェン。父ミッチ役にピーター・ギャラガー(OCのサンディ・コーエン)。

 いやー、これは面白い!! まだ#1しか見てないが、楽しい上に感動。ちょっとアリー・マイ・ラブを思わせるコミカルさ。街中で人々が突然歌って踊り出すってフラッシュモブかっ でもこんな能力あったら楽しそう、憧れる~

 ちょうど自分も先日MRI検査を受けたところだし私も元プログラマー。なんだか妙に親近感。ゾーイの父は難病で、自力では動くことができないし、話すこともできない。そんな父をかいがいしく介護する母、見守る兄妹。父と話したいけど話せないゾーイの目の前で、父が歌うシーンは本当に感動的。

 また選曲もいい! 街中では人々が「Help!」を歌って踊り、父は娘に「True colors」を歌う。人の心の内が、歌として表現される。アパートの隣人はクラブのDJで音楽通だ。こんなうらやましい環境って! ゾーイになりたーい!!

| | コメント (0)

2021年3月18日 (木)

アカデミー賞2021ノミネート作品

 今年もアカデミー賞の季節がやってきた。いつもならもう終わってる頃だが、今年は4月25日(日本時間4月26日)に延期。ゴールデングローブ賞はリモート開催となったが、アカデミー賞はどうなるのだろう?

 ノミネート作品についてはこちらを見てね。

 映画館へ行くこともままならない日々。私は1年以上映画館へ行かれない状態だ。だが、今年のアカデミー賞ノミネート作品のうち、10作品が配信で見られる(すでに見た物も入っている!)ことに気づいた。気づいたものだけなので、探せばもっとあるかも? そのうち、作品賞ノミネート作品が3つもある。

<配信で見られるノミネート作品>
・マンク(Netflix):作品賞
・シカゴ7裁判(Netflix):作品賞
・サウンド・オブ・メタル(Amazon Prime Video):作品賞
・マ・レイニーのブラックボトム(Netflix):主演男優賞
・私というパズル(Netflix):主演女優賞
・ヒルビリー・エレジー(Netflix):助演女優賞、メイクアップ・ヘアスタイリング賞
・この茫漠たる荒野で(Netflix):美術賞、撮影賞、音響賞、作曲賞
・ザ・ファイブ・ブラッズ(Netflix):作曲賞
・ミッドナイト・スカイ(Netflix):視覚効果賞
・続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画(Amazon Prime Video):助演女優賞、脚色賞

 こう見るとNetflixすごいね。作品賞ノミネートの3作品はさっそく見ようと思う。「ヒルビリー・エレジー」、「マ・レイニーのブラックボトム」、「この茫漠たる荒野で」は見たし、「私というパズル」はチェックしてある。

 今年から、音響編集賞と録音賞が一緒になって音響賞になったらしい。

 どうやって開催するのかなー。ゴールデングローブ賞のリモート開催は問題点がいろいろあったらしい。それも踏まえてのリモート開催か、実際に集まるのか。でもみんなマスクしなきゃだもんね。やっぱリモートかな。アカデミー賞は毎回いろんなアイデアで楽しませてくれるから、今年も何か考えてるはずだよね。

| | コメント (0)

2021年3月16日 (火)

[ド] リンカーン 殺人鬼ボーン・コレクターを追え!

 WOWOWで放送。前半を先日放送し、今週末に後半を放送。ボーン・コレクターって映画があったけど(見たけど忘れた)、それのドラマ版らしい。原作小説があるとのこと。科学捜査の天才が、事件を追う過程で四肢麻痺となり引退。同じ犯人の犯行と思われる事件が起こり、新人警官とかつてのチームと協力し、自らは現場へ行かずに捜査をすると言うストーリー。

Lincoln-rhyme
 ニューヨーク市警の刑事リンカーン・ライムは、連続殺人鬼ボーン・コレクターを追跡中、罠にはまって重傷を負う。脊椎損傷で四肢麻痺の寝たきり生活になり引退。3年後、女性巡査アメリアは、地下鉄で変死体を発見。その際、体を張って証拠保存をしたことから、ボーン・コレクターの犯行らしいことが判明。セリート刑事は、アメリアを連れて元相棒であるリンカーンの元へ。かつての部下も集まり、捜査に乗り出すことに。

 リンカーン役にラッセル・ホーンズビー。アメリア役にアリエル・ケベル。セリート役にマイケル・インペリオリ(ソプラノズのクリス)。ボーン・コレクター役にブライアン・F・オバーン。

 なんとなくメンタリストに似た設定だなと思った。メンタリストやインスティンクト、プロディガル・サン、エレメンタリーあたりに通じるが、決定的な違いは、リンカーン自身が自分で出向いて捜査することができないと言う点。彼は家から自力では出られない。でも現場の様子を見る必要もあり、ハイテク登場。アメリアにカメラを付け、それを自宅の大画面でリアルタイムに見る。彼の膨大な知識と、チームのリサーチ能力、アメリアの行動力、判断力で捜査が進む。

 アメリア自身も、FBIのプロファイラーになりたいらしいが、合格せず。プロファイリングを信用していないリンカーンとは対照的な気もするが、チームの協力で犯人と闘う。

 シーズン1のみで全10話。打ち切りらしい。今どきのハイテクを使ったりと、現代ならではの点もあるが、確かにストーリーとしては微妙かも。だから半分ずつまとめて放送なんだろうな。

| | コメント (0)

2021年3月15日 (月)

[ド] ジニー&ジョージア

 Netflixオリジナル作品。若いシングルマザーとティーンエイジャーの娘、小学生の息子。心機一転、知らない街への引っ越し。でも彼ら、何か訳あり?

Ginny-and-georgia
 若きシングルマザー、ジョージア・ミラー。ティーンエイジャーの娘ジニー(ヴァージニア)と小学生の息子オースティン。ジョージアの再婚相手が事故で急死し、3人は心機一転、ニューイングランドの保守的な街ウェルズベリーへ引っ越すことに。引っ越しばかりでこれまで友達のいなかったジニーは、初めてマックスと親しくなる。一方、世渡り上手なジョージアは、子どものママ仲間にうまく合わせ、独身の市長に近づき、市役所に仕事を見つける。

 ジョージア役にブリアンヌ・ハウイー。ジニー役にアントニア・ジェントリー。オースティン役にディーゼル・ラ・ドラカ。近所の同級生マーカス役にフェリックス・マラード。双子の妹マックス役にサラ・ウェイスグラス。

 ジョージアにヴァージニアにオースティン。全部土地の名前だ。子どもたちは産まれた場所を名前にしたらしい。そしてジョージアは、偽名である。まだまだ若くて綺麗なジョージア、15でジニーを産んだらしい。時々若い頃のシーンが挿入されているが、かなりワルでいろいろなことをやってきたらしいことがわかる。そして元夫の死にも何か関係が… 教養はないが頭はいい。世渡り上手で人を操るのがうまい。母親としてはかなりぶっ飛んでいるが、扱いはなかなかうまい。

 ジニーは真面目だ。父親が黒人と言うことで、白人よりは黒いが黒人よりは薄い、どっちつかずの中途半端さを感じている。頭はよく教養もあるが、これまで引っ越し続きだったために友達がいない。そんな彼女を気に入って友達になったのがマックス。近所に住むクラスメートで、双子の兄マーカスがいる。ティーンエイジャーにありがちな友達との関係や、恋の話もある。

 若い者向けの軽いストーリーかと思いきや、ジョージアの過去を見る感じ、かなりブラックだ。シーズン1が10話。

| | コメント (0)

2021年3月10日 (水)

[ド] ヴァイキング ~海の覇者たち~

 Netflixで配信中。そもそもはAmazon Prime Videoで配信していたらしい。文字通りヴァイキングの物語で、「ラスト・キングダム」が英国側から見たお話であるのに対し、こちらはデンマーク側から見たお話だ。

Vikings
 デンマークのカテガット。農業を営みながら、夏になるとヴァイキングとして略奪の旅に出かけていた人々。妻と2人の子どもを持つ戦士ラグナル・ロズブロークは、いつも出かけている東ではなく、西へ向かえば肥沃な大地と富があると信じていた。船造りの名人の友人に頼んで、長い船旅に耐えうる船を建造。仲間を集めて西への航海へ乗り出す。苦心して大地を発見し、偶然にも修道院を見つけ、宝物を略奪。デンマークの言葉を話せる修道士1人を奴隷として捕獲し帰還。だが首長ハラルドソンは、勝手な行動をしたラグナルを快く思わず、排除しようと考える…

 ラグナル役にトラヴィス・フィメル。妻ラゲルサ役にキャサリン・ウィニック。ラグナルの兄ロロ役にクライヴ・スタンデン。首長ハラルドソン役にガブリエル・バーン。その妻シギー役にジェサリン・ギルシグ(ボストン・パグリックのローレン・デイヴィス先生、Gleeのテリー・シュースター)。船造りの名人フロキ役にグスタフ・スカルスガルド。奴隷として連れて行かれた修道士アゼルスタン役にジョージ・ブラグデン。

 シーズン1は、一戦士であったラグナルが冒険に出て成功し、首長になるまでのストーリー。いやはや、それにしても… 出てくる言葉は「野蛮人」。いくら奇襲とは言え、なんでこんなに強いのか。英国側の方がどう見ても武器や装備は整っている。兜もあるし、鎧も盾も頑丈そう。それなのにデーン人たちにどんどんやられてしまう。体格の違い? 戦い方? イギリス人のんびりしてる?

 シーズン1が9話、2~3が10話ずつ、4~6が20話ずつ。いまシーズン2の真っ最中なのだが、ううむ、ラグナルがチャラい… ラスト・キングダムも最初の頃はウトレットがチャラかったが、自身のアイデンティティに悩みながらも頼れる戦士にと成長していった。ラグナルはどうなのだろう…

| | コメント (0)

2021年2月26日 (金)

[ド] 瞳の奥に

 Netflixオリジナル作品。原題「Behind her eyes」。バツイチのシングルマザーが、バーで偶然知り合った男性に好意を持つが、翌日、それは新しく来た上司だとわかり… と言うオープニング。まるでグレイズ・アナトミーじゃん!と恋愛物を想像したが、全く違った…

Behind-her-eyes
 バツイチのシングルマザー、ルイーズ。バーで偶然知り合った男性デヴィッドと意気投合する。翌日、勤務する精神科クリニックに、新しいドクターが妻アデルとともにやってくる。その男性はデヴィッドだった上に妻帯者であることから、バーでの出来事は無かったことにしようと話し合う2人。数日後、仕事帰りに偶然アデルと知り合い、街を案内することになったルイーズ。それ以来2人は度々会い、楽しいひとときを過ごすように。だが2人の関係は、デヴィッドには秘密にしてほしいと言うアデル。やがて、デヴィッドと仕事以上の関係になってしまうルイーズは、罪悪感を持ちながらも、2人とそれぞれ楽しい日々を過ごすのだが…

 ルイーズ役にシモーナ・ブラウン。アデル役にイヴ・ヒューソン。デヴィッド役にトム・ベイトマン。

 全6話のミニシリーズ。前半は不倫ものかと思ったが、次第に「夢」が何か関係あるらしいとわかり、衝撃の最終話。ショッキングだ。6話なので、とにかく見て欲しいと思う。

| | コメント (0)

2021年2月22日 (月)

[ド] STATION 19

 久しぶりにFOXチャンネル。一挙放送をとりあえず録画した。シアトルの消防署19分署が舞台。また消防士ものかーと思ったら、医療ドラマ「グレイズ・アナトミー」のスピンオフ。ベイリーの夫ウォーレンが新米消防士として勤務している分署だ。

Station-19
 シアトル市消防局第19分署。女性消防士アンディは、同僚で恋人のジャックがプロポーズしようとしていることを知ってしまう。そこまでは考えていなかった彼女は動揺。2人の関係はギクシャクしたものに。父であるヘレラ隊長が、火災現場で意識を失い心肺停止状態に。アンディの必死の蘇生と救出で一命を取り留めた父だったが…

 アンディ役にジェイナ・リー・オルティス。ヘレラ隊長役にミゲル・サンドヴァル。ジャック役にグレイ・デイモン。ウォーレン役はお馴染みジェイソン・ジョージ。

 長年見てきたグレイズ・アナトミーと世界がつながっていると言うことで、病院の様子はわかってるし、消防士とか救命士とか今までも出てきている人たちもいたりして、そのへんは分かりやすい。あとは… シカゴ・ファイアとの違いをどこまで出せるかって感じ?

| | コメント (0)

2021年2月20日 (土)

[ド] アンダー・ザ・ドーム

 WOWOWオンデマンドで配信中。WOWOWでは放送したことなかったと思うのだが、なぜか配信に入っている。ちょっと古くて2013年~2015年の作品。アメリカの田舎町が、ある日突然透明なドームで覆われて外部と遮断されてしまうと言うストーリー。スティーヴン・キングの小説が原作。

Under-the-dome
 アメリカ、メイン州の田舎町チェスターズ・ヒル。この町の森に穴を掘り死体を埋める男バービー。作業を終え、帰宅途中で運転を誤り農場へ転落。その直後、目の前で牛が真っ二つに切断されるのを目撃。近寄ってみると、目の前に突然、透明な壁が現れたことがわかる。そして上空ではこの壁に気づかず飛行機が衝突。ドーム状であることがわかる…

 バービー役にマイク・ヴォーゲル。元軍人でドラッグの取り立て人? 新聞記者のジュリア役にラシェル・ルフェーブル。保安官役にジェフ・フェイヒー。保安官補ナタリー役にナタリー・マルティネス。ビッグ・ジム役にディーン・ノリス。偶然通りがかって閉じ込められた一家のアリス役にサマンサ・マシス。

 #1はすごく見応え合った。突然現れたドームってなんだ? 誰が? なんで? と謎がいっぱい。真っ二つの牛にもびっくりだし、ショッキングな映像目白押し。だが、これ、結末考えてあるのかなー?とちょっと心配にもなる。LOSTとかね(^o^;

 シーズン1が10話、シーズン2と3が13話ずつ。

| | コメント (0)

[ド] THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~

 久しぶりにスーパー・ドラマTVで放送が始まった新ドラマ。18世紀のロシア宮廷を舞台にした物語。時々真実というだけあって、ピョートル皇帝やエカチェリーナは実在の人物だが、ストーリー自体はほぼフィクションとのこと。

The-great
 プロイセンの貧乏貴族の娘エカチェリーナ。ロシア皇帝ピョートルとの結婚が決まり、愛にあふれた生活を思い描き、期待に胸膨らませてロシアにやってくるが、ピョートルは気まぐれで自己中な男だった… 彼の気まぐれに振り回され、夢を打ち砕かれたエカチェリーナは自殺をも考えるが、侍女の言葉で考えをあらため、奮起する。

 エカチェリーナ役にエル・ファニング。ピョートル役にニコラス・ホルト。侍女マリアル役にフィービー・フォックス。サムサ大主教役にアダム・ゴドリー。

 エル・ファニング可愛いなぁ。貧乏貴族の娘だったエカチェリーナが皇帝の妻ということで、ものすごい期待を胸にロシア入り。愛にあふれる結婚生活を夢見ているが、初夜で見事に打ち砕かれる。ピョートルは息子を産んで欲しいだけで、エカチェリーナにあまり興味はなさそう。寝る相手には困っていない。宮廷の女たちは教養がなく話し相手にならない。孤独から自殺をも考えるエカチェリーナ。そんな彼女に助言したのが侍女のマリアルだ。

 マリアル自身もかつては貴族の娘だったが、父の不祥事?で使用人の身分に。相当の屈辱だろう。それでもしたたかに生きているマリアルは、エカチェリーナの唯一の話し相手。ロシアでは、皇帝に跡継ぎがいないまま死ぬと、妻が跡を継ぐと言うことを教える。つまり、身籠っていない現在、ピョートルが死ねば、ロシアはエカチェリーナのものなのだ。目的を見つけ、俄然やる気になるエカチェリーナ。

 こんなストーリーだけ読んだら、ドロドロの宮廷ドラマかと思ってしまうが、実際はなんともコミカル。このギャップがたまらない。

 シーズン1が10話、2も決まっている。楽しみだな~

| | コメント (0)

2021年2月 9日 (火)

[ド] アウターバンクス

 Netflixオリジナル作品。地上の楽園と言われる島アウターバンクスに住むその日暮らしの若者たちが宝探しをするお話だ。

Outer-banks
 父と2人暮らしだったジョン・Bは、父親が失踪してから後見人となっていたおじも家を離れているため、16才にして自宅で一人暮らしをしていた。アルバイトをしながら、親友のJJ、ポープ、キアラとつるんでお気楽なその日暮らしをしていたが、保護者不在ということで里親の元へ送られそうに。そんなある日、ハリケーンが島を襲う。嵐のあと、沈没したボートを発見。ボートの中をあさっていた彼らは、コンパスを発見。そのコンパスは、ジョンの父の持ち物だった… 父は船とともに沈んだ金を探しに行って失踪。そのコンパスが見つかったことから、父の生存にも期待し始めるジョン。そして彼らも金を探し始めるが…

 ジョン・B役にチェイス・ストークス。キアラ役にマディソン・ベイリー。ポープ役にジョナサン・デイヴィス。JJ役にルディ・パンコウ。金持ちの娘サラ役にマデリン・クライン。

 アウターバンクスには金持ちがたくさん住んでいる。嵐のあと停電になってしまうのだが、金持ちの住む地域だけは自家発電ですぐに復旧。その一方で、その従業員たちの住む地域もあり、そちらは低所得者層、ずっと停電のまま。その子どもたちがジョンたち。ジョンには現在親がいないので、バイトで生活費を稼いでその日暮らしだ。だが悲壮感はなく、毎日楽しそうではある。

 そんな彼らが金があるかもと宝探しに夢中になるのもわかる。だが金を探しているのは彼らだけではなかった…

 謎解きの要素もあり、何者かに狙われたり、金持ちに絡まれたりと、お気楽生活ながらスリリング。

 シーズン1が10話。シーズン2も決まっているらしい。さぁて、金は見つかるのか、父ちゃんは生きているのか。若者の宝探しに一喜一憂。

| | コメント (0)

[ド] ピーキー・ブラインダーズ

 Netflixで配信中のイギリスのドラマ。実際に1890年代から20世紀初頭にかけてバーミンガムに実在したアイルランド系のギャンググループらしい。

Peakyblinders
 1919年のイギリス、バーミンガム。この辺りを牛耳っていたシェルビー一家。長男のアーサー、次男のトミー、彼らの叔母ポリーが中心となり、ブックメーカーとしてギャンブルを仕切っていた。そんな彼らをなんとか摘発するためにキャンベル警部が派遣される。そして密偵として若きグレイスを、彼らが経営するバーの従業員として潜入させるが…

 ブラインダーズのリーダー、次男のトミー役にキリアン・マーフィー。重鎮である叔母のポリー役にヘレン・マックロリー。長男アーサー役にポール・アンダーソン。グレイス役にアナベル・ウォーリス。キャンベル警部役にサム・ニール。シーズン2からはトム・ハーディも出演。

 キャラクター設定がいいね。次男のトミーは切れ者だ。いつも冷静沈着で抜け目ない。ブラインダーズのリーダーとして申し分ない。従軍経験があり、勲章ももらっていることから、一目置かれている。ポリーは幼い息子と娘を奪われた経験が。シーズン2ではそのことに展開もある。ブラインダーズの金庫番で、トミーのよき相談相手だ。アーサーも従軍経験があり、PTSDに苦しんでいる。キャンベルは彼らの摘発に躍起になっているが、警察署内では、唯一従軍経験がないことをネタに茶化されることも。グレイスはキャンベルの元同僚の娘で、キャンベルの指示で潜入するが、次第に彼のやり方に疑問を持つように。

 シーズン1~5が6話ずつ。シーズン6も6話決まっている模様。マフィアもの大好きなのだが、これはアイルランド系で初めてかも。ユダヤ系、イタリア系と対立するシーンも。チャーチルも出てきたりして、興味津々。

| | コメント (0)

2021年2月 5日 (金)

[ド] ザ・ポリティシャン

 Netflixオリジナル作品。タイトルから、政治家の話?と思って敬遠していたのだけれど、生徒会長に立候補する高校生の話。彼の夢は大統領。それに向けてのステップらしい。なんだかライアン・マーフィ作品っぽいなと思ったら、やっぱりそうだった。

The-politician
 幼い頃から大統領になることを目標にしてきた高校生ペイトン・ホバート。そのための大事なステップとして、生徒会長にならなくてはならない! 幼なじみを側近につけ、立候補するが、強敵が…

 ペイトン役にベン・プラット。ものすごい美声の持ち主で、素晴らしい歌声を披露してくれる回も。彼の母役にグウィネス・パルトロウ。父役にボブ・バラバン。同じく生徒会長に立候補したリバー役にデヴィッド・コレンスウェット。イケメンだー、なんで彼が主演じゃないんだー?? リバーの彼女アストリッド役にルーシー・ボーイントン。闘病中のインフィニティ役にゾーイ・ドゥイッチ。彼女の祖母役にジェシカ・ラング。

 いやはや、高校の生徒会長くんだりでここまでやるかと言うすごい選挙戦。リサーチもそうだし、イメージ戦略とか、まさに政治の世界。私の感覚では、生徒会長なんてやりたがる人はいなくて、しぶしぶ引き受けるって感じだったけどなぁ。

 コミカルなんだけどアメリカの闇の部分も描かれていて、色使いとかもうライアン・マーフィワールド。

 シーズン1が8話、シーズン2が7話。

| | コメント (0)

[ド] インテロゲーション:尋問 ~殺意の真相~

 WOWOWも以前からオンデマンド(パソコンやタブレット、スマホから好きな時に見られる)をやっていたが、ついに2月からAmazon Prime Videoからも見られるようになった。これでやっとテレビで配信番組を見ることができる~ もしかしたら海外ドラマも録画しないで配信見ればいいかも?

 何か面白い番組はないかと探していたら、配信のみのドラマを発見。それがこちら、インテロゲーション。実際に起こった殺人事件を元にしたドラマらしいのだが、事件発生~第一容疑者の尋問を描いた#1と、おそらく結末がわかるであろう#10以外の、#2~#9は好きな順番に見ていいらしい。おそらくそれぞれの回が取り調べの様子なのだと思う。さっそく#1を見てみたが、面白そう。

Interrogation
 17才のエリックが実家に戻ると、母親が何者かに背中を刃物で刺されて息も絶え絶えだった… 慌てて室内に入り、ナイフを抜いて救急車を呼ぶが、第一容疑者となり警察に連行されてしまう。担当刑事ラッセルは、さっそくエリックの尋問を始める。不可解な点も多く、彼を犯人と決めてかかるラッセル。

 エリック役にカイル・ガルナー。ラッセル役にピーター・サースガード。エリックの父役にデヴィッド・ストラザーン。

 映像では、エリック目線なので彼は犯人ではなさそうなのだが、証言だけ聞くと確かに怪しい。刑事が犯人と決めてかかるのもムリはない。エリックはこれまでにもいろいろと問題を起こしており、やりかねない。

 そんな状況が、他の人の証言で変わるのか否か。さてどんな順番で見ようか。って結局順番通りに見てしまいそうだが。

| | コメント (0)

2021年1月30日 (土)

[ド] はかなき世界

 Netflixオリジナル作品のデンマークの作品。21年前に起きた、高校生失踪事件を、被害者の妹が追う話なのだが、かなりミステリアス。原題は"Equinox"。

Equinox
 21年前。少女だったアストリッドは、高校を卒業した姉イダたちが卒業旅行へ出かけるバスを見送った。だが彼らは戻ってこなかった… バスの高校生たちは一部を残して姿を消した。突然姉を失ったアストリッドは、それ以来不思議な悪夢を見るように。大人になり、子どもを持つ母となったアストリッドは、ラジオのDJの仕事中、イダの失踪に関する電話を受ける。それはイダの当時の恋人ヤコブからの電話だった… 21年前の悪夢を思い出したアストリッドは、姉の失踪について調べるため実家へ戻ることに。

 大人になったアストリッド役にダニカ・クルチッチ。イダ役にカロリーネ・ハム。少女のアストリッド役にヴィオラ・マルティンセン。

 当時の記憶を封印して大人になったアストリッドは、再び思い出すことに。当時何があったのか、少女だった自分の記憶のフラッシュバックと、イダ視点のシーンで描かれる。そして知ったイダと自分の秘密。アストリッドの決断… 

 謎解きの過程はなかなか面白かったが、まだ謎は残る。続編はあるのかなぁ? イダ役の女優さん、可愛いなー

| | コメント (0)

[ド] 真実を知る者

 Netflixオリジナル作品。イギリスのミニシリーズで全4話。新婚夫婦が何者かに殺され、逃げた犯人はなぜか夫婦の実家へと向かっていた… と言う謎多きストーリー。

Retribution
 隣人として生まれ、ずっとともに成長し、愛し合うようになってついに結婚したアダムとグレイス。だがある日彼らは何者かに殺害されてしまう。知らせを聞いた両家の親族たちはショックで取り乱す。そんな彼らの農場へ、暴走した車が突っ込み横転。一族はドライバーをなんとか助け出し救急車を呼ぶが、荒天のため到着が遅れると言う知らせが。救急車の到着を待っていた一同だったが、この男がアダムとグレイスを殺害した犯人らしいとニュースで知る…

 アダムの実家エリオット家は母役にジュリエット・スティーヴンソン、息子ロブ役にジョー・デンプシー、娘クレア役にジョアンナ・ヴァンダーハム。グレイスの実家ダグラス家は父役にジョン・リンチ、母役にケイト・ディッキー。刑事役にローラ・フレイザー。

 これは… 犯人が実家へ向かった理由が全くわからず、どういう方向へ向かうんだろうと思った前半。そしてまさかの結末の最終話。見応え合った~ 刑事の個人的なストーリーも盛り込まれていたが、それ必要?? 

| | コメント (0)

2021年1月24日 (日)

[ド] シークレット・シティ

 Netflixオリジナル作品。オーストラリアの作品でシーズン2まででそれぞれ6話ずつ。とりあえずシーズン1まで見終わった。ある女性ジャーナリストの奮闘を描く。

Secret-city
 新聞記者ハリエットは、湖でボートに乗っていて、近くに警察が来ているのに気づく。そこには遺体があり、腹を切り裂かれていた。さりげなくスマホで撮影して戻り、この事件について調べ始めるが、何者かにスマホをハッキングされ写真を消されてしまう。背後に大きな組織が絡んでいるとにらんだハリエットは、元夫の協力を得ながら調査を進めるが…

 ハリエット役にアナ・トーヴ(フリンジのオリヴィア)。ベイリー役にジャッキー・ウィーヴァー。パクストン役にダン・ワイリー。

 中国政府やオーストラリアの大臣、米国政府も絡んでいるらしく、調査しているといろいろな圧力がかかる中、ハリエットが周りの男性を頼りながら奮闘する。スリリングなことは確かなのだが、内容がちょっと難しくてよくわからない… 政治ドラマって苦手だわ… 

| | コメント (0)

2021年1月23日 (土)

[ド] ザ・ストレンジャー

 Netflixオリジナルのイギリスの作品。同名の原作小説のドラマ化らしい。ミニシリーズで全8話。

The-stranger
 妻と2人の息子と幸せに暮らす弁護士アダム。ある日、息子のサッカー観戦をしていると、見知らぬ女に話しかけられる。女は、アダムの妻コリンヌには秘密があると言い出し、証拠を置いていく。コリンヌに事実確認をすると、意外にもあっさり認めるコリンヌ。だがその直後家を出たまま失踪。何が起こったのかわからぬまま、コリンヌを探すアダムだったが…

 アダム役にリチャード・アーミテージ。コリンヌ役にデヴラ・カーワン。刑事のジョアンナ役にシヴォーン・フィネラン。アダムのご近所さんで友人トリップ役にショーン・ドゥーリー(ウィッチャーのフォルテスト王)。アダムの父役にアンソニー・ヘッド(リトル・ブリテンの首相)。謎の女役にハナ・ジョン・カーメン。

 まずこの謎の女の目的がなんなのか。最初はまるでわからず、かなり混乱。いろいろな人が出てきていろいろな出来事があるが、関係あるのかないのか。つながっているのかいないのか。それが次第につながり始め、後半は一気見。かなり盛りだくさんなストーリーだった。

 うーん、こんな小さな町でこんなにいろいろとあったら警察大変だろうなぁ… と言うのが正直な感想(^o^;

| | コメント (0)

2021年1月21日 (木)

[ド] このサイテーな世界の終わり

 Netflixオリジナル作品。原題は"The end of the f***ing world"。サイコパスの青年と、奔放な少女が逃避行…

The-end-of-the-f-ing-world
 幼い頃から感情がなく、動物を殺すことが好きな青年ジェームズ。自分をサイコバスだと確信している。ある日、わがままで奔放な少女アリッサと親しくなり、家出に誘われ、父の車を盗んで逃避行。それは、彼女を殺したいと考えたから…

 ジェームズ役にアレックス・ロウザー。アリッサ役にジェシカ・バーデン。彼らを追う刑事役にジェマ・ウィーラン(ゲーム・オブ・スローンズのヤーラ)。

 ジェームズは幼い頃に、目の前で母親が自殺。それ以来なのか、心を閉ざし、感情を抑えることが普通になってしまう。動物を殺すことを楽しみ、いつか人を殺したいと考える。一方アリッサは、母親の再婚相手とその子どもと共に住んでいるが、再婚相手からは邪険にされ、母にも構ってもらえず、居場所がないと感じている。はじめはお互い身勝手な理由からだった逃避行。だが様々なトラブルに見舞われ、次第にお互いを大切に思うように。

 シーズン1、2それぞれ8話ずつ。完結しているらしい(打ち切り?)。なんとも不思議な物語。

| | コメント (0)

«[ド] ラグナロク