2020年11月18日 (水)

[ド] ラブクラフト・カントリー 恐怖の旅路

 スターチャンエルEXで配信中。1950年代のアメリカを舞台に、失踪した父を探す黒人青年がその道中で出会う恐怖を描いた作品。ラブクラフトと言うのは怪奇小説家の名前のようで、そこに出てくるようなモンスターがいっぱいでてくるのだが、怖いのはそれだけではなくて、人種差別も。

Lovecraft-country
 1955年シカゴ。従軍していた黒人青年アティカスは、行方不明の父親を探すため、朝鮮戦争から帰国。父からの手紙を手がかりに、伯父のジョージ、友人のレティとともに車で出発。だが行く先々で激しい人種差別が。警官からも命を狙われ… 警官から逃れるため森へ迷い混むと、何者かが警官を襲い始めた…

 アティカス役にジョナサン・メイジャーズ。レティ役にジャーニー・スモレット。ジョージ役にコートニー・B・ヴァンス。アティカスの父役にマイケル・ケネス・ウィリアムズ。サミュエル役でトニー・ゴールドウィン(スキャンダルのグラント大統領)。

 うーん、どっち系? SFファンタジーホラーと言うことで、モンスターやら魔法やらが出てくるのだが、当時の人種差別とかも描かれていて、興味深い。#4まで見たが、#4はまるでインディー・ジョーンズのよう(^o^; シーズン1は全10話。果たしてどんな展開になるのか…??

| | コメント (0)

[ド] ザ・クラウン

 Netflixにて配信中。イギリスのエリザベス女王を描いた作品。すごいね、現役の女王をドラマにしちゃうって。日本じゃまずできないよね。

Thecrown
 25歳で即位したエリザベス女王なので、2シーズン毎にキャストが変わるらしい。いまシーズン1を見ているので、エリザベス役はクレア・フォイ。フィリップ殿下役にマット・スミス。エリザベスの妹マーガレット役にヴァネッサ・カービー。チャーチル役にジョン・リスゴー。ジョージ王役にジャレッド・ハリス(MAD MENのレーン・プライス、チェルノブイリのレガソフ)。

 シーズン3からはエリザベス役にオリヴィア・コールマン、フィリップ役にトバイアス・メンジーズ(アウトランダーのフランク・ランダル)、マーガレット役にヘレナ・ボナム・カーター。

 シーズン5からはエリザベス役にイメルダ・スタウントン(ハリーポッターシリーズのアンブリッジ校長)、フィリップ役にジョナサン・プライス、マーガレット役にレスリー・マンヴィル。

 エリザベスの結婚から始まり、25歳で父の急死により即位。幼い頃から帝王学は学んだものの、普通の子どもが教わるような授業は一切無かったらしい。憲法については詳しいが、政治についてはわからない。政治をすることはないけれど、最終結論は女王が下すことも多い。首相と話をしても見下されることに気づいた彼女は、自ら家庭教師を付けて学び始める。

 仕事をしてはいけないと言われた?フィリップ殿下はかなりお気楽のようだが、世間体を理由に、やりたいことが制限される。妻を立てなくてはいけない立場というのも大変そうだ。

 見ていて思ったのは、ジョージ王の兄エドワードは愛を選んで王位を捨てた人、エリザベスの妹マーガレットも不倫で騒ぎになってるし、息子チャールズはご存じの通り。そしていまヘンリーがちまたを賑わせていて… エリザベス女王の周りは何かと問題を起こす方々が多いようで…(^o^; 女王も若くして王位を継ぐことになって、また大変な時期だったであろうし、本当に強い女性だと思う。最初は若い&女性ということで見下されることもあったようだが、自ら学び、努力して今の立派な女王になっていったのだろう。その過程をドラマで見られるってすごいことだと思う。

 まだまだ現役の女王。コロナ騒動で大変な時期だけど、健康に気を付けて長く治世してほしい。

| | コメント (0)

2020年11月11日 (水)

[ド] クイーンズ・ギャンビット

 Netflixで配信中のミニシリーズ。1950年代~60年代のアメリカを舞台に、孤児である主人公がチェスの才能を開花させると言うストーリー。クイーンズ・ギャンビットとは、チェスのオープニングの一つらしい。

The-queens-gambit

 母親が亡くなり、9歳で孤児となったベス・ハーモンは、孤児院へ。そこで雑用係シャイベルさんからチェスを教わり、その才能を開花させる。10代で子どものいない夫妻に引き取られるが、すぐに夫は家を出てしまい、アルマと二人暮らしに。生活費に困る毎日だったが、チェスの大会で優勝すれば賞金がもらえることを知り、参加費を借りて出場、見事優勝。これに味を占めたアルマとベスは、各地の大会に出場しまくるが…

 ベス役にアニャ・テイラー・ジョイ。彼女の目力というか、ほぼ無表情ながら表情ですべてを語る演技がたまらない。雑用係のシェイベルさん役にビル・キャンプ。ベスを引き取った母親アルマ役にマリエル・ヘラー。チェス名人ベニー・ワッツ役にトーマス・ブロディ・サングスター(ゲーム・オブ・スローンズのジョジェン、映画「ノーウェア・ボーイ」でポール役やった人だね、似てないけど)。

 9歳で孤児になったベス、どうやら実の母親は心中しようとしたようで、ベスだけ生き残った感じ。そんな辛い経験をしながらも、孤児院でチェスと出会って虜となる。チェスの大会に出ることで才能を開花させ、自信を付けるのだが、同時にドラッグやアルコールの依存症にもなっていく。

 チェスのことは全くわからないのだが、チェスの詳しい説明はほとんどなく、試合も、対戦者の表情だったり指し方を見せることで状況を描いているので、わからなくても全く問題無いし、スリリングだ。

 全7話のミニシリーズ。一気に見たい気持ちをぐっとこらえ、1話1話大切に観賞中。

| | コメント (0)

[ド] プロディガル・サン 殺人鬼の系譜

 WOWOWで始まったドラマ。父親がシリアルキラーである主人公が、プロファイラーとなって殺人事件に挑むと言うストーリー。羊たちの沈黙とかハンニバルにちょっと通じるものがあるけど、自分の父親がシリアルキラーって設定はかなり衝撃的。タイトルのプロディガル・サンと言うのは放蕩息子という意味らしい。

Prodigalson  FBIのプロファイラー、マルコムは、シリアルキラーを見つけて追い詰めるが、説得している最中に保安官によって射殺されてしまったことから、怒って保安官を殴り、解雇されてしまう。その後、知り合いの警部補ギルに頼まれ、ニューヨーク市警の殺人事件の捜査に協力。その犯行現場に足を踏み入れたマルコムは、遺体の状況を見て、かつてあった連続殺人事件の模倣と見抜く。そしてその犯人こそ、マルコムの父親だった…

 マルコム役にトム・ペイン(ウォーキング・デッドのジーザス)。父で外科医のシリアルキラー、マーティン役にマイケル・シーン。母役にベラミー・ヤング(スキャンダルのメリー・グラント)。警部補ギル役にルー・ダイアモンド・フィリップス。NY市警の刑事役にオーロラ・ペリノー(ハロルド・ペリノーの娘さんらしい)、フランク・ハーツ。

 マルコムは、自分の素性がバレることを恐れて名前を変えている。しばらくは刑務所の父に面会して犯行について聞いていたようだが、10年前に会うことをやめた。だが今回の事件がきっかけで再び会うことに。シリアルキラーに他の事件について助言を求めると言うのはまさに羊たちの沈黙のハンニバルとクラリスのよう。だがこちらは実の親子ということで、心はもっと複雑。マルコムは心に傷を負っている。父の犯行を知り、通報したのは少年だったマルコムらしく、そのときやってきた警官がギルで、それ以来の付き合いのようだ。

 シーズン1が20話。2も決まっているらしい。さて、どんな事件が待ち受けるのか。

| | コメント (0)

2020年10月27日 (火)

[ド] ザ・ホーンティング・オブ・ブライマナー

 Netflixオリジナル作品。ホーンティングなんてついているのだから、幽霊出てくる系なんだろうとは思ったが、やっぱりそっち系。「ホーンティング・オブ・ヒルハウス」の続編とのこと。そちらを見ていないのだが、物語上は全く問題なさそう。ヒルハウスの方も見たくなってきた~

Haunting-of-bly-manor
 アメリカ人教師ダニは、イギリス郊外のブライにある古い屋敷で、両親を亡くした子どもたちの世話係として、住み込みで働くことに。だが到着して早々、不思議な現象に悩まされることに。子どもたちの行動もどこか不可解だった…

 ダニ役にヴィクトリア・ペドレッリ(YOUのラヴ)。家政婦のハナ役にタニア・ミラー。料理人のオーウェン役にラルフ・コーリ(iZombieのラヴィ)。幼いフローラ役にアメリー・ビー・スミス、マイルズ役にベンジャミン・エヴァン・エインズワース。彼らのおじヘンリー役にヘンリー・トーマス(ETのエリオット少年!)。物語の語り部役にカーラ・グギーノ。

 両親を亡くした幼い子どもたちは、何かを隠しているようだ。それをダニに見せないようにしている。ダニの前任者には何かが起こったらしく、命を落としている。そしてダニ自身も、ある辛い体験から、ちょっと困った状況にいる。それから逃れるためにここへやってきたのか?

 シーズン1は9話、これで全部なのかな? 5話まで見て、状況が少しずつわかっては来たが、まだこの屋敷に何があるのかはわかっていない。なんだろう、何があるんだろう… 

| | コメント (0)

[ド] LOVE LIFE

 久しぶりにスーパー・ドラマTVで放送の新作ドラマ。ニューヨークで働く20代の女性の恋愛を描いたラブコメ。SATCにちょっと似てるかなと思ったが、もう少し爽やかか?

Love-life
 2012年ニューヨーク。大学を卒業して働き始めたダービー・カーター。学生時代は奥手だった彼女は、社会人になってカラオケパーティで知り会ったオーギーと付き合い始める。順調に愛を育んでいくが、彼が転勤でDCに引っ越すことになり…

 ダービー役にアナ・ケンドリック。ルームメイトのサラ役にゾーイ・チャオ。サラのボーイフレンド、ジム役にピーター・ヴァック。マロリー役にサーシャ・コンペア。

 恋愛にどこか不器用なダービー。なかなか素敵な男性に巡り会えないのかな。アナ・ケンドリックがとにかくチャーミングだ。こんなに可愛くて一途なのになんで! いい男こい!

 シーズン1は10話。シーズン2も決まっているらしい。1話ごとに違う恋人が出てくるので、シーズン1は10人の男が出てくるのか?? 2012年が始まりなので、過去を振り返っているのだろう。最後は現在の自分が出てくるのかな。

| | コメント (0)

[ド] ホワイトハウス・ファームの惨劇 ~バンバー家殺人事件~

 WOWOWで放送。全6話のイギリスのミニシリーズ。タイトルから、ホワイトハウスの陰謀系?と勝手に想像して見始めたが… 1985年エセックス州の農場“ホワイトハウス・ファーム”で、一家5人が銃で射殺された事件をリアルに再現した作品。ホワイトハウスとは全く関係なかった(^o^;。

White-house-farm
 1985年8月7日未明、エセックス州のある地元警察署に、若い男性ジェレミーから通報が入る。近所に住む父親から電話があり、姉シーラが銃を持って暴れていると言う内容で、心配なので一緒に見に行って欲しいと言う。ジェレミーとともに屋敷に到着した警察は、夜明けを待って突入。中では、父と母、シーラの双子の息子が射殺体で発見される。シーラ自身も死亡していた。事件を担当したタフ・ジョーンズ警部は、シーラが4人を殺し、自殺したと断定するが、スタン・ジョーンズ巡査部長は疑問を抱く…

 ジェレミー役にフレディー・フォックス。スタン役にマーク・アディ(ゲーム・オブ・スローンズのロバート・バラシオン王)。タフ役にスティーブン・グレアム(ボードウォーク・エンパイアのアル・カポネ)。ジェレミーの従姉アン役にジェマ・ウィーラン(ゲーム・オブ・スローンズのヤーラ)。ジェレイーの友人(?)役にアルフィー・アレン(ゲーム・オブ・スローンズのシオン)。

 全6話で、1~3話を先日放送し、4~6話は31日に放送予定。最初の段階ですでに怪しい人物はいるのだが、このままそいつが犯人だと面白くないなー。さて、どうなるか。

| | コメント (0)

2020年10月21日 (水)

[ド] ウォンテッド! ローラ&チェルシー

 Netflixで配信中。オーストラリアの犯罪スリラー。スリリングなのだけれど、どこかちょっとコミカルな部分もあったりして面白い。

Wanted
 スーパーのレジ係のローラ、会計士のチェルシーは、仕事帰り、たまたま同じバス停でバスを待っていた。そこへ、車が突っ込んでくる。運転手は銃で撃たれて瀕死の状態。とっさに駆け寄り助けようとするローラ、呆然とするチェルシー。そこへ今度は銃を持った覆面の2人組が車で現れ、1人が瀕死の男を射殺。目撃者である2人も殺そうとするが、とっさに阻止しようとしたローラともみ合いになり銃が暴発、男に当たって死亡。2人組のもう1人がローラたちを殺そうとするがローラの説得で思いとどまり、2人を車のトランクに押し込んで逃走。トランクの中の2人はなんとか逃走しようと策を練るが…

 ローラ役にレベッカ・ギブニー。チェルシー役にジェラルディン・ヘイクウェル。警部補役にニコラス・ベル。

 スーパーのレジ係として働くローラは、船員として働く息子がいるが現在一人暮らし。アラフォーくらいかな、人生経験豊富だ。一方チェルシーは真面目な会計士で、まだ若いせいなのか、とっさの時に固まってしまう。彼氏と同棲しているが、言いたいことも言えず、あまり心が通じ合っていないようだ。そんな正反対とも言える2人が、偶然にも同じバス停でバスを待っているときに犯罪に巻き込まれてしまう。これ、明らかに被害者なので、相手を殺してしまったとは言え正当防衛なので、この時点では悪いことは何もしていない。

 だが、犯人の1人が彼女たちを連れて逃亡したことで、ちょっとおかしな事に。バス停に残された2人の死体、ローラの名札から、ローラがまるで容疑者のような扱いに。警察へ行かれない事情も発覚。さらにチェルシーにも実は問題があり… と言うことで、2人の逃亡者になってしまう。2人の凸凹逃亡者は時にコミカルだ。

 シーズン1~3までそれぞれ6話ずつ。IMDbを見るとまだ続きそうに見えるのだが、シーズン3が2018年なのでもう終わりなのかな? 彼女たちの逃亡劇を見届けたい。

| | コメント (0)

2020年10月18日 (日)

[ド] The Knick/ザ・ニック

 Amazon Prime Videoで配信中。1900年のニューヨークを舞台にした医療ドラマ。ニックというのは、舞台となる「ニッカボッカ・ホスピタル」の愛称(略称)らしい。

The-knick
 1900年ニューヨーク。ニッカボッカ・ホスピタルの外科医ジョンは、上司とともに帝王切開手術を試みるが失敗。妊婦も胎児も死亡してしまう。12回の失敗を苦にした上司は自殺。ジョンは昇進して外科部長となる。副部長として黒人医師を雇うことを提案されるが、偏見から断固拒むジョン。それでも配属された黒人外科医アルジャーノンは、優秀で実績があるにも関わらず、ジョンたち白人医師から邪険にされてしまう…

 主人公ジョン役にクライヴ・オーウェン。黒人外科医アルジャーノン役にアンドレ・ホランド。病院の理事?の娘コーネリア役にジュリエット・ライランス(ペリー・メイスンのデラ・ストリート)。救急隊?の役でクリス・サリヴァン(This is usのトビー)。看護師の役でスザンナ・シャコフスキー(ゴシップ・ガールのブレアのメイド、ドロータ)。

 とりあえず#2まで観賞。#1の冒頭からいきなりの帝王切開手術(しかも失敗するし)の流血シーン。なかなかのグロさ。100年前の医療ってこんな感じだったんだろうか。医学の進歩のために新しい手術を研究するジョンは、コカイン中毒でもある。新しい手術の研究と言えば聞こえがいいが、実際は患者を実験台にしているわけで、ほとんどの患者が助からず… そういう人たちの犠牲の上に、現代の医療が成り立っているんだなと思い知らされる。

 どうやら人間嫌いらしいジョン。上司は慕っていたらしく、ときどき回想シーンが。この上司からコカインを教わったらしい。

 一方、黒人外科医アルジャーノンは、フランスで修行した身。優秀な外科医であるにも関わらず、オペに関わらせてもらえないばかりか、副部長なのに地下の薄暗い部屋をあてがわれ、住んでいるのは黒人地区の汚いアパート(洗面所は共用?)。電車で通勤。他の外科医たちは病院の近所に住んでいたり馬車で優雅に出勤。看護師は自転車通勤。そのへんの違いも見ていて興味深い。

 100年前の医療を描いた作品って珍しい気がする。当時のアメリカの人種差別や偏見も描かれていて、これまた興味深い。困難にも負けず、卑屈にならずに常に凜とした態度のアルジャーノンにはとても好感が持てるし、応援してしまう。

 とても評価が高い作品ながら、シーズン2で打ち切りとなってしまったらしい。それぞれ10話ずつ。1話がかなり重いので、じっくり楽しみたい。

| | コメント (0)

2020年10月 8日 (木)

[ド] グレイズ・アナトミー16 #21

 海外ドラマを見ていると、その国の抱える問題が描かれていることに気づくことがある。先日の「アウトブレイク」では、カナダにおけるイヌイットの問題、アメリカの医療ドラマなどでは保険制度の問題、ドイツの「DARK」では原発の問題などなど。以前、「NIP/TUCK」を見て牛肉にホルモン剤が大量に含まれていることが問題視されていることを知った。

 以下、ネタバレなので未見の方は要注意。

 グレイズ・アナトミー16の終盤で、リチャードが認知症の症状に。原因がなかなか突き止められず、アルツハイマーだろうと思われたが、粘り強い調査の結果、「人工股関節によるコバルト中毒」だと判明。これには正直驚いた。人工股関節にコバルトが使われている時期があったらしく(現在は使われていないとのこと)、関節がこすれることでコバルトが溶け出し、組織を破壊。このドラマの場合は、それが原因でコバルト中毒となり、認知症のような症状が出たと言う設定だった。受けた治療が原因で別の病にと言うのは怖い話だ。

 その後、同じくアメリカの医療ドラマ「ニュー・アムステルダム2」の#3で、急患で運ばれてきた男性がコバルト中毒とわかるが、原因がやはり人工股関節というエピソードが。ここでも! こちらはすぐに診断がつき、この人工股関節を作ったメーカーを訴えるか否かと言うのが争点だった。

 現地での放送時期を調べてみると、グレイズ・アナトミー16#21は2020年の4月、ニュー・アムステルダム2#3は2019年の10月。なので、ニュー・アムステルダムの方が先に取り上げた話題ということになるが、時期的には半年ほどの差なので、ほぼ同時期と言っていいだろう。「Dr.House」にも同様の症例が描かれていると言う記事を見つけたので、もっと前から問題になっているらしい。日本ではどうなのだろう?

| | コメント (0)

2020年9月25日 (金)

[ド] ペリー・メイスン

 スターチャンネルEXで配信中。いまのところ3話まで配信されている。ロバート・ダウニーJr.が長年温めていたプロジェクトをHBOと製作。あの弁護士ペリー・メイスンの若い頃のお話らしいが、弁護士ではなく、私立探偵という設定だ。

Perry-mason
 1931年ロサンゼルス。乳児が誘拐され、身代金を要求されるが、遺体で発見される。乳児の父親が犯人と疑われ、ベテラン弁護士EBは私立探偵ペリー・メイスンに調査を依頼。メイスンの調査で母親の浮気が発覚、父親の疑いは晴れるが、今度は母親が容疑者となり…

 ペリー・メイスン役にマシュー・リス(ブラザーズ&シスターズのケヴィン)。彼の旧知のベテラン弁護士EB役にジョン・リスゴー。EBの秘書デラ・ストリート役にジュリエット・ライランス。ドレイク巡査役にクリス・チョーク。メイスンの友人でいつも調査を手伝わされるピート役にシェー・ウィガム(ボードウォーク・エンパイアのイーライ)。新興宗教団体のカリスマ教祖、シスター・アリス役にタチアナ・マズラニー(オーファン・ブラックのサラ)。その母親役にリリ・テイラー。乳児の母親エミリー役にゲイル・ランキン、マシュー役にネイサン・コードリー(ハリーズ・ローのアダム)。マシューの実の父役にロバート・パトリック(The Unitのトム・ライアンなど)。検事役にスティーブン・ルート。

 まず、ペリー・メイスンが弁護士ではなく私立探偵というのに驚き。従軍経験があり、トラウマに悩まされている。バツイチ。私立探偵で生活しているが、金に困っている感じ。デラ・ストリートとはすでに知り合いだ。さらに、ドレイクは私立探偵ではなく警官で、黒人という設定。新興宗教団体がこの事件に関わっているらしいが、まだ詳しくはわからない。遺体で発見された乳児は、目を開けた状態でまぶたが縫い付けられていた。これは何を意味するのか?? 汚職警官が何かを隠している? 謎はつきない。

 シーズン1が8話。シーズン2も決まっているらしい。全くイメージの違うペリー・メイスン、楽しみ。

| | コメント (0)

2020年9月23日 (水)

[ド] ザ・シューター/極大射程

 Netflixオリジナル作品。シーズン1は、2007年の映画「ザ・シューター」とほぼ同様の内容。原作小説があるらしい。

Shooter
 かつては最高の狙撃手だったボブ・リー・スワガーは、相棒を失い、軍を退役。妻子とともにひっそりと暮らしていた。そこへ、かつての上官ジョンソンが現れ、大統領が狙撃される危険があるので、狙撃手として、狙撃に適した場所を見つけ出して欲しいと言う。現地を見て周り、狙撃に適した場所数箇所を指摘。だが当日、大統領とロシア大統領がいるところを何者かが狙撃、ロシア大統領に命中し死亡。すぐに狙撃場所に気づき、犯人確保に向かったスワガーだったが、狙撃犯と疑われ逮捕されてしまう…

 スワガー役にライアン・フィリップ。妻ジュリー役にシャンテル・ヴァンサンテン(ザ・ボーイズのブッチャーの妻ベッカ)。ジョンソン役にオマー・エップス。スワガーに協力してくれるFBI捜査官メンフィス役にシンシア・アダイ・ロビンソン。

 映画版、詳細は覚えていないが、妻子はいなかった気がする。メンフィス捜査官が映画版では男性だったが、ドラマ版では女性に。スワガーの銃の知識がハンパない。妻子を守る必要もあるので、そのへんがより複雑かも。

 そしてシーズン2、3はオリジナルストーリーらしい。シーズン1が10話、シーズン2が8話、シーズン3が13話。

| | コメント (0)

2020年9月12日 (土)

[ド] ヴァージン・リバー

 Netflixオリジナル作品。人生をやり直そうと考えた看護師が、LAから北カリフォルニアの田舎町へ… と言うストーリー。「エバーウッド」や、古くは「たどりつけばアラスカ」と同様の設定。同名の小説が原作らしい。

Virgin-river
 悲しい出来事を忘れるため、LAから単身で田舎町ヴァージン・リバーへやってきたメリンダ。町唯一の診療所を1人で切り盛りしている年老いたドクターを助けるため、看護師として1年間働く契約。住む場所も手配してくれ、心機一転やってきたメリンダだったが、住むはずのロッジは写真とは全く違ってゴミ屋敷。ドクターは頑固者でよそ者を受け入れようとしない。諦めてLAに戻ろうかと思っていた矢先、診療所の前に赤ちゃんが捨てられていたのが見つかる。その子の世話をするうち、悲しい思い出がよみがえる…

 メリンダ役にアレクサンドラ・ブレッケンリッジ(「This is us」のソフィ)。町唯一のレストランバーのオーナー、ジャック役にマーティン・ヘンダーソン(グレイズ・アナトミーのDr.リッグズ)。市長ホープ役にアネット・オトゥール(ヤングスーパーマンのマーサ・ケント、ナッシュ・ブリッジスのリサ・ブリッジスなど)。町唯一のドクター役にティム・マセソン。町で屋台を経営するペイジ役にレクサ・ドイグ(アンドロメダのアンドロメダ、)。

 女性版「エバーウッド」かなー。単身でと言うことだと「たどりつけばアラスカ」だけど、そこまでコミカルではないので、やっぱエバーウッドかな。北カリフォルニアの雄大な自然の中、田舎町ならではの人間関係。全員知り合いの状態で、「ネットは遅いけどウワサは早い」とか名言だと思う。そんな田舎町で、全員の健康状態を預かるドクターは老齢。72歳でまだまだ元気そうだけど、いずれは助けが必要になる。そこへやってきたメリンダは、助産師の資格もあり、医療補助もできると言う有能な看護師。最初はなかなか受け入れないドクターだが、次第に無くてはならない存在になるのだろう。

 シーズン1は10話、シーズン2も10話の予定で、シーズン3も決まっているらしい。3話まで見たが、じっくり楽しみたい。

| | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

[ド] アレックス・ライダー

 AXNで#1のみ先行放送。久しぶりのスカパーだなー。2006年に、同名の映画があり、面白かったのでこちらも期待。少年スパイの物語。アンソニー・ホロヴィッツの人気小説「ストームブレイカー」のドラマ化でイギリスの作品。

Alex-rider_20200907135001
 銀行員の叔父イアンに育てられた少年アレックス・ライダー。ある日、パーティから戻ると叔父が交通事故で亡くなったと聞かされる。だが、遺体に対面できないこと、叔父は決してスピード違反などしないことから、その話に疑問を抱いたアレックスは、独自に調査を開始。叔父が、何者かに殺されたことを突き止める。そのことに気づいた組織は、アレックスを呼び寄せ、真相を告げる… イアンは銀行員ではなく、秘密組織の優秀なエージェントであったこと、捜査の過程で何者かに殺害されたこと。さらに、アレックスの能力に気づいた幹部のアラン・ブラントは、アレックスをエージェントに勧誘。一度は断ったアレックスだったが…

 アレックス役にオット・ファラント。1997年生まれって書いてあるけど… え、20代なの??? 中学生くらいの役だよね? ハウスキーパーのジャック役にロンデ・アデコルージョ。映画版ではアリシア・シルバーストーンが演じていた役、こちらは黒人になっている。叔父イアン役にアンドリュー・バカン。(映画版ではユアン・マクレガー) アレックスの親友トム役にブレノック・オコナー(ゲーム・オブ・スローンズのオリー)。アラン・ブラント役にスティーブン・ディレイン。(映画版ではビル・ナイ) アレックスの教育係ミセス・ジョーンズ役にヴィッキー・マクルア。

 映画版は評価低かったけど私は好きだったので、ドラマ版に期待。こういうのってアレックス役の役者さんによるところが大きいと思うのだが、彼なかなかキュートだ。軽業師のような身のこなしも、自転車姿もなかなか様になってる。

 シーズン1が8話。本放送が楽しみ。

| | コメント (0)

2020年9月 5日 (土)

[ド] ザ・ルーキー 40歳の新米ポリス!?

 WOWOWで放送開始。40歳にして警官になることを決意した男の物語。クリミナル・マインドやグレイズ・アナトミーのクリエイターによる作品ということで期待。

The-rookie
 これまで様々な仕事をしてきた40歳の中年男ジョン・ノーラン。離婚が成立したその日に偶然にも銀行強盗に遭遇。彼の勇気ある行動で強盗犯は逮捕。それをきっかけに、警官への転職を決意したジョンは、9ヶ月後、警察学校を卒業。同期の20代の若者たちとともにロス市警ミッドウィルシャー署に配属される。年下の先輩指導巡査とともにパトロールへ…

 ジョン役にネイサン・フィリオン(キャッスルのリチャード・キャッスル)。同期のルーシー・チェン役にメリッサ・オニール。どうやら警察学校時代から付き合い始めたらしい2人。同期のジャクソン・ウェスト役にタイタス・メイキン。父親が内務調査部にいるらしく、知識量は多いが現場は苦手なタイプ。ウェストの指導巡査ロペス役にアリッサ・ディアス(レイ・ドノヴァンのテレサ)。ルーシーの指導巡査ブラッドフォード役にエリック・ウィンター。そしてジョンの指導巡査ビショップ役にアフトン・ウィリアムソン。巡査部長役にリチャード・T・ジョーンズ。ハロルド・ペリノーやサラ・シャヒも出演しているらしい。

 警官、特にロスの警官と言う仕事は激務。若いからこそ出来る部分もあると思うが、40代で体力も落ちてきたジョンは、あえてそんな世界へ飛び込んだ。自分に向いていると思ったのだろう。「こんなにコレステロール値の高い新人は初めて」と言われていて笑った。彼を応援する上司もいるが、「分別のある大人」が新米警官として働くことを疑問視している上司もいる。そんな中、実に謙虚に、体当たりで職務に取り組むジョンには好感が持てる。年下の先輩にあれこれ言われてカチンとくることがあってもおかしくないのに、先輩の忠告は真面目に聞く。なんたってロスの警官、銃撃戦も日常茶飯事。年下とは言え、彼らの経験は侮れない。でもジョンにも別の経験があり、ジョンなりの判断もできるわけで、若者たちの中で、おじさんがおじさんなりにできることに精一杯取り組む。そんなところが見所なのだろう。

 シーズン1~2がそれぞれ20話、シーズン3も決まっているらしい。しばらく楽しめそう。


| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

[ド] ホームカミング

 Amazon Prime Videoオリジナルドラマ。帰還兵が一般市民の生活に順応できるよう支援するセンター「ホームカミング」について描く。帰還兵のPTSDについて描かれた作品はたくさんあると思うが、彼らを癒やすハートウォーミングな作品なのかと思いきや、ミステリー。

Homecoming
 2018年、帰還兵が一般市民の生活に順応できるよう支援する「ホームカミング移行支援センター」。ここでカウンセラーとして働くことになったハイティ。電話で指示してくるコリンの要望に応えるため、毎日遅くまで働きづめの彼女は、同棲中の恋人と過ごす時間も無い。そんな中、センターに入所してきた帰還兵ウォルター・クルーズと心を通わせ始める。
 2022年。実家の母と暮らし、ウェイトレスとして働くハイディの元へ、国防総省の審査官トーマス・カラスコがやってくる。ホームカミングに関する苦情を調査している彼は、当時の様子、特にクルーズのことについて聞こうとするが、何も覚えていないハイディ。センターに勤務していた期間の記憶が欠落していることに気づく。

 ハイディ役にジュリア・ロバーツ。上司のコリン役にボビー・カナヴェイル(サードウォッチのボビー、ボードウォーク・エンパイアのロセッティ、ヴァイナルのリッチーなど)。ウォルター役にステファン・ジェームズ。トーマス・カラスコ役にシェー・ウィガム(ボードウォーク・エンパイアのイーライ)。ハイディの恋人アンソニー役にダーモット・マローニー(シェイムレスのショーンなど)。ハイディの母役にシシー・スペイセク。ウォルターの母役でマリアンヌ・ジャン・バプティスト(「FBI失踪者を追え!」のヴィヴィアン)。ウォルターの戦友ジョゼフ役にジェレミー・アレン・ホワイト(シェイムレスのリップ)。リップがくりくり頭で出てきて驚いた。そうか、シェイムレスで突然くりくり頭になったシーズンがあったが、このドラマに出演するためだったのかな?

 シーズン1の6話くらいまで見たが、とにかくミステリアス。2018年と2022年が交互に描かれている。ホームカミングって、支援センターとは言うもののなんだかあやしい。外へは出られないし、景色も見えない。ロールプレイングやカウンセリングなどプログラムに沿った毎日を過ごす復員兵たちだが、何やら薬を飲まされている。どうやらバックに製薬会社があるらしい。復員兵を実験台にしているのか? そしてハイディに何があった?

 シーズン1が10話。シーズン2が7話。シーズン1の前半、ハイディの記憶が失われている時期のシーンは、画面が狭くなっていてわかりやすい。1話が30分程度なので、続きが気になってどんどん見てしまう… 

| | コメント (0)

2020年8月30日 (日)

[ド] 女刑事マーチェラ

 女刑事マーチェラを描いたイギリスの作品。Netflixで配信中。

Marcella
 幼い娘を突然失い、ショックから精神を病む刑事マーチェラは休職していたが、昔担当した事件と同じ手口の殺人事件が発生。復職することに。だが夫の浮気が発覚、浮気相手に詰め寄るも、直後に彼女が行方不明となり… 感情が爆発したときの記憶が全く無くなることから、自分が何かしてしまったのかもと疑心暗鬼になりながらも、捜査を進めるマーチェラ。

 マーチェラ・バックランド役にアンナ・フリエル(プッシング・デイジーのチャック)。夫ジェイソン役にニコラス・ピノック。上司ティム役にジェイミー・バンバー(バトルスター・ギャラクティカのアポロ)。シーズン1ではヘンリー・ギブソン役にハリー・ロイド(カウンターパートのピーター)。マディ・スティーヴンソン役にローラ・カーマイケル(ダウントン・アビーのイーディス)。

 刑事物いろいろあると思うが、主人公の刑事がこんなに不安定なのも珍しい。なんたって彼女自身があやしい。もしかしたら犯人かも?と思わせるシーンも多々あり、こんな刑事で大丈夫なのか?と心配になる。だが刑事としての勘はピカイチで、ちょっとした痕跡も見逃さない。それ故に、覚えていない自分の行動に不安にもなる。

 私生活はボロボロで、産まれたばかりの娘を亡くしている。そのショックでどうやら記憶があやしくなるらしい。怒りが爆発したときなどに暴走し、ものすごく攻撃的になるのだが、その間の記憶が全く無いのだ。娘を亡くしたことが原因なのかは謎だが、夫の浮気も発覚。その後の行動を見ると、この男、とんだクソ野郎だとわかる。

 それでも捜査に打ち込むことでなんとか正気を保っているマーチェラ。シーズン2まで見たが、3からはまた驚きの展開が待っているらしい…

 シーズン1~3、それぞれ8話ずつ。いやー、それにしてもアンナ・フリエル相変わらず可愛いなー 可愛いのにすごいタフだなー

| | コメント (0)

2020年8月22日 (土)

[ド] バイオハッカーズ

 Netflixオリジナル作品。名門大学医学部に入学した女性。最先端の生物学を研究する教授に近づく真の目的は…? と言うドイツの作品。

Biohackers
 ドイツ屈指の名門大学医学部に入学したミア。カリスマ教授ロレンツの講義に出席した彼女は、助手のヤスパーに近づき親密に。だが彼女にはある目的があった…

 ミア役にルナ・ヴェドラー。ロレンツ役にジェシカ・シュヴァルツ。ヤスパー役にアドリアン・ユリウス・ティルマン。

 ミアが列車に乗っていると、乗客の1人が意識を失い、私は医学生です!と駆け寄って手当をする。その直後に別の乗客が倒れ、手当をしていると周りの乗客が次々と倒れ… と言うシーンが冒頭に流れる。これはなんだ?と動揺したところで、大学に入学したミアの姿が描かれる。寮のルームメイトと会い、初めての講義に出たミアは、フレッシュな新入生そのものなのだが、ところどころにあやしげな行動をするシーンが。彼女の行動の意味が少しずつわかり、列車のシーンにつながると言う仕組みだ。

 ミアが少女の頃の思い出の品として、「小さなバイキング ビッケ」のビッケのフィギュアを持っていてびっくり。これって日本のアニメじゃないの??と思ったら、原作の児童文学があり、ドイツと日本の共同製作だそう。フィギュアがあるとはねー

 さらにヤスパーが着ていたTシャツ、どうも日本のアニメっぽいなと思ったら、背中に日本語で「運命が待っている」と書かれていて(^o^; ヤスパーはアニメファンって言う設定なのね…

 シーズン1が全6話。展開が気になって一気見してしまったが、一件落着と思いきや… これ、続いてくれないと消化不良になっちゃう。

| | コメント (0)

2020年8月13日 (木)

[ド] グッド・コップ

 Netflixオリジナル作品。「名探偵モンク」のクリエイターによる作品とのことで、今度はNYを舞台にした刑事物。違反の類いは一切しない超マジメ刑事の父親は元汚職刑事… と言う設定。

The-good-cop
 ニューヨークの刑事トニー・カルーソJr.は、公園で見つかった男性の遺体を捜査することに。それはかつて刑事だった男で、彼の証言でトニーの父トニー・カルーソSr.の罪が暴かれ服役、出所したばかりであることから容疑者に。さらに男は薬物を注射され、窒息死させられたのちに銃で撃たれており、その銃弾はカルーソ刑事の銃から発射されたものであることが判明、彼も容疑者に!?

 トニー・カルーソJr.役にジョッシュ・グローバン。アリー・マクビールにも出演していたけれど、美しい歌声で有名なので、ドラマの主役というのにはびっくり。歌声を披露する回はあるのかなー? そして父トニー・カルーソSr.役にトニー・ダンザ。彼も素晴らしい歌声! #2ではウクレレ弾き語りを披露している。トニーの同僚で#2から刑事になったコーラ役にモニカ・バルバロ。トニーの上司役にモリー・プライス(サード・ウォッチのヨーカス)。

 なるほどモンクの雰囲気あり。刑事物なのだけれどどこかコミカル。トニーは切れ者だけどちょっと堅物。父トニーはちょい悪オヤジだ。なかなか面白いじゃんと期待したのだが、シーズン1で打ち切りになってしまったらしい。残念。全10話。

| | コメント (0)

2020年8月10日 (月)

[ド] グッドガールズ:崖っぷちの女たち

 Netflixで配信中。仲良し女性3人が、資金繰りに困って強盗をし、成功したものの… と言うクライムコメディ。

Good-girls
 ミシガン州の郊外に住む専業主婦ベスは、夫の浮気に気づく。さらに夫の経営する店が資金繰りに困っているため、ローンの支払いにも困ることに。ベスの妹アニーはスーパーで働くシングルマザー。夫は新しい妻と2人で娘の親権を争うと言い出すが、弁護士費用も払えないアニー。彼女たちの親友ルビーはウェイトレス。夫は警官を目指す警備員。家庭は円満だったが、娘は腎臓病で移植が必要。治療薬はあるが高価で払えない… 3人は、アニーの働くスーパーに強盗に入ることを計画。見事成功するが、そこには予想以上の大金が…

 ベス役にクリスティナ・ヘンドリクス(MAD MENのジョーン)。妹のアニー役にメイ・ホイットマン。ルビー役にレタ。ベスの夫ディーン役にマシュー・リラード。

 お金がない3人の女性たち。でも結構いい家に住んでるよね… 底辺ではなさそうだが、カツカツなのだろう。何もなければなんとか暮らせるが、弁護士費用とか、高価な治療薬とかには足りない。ないなら盗もう!と言う安易な発想。意外と簡単に成功してしまうが、ちょいちょいミスをしている。そしてそれがあとでちょいちょい問題になる。

 スーパーに、思いのほか大金があったのだが、これには当然理由がある。そこから彼女たちは泥沼にはまっていくワケだが、謎なのは、店長がその大金のことを知らないこと。店長なんだから当然店の売上金とかも管理してるだろうし、売上げ以上の金があるとなれば気づくはずで、そうでないとすれば店長も関わっていることになると思うのだが… また、治療をしなければ腎臓移植が必要で、治療する薬はあるのにお金がないから治療を受けられないって問題だよ、やっぱり。

 ドジな彼女たちの行動や、ちょっと謎な設定にイラッとしつつも、コミカルな展開を楽しんでいる。シーズン1が10話、シーズン2が13話、シーズン3が11話。シーズン4も決まっているらしい。彼女たちに平穏は訪れるのだろうか???

| | コメント (0)

[ド] アンビリーバブル たった1つの真実

 Netflixオリジナル作品。リミテッドシリーズで全8話。実際に起こった事件を元にした作品とのことで、レイプ被害者の苦悩と刑事の奮闘を描く。

Unbelievable
 ワシントン州の若者向け支援センターで暮らすマリーは、ある日の朝方、突然押し入った男にレイプされる。警察に被害届を出したものの、気遣いなく何度も執拗に質問攻めにされた挙げ句、証言内容に食い違いがあるからと言われ、虚偽報告だと決めつけられてしまう。渋々ウソであると認めてしまったマリーは、友達にも見放され、孤立。
 3年後、コロラド州でレイプ事件が起こり、捜査に乗り出したカレンは、同じ手口の犯行が別の警察署管轄管内で起こっていることを知り、そちらの担当グレースと共同チームを作って捜査に当たることに。

 マリー役にケイトリン・デヴァー。カレン役にメリット・ウェヴァー(ナース・ジャッキーのゾーイ、ウォーキング・デッドのデニース、ゴッドレスのメアリーなど)。グレース役にトニ・コレット(ユナイテッド・ステイツ・オブ・タラのタラ)。

 実際の事件ということで、結末がすっきり系でよかった。が、最初の被害者マリーの件を担当した刑事には腹立つなー。被害者の気持ちを全く考えもせず、証言が食い違ってるからウソだと決めつけるとか、想像力の欠如に他ならない。レイプされて動揺している人が、最初から完璧に一貫している証言をできなくてもしょうがないじゃん、動揺してるんだから。おまけに虚偽報告だと決めつけて訴えるとか、どんな神経をしてるんだろうと思う。また、州を跨ぐとうまく連携しない、レイプ事件の報告書を真面目に書く刑事は少ない、事件のデータベースの作り方にも問題がある(検索しにくい)など、当時のアメリカの警察にもいろいろ問題点があること(今は改善されているのか?)、犯罪ドラマや、DNA検査に関する書籍で、犯人も勉強しており、証拠採取が難しくなっていることなど、興味深い。

 一方、最初から被害者に寄り添ってじっくりと話を聞き、最初からムリに話さなくてもいいこと、思い出したら教えて欲しいことなどを伝えて被害者の立場に立って話を聞くことができるのは同じ女性だからだろう。手がかりがほとんど見つからないにも関わらず、地道な捜査を進めて犯人を追い詰める展開は目が離せず、8話一気見してしまった。

 それにしてもアメリカってレイプ事件が多いのね… 70代のおばあさんまでレイプされるって… 大丈夫かアメリカ人?

| | コメント (0)

2020年8月 8日 (土)

[ド] DARK

 Netflixで配信中。ドイツの作品。ある田舎町で子どもが失踪。33年前にも同じような事件が起こっており、どうやら原発が関係しているのか? と言うことで、原発の町で、1953年、1986年、そして2019年の出来事を描く。

Dark
 2019年ドイツの田舎町ヴィンデン。ある日、高校生ヨナスの父親が自室で自殺。ショックからしばらく学校を休んでいたヨナスは、復学。夜、友達に誘われ数人で森へ入ると不思議なことが起こり、全員で逃げ出すが、少年ミッケルだけが戻らず、そのまま行方不明に。ミッケルの父ウルリッヒは、33年前に弟マッツが同じように突然行方不明となった経験があり、余計に衝撃を受ける。警官でもあり、必死に捜索するが見つけられず。ある日、少年の遺体が発見されるが…

 ヨナス役にルイス・ホフマン。母ハンナ役にマヤ・ショーネ。ウルリッヒ役にルドルフ・ベーケルマン。妻カタリーナ役にヨルディス・トレーベル。他にも登場人物いっぱいいるが、若い頃と現在とで役者さん多数だし馴染みのない俳優さんたちなのでこれくらいで。

 最初は、名前も覚えられないし、顔も誰が誰だか… と言う感じだったのだが、だんだんわかってくると面白さがわかってきた。この町では33年ごとに何かが起こるらしい。そしてどうやら原発が関係しているらしい。ヨナスの父についての事実がわかる辺りはかなりの衝撃。ウルリッヒの行動にも注目だ。

 シーズン1が10話。シーズン2と3が8話ずつで、完結しているらしい。とりあえずシーズン1まで見終わった。どんな展開になるのか、収束するのか、興味津々。

| | コメント (0)

2020年8月 3日 (月)

[ド] サンタクラリータ・ダイエット

 Netflixオリジナル作品。妻が突然ゾンビになってしまった一家の物語。

Santa-clarita-diet
 郊外で不動産業を営むシーラとジョエル。だが接客中に突然具合が悪くなったシーラは、案内中の住宅のバスルーム中に吐きまくる。あまりに大量の嘔吐物を見て驚いたジョエルは、シーラを病院へ連れて行くがまさかの3時間待ち。すっかり具合がよくなったシーラは帰ると言い出し… 猛烈な空腹感に襲われたシーラは、冷蔵庫の生肉を食べまくる。シーラの様子に不安を感じたジョエルは、隣人のオタク息子エリックに助言を求め、心臓が鼓動していないこと、皮膚を切っても鮮血が出ないこと、出るのはドロドロの血であること、生肉を欲すること… などから、シーラがゾンビ化したと判断。そしてついに悲劇は起こった…

 シーラ役にドリュー・バリモア。ジョエル役にティモシー・オリファント(デッドウッドのブロック保安官)。彼らの娘アビー役にリヴ・ヒューソン。隣人の息子エリック役にスカイラー・ギソンド。その義理の父役にリカルド・チャビラ(デス妻のカルロス)。

 ドリューがこんなぶっ飛んだ役をやるなんて~ しかも夫役がティモシー・オリファントで、デッドウッドの時とは全く違ったコミカルな役で驚き。この人笑うんだ…

 コミカルなゾンビものと言うことでは「iゾンビ」に近いか。でも誰を食べるか(殺すか)考える辺り、デクスターにも通じるものが!? 夫婦で不動産業ということで、時間はある程度自由になるらしい。なぜシーラが突然ゾンビ化したのかはまだ謎だが、娘アビーにも早々に伝えて理解してもらってるし、隣人のエリックにも話してあるので、1人で秘密を抱え込まなくていい分、楽かも知れない。ゾンビ化についての謎も、そのうち明かされるのだろうか??

 シーズン1~3まででそれぞれ10話ずつの全30話。気楽に楽しめそう。


| | コメント (0)

2020年8月 1日 (土)

[ド] SAFE 埋もれた秘密

 Netflixオリジナル作品。妻を亡くし、閑静な高級住宅街で2人の娘を育てる外科医が、16歳の娘の失踪をきっかけに、この街のある秘密が… 小説のドラマ化らしい。ミニシリーズで全8話。

Safe
 妻を亡くしたばかりの外科医トム・デラニー。ある日、16歳の長女ジェニーがパーティーに行ったまま戻ってこないため、近所中を探し回るが見つからず。親しい友人で刑事でもあるソフィに連絡、捜索が始まる。だが、一緒に居たと思われる恋人クリスが遺体で発見され…

 トム役にマイケル・C・ホール(デクスターのデクスター!)。ジェニー役にエイミー・ジェームズ・ケリー。ソフィ役にアマンダ・アビントン。トムの同僚で戦友でもあり親友のピート役にマーク・ウォレン(「華麗なるペテン師たち」のダニー)。クリス役にフレディ・ソープ。

 マイケル・C・ホールがイギリスのドラマに出演していたとは!! 外科医の役だが、どうしてもデクスターに見えてしまう… 失踪した娘を探すために奔走する役だが、親友のピート役マーク・ウォレンとのチームワークがすごくいい。

 トムの住む場所は塀に囲まれ、出入り口は門で閉ざされた住宅地らしい。なので安全と考えてそこに住んでいるのだろうが、危険は身近にある。失踪したジェニーを追ううち、この街の秘密が少しずつ明かされる。なかなかスリリングで8話一気見しちゃった。

| | コメント (0)

[ド] アンブレイカブル・キミー・シュミット

 Netflixオリジナル作品。中学生の時にカルト宗教によって拉致され、3人の女性と共に地下に監禁されて15年。救出され、一人NYで暮らすことにした29歳のキミー・シュミットの物語。

Unbreakable-kimmy-schmidt
 中学生の時にカルト集団に拉致され、監禁されたキミーたち。外の世界では生きものは絶滅していると説明され、15年間地下で暮らしていた。ある日突然救出され、外の世界が無事であることを知ったキミーたち。NYでテレビ出演したことで寄付金を受け取り、それぞれの故郷へと戻ることになったが、キミーだけはNYで暮らすことを決意。仕事と住む場所を見つけ、初めての都会暮らしに浮かれるが…

 キミー役にエリー・ケンパー。ルームメイトのタイタス役にタイタス・バージェス。アパートの大家リリアン役にキャロル・ケイン。キミーが働くことになった屋敷の女主人ジャクリーン役にジェーン・クラコウスキー(アリー・マクビールのエレイン)。

 アンブレイカブルってそういう意味か… 劣悪な環境で15年も耐えてきたキミーはとにかくポジティブ。些細なことに感激し、辛い目に合っても前を向いて進む。せっかくもらった寄付金も盗まれてしまうが、いつまでも嘆かない。15年は長い。当時はスマホなんてなかったし。目に映る物すべてが新鮮。

 ルームメイトのタイタスはミュージカルスターを夢見るゲイ。ずる賢いと言うかちゃっかり者というか。大家のリリアンのぼんやりさ加減もあって、居心地は良さそうな部屋だ。仕事先のジャクリーンには意外な過去があるとか、セレブな暮らしぶりとか、生意気なティーンエイジャーの娘とか、お金持ちあるあるも楽しい。

 シーズン1~3が13話ずつ、シーズン2が12話。キミーにパワーをもらおう。



| | コメント (0)

2020年7月26日 (日)

[ド] ザ・ボーイズ

 Amazon Prime Videoで配信中。同名コミックの映画化らしい。特殊能力を持つスーパーヒーローがたくさんいる世界で、彼らの多くはヴォート社という会社に雇われていると言う設定。その中でもセブンと呼ばれるトップクラスのヒーロー7人と、彼らの悪事を暴こうと闘う普通の人たち「ボーイズ」の物語。

The-boys
 ヴォート・インターナショナルは、200名超のスーパーヒーローたちを雇い、メディアに露出させることで収益を上げていた。中でもセブンと呼ばれる7人はトップクラスのヒーロー。普通の青年ヒューイは、ある日恋人のロビンが目の前で一瞬のうちに粉々になってしまう。セブンの1人で高速移動能力者のAトレインがロビンに衝突したためだった。にもかかわらず、不誠実な対応をするヴォート社に不信感を持つ。
 一方、セブンのメンバーの1人の引退に伴い、メンバー募集に応募したアニーは、見事選ばれ、セブンの仲間入りを果たす。スターライトと言う名前を与えられ、期待に胸膨らませるアニーだったが、出勤初日にセブンの1人であるディープにセクハラを受け、幻滅。失意のアニーは、偶然ヒューイと知り合う。

 ヒューイ役にジャック・クエイド。メグ・ライアンとデニス・クエイドの息子だそう。彼をボーイズに誘う男ビリー・ブッチャー役にカール・アーバン(オールモースト・ヒューマンのケネックス刑事)。ブッチャーの元同僚マザーズミルクことマーヴィン役にラズ・アロンソ。マーヴィンと仲が悪いフレンチー役にトマー・カポン。ヒューイのパパ役でサイモン・ペグ。ブッチャーの元同僚でCIA副長官スーザン役にジェニファー・エスポジート(スピン・シティのステイシー)。
 セブンのリーダー、ホームランダー役にアンソニー・スター。スターライトことアニー役にエリン・モリアーティ。クィーン・メイヴ役にドミニク・マケリゴット。Aトレイン役にジェシー・T・アッシャー。ディープ役にチェイス・クロフォード(ゴシップガールのネイト)。透明人間のトランス・ルーセント役にアレックス・ハッセル。ブラックノワール役にネイサン・ミッチェル。ヴォート社の副社長マデリーン役にエリザベス・シュー。ヴォート社の社長?エドガー役にジャンカルロ・エスポジート(ブレイキング・バッドのガスなど)。触れただけで相手の心を読み取る能力者メズナー役にハーレイ・ジョエル・オスメント(シックスセンスの少年が…)。

 すごく盛りだくさんなキャストだなー。ハーレイくんにはびっくりだけど(^o^; 特殊能力を持つヒーローがたくさんいて、会社に雇われてると言う設定も斬新だと思うが、ヒーローだからって善人とは限らない(と言うか、むしろやりたい放題の悪人??)と言うところ、とても興味深い。しかも彼らを金儲けの道具にしている会社、まるで巨大軍事産業のよう。これって、アメリカの軍事産業に対する皮肉なのかなと思う。

 そんな彼らの真相に気づき、闘うことにしたボーイズ。とはいえ、それぞれ目的が違うので、なかなか足並み揃わず。特殊能力もないし。彼らに勝ち目はあるのか? あるんだなこれが。ヒーローも人間、弱点がある。

 ヒーローが主役じゃないヒーロー物って初めてじゃないかな。いかにも悪そうな、嫌らしい感じのヒーローに描いているところも興味深い。あのイケメンのチェイス・クロフォードが、あんな嫌らしい感じになってるし。見た目っていくらでも偽れるんだなとか、メディアって怖いなとか、いろいろな事を考えながら8話一気に観賞。

 シーズン1が8話。3まで決まっているらしい。続きも楽しみ。


| | コメント (0)

2020年7月18日 (土)

[ド] アウトブレイク

 Amazon Prime Videoで配信中。カナダの作品でフランス語。あまりにタイムリーすぎてびっくり。モントリオールのイヌイットを中心に謎の伝染病が流行り始め、死者が… と言うストーリー。突っ込み入れながら鑑賞中。

Outbreak
 カナダ、ケベック州モントリオールの街中で、イヌイットのホームレスの間に未知のウイルス感染が広がる。従妹のアラシーと、その周りにいた人たちが同じような症状で死亡したのを目の当たりにしたネッリは、偶然知り合った緊急衛生研究所の所長アンヌ・マリーに報告。すぐに調べ始めたアンヌ・マリーは、新型コロナウィルスが原因であることを突き止めるが…

 アンヌ・マリー役にジュリー・ルブレトン。その夫で医師のマルク役にガブリエル・サブラン。その愛人で医師のクロエ役にメリッサ・デゾルモー=プーラン。公安大臣役にギョーム・シール。ネッリ役にナンシー・サンダース。

 イヌイットのホームレスが相次いで亡くなったことに気づいたネッリだが、ホームレスであること、イヌイットであることから、自分たちには関係ないと考える人たち、体調不良になっても平気で出歩く人たち、咳が出るのにマスクをしない人たち、マスク不足に乗じて病院からマスクを盗み出して高値で売りさばく輩、事の重大さに全く気づいていない大臣… と、どこかで見たようなシーンが続々。まるで予言していたかのよう。

 シーズン1が10話。果たしてこの10話でどこまで話が進むのか…

| | コメント (0)

2020年7月13日 (月)

[ド] プロット・アゲンスト・アメリカ

 スターチャンネルEXで配信中。1940年のアメリカ大統領選で、ルーズベルトではなく、リンドバーグ(大西洋単独無着陸飛行に成功したあのリンドバーグ)が勝っていたら? と言うアナザーストーリー。リンドバーグはドイツ寄りで、第二次世界大戦にアメリカが参戦しないと言う公約を掲げて当選したと言う設定だ。なのでアメリカは参戦していないのだが、リンドバーグがナチ寄り→反ユダヤということで… あるユダヤ人一家を描いた物語。同名小説が原作らしい。

Plot-against-america
 1940年6月。ニュージャージー州ニューアークのユダヤ人街に住むユダヤ人一家。父ハーマンは保険外交員。昇進が近いと考えて隣町への引っ越しを考えるが、すぐ近くにドイツ人街がある上に、住み慣れた街を出ることに不安を感じる妻ベス。そんな中、大統領選に英雄的飛行士リンドバーグが立候補したことでユダヤ人街に不安が広がる。彼は反ユダヤだった… 一方、妻子ある男性と付き合っていたベスの姉エヴリンは、彼が妻と離婚する気がないことにやっと気づいて別れることに。そんな時、年配の独身ラビと知り合い…

 ベス役にゾーイ・カザン。夫ハーマン役にモーガン・スペクター。ベスの姉エヴリン役にウィノナ・ライダー。ハーマンの甥アルヴィン役にアンソニー・ボイル。ラビのベンゲルズドーフ役にジョン・タトゥーロ。モンティ(ハーマンの兄)役にデヴィッド・クラムホルツ(Numb3rsのチャーリー)。

 「高い城の男」もそうだけど、あのとき負けてたら… とか、戦争してなかったら… とか、アメリカ人もやっぱり考えるのだろうか。確かに反ユダヤの大統領が誕生していたら、今のアメリカはずいぶんと違った社会になっているんじゃないかと思う。それだけユダヤ人が力を持った国ということなんだろう。

 「マーベラス・ミセス・メイゼル」もユダヤ人女性の物語で、ユダヤ人社会が出てくるのだが、教養があり、裕福な人たちとして描かれている。毎年避暑地に集まって2ヶ月のバカンスを楽しむエピソードもあった。やはりユダヤ人同士での結婚が望ましいと考えているようで、夏のバカンスも出逢いの場になっている感じだった。そういう人たちのつながりって大きい。

 話は戻ってこちらの世界。反ユダヤの大統領が誕生し、ラビを手懐け、集まっているユダヤ人たちを南部の農村部に移住させてバラバラにしようという政策を始める。でも南部ってKKKとかがいるところである。KKKの標的は黒人だけではなく、ユダヤ人も含まれている。そういう人たちを放置しとく国のトップってどうなのよと思うが、そういうところへユダヤ人を送り込むと言う発想もまた怖い。優秀な人たちが集まると自分たちの立場が危ういと思うんだろうか。

 リミテッドシリーズだそうで全6話。5話まで配信されたので残るはあと1話。果たしてどんな結末が待っているのか…

| | コメント (0)

[ド] スパルタカス

 ちょっと古いね、2010年の作品。スターチャンネルEXで配信中。なんとなく見そびれていたので視聴。剣闘士ということで闘いのシーンがとても多いのだけれど、その見せ方がすごい、迫力あるけどかなりグロい。そして官能的なシーンも盛りだくさんなのでエロい。そのへんが人気の理由か? 原題は "Spartacus: Blood and Sand"。これ、見るとわかるのだが、訓練所や剣闘するスタジアムは下が砂で、そこには彼らの血がたくさん流れているのだ…

Spartacus
 トラキア人たちは、ゲタイ人の討伐にやってきたローマ軍と渋々条約を交わし、加勢することに。だがローマ軍副将グラベルは自らの出世しか頭になく、作戦を勝手に変更。そのせいで、故郷の街がゲタイ人による報復を受けることに気づいた男たちが逃亡して故郷へ戻る。だが時すでに遅く、村は廃墟と化していた… 偶然村を離れていた妻スーラを救った男だったが、ローマ軍にとらえられ、妻は連れ去られてしまう。その後剣闘士の訓練所へ送られた男は、スパルタカスと言う名前を付けられ、闘うことを強いられたが…

 スパルタカス役にアンディ・ウィットフィールド。剣闘士訓練所を持つバティアトゥス役にジョン・ハナ。妻ルクレティア役にルーシー・ローレス。訓練所の指導者ドクトーレ役にピーター・メンサー。訓練所のトップスター、クリクシス役にマヌー・ベネット。グラベル役にグレイグ・パーカー。その妻イリティア役にヴィヴァ・ビアンカ。

 最初の頃のスパルタカスはでくの坊というかなんというか… やることなすことアホな感じに見えてしまったのだが、次第に思慮深い剣闘士へと成長。だが、彼を不幸が次々と襲う。彼に平穏は訪れるのか??

 シーズン1が13話、シーズン2、3が10話ずつ。と調べていて気づいた。シーズン2からはスパルタカス役がリアム・マッキンタイアに変わっているのだ。どういうことだ、何があった? とさらに調べると、初代スパルタカス役のアンディ・ウィットフィールドは非ホジキンリンパ腫で2011年9月に亡くなったそう。なんと… 無敵の男も病には勝てなかったのか… この役でブレイクしたところだったのに、残念だね…

| | コメント (0)

[ド] ハリウッド

 Netflixオリジナル作品。第二次世界大戦後のハリウッド黄金時代を舞台に、俳優や映画製作者たちの姿を描いたミニシリーズで、全7話。

Hollywood
 第二次世界大戦後のハリウッド。大手映画スタジオであるエーススタジオの入口には、エキストラ出演しようと集まる大勢の人々が。その中の1人、ジャックは退役軍人で、双子を妊娠中の妻と結婚したばかり。自慢の容姿を武器に俳優への道を模索するがなかなかチャンスをつかめず。そんなとき、ガソリンスタンドの経営者アーニーにスカウトされ働くことになったが、その仕事は給油だけではなかった… 

 ジャック役にデヴィッド・コレンスウェット。監督志望のエインズリー役にダレン・クリス(Gleeのブレイン)。エインズリーの恋人で女優を目指す黒人女性カミーユ役にローラ・ハリアー。エース・スタジオの重役ディック役にジョー・マンテロ。ガソリンスタンド経営のアーニー役にディラン・マクダーモット(ザ・プラクティスのボビー・ドネル)。ロック・ハドソン役にジェイク・ピッキング。脚本家志望のアーチー役にジェレミー・ポープ。エーススタジオの女性幹部エレン・キンケイド役にホランド・テイラー。エーススタジオ社長の娘で、女優志望のクレア役にサマラ・ウィーヴィング。大物マネージャー、ヘンリー役にジム・パーソンズ(ビッグ・バン・セオリーのシェルドン)。社長の妻で元女優のエイヴィス役にパティー・ルポーン。女優で社長の愛人ジャンヌ・クランドール役にミラ・ソルヴィノ。社長役にロブ・ライナー。黒人初のアカデミー賞を受賞したハティ・マクダニエル役にクイーン・ラティーファ。女優タルラー・バンクヘッド役にパジェット・ブリュースター(クリミナルマインドのエミリー・プレンティス、Huffのベス)。ヴィヴィアン・リー役にケイティ・マクギネス。クリエイターはライアン・マーフィー。ダレン・クリスってライアン・マーフィーのお気に入りだね。

 黄金時代のハリウッド。実在の俳優たちも出てくるので、とても興味深い。第二次大戦後と言うことで、人種差別やゲイ差別の時代。そんな時代にあえて黒人女優主演の映画を作ろうとする人たちの物語だ。「風と共に去りぬ」のメイド役で初のアカデミー賞黒人受賞者となったハティ・マクダニエルが出てくるが、授賞式に入れてもらえなかった(黒人だから)と言う有名なエピソードも語られていて、本当に興味深い。ロック・ハドソンがガッツリ同性愛者として出てくるが、そんな彼を利用するエージェント役がジム・パーソンズだったり。ロック・ハドソンが台詞を覚えられない大根役者に描かれていたり。フィクションなのだろうが、実際の出来事もかなり盛り込まれていたりするので、こんな時代だったのかなぁなどと想像。もっと見たかったー、けどうまくまとまってるので、やっぱこれで終わりだね。

| | コメント (0)

«[映] オールド・ガード