2021年1月24日 (日)

[ド] シークレット・シティ

 Netflixオリジナル作品。オーストラリアの作品でシーズン2まででそれぞれ6話ずつ。とりあえずシーズン1まで見終わった。ある女性ジャーナリストの奮闘を描く。

Secret-city
 新聞記者ハリエットは、湖でボートに乗っていて、近くに警察が来ているのに気づく。そこには遺体があり、腹を切り裂かれていた。さりげなくスマホで撮影して戻り、この事件について調べ始めるが、何者かにスマホをハッキングされ写真を消されてしまう。背後に大きな組織が絡んでいるとにらんだハリエットは、元夫の協力を得ながら調査を進めるが…

 ハリエット役にアナ・トーヴ(フリンジのオリヴィア)。ベイリー役にジャッキー・ウィーヴァー。パクストン役にダン・ワイリー。

 中国政府やオーストラリアの大臣、米国政府も絡んでいるらしく、調査しているといろいろな圧力がかかる中、ハリエットが周りの男性を頼りながら奮闘する。スリリングなことは確かなのだが、内容がちょっと難しくてよくわからない… 政治ドラマって苦手だわ… 

| | コメント (0)

2021年1月23日 (土)

[ド] ザ・ストレンジャー

 Netflixオリジナルのイギリスの作品。同名の原作小説のドラマ化らしい。ミニシリーズで全8話。

The-stranger
 妻と2人の息子と幸せに暮らす弁護士アダム。ある日、息子のサッカー観戦をしていると、見知らぬ女に話しかけられる。女は、アダムの妻コリンヌには秘密があると言い出し、証拠を置いていく。コリンヌに事実確認をすると、意外にもあっさり認めるコリンヌ。だがその直後家を出たまま失踪。何が起こったのかわからぬまま、コリンヌを探すアダムだったが…

 アダム役にリチャード・アーミテージ。コリンヌ役にデヴラ・カーワン。刑事のジョアンナ役にシヴォーン・フィネラン。アダムのご近所さんで友人トリップ役にショーン・ドゥーリー(ウィッチャーのフォルテスト王)。アダムの父役にアンソニー・ヘッド(リトル・ブリテンの首相)。謎の女役にハナ・ジョン・カーメン。

 まずこの謎の女の目的がなんなのか。最初はまるでわからず、かなり混乱。いろいろな人が出てきていろいろな出来事があるが、関係あるのかないのか。つながっているのかいないのか。それが次第につながり始め、後半は一気見。かなり盛りだくさんなストーリーだった。

 うーん、こんな小さな町でこんなにいろいろとあったら警察大変だろうなぁ… と言うのが正直な感想(^o^;

| | コメント (0)

2021年1月21日 (木)

[ド] このサイテーな世界の終わり

 Netflixオリジナル作品。原題は"The end of the f***ing world"。サイコパスの青年と、奔放な少女が逃避行…

The-end-of-the-f-ing-world
 幼い頃から感情がなく、動物を殺すことが好きな青年ジェームズ。自分をサイコバスだと確信している。ある日、わがままで奔放な少女アリッサと親しくなり、家出に誘われ、父の車を盗んで逃避行。それは、彼女を殺したいと考えたから…

 ジェームズ役にアレックス・ロウザー。アリッサ役にジェシカ・バーデン。彼らを追う刑事役にジェマ・ウィーラン(ゲーム・オブ・スローンズのヤーラ)。

 ジェームズは幼い頃に、目の前で母親が自殺。それ以来なのか、心を閉ざし、感情を抑えることが普通になってしまう。動物を殺すことを楽しみ、いつか人を殺したいと考える。一方アリッサは、母親の再婚相手とその子どもと共に住んでいるが、再婚相手からは邪険にされ、母にも構ってもらえず、居場所がないと感じている。はじめはお互い身勝手な理由からだった逃避行。だが様々なトラブルに見舞われ、次第にお互いを大切に思うように。

 シーズン1、2それぞれ8話ずつ。完結しているらしい(打ち切り?)。なんとも不思議な物語。

| | コメント (0)

[ド] ラグナロク

 Netflixオリジナル作品。ノルウェーの自然豊かな街を舞台にした、北欧神話に基づく物語。

Ragnarok

 母の故郷に引っ越すことになったマグネと弟ラウリッツ。シニアカーが立ち往生している老人を見かけ、車から降りて助けたマグネ。それを見ていた雑貨店のおばさんはマグネの額に触れ、マグネに何かが起こる… 転校先の学校では、飛び級をした弟ラウリッツと同じクラスのマグネ。ちょっと風変わりなクラスメート、イゾルデと仲良くなる。環境問題を調べているイゾルデは、氷河の水を分析するため、マグネを誘う。一緒に上り始めた2人だったが、途中で母からの電話を受け、急いで1人で帰宅。すぐにイゾルデの元へ戻ろうとするが、そこで悲劇が…

 マグネ役にデイヴィッド・スタクストン。弟のラウリッツ役にヨナス・ストラン・グラヴリ。フィヨル役にヘルマン・トムロス。フィヨルの妹のサクサ役にテレサ・フロスタ・エッゲスボ。クラスメートのイゾルデ役にイルヴァ・ビヨルコース・テディン、グリー役にエマ・ボーン。校長のラン役にシヌーヴ・マコディ・ルンド。ランはフィヨルとサクサの母でもある。夫ヴィダル役にギスリ・オルン・ガルザルソン。ヴィダルはヨツール工業の経営者?のようで、マグネの母はここの経理部に雇われたと言う設定。なのでヨツール一家はこの田舎町で幅を利かせている一家だ。

 マグネは失読症だそうで、文字がうまく読めない。体格はいいが、ちょっとぼんやりさんな感じの優しい青年だ。それに対して弟ラウリッツは飛び級したそうなので優秀? したたかでちょっとずる賢い青年。イゾルデは、氷河が溶けていることや、ヨツール工業の排水が環境に悪影響を及ぼしていると考えて独自に調査をしている。おそらくこの街のみんながそれを知りつつも、唯一の企業でありみんなの生活がかかっていることから何も言えないでいる感じだ。

 マグネはイゾルデと仲良くなり、一緒に氷河へ行くことになるが、母親から緊急呼び出しを食らい、1人で慌てて帰宅。だが戻ってみるとどうでもいいことで、イゾルデを1人で置いてきてしまったことを悔やみ、慌てて戻る。だがそこで悲劇が…

 ヨツール一家が何者なのかが次第にわかってくる。そしてマグネは自分の持つ力に気づき始める。その辺りに北欧神話が使われている。よく知らないのだが、映画にもなったソーの感じ? 

 シーズン1が6話。まだまだなんだかよくわからないので、次のシーズンに期待。

| | コメント (0)

2021年1月19日 (火)

[ド] コラテラル 真実の行方

 Netflixで配信中のイギリスのリミテッドシリーズ。ロンドンで起こったピザ配達人射殺事件を描く。

Collateral
 ロンドンで、ピザの配達を終えた配達人が、直後に突然射殺された。事件を担当するのは新任の刑事キップ。配達人は移民とわかるが、狙われる理由が見つからず。行方をくらましていたピザ店の店長は遺体で発見され、目撃者は偽名を名乗っていた… 

 キップ役にキャリー・マリガン。女性牧師役にニコラ・ウォーカー。議員役にジョン・シム。議員の元妻役にビリー・パイパー(ドクターフーのローズ)。

 ミニシリーズで全4話。キップは妊娠していると言う設定だが、実際にキャリー・マリガンは妊娠していたらしい。キャリー・マリガンが見たくて見たのだが… 結局、バカを見るのは下っ端で、上層部はいつも逃げるんだよな…。なんとなく釈然としない結末だった。

| | コメント (0)

2021年1月17日 (日)

[ド] モダン・ファミリー Netflixで配信中

 大好きなコメディドラマ、モダン・ファミリー。

 会社経営のちょっとお金持ちのジェイは、離婚後、娘より若いコロンビア出身の美女グロリアと再婚。グロリアの連れ子マニーと3人で豪邸に暮らしている。

 ジェイの前妻との娘クレアは、フィル・ダンフィーと結婚し、ヘイリー、アレックス、ルークの3人のティーンエイジャーと暮らす5人家族。典型的な中産階級だ。

 ジェイの前妻との息子ミッチェルはゲイ。ゲイのパートナーであるキャメロンと結婚、ベトナムからの養女リリーを迎え、3人家族。ゲイカップルにアジア系の養子というパターン。

 現代アメリカの縮図のようなこの一家のドタバタな日常を描いたコメディだ。

Modern-family

 スカパーのFOXチャンネルで視聴していたが、いつからか放送しなくなってしまった。どうやらFOXスポーツ&エンタテイメントの方での放送になってしまった模様。見られないままやきもきしていたが、去年Netflixで配信されていることに気づいた。当時はまだ、視聴したシーズンまでしか放送していなかったが、今はシーズン10まで見られる。

 どこまで見たのかちゃんと覚えていない(たぶんシーズン6か7くらい)ので、シーズン6から再視聴。忘れてるエピソードもあるので、復習。子どもたちがどんどん成長して、びっくりだ。

 大人気のこのコメディ、どうやら去年で放送が終了しているらしい。シーズン11がファイナル。いまシーズン7を視聴中。各シーズン22~24話あるので、しばらくは楽しめそう(^o^)。

| | コメント (0)

2021年1月11日 (月)

[ド] クイズ ~100万ポンドを夢見た男~

 WOWOWで放送のイギリスのミニシリーズで全3話。日本でもお馴染みの「クイズ・ミリオネア」を最初に放送したのはイギリスだったのね… このクイズ番組で、不正をしたとして訴えられた夫婦の物語。実際にあった出来事らしい。

Quiz
 1997年、制作会社ITVは新たなクイズ番組を制作することにする。最高100万ポンドと言う高額な賞金と凝った演出でたちまち人気番組に。出演応募者が殺到。そんな番組を見ていて出場したくなったクイズ大好き兄妹のエイドリアンとダイアナ。エイドリアンは応募者の中から高確率で選ばれる方法を調べ上げ、なんと4回も会場入りを果たす。そしてついにクイズにチャレンジする機会を得るが途中で失敗。その悔しさを晴らすため、今度は妹ダイアナがチャレンジするが同じところで失敗。納得がいかない兄妹は、ダイアナの夫チャールズを出場させることにするが…

 チャールズ役にマシューマクファディン(リッパー・ストリートのエドモンド・リード)。ダイアナ役にショーン・クリフォード。司会のクリス・タラント役にマイケル・シーン(プロディガル・サンのDr.マーティン・ウィットリー)。

 まずは彼らの裁判から始まる。その後、どのようにしてクイズ番組が作られたのか、彼らがどのようにしてクイズにチャレンジしたのかが描かれるのだが、前半は彼らがかなり怪しく見える。不正をしたんだろうなと言う目で見てしまう。それが見ているうちに次第に違って見えてくる。見せ方でこうも変わるのかと思うとちょっと怖い。

 裁判で判決は出たが、実際のところはどうだったのかはわかっていない。だが、不正をするための組織があったことは事実らしい。100万ポンド。そりゃ魅力的な金額だよね…


| | コメント (0)

2021年1月 7日 (木)

[ド] セルフメイドウーマン マダム・C.J.ウォーカーの場合

 Netflixで配信中のミニシリーズで全4話。20世紀初頭、アメリカ初の黒人女性大富豪となった女性の伝記を原作にしたドラマ。

Self-made
 貧しい地区に住むサラは洗濯女として身を粉にして働いていた。暴力夫や労働苦から脱毛症になってしまう。絶望する彼女の前に、ヘアケア製品を持って現れたセールスウーマン、アディ。彼女の製品を使い、すっかり見違えるような髪を取り戻したサラは、他の人にもこの製品を広めたいと考えるように。自分もセールスに加わりたいとアディに申し出るが、サラの見栄えが良くないことを理由にあっさり断られてしまう。それでも、こっそり製品を持ちだし、路上で販売すると大盛況で見事完売。そのことをアディに告げ、金を渡すがアディは激怒。それ以来アディとは手を切り、自らの製品を試行錯誤して作り、ヘアサロンを立ち上げるが…

 サラ役にオクタヴィア・スペンサー。アディ役にカルメン・イジョゴ。サラの娘レリア役にティファニー・ハディッシュ。サラの2番目の夫CJウォーカー役にブレア・アンダーウッド(LAローのジョナサン・ローリンズ)。弁護士のランソム役にケヴィン・キャロル。CJの父クレオパス役にギャレット・モリス。

 まだ黒人差別のあった時代のアメリカで、こんな大成功をおさめた黒人女性がいたとは!! どん底の生活から這い上がっただけでなく、事業を成功させ、他の黒人女性たちにもチャンスをと考えて仕事を作る彼女の行動は素晴らしい。感動。

| | コメント (0)

2020年12月31日 (木)

[ド] 宇宙戦争

 WOWOWで放送の英国SFドラマで全4話で放送していたが、どうやら元は3話。WOWOWで勝手に4話にしたのかな。年末だし、すごく期待してたのに…

The-war-of-the-worlds
 20世紀初頭、ロンドン南西部の小さな村ウォーキング。この地に住むことにした新聞記者のジョージと、恋人のエイミー。ジョージは妻帯者だったが、自分の意に反した結婚で夫婦仲はよくなく、エイミーと駆け落ちしてこの地にやってきたのだった。そのため近所では白い目で見られていた。ある日、巨大な流れ星が近くに落下。様子を見に行ったエイミーとジョージ、近所に住む科学者オグルビーだったが、落下したその球体が人々を攻撃し始め…

 エイミー役にエレノア・トムリンソン。ジョージ役にレイフ・スポール。オグルヴィー役にロバート・カーライル。兵士の役でハリー・メリング(ハリーポッターシリーズのダドリー)。

 ううむ… まず映像がかなりチープでがっかり。再現ドラマとかで出てくるような映像。ジョージとエイミーの関係もよくわからないまま進むが、この辺は本編にあまり関係がない。宇宙人に攻撃される辺りはちょっとドキドキだったが、攻撃されているいまのシーンの途中に、数年後と思われるシーンが挿入されていて(いや、数年後が現在で、攻撃されている方が過去を振り返っていると言うことか)、最初はなんだかわからなかった。

 結局、宇宙人は病原菌にやられてしまうと言うのは一緒なのだが、ちょっと変な話が加わっていて… とにかくつまらなくて残念過ぎる。原作を読んでいないので、もしかしたら原作はこういう感じだったの?と思ったのだが、原作ともちょっと違うらしい。誰だよー、脚本書いたヤツー

| | コメント (0)

2020年12月19日 (土)

[ド] ユニークライフ

 Netflixオリジナル作品。自閉症の高校生とその家族の物語。原題は"Atypical"。

Atypical
 コネチカットに住む自閉症の高校生サム。ペンギンが大好きで南極に興味がある。他の人の気持ちをうまく読み取ることができないため、セラピーに通い、人間関係を勉強中。ある日、デートをしたいと考えるようになり、リサーチを始めるが、なかなかうまくいかない。もっと自分を理解してくれる人と付き合うべきだと言うアドバイスを受け、セラピストのジュリアが最適と思い込み…

 サム役にキーア・ギルクリスト。母エルサ役にジェニファー・ジェイソン・リー。父ダグ役にマイケル・ラパポート。妹ケイシー役にブリジェット・ランディ・ペイン。セラピストのジュリア役にエイミー・オクダ。

 サムは自閉症だがアルバイトもしているし、一見普通の青年だ。それなのに人の気持ちが読み取れないためにいろいろ問題が起こる。人に嫌みや皮肉を言われても意味がわからず、真に受けてしまう。冗談が通じない。女の子を誘う方法をネットで調べるのだが、明らかにダメだろうと言う誘い方でも、正しいと信じて実行してしまったり。

 そんな兄をいつも見守り助ける強い妹ケイシー。自分を持っていてブレない。そういう兄がいるせいなのか、弱い者イジメをするようなヤツを許せない正義感の持ち主だ。

 母親はサムの良き理解者だが、サムの行く末を案じてもいる。対照的に、脳天気な父親は、サムにどう接していいのかよくわからず戸惑ってもいる。そんな父が、サムに頼りにされ、アドバイスしたはいいが…

 シーズン1が8話、シーズン2と3が10話ずつ、シーズン4も10話の予定。リアルなようだがコミカル。サムに彼女が出来る日はくるのか?

| | コメント (0)

2020年12月18日 (金)

[ド] ザ・コミー・ルール 元FBI長官の告白

 WOWOWで放送。オバマ政権下の2013年にFBI長官となったが、2017年、新大統領ドナルド・トランプに解任されたジェームズ・コミー。彼の暴露本「より高き忠誠 A HIGHER LOYALTY 真実と嘘とリーダーシップ」のドラマ化。トランプ政権誕生に手を貸す形になってしまったコミーの暴露本ということでベストセラー。今年の大統領選の前に放送されたので、そのときに見れよかったのだけれど…

The-comey-rule
 2013年、オバマ大統領によってFBI長官に任命されたジェームズ・コミー。真面目で仕事熱心な彼は部下からも慕われ、長官として活躍。2015年、ヒラリー・クリントン前国務長官が、公務のためのメールを私用アカウントで送受信していたことが問題となり、捜査対象に。このことが翌年の大統領選に影響を与えると批判を受ける。一方、トランプ陣営がロシアと関わっていると言う情報が入り、捜査していたが…

 コミー役にジェフ・ダニエルズ(ニュースルームのウィル・マカヴォイ)。司法副長官イエーツ役にホリー・ハンター。FBI副長官マッケイブ役にマイケル・ケリー(レッドブルのシムズ、ハウス・オブ・カードのスタンパーなど)。トランプ役にブレンダン・グリーソン(ハリーポッターシリーズのマッドアイ、Mr.メルセデスのホッジス)。

 コミー自身の暴露本なので書かれていることは事実なのだろう。決してトランプに肩入れしたわけではなく、むしろ彼を嫌ってさえいたが、彼の当選に手を貸した形になってしまって非難の的になってしまったコミー。真面目であるが故に、特定の人に肩入れすると言うことができないことを買われてオバマ大統領から長官に任命されたのに、なんだか皮肉。

 前後編の2部構成のミニシリーズ。長い映画という感じかな。

 今回の選挙でやっとアメリカが正気に戻って本当によかったと思う。

| | コメント (0)

2020年12月15日 (火)

[ド] LA’s FINEST/ロサンゼルス捜査官

 AXNで放送中。わざわざタイトルにジェシカ・アルバ主演って付けないと見てもらえないと思ったのかなぁ… その名の通り、LAを舞台にした女刑事コンビもの。ジェシカ・アルバ、ダークエンジェルの頃と全然変わってなーい!

Las_finest
 かつてマイアミで潜入捜査をしていたシドニー・バーネット刑事は、心機一転、ロサンゼルスでナンシー・マッケンナ刑事とコンビを組むことに。だがシドニーは、DEA時代の因縁の相手、ガブリエル・ノックスを個人的に追っていた…

 ナンシー役にジェシカ・アルバ。シドニー役にガブリエル・ユニオン。シドニーの父ジョゼフ役にアーニー・ハドソン(OZの所長)。

 軽い感じの女刑事コンビものかなと思っていたのだが、シドには過去に何かあったらしく引きずっている。そしてナンシーにも何か隠していることがあるらしく… と言うことで、お気楽な作品ではなさそう。ちょっと期待したのだが、シーズン2で打ち切りになっているみたいなので…

 シーズン1、2それぞれ13話ずつで全26話。

| | コメント (0)

2020年11月30日 (月)

[ド] THE INNOCENTS/イノセンツ

 Netflixで配信中。イギリスの作品。家出を実行した高校生カップルの物語なのだが、彼女にはある特殊能力があり…

The-innocents
 イギリスの田舎町に住む高校生ジューン。何でも管理するきびしい父から、16歳になったら転校すると言われ、恋人ハリーとともに家出を計画。学校をやめた日の夜、自宅をこっそり抜けだし、車で迎えに来たハリーとともに逃走。計画どおりに出発し、開放感に浸る2人の前に、ジューンを狙う男が現れ連れ去ろうとする。ハリーの必死の抵抗でなんとか阻止し、2人はモーテルへ逃げ込むが、男を殺してしまったかもしれないと落ち込むハリー。ハリーを元気づけるため、こっそりモーテルを抜け出して男の様子を見に行ったジューンの身に異変が…

 ジューン役にソーシャ・グラウンドセル。ハリー役にパーセル・アスコット。農場で何やら研究している謎の男役にガイ・ピアース。

 冒頭のシーンが謎だったのだが、#1を見ているうちに謎が解ける。ジューンには特殊な能力があるのだが、そのことをまだ本人は知らない。父親の行動の意味は、もしかするとそこかもしれない。母親は家を出たまま行方不明で、ジューンは捨てられたと思っているのだが、実は違うらしい。母親にも同じ能力があるらしいのだ。#3まで観賞。まだまだ謎が多い。

 シーズン1は全8話で、続きは作られていないらしいので、これで終わるのか? 打ち切りなのか? 結末があるといいな。

| | コメント (0)

[ド] レコニング ~深淵をのぞく者~

 WOWOWにて5話ずつ一挙放送。全10話のミニシリーズ。郊外の静かな町で起こった連続殺人事件。犯人逮捕に失敗し、トラウマをかかえる刑事が再び事件に挑む。

Reckoning
 公立高校の教師レオ・ドイル。前妻と暮らしていた息子パクストンが問題を起こしたため、引き取って同じ高校に通わせることに。一方、殺人課の刑事マイク・セラートの次女サムも同じ高校に転入。この町では、かつてロシアン川連続殺人鬼、通称RRKが出没しており、当時捜査を担当したマイクだったが、犯人逮捕に失敗、トラウマとなっていた。そんなある日、RRKと同様の手口の事件が起こり、マイクが担当することになるが…

 マイク役にエイデン・ヤング。レオ役にサム・トラメル。

 トラウマを抱えた刑事って何かやらかしそうで怖い(マーチェラみたいに)。マイクはいい刑事、よき夫、よき父のように見えるが、子どもたちはそれぞれ問題をかかえ、妻との関係も問題を抱え、自身もトラウマを抱えて危うい感じ。一方、教師のレオは生徒に人気があるが、明らかに何かを隠している様子。外面はいいが、どう見ても怪しい。息子パクストンの行動も異常だ。犯人のあたりはすぐにつくのだが、そんな危ない感じの二人の危ない感じの日常が延々と描かれていて、正直最後まで見て疲れた。納得のいかないシーンもある。結末もすっきりしない。

 ミニシリーズということなので続編はないってことだよね? 続き作れそうなエンディングだったけど、もう見たくないな。

| | コメント (0)

2020年11月18日 (水)

[ド] ラブクラフト・カントリー 恐怖の旅路

 スターチャンエルEXで配信中。1950年代のアメリカを舞台に、失踪した父を探す黒人青年がその道中で出会う恐怖を描いた作品。ラブクラフトと言うのは怪奇小説家の名前のようで、そこに出てくるようなモンスターがいっぱいでてくるのだが、怖いのはそれだけではなくて、人種差別も。

Lovecraft-country
 1955年シカゴ。従軍していた黒人青年アティカスは、行方不明の父親を探すため、朝鮮戦争から帰国。父からの手紙を手がかりに、伯父のジョージ、友人のレティとともに車で出発。だが行く先々で激しい人種差別が。警官からも命を狙われ… 警官から逃れるため森へ迷い混むと、何者かが警官を襲い始めた…

 アティカス役にジョナサン・メイジャーズ。レティ役にジャーニー・スモレット。ジョージ役にコートニー・B・ヴァンス。アティカスの父役にマイケル・ケネス・ウィリアムズ。サミュエル役でトニー・ゴールドウィン(スキャンダルのグラント大統領)。

 うーん、どっち系? SFファンタジーホラーと言うことで、モンスターやら魔法やらが出てくるのだが、当時の人種差別とかも描かれていて、興味深い。#4まで見たが、#4はまるでインディー・ジョーンズのよう(^o^; シーズン1は全10話。果たしてどんな展開になるのか…??

| | コメント (0)

[ド] ザ・クラウン

 Netflixにて配信中。イギリスのエリザベス女王を描いた作品。すごいね、現役の女王をドラマにしちゃうって。日本じゃまずできないよね。

Thecrown
 25歳で即位したエリザベス女王なので、2シーズン毎にキャストが変わるらしい。いまシーズン1を見ているので、エリザベス役はクレア・フォイ。フィリップ殿下役にマット・スミス。エリザベスの妹マーガレット役にヴァネッサ・カービー。チャーチル役にジョン・リスゴー。ジョージ王役にジャレッド・ハリス(MAD MENのレーン・プライス、チェルノブイリのレガソフ)。

 シーズン3からはエリザベス役にオリヴィア・コールマン、フィリップ役にトバイアス・メンジーズ(アウトランダーのフランク・ランダル)、マーガレット役にヘレナ・ボナム・カーター。

 シーズン5からはエリザベス役にイメルダ・スタウントン(ハリーポッターシリーズのアンブリッジ校長)、フィリップ役にジョナサン・プライス、マーガレット役にレスリー・マンヴィル。

 エリザベスの結婚から始まり、25歳で父の急死により即位。幼い頃から帝王学は学んだものの、普通の子どもが教わるような授業は一切無かったらしい。憲法については詳しいが、政治についてはわからない。政治をすることはないけれど、最終結論は女王が下すことも多い。首相と話をしても見下されることに気づいた彼女は、自ら家庭教師を付けて学び始める。

 仕事をしてはいけないと言われた?フィリップ殿下はかなりお気楽のようだが、世間体を理由に、やりたいことが制限される。妻を立てなくてはいけない立場というのも大変そうだ。

 見ていて思ったのは、ジョージ王の兄エドワードは愛を選んで王位を捨てた人、エリザベスの妹マーガレットも不倫で騒ぎになってるし、息子チャールズはご存じの通り。そしていまヘンリーがちまたを賑わせていて… エリザベス女王の周りは何かと問題を起こす方々が多いようで…(^o^; 女王も若くして王位を継ぐことになって、また大変な時期だったであろうし、本当に強い女性だと思う。最初は若い&女性ということで見下されることもあったようだが、自ら学び、努力して今の立派な女王になっていったのだろう。その過程をドラマで見られるってすごいことだと思う。

 まだまだ現役の女王。コロナ騒動で大変な時期だけど、健康に気を付けて長く治世してほしい。

| | コメント (0)

2020年11月11日 (水)

[ド] クイーンズ・ギャンビット

 Netflixで配信中のミニシリーズ。1950年代~60年代のアメリカを舞台に、孤児である主人公がチェスの才能を開花させると言うストーリー。クイーンズ・ギャンビットとは、チェスのオープニングの一つらしい。

The-queens-gambit

 母親が亡くなり、9歳で孤児となったベス・ハーモンは、孤児院へ。そこで雑用係シャイベルさんからチェスを教わり、その才能を開花させる。10代で子どものいない夫妻に引き取られるが、すぐに夫は家を出てしまい、アルマと二人暮らしに。生活費に困る毎日だったが、チェスの大会で優勝すれば賞金がもらえることを知り、参加費を借りて出場、見事優勝。これに味を占めたアルマとベスは、各地の大会に出場しまくるが…

 ベス役にアニャ・テイラー・ジョイ。彼女の目力というか、ほぼ無表情ながら表情ですべてを語る演技がたまらない。雑用係のシェイベルさん役にビル・キャンプ。ベスを引き取った母親アルマ役にマリエル・ヘラー。チェス名人ベニー・ワッツ役にトーマス・ブロディ・サングスター(ゲーム・オブ・スローンズのジョジェン、映画「ノーウェア・ボーイ」でポール役やった人だね、似てないけど)。

 9歳で孤児になったベス、どうやら実の母親は心中しようとしたようで、ベスだけ生き残った感じ。そんな辛い経験をしながらも、孤児院でチェスと出会って虜となる。チェスの大会に出ることで才能を開花させ、自信を付けるのだが、同時にドラッグやアルコールの依存症にもなっていく。

 チェスのことは全くわからないのだが、チェスの詳しい説明はほとんどなく、試合も、対戦者の表情だったり指し方を見せることで状況を描いているので、わからなくても全く問題無いし、スリリングだ。

 全7話のミニシリーズ。一気に見たい気持ちをぐっとこらえ、1話1話大切に観賞中。

| | コメント (0)

[ド] プロディガル・サン 殺人鬼の系譜

 WOWOWで始まったドラマ。父親がシリアルキラーである主人公が、プロファイラーとなって殺人事件に挑むと言うストーリー。羊たちの沈黙とかハンニバルにちょっと通じるものがあるけど、自分の父親がシリアルキラーって設定はかなり衝撃的。タイトルのプロディガル・サンと言うのは放蕩息子という意味らしい。

Prodigalson  FBIのプロファイラー、マルコムは、シリアルキラーを見つけて追い詰めるが、説得している最中に保安官によって射殺されてしまったことから、怒って保安官を殴り、解雇されてしまう。その後、知り合いの警部補ギルに頼まれ、ニューヨーク市警の殺人事件の捜査に協力。その犯行現場に足を踏み入れたマルコムは、遺体の状況を見て、かつてあった連続殺人事件の模倣と見抜く。そしてその犯人こそ、マルコムの父親だった…

 マルコム役にトム・ペイン(ウォーキング・デッドのジーザス)。父で外科医のシリアルキラー、マーティン役にマイケル・シーン。母役にベラミー・ヤング(スキャンダルのメリー・グラント)。警部補ギル役にルー・ダイアモンド・フィリップス。NY市警の刑事役にオーロラ・ペリノー(ハロルド・ペリノーの娘さんらしい)、フランク・ハーツ。

 マルコムは、自分の素性がバレることを恐れて名前を変えている。しばらくは刑務所の父に面会して犯行について聞いていたようだが、10年前に会うことをやめた。だが今回の事件がきっかけで再び会うことに。シリアルキラーに他の事件について助言を求めると言うのはまさに羊たちの沈黙のハンニバルとクラリスのよう。だがこちらは実の親子ということで、心はもっと複雑。マルコムは心に傷を負っている。父の犯行を知り、通報したのは少年だったマルコムらしく、そのときやってきた警官がギルで、それ以来の付き合いのようだ。

 シーズン1が20話。2も決まっているらしい。さて、どんな事件が待ち受けるのか。

| | コメント (0)

2020年10月27日 (火)

[ド] ザ・ホーンティング・オブ・ブライマナー

 Netflixオリジナル作品。ホーンティングなんてついているのだから、幽霊出てくる系なんだろうとは思ったが、やっぱりそっち系。「ホーンティング・オブ・ヒルハウス」の続編とのこと。そちらを見ていないのだが、物語上は全く問題なさそう。ヒルハウスの方も見たくなってきた~

Haunting-of-bly-manor
 アメリカ人教師ダニは、イギリス郊外のブライにある古い屋敷で、両親を亡くした子どもたちの世話係として、住み込みで働くことに。だが到着して早々、不思議な現象に悩まされることに。子どもたちの行動もどこか不可解だった…

 ダニ役にヴィクトリア・ペドレッリ(YOUのラヴ)。家政婦のハナ役にタニア・ミラー。料理人のオーウェン役にラルフ・コーリ(iZombieのラヴィ)。幼いフローラ役にアメリー・ビー・スミス、マイルズ役にベンジャミン・エヴァン・エインズワース。彼らのおじヘンリー役にヘンリー・トーマス(ETのエリオット少年!)。物語の語り部役にカーラ・グギーノ。

 両親を亡くした幼い子どもたちは、何かを隠しているようだ。それをダニに見せないようにしている。ダニの前任者には何かが起こったらしく、命を落としている。そしてダニ自身も、ある辛い体験から、ちょっと困った状況にいる。それから逃れるためにここへやってきたのか?

 シーズン1は9話、これで全部なのかな? 5話まで見て、状況が少しずつわかっては来たが、まだこの屋敷に何があるのかはわかっていない。なんだろう、何があるんだろう… 

| | コメント (0)

[ド] LOVE LIFE

 久しぶりにスーパー・ドラマTVで放送の新作ドラマ。ニューヨークで働く20代の女性の恋愛を描いたラブコメ。SATCにちょっと似てるかなと思ったが、もう少し爽やかか?

Love-life
 2012年ニューヨーク。大学を卒業して働き始めたダービー・カーター。学生時代は奥手だった彼女は、社会人になってカラオケパーティで知り会ったオーギーと付き合い始める。順調に愛を育んでいくが、彼が転勤でDCに引っ越すことになり…

 ダービー役にアナ・ケンドリック。ルームメイトのサラ役にゾーイ・チャオ。サラのボーイフレンド、ジム役にピーター・ヴァック。マロリー役にサーシャ・コンペア。

 恋愛にどこか不器用なダービー。なかなか素敵な男性に巡り会えないのかな。アナ・ケンドリックがとにかくチャーミングだ。こんなに可愛くて一途なのになんで! いい男こい!

 シーズン1は10話。シーズン2も決まっているらしい。1話ごとに違う恋人が出てくるので、シーズン1は10人の男が出てくるのか?? 2012年が始まりなので、過去を振り返っているのだろう。最後は現在の自分が出てくるのかな。

| | コメント (0)

[ド] ホワイトハウス・ファームの惨劇 ~バンバー家殺人事件~

 WOWOWで放送。全6話のイギリスのミニシリーズ。タイトルから、ホワイトハウスの陰謀系?と勝手に想像して見始めたが… 1985年エセックス州の農場“ホワイトハウス・ファーム”で、一家5人が銃で射殺された事件をリアルに再現した作品。ホワイトハウスとは全く関係なかった(^o^;。

White-house-farm
 1985年8月7日未明、エセックス州のある地元警察署に、若い男性ジェレミーから通報が入る。近所に住む父親から電話があり、姉シーラが銃を持って暴れていると言う内容で、心配なので一緒に見に行って欲しいと言う。ジェレミーとともに屋敷に到着した警察は、夜明けを待って突入。中では、父と母、シーラの双子の息子が射殺体で発見される。シーラ自身も死亡していた。事件を担当したタフ・ジョーンズ警部は、シーラが4人を殺し、自殺したと断定するが、スタン・ジョーンズ巡査部長は疑問を抱く…

 ジェレミー役にフレディー・フォックス。スタン役にマーク・アディ(ゲーム・オブ・スローンズのロバート・バラシオン王)。タフ役にスティーブン・グレアム(ボードウォーク・エンパイアのアル・カポネ)。ジェレミーの従姉アン役にジェマ・ウィーラン(ゲーム・オブ・スローンズのヤーラ)。ジェレイーの友人(?)役にアルフィー・アレン(ゲーム・オブ・スローンズのシオン)。

 全6話で、1~3話を先日放送し、4~6話は31日に放送予定。最初の段階ですでに怪しい人物はいるのだが、このままそいつが犯人だと面白くないなー。さて、どうなるか。

| | コメント (0)

2020年10月21日 (水)

[ド] ウォンテッド! ローラ&チェルシー

 Netflixで配信中。オーストラリアの犯罪スリラー。スリリングなのだけれど、どこかちょっとコミカルな部分もあったりして面白い。

Wanted
 スーパーのレジ係のローラ、会計士のチェルシーは、仕事帰り、たまたま同じバス停でバスを待っていた。そこへ、車が突っ込んでくる。運転手は銃で撃たれて瀕死の状態。とっさに駆け寄り助けようとするローラ、呆然とするチェルシー。そこへ今度は銃を持った覆面の2人組が車で現れ、1人が瀕死の男を射殺。目撃者である2人も殺そうとするが、とっさに阻止しようとしたローラともみ合いになり銃が暴発、男に当たって死亡。2人組のもう1人がローラたちを殺そうとするがローラの説得で思いとどまり、2人を車のトランクに押し込んで逃走。トランクの中の2人はなんとか逃走しようと策を練るが…

 ローラ役にレベッカ・ギブニー。チェルシー役にジェラルディン・ヘイクウェル。警部補役にニコラス・ベル。

 スーパーのレジ係として働くローラは、船員として働く息子がいるが現在一人暮らし。アラフォーくらいかな、人生経験豊富だ。一方チェルシーは真面目な会計士で、まだ若いせいなのか、とっさの時に固まってしまう。彼氏と同棲しているが、言いたいことも言えず、あまり心が通じ合っていないようだ。そんな正反対とも言える2人が、偶然にも同じバス停でバスを待っているときに犯罪に巻き込まれてしまう。これ、明らかに被害者なので、相手を殺してしまったとは言え正当防衛なので、この時点では悪いことは何もしていない。

 だが、犯人の1人が彼女たちを連れて逃亡したことで、ちょっとおかしな事に。バス停に残された2人の死体、ローラの名札から、ローラがまるで容疑者のような扱いに。警察へ行かれない事情も発覚。さらにチェルシーにも実は問題があり… と言うことで、2人の逃亡者になってしまう。2人の凸凹逃亡者は時にコミカルだ。

 シーズン1~3までそれぞれ6話ずつ。IMDbを見るとまだ続きそうに見えるのだが、シーズン3が2018年なのでもう終わりなのかな? 彼女たちの逃亡劇を見届けたい。

| | コメント (0)

2020年10月18日 (日)

[ド] The Knick/ザ・ニック

 Amazon Prime Videoで配信中。1900年のニューヨークを舞台にした医療ドラマ。ニックというのは、舞台となる「ニッカボッカ・ホスピタル」の愛称(略称)らしい。

The-knick
 1900年ニューヨーク。ニッカボッカ・ホスピタルの外科医ジョンは、上司とともに帝王切開手術を試みるが失敗。妊婦も胎児も死亡してしまう。12回の失敗を苦にした上司は自殺。ジョンは昇進して外科部長となる。副部長として黒人医師を雇うことを提案されるが、偏見から断固拒むジョン。それでも配属された黒人外科医アルジャーノンは、優秀で実績があるにも関わらず、ジョンたち白人医師から邪険にされてしまう…

 主人公ジョン役にクライヴ・オーウェン。黒人外科医アルジャーノン役にアンドレ・ホランド。病院の理事?の娘コーネリア役にジュリエット・ライランス(ペリー・メイスンのデラ・ストリート)。救急隊?の役でクリス・サリヴァン(This is usのトビー)。看護師の役でスザンナ・シャコフスキー(ゴシップ・ガールのブレアのメイド、ドロータ)。

 とりあえず#2まで観賞。#1の冒頭からいきなりの帝王切開手術(しかも失敗するし)の流血シーン。なかなかのグロさ。100年前の医療ってこんな感じだったんだろうか。医学の進歩のために新しい手術を研究するジョンは、コカイン中毒でもある。新しい手術の研究と言えば聞こえがいいが、実際は患者を実験台にしているわけで、ほとんどの患者が助からず… そういう人たちの犠牲の上に、現代の医療が成り立っているんだなと思い知らされる。

 どうやら人間嫌いらしいジョン。上司は慕っていたらしく、ときどき回想シーンが。この上司からコカインを教わったらしい。

 一方、黒人外科医アルジャーノンは、フランスで修行した身。優秀な外科医であるにも関わらず、オペに関わらせてもらえないばかりか、副部長なのに地下の薄暗い部屋をあてがわれ、住んでいるのは黒人地区の汚いアパート(洗面所は共用?)。電車で通勤。他の外科医たちは病院の近所に住んでいたり馬車で優雅に出勤。看護師は自転車通勤。そのへんの違いも見ていて興味深い。

 100年前の医療を描いた作品って珍しい気がする。当時のアメリカの人種差別や偏見も描かれていて、これまた興味深い。困難にも負けず、卑屈にならずに常に凜とした態度のアルジャーノンにはとても好感が持てるし、応援してしまう。

 とても評価が高い作品ながら、シーズン2で打ち切りとなってしまったらしい。それぞれ10話ずつ。1話がかなり重いので、じっくり楽しみたい。

| | コメント (0)

2020年10月 8日 (木)

[ド] グレイズ・アナトミー16 #21

 海外ドラマを見ていると、その国の抱える問題が描かれていることに気づくことがある。先日の「アウトブレイク」では、カナダにおけるイヌイットの問題、アメリカの医療ドラマなどでは保険制度の問題、ドイツの「DARK」では原発の問題などなど。以前、「NIP/TUCK」を見て牛肉にホルモン剤が大量に含まれていることが問題視されていることを知った。

 以下、ネタバレなので未見の方は要注意。

 グレイズ・アナトミー16の終盤で、リチャードが認知症の症状に。原因がなかなか突き止められず、アルツハイマーだろうと思われたが、粘り強い調査の結果、「人工股関節によるコバルト中毒」だと判明。これには正直驚いた。人工股関節にコバルトが使われている時期があったらしく(現在は使われていないとのこと)、関節がこすれることでコバルトが溶け出し、組織を破壊。このドラマの場合は、それが原因でコバルト中毒となり、認知症のような症状が出たと言う設定だった。受けた治療が原因で別の病にと言うのは怖い話だ。

 その後、同じくアメリカの医療ドラマ「ニュー・アムステルダム2」の#3で、急患で運ばれてきた男性がコバルト中毒とわかるが、原因がやはり人工股関節というエピソードが。ここでも! こちらはすぐに診断がつき、この人工股関節を作ったメーカーを訴えるか否かと言うのが争点だった。

 現地での放送時期を調べてみると、グレイズ・アナトミー16#21は2020年の4月、ニュー・アムステルダム2#3は2019年の10月。なので、ニュー・アムステルダムの方が先に取り上げた話題ということになるが、時期的には半年ほどの差なので、ほぼ同時期と言っていいだろう。「Dr.House」にも同様の症例が描かれていると言う記事を見つけたので、もっと前から問題になっているらしい。日本ではどうなのだろう?

| | コメント (0)

2020年9月25日 (金)

[ド] ペリー・メイスン

 スターチャンネルEXで配信中。いまのところ3話まで配信されている。ロバート・ダウニーJr.が長年温めていたプロジェクトをHBOと製作。あの弁護士ペリー・メイスンの若い頃のお話らしいが、弁護士ではなく、私立探偵という設定だ。

Perry-mason
 1931年ロサンゼルス。乳児が誘拐され、身代金を要求されるが、遺体で発見される。乳児の父親が犯人と疑われ、ベテラン弁護士EBは私立探偵ペリー・メイスンに調査を依頼。メイスンの調査で母親の浮気が発覚、父親の疑いは晴れるが、今度は母親が容疑者となり…

 ペリー・メイスン役にマシュー・リス(ブラザーズ&シスターズのケヴィン)。彼の旧知のベテラン弁護士EB役にジョン・リスゴー。EBの秘書デラ・ストリート役にジュリエット・ライランス。ドレイク巡査役にクリス・チョーク。メイスンの友人でいつも調査を手伝わされるピート役にシェー・ウィガム(ボードウォーク・エンパイアのイーライ)。新興宗教団体のカリスマ教祖、シスター・アリス役にタチアナ・マズラニー(オーファン・ブラックのサラ)。その母親役にリリ・テイラー。乳児の母親エミリー役にゲイル・ランキン、マシュー役にネイサン・コードリー(ハリーズ・ローのアダム)。マシューの実の父役にロバート・パトリック(The Unitのトム・ライアンなど)。検事役にスティーブン・ルート。

 まず、ペリー・メイスンが弁護士ではなく私立探偵というのに驚き。従軍経験があり、トラウマに悩まされている。バツイチ。私立探偵で生活しているが、金に困っている感じ。デラ・ストリートとはすでに知り合いだ。さらに、ドレイクは私立探偵ではなく警官で、黒人という設定。新興宗教団体がこの事件に関わっているらしいが、まだ詳しくはわからない。遺体で発見された乳児は、目を開けた状態でまぶたが縫い付けられていた。これは何を意味するのか?? 汚職警官が何かを隠している? 謎はつきない。

 シーズン1が8話。シーズン2も決まっているらしい。全くイメージの違うペリー・メイスン、楽しみ。

| | コメント (0)

2020年9月23日 (水)

[ド] ザ・シューター/極大射程

 Netflixオリジナル作品。シーズン1は、2007年の映画「ザ・シューター」とほぼ同様の内容。原作小説があるらしい。

Shooter
 かつては最高の狙撃手だったボブ・リー・スワガーは、相棒を失い、軍を退役。妻子とともにひっそりと暮らしていた。そこへ、かつての上官ジョンソンが現れ、大統領が狙撃される危険があるので、狙撃手として、狙撃に適した場所を見つけ出して欲しいと言う。現地を見て周り、狙撃に適した場所数箇所を指摘。だが当日、大統領とロシア大統領がいるところを何者かが狙撃、ロシア大統領に命中し死亡。すぐに狙撃場所に気づき、犯人確保に向かったスワガーだったが、狙撃犯と疑われ逮捕されてしまう…

 スワガー役にライアン・フィリップ。妻ジュリー役にシャンテル・ヴァンサンテン(ザ・ボーイズのブッチャーの妻ベッカ)。ジョンソン役にオマー・エップス。スワガーに協力してくれるFBI捜査官メンフィス役にシンシア・アダイ・ロビンソン。

 映画版、詳細は覚えていないが、妻子はいなかった気がする。メンフィス捜査官が映画版では男性だったが、ドラマ版では女性に。スワガーの銃の知識がハンパない。妻子を守る必要もあるので、そのへんがより複雑かも。

 そしてシーズン2、3はオリジナルストーリーらしい。シーズン1が10話、シーズン2が8話、シーズン3が13話。

| | コメント (0)

2020年9月12日 (土)

[ド] ヴァージン・リバー

 Netflixオリジナル作品。人生をやり直そうと考えた看護師が、LAから北カリフォルニアの田舎町へ… と言うストーリー。「エバーウッド」や、古くは「たどりつけばアラスカ」と同様の設定。同名の小説が原作らしい。

Virgin-river
 悲しい出来事を忘れるため、LAから単身で田舎町ヴァージン・リバーへやってきたメリンダ。町唯一の診療所を1人で切り盛りしている年老いたドクターを助けるため、看護師として1年間働く契約。住む場所も手配してくれ、心機一転やってきたメリンダだったが、住むはずのロッジは写真とは全く違ってゴミ屋敷。ドクターは頑固者でよそ者を受け入れようとしない。諦めてLAに戻ろうかと思っていた矢先、診療所の前に赤ちゃんが捨てられていたのが見つかる。その子の世話をするうち、悲しい思い出がよみがえる…

 メリンダ役にアレクサンドラ・ブレッケンリッジ(「This is us」のソフィ)。町唯一のレストランバーのオーナー、ジャック役にマーティン・ヘンダーソン(グレイズ・アナトミーのDr.リッグズ)。市長ホープ役にアネット・オトゥール(ヤングスーパーマンのマーサ・ケント、ナッシュ・ブリッジスのリサ・ブリッジスなど)。町唯一のドクター役にティム・マセソン。町で屋台を経営するペイジ役にレクサ・ドイグ(アンドロメダのアンドロメダ、)。

 女性版「エバーウッド」かなー。単身でと言うことだと「たどりつけばアラスカ」だけど、そこまでコミカルではないので、やっぱエバーウッドかな。北カリフォルニアの雄大な自然の中、田舎町ならではの人間関係。全員知り合いの状態で、「ネットは遅いけどウワサは早い」とか名言だと思う。そんな田舎町で、全員の健康状態を預かるドクターは老齢。72歳でまだまだ元気そうだけど、いずれは助けが必要になる。そこへやってきたメリンダは、助産師の資格もあり、医療補助もできると言う有能な看護師。最初はなかなか受け入れないドクターだが、次第に無くてはならない存在になるのだろう。

 シーズン1は10話、シーズン2も10話の予定で、シーズン3も決まっているらしい。3話まで見たが、じっくり楽しみたい。

| | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

[ド] アレックス・ライダー

 AXNで#1のみ先行放送。久しぶりのスカパーだなー。2006年に、同名の映画があり、面白かったのでこちらも期待。少年スパイの物語。アンソニー・ホロヴィッツの人気小説「ストームブレイカー」のドラマ化でイギリスの作品。

Alex-rider_20200907135001
 銀行員の叔父イアンに育てられた少年アレックス・ライダー。ある日、パーティから戻ると叔父が交通事故で亡くなったと聞かされる。だが、遺体に対面できないこと、叔父は決してスピード違反などしないことから、その話に疑問を抱いたアレックスは、独自に調査を開始。叔父が、何者かに殺されたことを突き止める。そのことに気づいた組織は、アレックスを呼び寄せ、真相を告げる… イアンは銀行員ではなく、秘密組織の優秀なエージェントであったこと、捜査の過程で何者かに殺害されたこと。さらに、アレックスの能力に気づいた幹部のアラン・ブラントは、アレックスをエージェントに勧誘。一度は断ったアレックスだったが…

 アレックス役にオット・ファラント。1997年生まれって書いてあるけど… え、20代なの??? 中学生くらいの役だよね? ハウスキーパーのジャック役にロンデ・アデコルージョ。映画版ではアリシア・シルバーストーンが演じていた役、こちらは黒人になっている。叔父イアン役にアンドリュー・バカン。(映画版ではユアン・マクレガー) アレックスの親友トム役にブレノック・オコナー(ゲーム・オブ・スローンズのオリー)。アラン・ブラント役にスティーブン・ディレイン。(映画版ではビル・ナイ) アレックスの教育係ミセス・ジョーンズ役にヴィッキー・マクルア。

 映画版は評価低かったけど私は好きだったので、ドラマ版に期待。こういうのってアレックス役の役者さんによるところが大きいと思うのだが、彼なかなかキュートだ。軽業師のような身のこなしも、自転車姿もなかなか様になってる。

 シーズン1が8話。本放送が楽しみ。

| | コメント (0)

2020年9月 5日 (土)

[ド] ザ・ルーキー 40歳の新米ポリス!?

 WOWOWで放送開始。40歳にして警官になることを決意した男の物語。クリミナル・マインドやグレイズ・アナトミーのクリエイターによる作品ということで期待。

The-rookie
 これまで様々な仕事をしてきた40歳の中年男ジョン・ノーラン。離婚が成立したその日に偶然にも銀行強盗に遭遇。彼の勇気ある行動で強盗犯は逮捕。それをきっかけに、警官への転職を決意したジョンは、9ヶ月後、警察学校を卒業。同期の20代の若者たちとともにロス市警ミッドウィルシャー署に配属される。年下の先輩指導巡査とともにパトロールへ…

 ジョン役にネイサン・フィリオン(キャッスルのリチャード・キャッスル)。同期のルーシー・チェン役にメリッサ・オニール。どうやら警察学校時代から付き合い始めたらしい2人。同期のジャクソン・ウェスト役にタイタス・メイキン。父親が内務調査部にいるらしく、知識量は多いが現場は苦手なタイプ。ウェストの指導巡査ロペス役にアリッサ・ディアス(レイ・ドノヴァンのテレサ)。ルーシーの指導巡査ブラッドフォード役にエリック・ウィンター。そしてジョンの指導巡査ビショップ役にアフトン・ウィリアムソン。巡査部長役にリチャード・T・ジョーンズ。ハロルド・ペリノーやサラ・シャヒも出演しているらしい。

 警官、特にロスの警官と言う仕事は激務。若いからこそ出来る部分もあると思うが、40代で体力も落ちてきたジョンは、あえてそんな世界へ飛び込んだ。自分に向いていると思ったのだろう。「こんなにコレステロール値の高い新人は初めて」と言われていて笑った。彼を応援する上司もいるが、「分別のある大人」が新米警官として働くことを疑問視している上司もいる。そんな中、実に謙虚に、体当たりで職務に取り組むジョンには好感が持てる。年下の先輩にあれこれ言われてカチンとくることがあってもおかしくないのに、先輩の忠告は真面目に聞く。なんたってロスの警官、銃撃戦も日常茶飯事。年下とは言え、彼らの経験は侮れない。でもジョンにも別の経験があり、ジョンなりの判断もできるわけで、若者たちの中で、おじさんがおじさんなりにできることに精一杯取り組む。そんなところが見所なのだろう。

 シーズン1~2がそれぞれ20話、シーズン3も決まっているらしい。しばらく楽しめそう。


| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

[ド] ホームカミング

 Amazon Prime Videoオリジナルドラマ。帰還兵が一般市民の生活に順応できるよう支援するセンター「ホームカミング」について描く。帰還兵のPTSDについて描かれた作品はたくさんあると思うが、彼らを癒やすハートウォーミングな作品なのかと思いきや、ミステリー。

Homecoming
 2018年、帰還兵が一般市民の生活に順応できるよう支援する「ホームカミング移行支援センター」。ここでカウンセラーとして働くことになったハイティ。電話で指示してくるコリンの要望に応えるため、毎日遅くまで働きづめの彼女は、同棲中の恋人と過ごす時間も無い。そんな中、センターに入所してきた帰還兵ウォルター・クルーズと心を通わせ始める。
 2022年。実家の母と暮らし、ウェイトレスとして働くハイディの元へ、国防総省の審査官トーマス・カラスコがやってくる。ホームカミングに関する苦情を調査している彼は、当時の様子、特にクルーズのことについて聞こうとするが、何も覚えていないハイディ。センターに勤務していた期間の記憶が欠落していることに気づく。

 ハイディ役にジュリア・ロバーツ。上司のコリン役にボビー・カナヴェイル(サードウォッチのボビー、ボードウォーク・エンパイアのロセッティ、ヴァイナルのリッチーなど)。ウォルター役にステファン・ジェームズ。トーマス・カラスコ役にシェー・ウィガム(ボードウォーク・エンパイアのイーライ)。ハイディの恋人アンソニー役にダーモット・マローニー(シェイムレスのショーンなど)。ハイディの母役にシシー・スペイセク。ウォルターの母役でマリアンヌ・ジャン・バプティスト(「FBI失踪者を追え!」のヴィヴィアン)。ウォルターの戦友ジョゼフ役にジェレミー・アレン・ホワイト(シェイムレスのリップ)。リップがくりくり頭で出てきて驚いた。そうか、シェイムレスで突然くりくり頭になったシーズンがあったが、このドラマに出演するためだったのかな?

 シーズン1の6話くらいまで見たが、とにかくミステリアス。2018年と2022年が交互に描かれている。ホームカミングって、支援センターとは言うもののなんだかあやしい。外へは出られないし、景色も見えない。ロールプレイングやカウンセリングなどプログラムに沿った毎日を過ごす復員兵たちだが、何やら薬を飲まされている。どうやらバックに製薬会社があるらしい。復員兵を実験台にしているのか? そしてハイディに何があった?

 シーズン1が10話。シーズン2が7話。シーズン1の前半、ハイディの記憶が失われている時期のシーンは、画面が狭くなっていてわかりやすい。1話が30分程度なので、続きが気になってどんどん見てしまう… 

| | コメント (0)

«[ド] 女刑事マーチェラ