2017年5月19日 (金)

[ド] APB ハイテク捜査網

 富豪が警察の分署を買収、ハイテク装置を導入して組織を改革しようというストーリー。#1を見た限りでは面白そうなのだが、シーズン1で打ち切りらしい。

Apb
 ハイテク企業を経営する実業家であり技術者でもあるギデオン・リーヴス。ある日偶然立ち寄った店で強盗に遭い、助けようとした親友が撃たれて亡くなってしまう。警察の事情聴取を受けるが、全くやる気のない警官たち。それもそのはず、経費削減で解雇される警官続出、装備も足りない状態で、警官たちのやる気も出ない。そんな様子をなんとか変えるべく、ギデオンは私財を投じて13分署をまるまる買い取り、ハイテク装置を導入。果たして警察は変われるのか??

 ギデオン役にジャスティン・カーク(ジャック&ジルのバート、モダン・ファミリーのチャーリー・ビンガムなど)。警官マーフィー役にナタリー・マルティネス(CSI:NYのジェイミー・ロヴァート)。警官ブラント役にテイラー・ハンドリー。ギデオンの部下で技術者エイダ役にケイトリン・ステイシー(クイーン・メアリーのケナ)。13分署の署長役にアーニー・ハドソン(OZの署長レオ)。巡査部長?ハウザー役にケヴィン・チャップマン(パーソン・オブ・インタレストのファスコ)。シカゴ市長役にネスター・セラーノ(ハット・スクワッドのラファエル)。

 天才技術者であり、その技術を利用した企業を経営する大富豪でもあるギデオンの設定は、アイアンマンのトニー・スタークに似てるね。ハンサムで、金持ちなので、鼻持ちならない感じ。だがお茶目で憎めない。親友を強盗に殺され、警察が全く役に立たなかったことから、警察を分署毎買っちまえ~ってストーリー。かなり強引な感じはするけれど、アメリカならあるかもと思った。

 舞台は犯罪の多いシカゴ。警察が資金不足で警官をクビにするとか、装備が足りないとか、日本ではちょっと考えられない状況だ。そんなところへ富豪が金を出し、ハイテク装置を導入してくれるって言うんだから喜んでいいと思うのだが、反発する警官たち。

 いろいろなハイテク装置が楽しめそう。ドローンとか、スタンガンとか、すぐにでも実用化できそうなものもある。ギデオンの行動は素晴らしいと思うのだが、彼は資金を提供するばかりでうまみがないよね、儲かるわけじゃないし。純粋に正義のためだけに資金を出すなんて… その辺、やっぱりドラマなんだろうな…

 面白いと思ったんだけどなー、打ち切りとは残念。なので全12話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

[ド] クォーリーと呼ばれた男

 スターチャンネルで放送のドラマ。人気小説が原作らしい。ベトナム帰還兵が殺し屋になると言うストーリーらしい。

Quarry
 1972年、ベトナムから親友と共に帰還したマック。愛する妻とも再会し、しばし楽しいひとときをすごす。だが現実は厳しかった… 戦地でも民間人虐殺疑惑が報道され、世間から厳しい目で見られる彼らは、元の職場へは戻れず、就職先もなかなか見つからない。自動車修理工場での仕事をなんとか見つけるが、ある日、ブローカーと言う男が大金を持って現れる。彼に依頼したのは殺し屋の仕事だった…

 マック役にローガン・マーシャル・グリーン。妻ジョニ役にジョディ・バルフォール。仕事仲間バディ役にデイモン・ヘリマン(インコーポレーテッドのヘンドリック)。父ロイド役にスキップ・サダス(サード・ウォッチの警官サリー)。ブローカー役にピーター・ミュラン。親友アーサー役にジェイミー・ヘクター。その妻役にニキ・アムカ=バード。

 ベトナム帰還兵が直面する現実。つらい体験をして戻ってきたものの、もはや自分の居場所はない。世間の目は厳しく、仕事が見つからない。そんなところへ来ての、殺し屋へのスカウト。はじめは断ったものの、親友アーサーが受けてしまい、彼を手伝うことに。だが思わぬ事態が発生し…

 これはものすごい骨太ドラマ。マックは殺し屋に向いている。自分でもそれは自覚している。だがそれだけはやりたくない。にも関わらず、その道に引きずり込まれてしまう…

 全8話。#1は76分。1話が重い… さて、マックは今後どうなってしまうのだろう…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

スイートブロッサム・カフェでランチ

 久しぶりに会うママともとランチすることになった。最近、駅周辺にいろいろお店ができたので、行ったことのないお店へ。最初、場所がわからなくて少々迷う。

Img_6314ro_800x600
 お花屋さんが併設されており、お花屋さん側から入ると、中はお花に囲まれた素敵なテーブルが!!

Img_6315roki2_800x600
Img_6317_800x600
 天井にも、テーブルの上にも下にも、お花がいっぱい。

Img_6319ki_800x600
Img_6321ki2_600x800
 ランチメニュー、ネットで予習したのとちょっと変わっていた。この日はサンドイッチがないとのことで、私はエディブルフラワーのサラダランチ、友達はスープカレー。ランチには飲み物がついていて、+300円でデザートも付けられる。

Img_6323_800x600                サラダランチにはスープがついてる

Img_6328roki2_800x600                  すごくカラフルなサラダプレート
            味付けしたチキン?とポテサラ?がちょっと乗ってた
             サラダは普通のサラダだな、花は味わかんない

                     パンにはバラのジャムが

 ランチ食べ終わって、まだイケそうだねと、デザートを追加。ブラウニー(^o^)。

Img_6331roki2_800x600
 スープカレー美味しそうだったけど、私には辛そうだったな。お店の雰囲気はとても素敵なのだけれど、ちょっと残念だったのは、なぜかたばこ臭かったこと。そして、虫がいること。まぁ、これだけお花に囲まれているとしょうがないんだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

[ド] コード・ブラック 生と死の間で

 Dlifeで始まった医療ドラマ。実は「殺人を無罪にする方法」が終わったことに気づかず録画していて、偶然録れていたので、視聴。

Code_black
 コード・ブラック:ERで患者数が許容量を超える緊急事態。エンジェルス記念病院のERでは、年間300回ものコードブラックが発生。この超多忙なERに、新人医師がやってきた。彼らの指導しながら日々命を救うために奮闘する指導医たち…

 主任指導医リアン役にマーシャ・ゲイ・ハーデン。看護師長ジェシー役にルイス・ガスマン。研修医役にメラニー・チャンドラ、ボニー・サマーヴィル。Dr.テイラー役にケヴィン・ダン。#1には出てこなかったけど、ロブ・ロウもドクター役で出てくるらしい。

 ERに似てるのかなぁ。リアンが主人公か。彼女は誰か大切な人を亡くしたばかりのようで、それを乗り越えて仕事に打ち込んでいる様子。子供を亡くして医学を勉強し始めた、ちょっと年の行った研修医クリスタや、ちょっと看護師には似つかわしくない風貌のジェシーなど、キャラクターが立ってくれば面白くなるのかな。

 年間300回も許容量を超えるERって怖い。毎日が修羅場ってことだよね… うーん、面白いかどうかは#1を見た限りではちょっと微妙。医療ドラマがあまりに多いので、正直ちょっと飽きた。とりあえず何話か、彼らの奮闘を見てみるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

[映] ファインディング・ドリー

 「ファインディング・ニモ」の続編、今度はドリーを探すの!?と思ったら、ドリーが生き別れになった両親を探す物語。

Finding_dory
 グレートバリア・リーフで、カクレクマノミの親子マーリンとニモらと共に、平和に暮らしていたドリー。何でもすぐに忘れてしまうドリーは、子供たちと家族について話していて、自分にも家族がいたことを思い出す。両親を探さなくては!と、マーリンが止めるのも聞かずに、カリフォルニアの海へ…

 ドリーの声はエレン・デジェネレス。マーリンの声はアルバート・ブルックス。ニモの声はヘイデン・ロレンス。タコのハンクの声役にエド・オニール(モダン・ファミリーのジェイ)。ベルーガクジラの声役でタイ・バーレル(モダン・ファミリーのフィル・ダンフィー)。ドリーのママの声役でダイアン・キートン。シガニー・ウィーバーが本人役で声の出演。

 本物の海かと思うほど、映像はさすがに綺麗。忘れんぼのドリー、かなり危なっかしいが、意外としっかり者というかちゃっかり者というか、どんなシチュエーションでもなんとかなってしまう辺り、さすが。そうやって1人で生きてきたのだろう。

 今回、タコのハンクが大活躍だなぁ、擬態のワザがすごすぎる。楽しませてもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] Mr.ホームズ 名探偵最後の事件

 本日3本目は、隠居生活をしているシャーロック・ホームズを描いた作品。年老いて記憶が怪しくなっているホームズ役を、イアン・マッケランが好演。

Mr_holmes
 海辺の家で隠居生活を送る93才のシャーロック・ホームズ。記憶に少々不安が出てきた彼は、記憶力回復に効果があると言う鰭山椒を日本に行って持ち帰る。だが、最後の事件について、どうしても思い出すことができなかった。それは、ワトソンが引退した後の事件で、ある男の妻の素行調査。ワトソンによる本が映画にもなっているが、それは脚色されたもの。真実を思い出して記すべく、執筆を始めるが…

 ホームズ役にイアン・マッケラン。家政婦のマンロー夫人役にローラ・リニー。その息子ロジャー役にマイロ・パーカー。日本人、梅沢の役で真田広之。シャーロック・ホームズの映画の中のシャーロック役にニコラス・ロウ。彼は、「ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎」でシャーロック・ホームズ役を演じた俳優。粋な配役だね。

 「老い」がテーマだろうか。難事件を解決するホームズの物語を期待するとハズされるかもしれない。ある事件で失敗してしまったホームズは、それをきっかけに探偵を引退、人里離れた海辺の家で隠居生活をしていると言う設定だ。

 かつては頭脳明晰だったホームズ。今でも観察力、推理力は鋭い。だが記憶力はかなり怪しくなっていて、一緒に暮らすロジャーくんの名前も忘れてしまうほど。記憶力回復のために養蜂で得たローヤルゼリーを飲んでいるらしいが、もっと効果のあるものをと、わざわざ敗戦後の日本に行って鰭山椒を持ち帰り、煎じて飲んでいる。山椒を煎じて飲むってのがちょっと?だが、辛くないんだろうか?? 鰭山椒って山椒とは違うのかな?

 蜂が大好きというロジャーくんはなかなか頭のいい少年だ。ホームズの本にも興味津々で、懐いている。だが、次第に弱っていくホームズを見ていて、彼に息子が懐くのが心配でたまらないマンロー夫人。転職も考えている。

 親しかった人々を亡くし、孤独なホームズと、彼に憧れる少年のふれあいがほほえましい。家庭は持たなかったホームズだが、こういう形もあっていいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] ゴーストバスターズ(2016年版)

 1984年のヒット作品のリメイク版。今度は女性のバスターズ。そしてキャストも豪華。

Ghostbusters
 ニューヨークの名門大学で教鞭を執る物理学教授エリン。だが、彼女が以前共同執筆した心霊現象に関する本がネットで売られていることがわかり、立場が危うくなってしまう。なんとか販売を止めようと、共同執筆した幼なじみの科学者アビーを訪ねる。アビーは未だに心霊現象を研究しており、アシスタントのジリアンと共に探知装置や捕獲装置まで開発していた。彼女らと共に、心霊現象が起こる屋敷へ行くことになり…

 エリン役にクリステン・ウィグ。アビー役にメリッサ・マッカーシー(サマンサWho?のディーナ)。ジリアン役にケイト・マッキノン。大学の学長?役にチャールズ・ダンス(ゲーム・オブ・スローンズのタイウィン・ラニスター)。エリンに調査を依頼した同僚?役にエド・ベグリーJr.。ゴーストバスターズの受付ケヴィン役にクリス・ヘムズワース。ゴースト排斥派?の役でビル・マーレイってのが笑える。(彼こそが元祖ゴーストバスターズなのに!) なんかのエージェント役でマイケル・ケネス・ウィリアムス(ボードウォーク・エンパイアのチョーキー)。市長役にアンディ・ガルシア。あとチョイ役だけどダン・エイクロイドやシガニー・ウィーバーも出ていてすごく豪華。

 ストーリーはおおかた同じなのだが、ニューヨークの街まさすがに30年も経てば変わったんだろうな。ステージから観客に向かってダイブするとか、今時のシーンもたくさん盛り込まれているし、テンポもいい。しゃべり始めたら止まらないメリッサ・マッカーシーも楽しい。イケメンでマッチョなんだけどおバカな受付役のクリス・ヘムズワースとか、市長にアンディ・ガルシアとか、すごく贅沢なキャスト。昔よりマシュマロマンが細身になったのも時代??

 続編ができそうなエンディングだったけど、さすがにもういいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] フィフス・ウェイブ

 去年、映画館に行くか否か迷った挙げ句、Bっぽいなと思って行かなかった作品。なかなか面白かった。原作小説があるらしい。

5th_wave
 突然やってきた地球外生命体に寄る攻撃で、平和な日常を奪われた人類。第一波で電源を奪われ、第二波で津波に襲われ、第三波のウィルス蔓延で母を失いった女子高生キャシー。父と幼い弟と共に、難民キャンプへ避難する。そこへ軍が救助にやってくるが、子供たちだけを軍の基地に連れて行き、大人だけが集められる。弟とはぐれてしまったキャシーは、父が殺されるところを目撃してしまい…

 キャシー役にクロエ・グレース・モレッツ。父親役にロン・リビングストン。高校の同級生ベン・パリッシュ役にニック・ロビンソン。キャシーを助ける青年エヴァン役にアレックス・ロー。ヴォーシュ大佐役にリーヴ・シュライバー(レイ・ドノヴァンのレイ)。レズニック軍曹役にマリア・ベロ(ERのアンナ・デル・アミコ)。

 突然上空に巨大な宇宙船がやってきたら怖いだろうなぁ。動力を奪われ、津波で街を破壊され、ウィルスが蔓延。多くの人が犠牲になる。そして第四波として、地球外生命体が人間に寄生すると言う。見分けが付かないってあたりはインヴェージョンのよう。

 1人になってしまったキャシーは、弟を救うために基地を目指す。クライマックスは、少々うまく行き過ぎな感じもあるが、テンポいい。そしてこれ、続きそうな終わり方だ。イケメン青年も出てくるし、なんと言ってもクロエが可愛い。いいじゃないの、充分楽しめたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

[ド] 惑星オアシス(仮題)

 アマゾン・プライムで無料放送のドラマ? どうやらまだ1話(パイロット版だね)のみらしく、これを見て、シリーズ化して欲しいかどうかを投票すると言う企画らしい。とりあえず見てみた。近未来が舞台のSFだ。

Oasis
 病に伏せっている妻を介護していた牧師ピーター・リーは、妻の望みを叶えるべく、安楽死させる。失意の彼の元に、惑星のコロニー「オアシス」での仕事が舞い込む。失うもののなくなったピーターは、惑星オアシスへ。そこは、地球崩壊後に人類が生き延びる最後のチャンスとして期待されていた場所。だが、現地に到着したピーターは、招かれざる客であると気づく…

 ピーター役にリチャード・マッデン(ゲーム・オブ・スローンズのロブ・スターク)。彼と共にオアシスにやってきた同僚役にハーレイ・ジョエル・オスメント(シックス・センスのあの少年がこんなに…)。

 うーん、設定としては面白そうではある。この惑星、なにやら訳ありのようで、決してオアシスではない。劣悪な環境だし、この地では幻覚を見るらしい。そんなところへ派遣された牧師ピーター。このコロニーには牧師がどうしても必要だからと説得されてやってきたのに、現地で必要とされているのは技術者。なんで牧師が?と言われ、どうやら場違いだと気づく。それでも、その場でできることをやるしかないピーターは、みんなの心の支えになるべく、カウンセリングルームを作ったりするのだが…

 パイロット版としてはよくできていると思うが、続きを見たいかと言われると… どう転がるか、もうちょっと見なくちゃわからないのは確か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ド] TABOO

 スターチャンネルで始まったドラマ。1814年のロンドンを舞台に、アフリカ帰りの男が、亡くなった父の遺産をめぐって東インド会社や英国王室、米国政府などと対立すると言うストーリー。主人公ジェームズ・ディレイニー役をトム・ハーディが好演。

Taboo
 1814年ロンドン。ある男性の葬儀に、その息子ジェームズ・ディレイニーが突如現れる。彼はアフリカに向かう船の中で死んだものと思われていた男。彼は、父親からある土地を相続するが、その土地は、東インド会社が狙っていた場所。死んだものと思われていたジェームズに代わり相続すると考えられてた、異母妹のジルファとの間で交渉が進んでいたが、ジェームズの登場で動揺する東インド会社。なんとしても取得すべく、法外な金額を提示するが… さらに遺産相続の際、思わぬ人物が登場し…

 ジェームズ役にトム・ハーディ。彼の異母妹ジルファ役にウーナ・チャップリン(チャップリンのお孫さん! ゲーム・オブ・スローンズのタリサ)。ディレイニー家の下男ブレイス役にデヴィッド・ヘイマン。東インド会社会長ストレンジ役にジョナサン・プライス。娼館のマダム、ヘルガ役にフランカ・ポテンテ(ラン・ローラ・ランのローラ!)。ドクター、ダンバートン役にマイケル・ケリー(ハウス・オブ・カードのダグ・スタンパー、レッドセルのプロフェットなど)。アティカス役にスティーヴン・グレアム(ボードウォーク・エンパイアのアル・カポネ)。ジェームズの父の妻だと名乗る女ローナ・バウ役にジェシー・バックリー。ディレイニー家の顧問弁護士ソイト役にニコラス・ウッドソン。

 謎多き男ジェームズ。アフリカにいたらしいのだが、その間何があったのか誰も知らない。何か大きな秘密がありそうだ。父の遺産は彼1人が相続すると言う遺言書があり、相続するのはとある場所の土地。一見価値の無さそうな土地だが、実は重要な場所らしいことがわかる。その場所を狙うのは東インド会社だが、アメリカも狙っている。そしてその辺りの事情に妙に詳しいジェームズ。東インド会社は、彼からその土地の権利を買うべく高額を提示するが、相手にされず、抹殺を考える。どうやら父親も何者かに毒殺されたらしいとわかる。そしてジェームズも狙われる…

 2話まで見たのだが、とにかくジェームズが格好いい。彼の秘密はこれから少しずつわかってくるのだろう。彼はなぜか資金を持っていて、情報通。頭が良くて腕っ節も強い。死者と交信できるの?? 異母妹ジルファとはただならぬ関係の様子。そして父にはもう1人子供がいた?? もしかしてジェームズの子?? 彼が唯一信用しているのは、下男のブレイスのみ。

 シーズン1が8話、シーズン2も決まっているらしい。見応えある作品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

[映] ヘイトフル・エイト

 タランティーノ監督の話題作。167分とかなり長いが、後半は目を離せない展開。

Thehatefuleight
 南北戦争後のワイオミング。猛吹雪が迫る中、先を急ぐ駅馬車は、黒人の賞金稼ぎマーキスに呼び止められる。駅馬車の乗客は賞金稼ぎジョン・ルースと賞金首のデイジー・ドルメグ。交渉の結果、レッドロックまで一緒に乗せてもらうことになったマーキス。さらに進んだところで、新任保安官だというマニックスも乗り込むことに。
 彼らがたどり着いたミニーの店にミニーはおらず、留守を預かっているというメキシコ人ボブと、先客の絞首刑執行人オズワルド、カウボーイのジョー・ゲージ、南軍の元将軍サンディ・スミサーズがいた。吹雪が去るまでの間、彼らは暖を取ることにするが…

 マーキス役にサミュエル・L・ジャクソン。ジョン・ルース役にカート・ラッセル。デイジー役にジェニファー・ジェイソン・リー。マニックス役にウォルトン・ゴギンズ(シールドのシェーン)。ボブ役にデミアン・ビチル(アメリカ版ブリッジのマルコ・ルイス刑事)。オズワルド役にティム・ロス。ジョン・ゲージ役にマイケル・マドセン。スミサーズ将軍役にブルース・ダーン。そうそう、あと一人、チャニング・テイタムが出てくる。何の役かは見てのお楽しみ。

 前半、何が起こるのか全く想像がつかないのだが、何かが起こりそうな匂いがプンプンだ。みんなそれぞれが何か訳ありで、怪しい。誰が嘘をついているのか。少々めちゃくちゃだが、タランティーノ監督らしい! 最後そう来たかーと楽しめる作品。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

日本民家園

 連休、突然"息子その1"がやってきたので、一日外出ってわけにもいかず、近場で遊べるところを探していて、生田緑地を見つけた。中にある日本民家園ってのが面白そう。向ヶ丘遊園駅からバスもあるようなのだが、1時間に2本程度。30分待たねば次のバスは来ない… 歩いて15分ほどなので、歩いた方が早い。

_1100633tri
 登戸駅からもバスが出ているようなのだが、こちらは2時間に1本。時間を調べて合わせてくれば、この派手なバスに乗れたのだろうか。

_1100635
 入園料500円払うと、まずは資料館のようなところで古民家についての説明が。日本全国の古民家を、この場所に集めて移築したらしい。こどもの日ってことで、お子様連れも多数。

_1100680
_1100654                     現在移築中の古民家も

_1100645             こちらは油屋さん 岡部の大旅籠柏屋のような造り

_1100663ro                      水車小屋の水車

_1100664                        水車小屋の中

_1100666ro
_1100676                   なんだ、なんだ、紅葉??

 傾斜のある場所を生かして古民家が並ぶ。それぞれ、漁師さんのお宅だったものや、農家のお宅、雪深い地のお宅などの特色があるらしい。解説をしてくださるスタッフもあちこちにいる。

_1100700
_1100705triro                害虫駆除のために、煙でいぶしていた

_1100721rotri             機織りの実演 もうちょっと客寄せすればいいのに

 途中にそば屋があるのだが、"息子その1"が家で待っているので断念。栃の実大福をいただいて一休み。

_1100704
_1100733           こちらのお宅、屋根の上にアヤメ(イチハツという種類らしい)が

_1100736
_1100774
 歌舞伎舞台の古民家も。実際に上演したりもするらしい。

_1100757pano                こちらは歌舞伎舞台 左側が客席かな

_1100761pano
_1100772                 ここから舞台の下も見られる

_1100766
_1100769ro                       こちら奈落の底

 古民家園を出ると公園になっていて、お弁当持ちでやってきた家族連れで賑わっていた。

_1100782ro
_1100784ro
_1100785ro
_1100792                       電車の車両が

_1100795                     中は休憩スペースに
           この周り、お子様連れ多数で、走り回る子供たちに
           体当たりされたり、足を思いっきり踏まれたりしたので
                   お年寄りは要注意かも

 この生田緑地には、藤子F不二雄ミュージアムや、ばら苑、かわさき宙と緑の科学館、岡本太郎美術館、伝統工芸館などがある。ばら苑も見てみたいなぁ、まだちょっと早いかな。緑地の中を散策するだけでも楽しそう。今度はお弁当持ちで行ってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

[映] 10 クローバーフィールド・レーン

 地下シェルターに閉じ込められた女性の奮闘を描く。

10cloverfieldlane
 家を飛び出したミシェルは、車を運転中に事故に遭う。意識を取り戻すと、見知らぬ地下室に縛り付けられていた… そこには大男ハワードがおり、彼がミシェルを助け出したという。外は何者かによる襲撃で大気が汚染されていて、出られないという彼の話を信じ、同じように怪我をしてハワードに助けられた男性エメットと共同生活をしていたが…

 ミシェル役にメアリー・エリザベス・ウィンステッド。ハワード役にジョン・グッドマン。エメット役にジョン・ギャラガー・Jr。登場人物はこの3人のみなのだが、声の出演でブラッドリー・クーパー。

 何があったのか詳しくはわからないが、ミシェルは恋人?と口論して家を飛び出す。車に乗ってどこへ行こうとしたのか。すぐに事故に遭う。気づいたときは地下室のベッドの上。足を怪我していた上に、足を手錠でつながれていた。携帯は圏外。なんとか逃げだそうと考えていたところへ、ハワードが現れる。自分が助けたというハワード。なんでも外は何者かによる襲撃で大気が汚染され、地下シェルターから出ることはできないという。

 同じように囚われの身の男性エメットと3人で仲良く過ごす。外に出られないんじゃ、そうするしかないよね。でも、ハワードの話、ちょっとおかしいよね… ってことで、彼の話が本当なのか、監禁するための嘘なのかが見所だと思っていたのだが、最後は驚きの結末だ。

 最後まで諦めないミシェル、タフで好感持てる。終盤の展開が見所かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

京王フローラルガーデンと殿ヶ谷戸庭園

 連休後半、さてどこへ行くか。昨日、最初に行こうと思っていた、京王フローラルガーデンというところが近いので、電車で行ってみよう。でもすぐに見終わりそうなので、その足で、国分寺駅近くにある「殿ヶ谷戸庭園」へも行ってみることに。

 まずは電車ですぐのフローラルガーデン。入園料500円。まだバラは咲いていないが、花はいろいろ咲いている。

_1100531ro
_1100523ro
_1100521ro
_1100520tri
_1100514ro
_1100506ro
_1100503ro
_1100482tri
_1100462tri
 植え方が絶妙なのかな、配色などを考えてあるせいか、とても綺麗だ。そして、馬がいた!!

_1100548triro
 スイスフェアかなにかをしているらしく、アルペンホルンとカウベルの演奏があるらしいが、あまり長くいられないので、今回は残念だがパス。

_1100532ro
_1100556rotri
_1100558            このアコーディオンのちっちゃ版みたいのほしいなー

 さて、次は調布からバスでまず武蔵小金井駅へ。ここで軽くランチ。あまり選択の余地がないので、とりあえずサイゼリア。安くて助かる。

_1100563tri
_1100565
_1100567tri
 そこから中央線で国分寺駅へ。駅からすぐの場所に、殿ヶ谷戸庭園がある。入園料150円。花はあまり多くないが、すごい、駅前とは思えない庭園。湧き水があるのだ。

_1100570
_1100572ro
_1100598ro
_1100599
_1100610ro

_1100620tri

 帰りはちょうど駅から府中駅行きのバスがあったので、それに飛び乗った。府中から京王線で帰宅。電車とバスと自然を堪能した一日。

 帰宅後、のんびりお茶をしていたら、"息子その1"から、今日から数日そこに泊まってもいいかというメールが。な、なに!? ここへ来る?? 布団ないけど… "息子その2"のところにある寝袋を借りて、座布団使って寝てもらうか。食器もないけど、"息子その2"のところから持ってきてもらうか。なんだかうれしい誤算。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

神代植物公園までサイクリング

 連休の谷間。私は休みをとって別宅に来ているが、夫は当然のように仕事。しかも出張だそうで、早朝に出勤。早々に洗濯、掃除を済ませたので、どこかへ行ってみよう、こんなにいいお天気だし。

 自転車で、"息子その2"の大学まで行ってみるか。グーグルマップを検索していて、神代植物公園というのがもう少し先にあることがわかる。せっかくならそこまで行ってみるか。9時、タブレットのナビをセットして、いざ出発。

 出発して早々、風が強いことに気づく… 川の近くだから?? 橋に行くまでにアップダウンがある… やっぱりもうちょっと近場でやめとくかな… と心が折れかけたときに見えた橋。川って気持ちがいいねー。せっかくなので、頑張ってみよう!!

_1100308
_1100314             調布側の河原の方が整備されていて人がいる気が…

_1100313             長い橋。真ん中が盛り上がってるので上って下る

 橋を渡るのも一苦労。結構な距離。多摩川って広い… 瀬戸川とは違う… 当たり前か。橋を渡ってそのまままっすぐ、武蔵境通りを進む。自転車と歩行者それぞれの通り道があり、とても走りやすい。

_1100320
 突然、大きな建物が。電通大って書いてある! これが新しくできた職員寮?学生寮? ここをまっすぐ行けば"息子その2"の大学だ。植物公園へは、もう少し先に行かねば。だが… 結構な上り坂… 途中、写真を撮りながら、休み休み進むが、こぎ続けられず、自転車を押して歩くことしばし。

 あと少しというところに、これまた素敵な川を発見。もうここでいいにしようか… でもせっかくここまで来たんだし…

_1100325
 やったー到着!! ちょうど10時。正面ゲートの真ん前におそば屋さんを発見。植物園見たらおそば食べて帰るー

_1100331ro
_1100335ro
 植物園は結構な広さ。ここからはのんびり歩いて写真をパチパチ。同じようなカメラマンがたくさんいる。花も綺麗だけど、雑木林もすごく気持ちいい。

_1100342ro                 シャクナゲだって、初めて見たかも

_1100350ro
_1100352ro
_1100355ro
_1100368
_1100381ro
_1100390ro
_1100394ro
_1100400ro
_1100404
 1時間ほど歩いたら、おそばー。公園内後半は、「おーそーばっ、おーそーばっ」と心の中でかけ声かけ、蕎麦の力で歩く(^_^;)。まだ11時だったが、おなか空いちゃったもーん。深大寺蕎麦のお店、「松の木」。

_1100429ro           お土産物もいろいろ売っている 生蕎麦も売ってるらしい

_1100430ro                   外の席も気持ちよさそう

 いつものように天おろし系が食べたかったのだが、そういうのはない?? おろし蕎麦をオーダー。オーダーした後で、辛み大根って書いてることに気づいて、ちょっとビビる…

_1100432rotri
_1100433tri                   大根おろし、結構な量よ

 実にシンプル、蕎麦を、大根おろしたっぷりのタレにつけて食べる。蕎麦は固め、ちょっともっちりしてるかな、おいしい。静岡の蕎麦とはまたちょっと違う。大根おろし、最初は、おおっ、大丈夫じゃん! と思ったが、食べているうちにどんどん辛くなってきたー、途中からは鼻水垂らしながらなんとか完食。そば湯をいただいて気づいたが、つゆは少し甘めかな。でも鰹だしが利いていてうまかった。ごちそうさま。

 11:35、さて、あとは帰るのみ。今度は下りだからちょっとは楽かも。しばらくは下りが続いてあっという間に大学の近くへ。そうだ、せっかくなので大学も寄っていこう! 

_1100441tri                    来年で100周年らしい

 11:55
、昼時だし学食に"息子その2"がいるかも!? とキャンパスへ入って
「大学なう」とメールしたら、すぐに
「自宅なう」と返事が来た… どうやら今日は午後かららしい(-_-;)。

 せっかくなので、学生協で電通大まんじゅうを購入。そこから20分ほどで帰宅。

_1100445tri
 いやはや、疲れた… 往復10km。お茶飲みながら、まんじゅうでもいただこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

[映] キャロル

 ベストセラー小説が原作らしい。去年のアカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞に多数ノミネートされていた作品。

Carol
 1952年ニューヨーク。高級百貨店で働く女性テレーズは、写真を撮るのが趣味で、プロになるのが夢。恋人リチャードからプロポーズされるが、なんとなく気乗りしない。そんなある日、見せにゴージャスな美女がやってくる。娘にクリスマスプレゼントを探しに来たその女性キャロルに目を奪われるテレーズ。キャロルが店に手袋を置き忘れ、それをテレーズが送ったことから、ランチに誘われ、それ以来たびたび彼女と会うようになるが…

 キャロル役にケイト・ブランシェット。テレーズ役にルーニー・マーラ。キャロルの元カノ、アビー役にサラ・ポールソン(アメリカン・ホラー・ストーリーなど)。キャロルの夫ハージ役にカイル・チャンドラー。

 キャロルはそもそもレズビアンらしい。この時代には許されないことであり、普通に結婚して子供をもうけた。アビーとはその後別れたものの、今でも大切な友人だ。キャロルが惹かれるのはやっぱり女性。テレーズに惹かれ、彼女と関係を持つ。

 夫とは別れるつもりのキャロル。だが、離婚したくない夫は、アビーの存在や、新しい恋人テレーズの存在が気に入らない。娘の単独親権を主張して、離婚を拒もうと画策するが…

 自分らしく生きる道を選んだ2人の女性。キャロルは家庭を捨てる道を、テレーズは恋人の言いなりだった人生を捨てる道を選ぶ。50年代にこういう道を選ぶのはたやすいことではない。それでも彼女たちにはお互いが必要なのだろう。男性に束縛されていた彼女たちが、お互いを求める気持ちが、なんとなくわかるような気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] 偉大なるマルグリット

 今年のアカデミー賞で話題だった「マダム・フローレンス夢見るふたり」。この作品で描かれた実在の音痴の歌姫フローレンス・フォスター・ジェンキンスにインスピレーションを得て作ったというのがこちらの作品。マダム・フローレンスは実話に基づいているが、こちらは創作ということかな。

Marguerite
 1920年パリ。マルグリット・デュモン男爵夫人の邸宅で、チャリティ音楽会が開かれる。主役のマルグリットが歌い始めたのを聞いた新聞記者のボーモンは、あまりの下手さに愕然とするが、誰もそのことを指摘しない。彼女に好意的な新聞記事を書いたことから、ボーモンに好感を持ったマルグリットを利用して、大衆の前で歌わせることを計画。やる気満々のマルグリット…

  マルグリット役にカトリーヌ・フロ。夫ジョルジュ役にアンドレ・マルコン。マルグリットに歌を教えることになるペッジーニ役にミシェル・フォー。執事?マデルボス役にドゥニ・ムプンガ。

 音痴の歌姫が主人公なのは同じだが、ストーリーはおそらく大分違うのだろう。マルグリットは音痴なのだが、富豪であり、チャリティ音楽会を開いているので、誰も文句は言えない。夫ジョルジュはそんな彼女に愛想を尽かし、愛人とよろしくやっている。マルグリットが音痴なのに歌い続ける理由は、夫に振り向いてほしいかららしい。その辺がよくわからないなー、音痴なのに平気でみんなの前で歌っていることを、夫は嫌がっているのだ。

 だが、そんな彼女を応援しているのが執事?のマデルボス。彼は常にマルグリットを励まし、彼女の写真を撮り続ける。よき理解者なのだと思っていたのだが、最後のシーンでまたわからなくなった。

 マルグリットはとてもかわいらしい女性だ。夫に愛されたくて、大好きな歌を歌い続ける。自分が下手くそだとは気づいていないらしい。その辺の設定は面白いし、微笑ましいと思うのだが、そんな彼女を利用するボーモンの意図もよくわからない。

 実際の、フローレンスさんの歌声というのがYOUTUBEで聞けるそうで、聞いてみたのだが… 確かに歌手として歌うのは無理があると思う。が、素人でここまで高音が出せたらすごいと思う。富豪が道楽で歌う分には問題ないと思うなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月30日 (日)

英国ロック・アイテムの祭典「THE BRITISH ROCK 2017」と新宿御苑

 ポールのコンサートグッズでかなり失敗したから… という訳でもないが、池袋パルコで英国ロック・アイテムの祭典「THE BRITISH ROCK 2017」というのをやっていると聞いて、さっそく行ってみることに。せっかく関東にいるんだからね!!

 新宿から山手線に乗ろうと思ったのだが、新宿駅の中で迷う。山手線がない… まさかなくなってないよねぇ?? とりあえず湘南新宿ラインなどの池袋に行くホームを見つけたが、山手線はどこ行っちゃったのよ!? 新宿駅は通学でも通勤でも長年利用した駅なのだが、ここ数年でずいぶんと変わってしまった。構内図を見ていて気がついたのだが、北寄りの入り口から入ると山手線の表示がないらしい。もうちょっと南寄りの入り口から入らないとたどり着けないのだ。なるほどね…

 池袋は実家から近いので、よく行くのだが、パルコには行ったことがなかった。池袋に電車で行くと、たいてい駅の中で迷う… わかりにくいよね… と言いつつ、夫と一緒だったのでなんとか迷わず到着。

_1100227             あーん、残念、ポールだけ写って無いじゃーん

 いいねいいねー、入り口のボードほしいぞ。入り口近くにまずビートルズグッズが並ぶ。Tシャツの種類が多くて感激。帽子やマグカップ、小物類もたくさんあって目移りしちゃう。別宅にマグカップ最小限しかないので、マグカップ買うつもりで行ったのだが、その後、新宿御苑に行こうという話になり、荷物になりそうなので断念。あれこれ迷ったあげく、バッジやキーオルダーを買うことにしてレジに並んでいたら、前に並んでいる人が持っていた紙袋?がほしくなって、夫に取ってきてもらって追加で購入。

_1100307
 7日までやっているらしい。いいな、もうちょっと近くでやっていたら通っちゃうかもな。さて、ちょっと早いがパルコの中でランチ。

_1100231
 「あぶりサーモンといくらの丼」と、「カルボドリア」なるものをオーダーし、半分ずついただいた。どちらもサラダとスープがセットでうれしいね。お手頃価格。

_1100238
_1100243
 あぶりサーモン、彩りは綺麗なのだが… 少ーし乗ってるイクラと、トビッコだけ塩味があるのだが、ほかは何もついていないので、ちょっと薄味すぎ?? タレか何かついてないの??? ま、食べられるけどさ。あとこのお匙でこの丼って、すごく食べにくい。ちょっと考えた方がいいよ。カルボドリアは野菜がゴロゴロ乗っていて、なかなかうまし。

 おなかも膨れたところで新宿へ移動。毎年行ってるけど、毎年駅周辺が変わっていてちょっと迷う。新宿周辺は、結婚前に夫とよくデートした場所、我らにとっては庭のような場所なのだが、今やすっかりお上りさん… こっちの方だったよねぇ? などと言いながら新宿御苑を目指すが、ちょっと行き過ぎたようで、戻る…

_1100247         新宿通りを2人でぶらぶら。昔よく歩いた道。懐かしのホコ天

_1100251
 二十ン年ぶりに夫と新宿御苑。この日はちょうど入園無料だったようで、イベントもあり、お子様連れなどたくさんのお客さんが来ていた。散り始めた八重桜が綺麗で、散った桜の花びらが絨毯のよう。みんな思い思いの場所でお弁当食べたりしてくつろいでる。いいなぁ、春のひととき。

_1100278tri
_1100286no
_1100288
_1100301ro
_1100292ro
 しばし散策。バラ園に行ってみたが、さすがにまだ早いね… でもつぼみがたくさんあるので、もう少しかな。唯一咲いてる早い子を見つけて撮影。

 新宿までは30分くらいで行かれるので、これからもちょくちょく行ってみよう。毎回交通費がかかるけど…


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

中華料理 「阿春(あしゅん)」

 引っ越し騒動ですっかり忘れていたが、"息子その1"の引っ越し前日、母と"息子その1"と私の3人で、夕飯を食べに出かけた。回転寿司に行こうと母は言っていたのだが、引っ越しダブルを控えた身としては、生ものはちょっと避けたい。大丈夫だとは思うが、おなかの弱い私としては、リスクはなるべく減らしたい。回ってない寿司屋なら行きたいが、回ってるのはちょっと不安。そう言って、話し合った結果、実家から近いのに一度も入ったことの無い中華料理店「阿春」へ行ってみることになった。

Img_5832
Img_5834
 母は昼に入ってラーメンを食べたことがあるらしいが、夜は初めてだという。中国人のご夫婦が経営するお店なので、本格中華。こういう中華のお店で頼んだことがないという母、何を頼めばいいのかわからず、しばし苦悩。おすすめを聞くと、メニューの「おすすめ」のページをむっつりと指さされた。なるほど。

Img_5835
 とりあえず定番の青椒肉絲と、青梗菜のクリーム煮、餃子が食べたいというので餃子、あとおすすめ料理からザーサイと豚肉の炒め物がおいしそうだったのでオーダー。だがあいにく青梗菜はないという。餃子は、多分本場のだったら水餃子なのだと思うが、「あたしは焼き餃子が食べたいなー」と母が言うので焼き餃子。一人前でいいと思ったのだが「足りないといけないし2人前」という母。そんなに食べられるかなーと少々不安になりつつ、とりあえず頼んでみた。

 チャーハンでも頼む?と聞くと、「あたしチャーハン嫌い」という。実は私も母が作ったチャーハンはあまり好きではないのだが(^_^;)、中華料理店のチャーハンは結構おいしいことが多いので大抵頼む。が、嫌いだというので、白飯を3人前。これ、失敗だった、そんなにいらなかったと、わかったときは遅かった…

Img_5836                        青椒肉絲

Img_5837                  ザーサイと豚肉の炒め物

 炒め物2品が同時にやってきた。見てびっくり。ほぼ同じ見た目… 青椒肉絲2つきた?? と思ったが、食べてみるとなるほど違う味。青椒肉絲は思っていたのと違う… 牛肉だと思うのだが、これは明らかに豚肉。もしかして本場では豚だったりするの? ちょっと甘めの味付け。ザーサイの炒め物はなるほど、おいしいね。そして焼き餃子もやってきた。

Img_5838
 ま、普通の餃子な感じ。あまりジューシーさはなく、うーん、自分で作った方がおいしいか? 2人前は多かったな、水餃子と1人前ずつにすればよかった。でもまぁ、まずくはないので、もりもりいただく。"息子その1"がいたからなんとか食べ切れたが、我ら女性陣は明らかにご飯多かった… 2人で1つでよかったな。

 ふぅ、おなかいっぱい。ごちそうさま~と思っていたら、ぽつりと母が一言。
「もっとおいしいものが食べたかったなー」
って、お店に失礼でしょうが。おいしかったし。母は寿司モードだったんだな、おそらく。でも回転寿司よりはいいと思うよ。出かけるときは、気分じゃ無いと文句たらたらだった"息子その1"も満足げだ。

 そしてまた言う。
「そうだ、杏仁豆腐食べたくない? 杏仁豆腐食べたいなー、杏仁豆腐ありますか? 3つください!!」
子供かっ

Img_5839
 ま、私も食べたかったけどね。すっかりご機嫌が直った母。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポール再び One on one tour 2017 ~グッズ編~

 コンサートグッズ、何を買うか事前にわくわくしながら考えた。Nちゃんの分も買うので、念入りに打ち合わせもした。いつものように、1時間くらい並ぶのかなーと、早めに家を出たが、思いのほかガラガラで拍子抜け。扱うグッズの一覧が貼りだしてあるのだが、なぜか見られる場所からちょっと遠くて見えない…

One_on_one_tour_goods_2            タブレットで撮影して拡大して見ようと思ったのだが
                  日差しで画面がよく見えない…


 とりあえず決めてきたもの買う。あっと言う間に購入。あっけない。

Img_6302_2                うーん、これで15000円って、どうよ

 さっそくキーチェーンをバッグにつけちゃおう~と袋から取り出して気づく。何やら奇妙な柄だなぁ… ん? これ、柄じゃ無い?? Nちゃんの分と見比べてみると、違うのだ。指紋のような跡と、ひっかき傷のようなものが。糊か何かの跡かなぁ。リング部分も、これまでのものより細くてチャチ。安っぽい。

Img_6290tri_2
 バンダナ雑すぎ…

Img_6291_2
 Tシャツは、サンセットラグランという、ちょっと高めのにしたのだが、これまで見たことがないくらい薄い。ペラペラスケスケ。これで6000円とは!! ぼったくりである。このプリントがなきゃ300円くらいか。

Img_6296_2                      スケスケじゃん…

Img_6297_2       One on one tour で回った都市が書いてあるのはいいんだけどさ

 さらに、寒かったのでさっそく服の上に着ていたのだが、帰宅して見たら、もう縫い目が裂けてる… あり得ないほど粗悪。

Img_6304
 なんだかなー、だまされた気分。今年のグッズは、今まで以上に粗悪品な気がする。コンサートグッズなんてそんなもんなのかなーと思っていたのだが、クラプトンのコンサートでグッズを購入して、その質の高さに驚いた。デザインもいい。何が違うんだろう? どこが儲けてるのよ?

 後で冷静に考えてみたら、買ってよかったと思えるのはウィングスのピンとタオルだけ。キーチェーンは毎回買ってるからいいけど、Tシャツとバンダナは不要だったな。でもまぁ、寒さをしのげたからいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポール再び One on one tour 2017 ~コンサート編~

 40ゲートで手荷物検査を受け中へ。ドームってペットボトル不可だとばかり思っていたけれど、500ml以下(凍っていないもの)はいいらしい。そうか、知らなかった。指定された通路を通り、座席へ。よかった、通路側から2席。夫が遅れてきてもほかのお客さんに迷惑かけずに座れる。

 相変わらずの登山組だが、40ゲートから入ってさらに上ることはなく、1つ下がったところだったのでちょっとはマシか。見晴らしもなかなかいい。さらに、シートにはちゃんとクッションがついていて助かったー。今まで、Nちゃんがクッションを持ってきてくれたりしたので、冷たい席に座らずに済んだのだが、今回持ってこなかったのが気になっていた。これなら長く座っていても冷えずに済みそう。 

Img_6225
Img_6224
 今回も、会場スタッフから、
「コンサート中の写真撮影はしてもいいが、フラッシュ使用は不可。動画撮影も不可。」というアナウンス。よかった。この距離じゃたいした写真は撮れないけれど、でも記念にはなる。

 夫は、仕事を定時に終えてギリギリ6時半にやってきた。それから席でパンをパクつき、一息ついた7時ごろ、ついに始まった!! ポール元気に登場。

 オープニングは、武道館の時と同じく "A hard days night"。撮影を何度か試みるが、どうも私のじゃうまく撮れないので諦め、撮影は夫に任せて音楽に集中。今回、"I wanna be your man"がドームで初演奏。相変わらずノリノリのポール。

Cimg2910
Cimg2927tri
Cimg2960tri
 今回、客席から1組をステージに上げてインタビューするという、海外のコンサートでは恒例になっている企画をやった。武道館でもやったらしいが、この日は、小学生の男の子とお父様。いいなぁ、一生の思い出になるよね。さすがに海外とは違って体にサインしてもらう(そこにそのまま入れ墨を入れるらしい)ってのはなかったけどね。

Cimg3003
 さすがに声が大分出なくなってきてるなーと、ちょっと気がかりだったのだけれど、後半だんだん声が出てきたあたり、さすがだなぁ。ちょっと難しい音程を歌うポールに、ウィックスがちゃんと音程通り出るよう?サポートする手振り。ポールの声をカバーするかのようなほかのメンバーのコーラス。チームワークいいよね。

 いやぁよかった。若干の不安材料もあったが("Blackbird"とかいつもと演奏順がちょっと違ってドッキリした)、まだまだ元気なじーさまである。

 アンコールを終え、ポールが「また来る」って挨拶してる中、もう周りで席を立ち始める人たち。ちょっとー、まだ終わってないんだからー。スモークと紙吹雪。余韻に浸って感動するヒマもなく、我らの前に人が大勢立ちはだかり、もう何にも見えない状態。ひどいなぁ、今頃動いたって、どうせ順番にしか出られないんだから、案内があるまで席でちゃんと待とうよー!

 いやはや、長い一日だったしかなり疲れたけど、楽しかった。あー、いつもだったらこのあと、Nちゃんとホテルに泊まってあれこれ話して盛り上がるんだけどなー、しょうが無い、帰宅。帰れる距離だしね… でもまぁ、夫と一緒に帰れるのでちょっとは気楽。10時少し前にドームを出て家に着いたのが11時過ぎ。お風呂入ったらもうバタンキュー。

 どうする、ポール、また来るかもよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポール再び One on one tour 2017 ~直前編~

 また日本に来てくれることになったポール。今回も東京ドームのチケットが取れたので行くぞ! (武道館10万円とかあり得ないのでドームのみ) チケット買ったのは1月だっけ??

 その後、まさかの転勤で川崎に住むことになった。まだ自宅と別宅を行ったり来たりしているのだが、ポールのコンサート、ちょうど連休直前の27日のチケットを取ったので、ちょっと早めに川崎に移動して、そこからドームへ行くことに。まさかこんなことになるとはね… おまけに、一緒に行くつもりだったNちゃんが、仕事が忙しくてどうしても行かれないというので、しょうが無い、夫と行くことに。でも仕事終わってから行っても充分間に合うからその点はいいよね。

 コンサート前日、午前中の仕事が終わっていったん帰宅し、すぐに川崎へと向かった。翌日のことをいろいろ考えながら、道中ワクワク。当然のように携帯はマナーモードにしていたので、母の振り込め詐欺騒動には全く気づかなかった… 

 そんなこんなで夜遅くまでいろいろ調べていて、少々寝不足で起床。チケット持った、財布、鍵、携帯持った、タブレットも持った、購入するグッズのリストも持った。何時に家を出ようかな~、1時間弱で到着しそうなので、12時頃に出れば1時前に着く。グッズ購入の列に1時間並ぶことを考え、

計画1 1時過ぎに到着して、ちょっと周りを偵察してグッズの列に並ぶ
計画2 2時半頃から夫の夕食のパンを調達
計画3 3時頃から入り待ちにチャレンジしてみるか、
     その後サウンドチェックの音漏れも聞いてみたりして
計画4 4時半ごろからのんびりカプリチョーザで夕飯食べちゃおうかな~
計画5 5時半~6時くらいに会場に入る

我ながら完璧な計画!! そして計画通り家を出て電車に乗り込んだ。座れたので、早い電車に乗り換えずにそのまま乗り換えの市ヶ谷まで行こう。うーん、眠くなってきた… 寝不足だしね… 夕べ遅かったし、今日もコンサートで夜遅くまで起きてなきゃだもんね… ちょっと寝てもいいよね…

と、いつの間にか爆睡。気づいたら九段下~、市ヶ谷通り越した~(-_-;)。ま、そこから乗り換えていくって手もあったけど、寝ぼけた頭はさらなるミスを招きかねないので、とりあえず戻って予定通り行くことに。そんなこんなで予定よりちょっと遅く、2時ちょっと前にドームに到着。まぁいいよね、時間はあるし。

Img_6188tri
Img_6193               あら、こんなスクリーンあったっけ??

Img_6217                         Yeah !!

 平日の昼間ってこともあり、まだまだドーム周辺は空いている。入り待ちの人たちがすでに場所取りをしていたが、まだちらほら。グッズ売り場へと急ぐが、なんと、まさかのガラガラ…

One_on_one_tour_goods
 購入するグッズを、パネルを見て確認、列に並ぶまもなくすぐに購入。Nちゃんの分も無事購入してまだ2時前。ううむ、誤算…

 さて、コンサート開演まで4時間半、どうするか。入り待ちするにしてもまだ早すぎるだろう、ずっと待ってるの疲れるし~ と、とりあえず空いているベンチを探し、一休み。購入したグッズをチェック。キーチェーンはさっそくバッグにつけちゃうもんね~(^o^) でも… 今回のグッズ、今まで以上に粗悪品だな… ちょっとがっかり。

 パンフを読んだりしてちょっと時間を潰し、3時少し前、夫の夕飯となるパンを購入すべく、意を決して立ち上がった。だって一度立っちゃうともうベンチの空きは見つからないだろうから。

Img_6207
Img_6208
Img_6209
 いつものお店でパンを購入。そのままドームの周りをのんびり歩いて、入り待ちに良さそうな場所へ。途中、綺麗な花に癒やされながらお散歩気分。やだ、さっき見たときはまだちらほらだった人が、もう結構いる!! 慌ててちょっとした隙間のありそうな場所を見つけて参加。3時。ポールが通るのは何時頃だろう。

 目の前にジェットコースターがあるので、時折「きゃーっ」という歓声があがる。そのたびに周りが一瞬ソワソワするのだが、あ、あっちね… とまた静かに。みなさんほぼ無言… 目の前に、結構香水きつめのお姉様がいらしてむせそうだったが、ここは我慢… 警備の人が何やら連絡を取ったりするたびに、そろそろか?? とソワソワするが、なかなかやってこない。

 待つこと1時間。にわかに歓声が上がり始める。来たらしい、ドキドキするー、写真撮影は失敗しそうだったので、とりあえず動画を撮影し続ける。どこかに映ってることを祈って。カメラで動画を撮影しつつ、目ではポールの乗った車を追う。やっぱり直に見ないと。一瞬だったけど、窓から手を振るポールを確認!



 やった~、とりあえず動画にもチラッと映ってた~(^o^) ボケボケだけどいいもーん、ちゃんと見たもーん。車道を走る車の窓から手を振るポールを、歩道から見られたので、距離にして4~5m? 3~4m? 私の人生で一番ポールに近づいた瞬間。

 大分寒くなってきたので、購入したTシャツを上に着るためにトイレへ。なんだか全然イケてないけど、寒さには勝てない…

 4時。もうやることやった気がして、ちょっと早いけど夕飯食べちゃおう~とカプリチョーザに向かったが、すでに激混み… orz。並んでもいいけど、みんなコンサート待ちだったらなかなか空かないよね… ほかの店も見て回ったが、どこもすでにいっぱい。しょうがない、ベンチでパンでも食べるか。

Img_6222
 夕方、大分寒くなってきたので、なるべく暖かそうな場所のベンチを見つけてパンをパクつく。ギリギリで到着予定の夫のために買ったのだが、多めに買っといてよかった。

 5時半。まだ早いけど、寒くて座っていられないので、もう中に入るか。トイレへ寄ってから会場へ。2階席なので40ゲートから。これまでとは違って一塁側。こっち側って初めてかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

振り込め詐欺騒動

 明日はポールのコンサートに行くので、今日は午前中の仕事を終え、帰宅してすぐに別宅へ移動。午後到着し、冷蔵庫の中身を確認して買い物へ。あれこれ買って、夕飯の支度をしたり、家の中を片付けたりしてたら疲れちゃったので少々休憩。夫がなかなか帰ってこないので、先に一人で夕飯を食べ始め、ふと気づいた。そういえば携帯をずっと見ていないな。

 携帯を見てびっくり。マナーにしていたので気づかなかったのだが、母から何度も電話があったらしい。夫からも電話、メールが。留守録には、すぐにおばあちゃんに連絡するようにという夫のメッセージが。なんだなんだ、何かあったのかとドキドキしながら、母からの留守録を聞くと、電話してという元気そうな声。とりあえずちょっとほっとしつつ、母に電話すると…

「あんた、何回電話したと思ってんのよー、話すことがあるから、まず旦那さんに無事だって連絡して! そのあとこっちからあんたに電話するから」とまくし立てる母。

 なんだかわからないが、とりあえず夫に電話し、母に連絡したと伝え、母からの電話を待つ。

 数分後。どうやら、母のところに振り込め詐欺の電話がかかってきたらしい。それも、"息子その1"を語る電話で、話をまとめるとこんな感じ。
1.40℃の高熱で具合が悪い上に、声がうまく出ない
2.そんな体調なので、会社から預かった通帳と重要書類を無くしてしまった
3.損失を補填するために金を貸してほしい

 1.の段階で、熱を出して具合が悪いんじゃ大変だ、面倒をみなくてはと思ったらしい母。それは相手からすると、「声が違う&通帳を無くした」言い訳に過ぎないのだと思うのだが、すっかり孫が心配になってしまった母は、連休中、ここに戻ってきて寝てたらどう?とかいろいろ提案したらしい。そうしようかなぁなどと調子を合わせていたらしい偽"息子その1"

 その後、盗難届を出したという話になり、警察と名乗る者からも電話があったり、それがなぜか渋谷署だったりと、ちょっと変なことが続き、これはおかしいと気づいた母。警察と名乗る者から、"息子その1"の生年月日を聞かれたりしたらしいのだが、「孫の生年月日なんて覚えてません!」と知らないふり。

 半年前から預かっていた重要書類だとか(4月に入社したばかりなのに)、聞けば聞くほどおかしい。「お金いくら持ってる?」と聞かれたので、「お金なんてないよ」と答え、「ねぇ、お金貸して助けてくれない?」と言われたので、「お金ないもん、貸せないよ。自分でやったことは自分で責任とりなさい」と言って切ったとのこと。

「だって、40℃の高熱を出してるとか、喉がおかしいとか言いながら、ベラベラずっとしゃべってんのよ、どう考えてもあの子じゃないわよねー」と母。確かに。

 そもそも、一緒に暮らしていても祖母を頼ることがなかった"息子その1"、金の無心なんてありえないー。気づいてよかった…

 だが問題はそこだけではなかったようで…

「だからあんたに電話したのにさー、全然出ないんだもん、何かあったのかと心配になっちゃってさー」 そうか、今度はそっちか…

「旦那さんにも電話したら今日は移動中だっていうから、コンサート見に行ってるのかなと思って、終わった頃、夕方電話したけど出ないしー」
って今日コンサートないし、コンサート夜だし(-_-;)。

「もしかして自宅で誰かに襲われちゃったのかとか、いろいろ考えちゃってもう食事も喉通らなくて、でも食べなくちゃだから食べたんだけどね…」
って心配しすぎだし… ってちゃんと食事してんじゃん…

「あぁ、でもよかったわー、無事で。"息子その1"にも無事だって連絡しといてね」
"息子その1"にも「ママと連絡取れなくて心配」って話したらしい。

とりあえずやれやれ。ご心配おかけしました&お騒がせしました… って悪いのは私なの!?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

愛車バイバイ

 突然夫が転勤で都会へ行くことになり、家に車を2台置いておく理由がなくなってしまった。私の愛車はバイバイすることになった…

Img_6178_1024x768
 まさかこんな形でお別れになるとは。すでに11年近く乗っているらしい(購入した時の記事参照)が、不調はどこにもない。そもそも通勤や買い物くらいで大して乗っていないので、塗装が多少日に焼けた感はあるが、中は綺麗だ。

Img_6176_1024x768
Img_6177_1024x768
 軽だし、小回りが利くので近場の買い物などにはとても便利だった。なにより、後部座席がフルフラットになるので、楽器運搬にも便利。アンプやベース、ギター、ウクレレまで積んでも余裕。

Img_6173_1024x768

 さすがに今の時代、MDは聞かなくなったが、CDをたくさん積んで、気分で選んでいつも聞いていた。

 まだまだ乗ってあげたかったけど、しょうがない。幸い、夫の知人に譲ることが決まった。同じディーラーさんに引き続き面倒見てもらえるようにも頼んだ。大切に乗ってね。

 ってなわけで、夫の車に乗ることになったのだが… 不要なものがあれこれ積んであったので撤去。なんで使えなくなったメガネとか、履かない靴が積んであるのか理解不明。あまりにも汚いので徹底的に掃除。変な臭いも染みついてたので、これまた徹底的かつ頻繁に消臭。私の車よりずっと新しいのに(-_-;)。

 車幅はそんなに大きな違いはないが、前後の長さがあるので、バックが怖い。先日も友達の家でフェンスにぶつけそうになった。フットブレーキに慣れてしまったので、サイドブレーキは一瞬ためらう。シフトレバーの位置も微妙に違うので、探してしまう。慣れるまでまた時間がかかりそうだが… 慣れるしかないよねぇ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

[ド] シカゴ・ファイア2 シカゴPD クロスオーバー

 シカゴ・ファイアのスピンオフがシカゴPDってことで、ファイアのシーズン2#20「暗黒の1日」(前編)、PD#12「午後8時30分」(後編)がクロスオーバーエピソードとなっている。これを、AXNでは続けて放送。すごいなぁ、ファイアとPDの放送開始を、これに合うようにちゃんと設定してたのね~、さすが!

Hqdefault
前半
 ドーソンとケイシーは、チャリティマラソンの消防局ブースに手伝いに。警官バージェスと姪っ子、その友達と姉のドクターも見学に来ていた。子供たちが風船を追って走り、ドーソンが病院へ入っていった直後、爆発が起こる。騒然となった現場で、救助活動を始めるケイシー。消防署のメンバーが駆けつけ、がれきの下に埋もれていたドーソンを救出。バージェスの姪っ子とその友達が怪我をして病院に運ばれる。駐車場の車の中に、仕掛けられた爆弾を見つけ、ミルズが撤去に成功。

後半
 事件を聞いて駆けつけたボイトのチームは、さっそく捜査に当たる。独自の捜査方法で(ルール無視?)、迅速に犯人を逮捕。バージェスの姪っ子が危険な状態になるが…


 ドクター役で、ディラン・ベイカー、アマンダ・リゲッティ(メンタリストのヴァンペルト)が出演。

 前半は爆発が起こり、救出劇なのでファイア、後半はその犯人捜しがメインなのでPDって、うまいなぁ。けが人が病院に運ばれたので、もしかしたらメッドも? と思ったが、違ったようね…

 なかなか見応えあるエピソードだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

[ド] アメリカン・ゴシック~偽りの一族~

 1995年にも同じタイトルのドラマがあったが、全く関係ない。アメリカの、とある富豪一族の物語。全16話、WOWOWで一挙放送。

American_gothic
 ボストンの大富豪ホーソーン一家。長女アリソンは市長選に出馬することになり、一族が集まる。そんなとき、高速道路のトンネル崩落事故が。ホーソーン・コンクリートのもので、そのコンクリート片の中にベルトが見つかり、それが、14年前に起こったシルバーベル連続殺人事件の被害者のものとわかる。事件は未解決であることから、捜査が再開され…

 ホーソーン一族の父ミッチェル役にジェイミー・シェリダン。母マデリーン役にヴァージニア・マドセン。長らく家を出たまま音信不通だった長男ギャレット役にアントニー・スター。長女アリソン役にジュリエット・ライランス。次男キャム役にジャスティン・チャットウィン(シェイムレスのスティーヴ(ジミー))。その元妻ソフィー役にステファニー・レオニダス。彼らの息子ジャック役にガブリエル・ベイトマン。次女テッサ役にメーガン・ケッチ。その夫で刑事のブレイディ役にエリオット・ナイト。

 コンクリート会社を経営している一族、コンクリートの中に、連続殺人事件の被害者のベルトが見つかる。それを知ったミッチェルが倒れる。そして長らく家を出ていた長男ギャレットが戻る。家の納屋から、シルバーベルが見つかり、家族の誰かが連続殺人事件の犯人ではないかと疑い始めるキャムとテッサ。

 何か知ってる様子のミッチェル、マデリーン、そしてギャレット。みんななんだか怪しいし、キャムにも過去があったり、彼の息子ジャックもアブナイ少年だ。誰が犯人でもおかしくない前半から、次第に真相がわかっていく後半、そしてついにすべてがわかる最終話。最後の最後にもう1シーンある。

 ドロドロとしたなかなか見応えある作品だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

OKEIKO cafe

 友人のカフェで演奏をする友達のお供をすることになったので、下見とリハーサルを兼ねて、「OKEIKO cafe(おけいこカフェ)」へ。

Img_6141
Img_6142
 普通の喫茶店を想像していたのだが… すごい、大人の遊び場だ!! お店の看板や、シーサーもマスターの手作りとのこと。ここは、いろんなお稽古が気軽にできるカフェらしい。

Img_6143
Img_6147
 お店に入ってすぐに、はしごの階段に気がついた。登った先に部屋がある! けどまずは飲み物いただいて、リハーサルしなくちゃね。カフェなので、ウリはコーヒー。いい香りだが私は飲めないので、フレーバーティーをいただく。これまた甘いいい香り。

Img_6149

 飲みながら横の壁が気になる… これ、ボルダリングだよねぇ?? これもやってみたかったんだよな~

Img_6148
 まずはリハーサル。立ち位置や椅子の高さなどを確認して数曲演奏。演奏中は全然気づかなかったのだが、後で動画を見せていただいたら、思っていた以上に音が反響していていい感じ。

 だいたい感じがわかったので、おいとますることに。でもあのハシゴが気になる。秘密基地な感じで、お転婆娘だったおばさんとしては登らずには居られない…

Img_6159
 いいなぁ、この部屋落ち着くなぁ。小窓からは店内が見下ろせる。

Img_6150                   はしごの先にある小部屋

Img_6151                   小窓から店内を見下ろす

Img_6153                      長寿と繁栄を…

 しかも、天井の梁にまでこんな細工が!! 惑星!!

Img_6156
 マスターもとても素敵な方でついつい長居してしまった。ギター演奏されるようなので、一緒に演奏もいいね~ いやー、楽しみになってきたー! でもまずは練習しなくちゃね…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

”息子その1”はちゃんと仕事に行ってるの?

 引っ越しして数日後、あちこち買い物に出かけていたある日、携帯に母から電話が。

「ちょっと、”息子その1”は元気でやってるの? 風邪とかひいてない? 朝は起きられてるの? ちゃんと仕事行ってるのかしら??」 と質問の嵐。でもさー、自分の引っ越しで忙しくて全然話してないもん、知らないよ。

「ちょっとー、今夜にでも電話してみてー、心配だから」 はいはい、そうしましょう。って、自分で電話すればいいと思うんだが、それは気が引けるらしい。

 なんと言っても遅刻の常習犯である。それにも関わらず、中学も高校も電車通学、しかも高校はちょっと遠くまで通っていたので、担任の先生から「”息子その1”くん居ませーん」と言う電話が何度かかってきたことか。朝はいつもの時間に出たんですけど… と言うと、決まって「それじゃたぶん乗り過ごしたんだと思うので、もう少し様子を見て、それでも来なければまた連絡しますね」ってのが常だった。

 そんな人が初めての一人暮らしで早朝に起きられるのか、家族全員が心配していたのだが、意外にもなんとか起きられているらしい。夜かかってきた電話で、そう語っていた。要はやる気の問題か。

 しかも、社食が朝から使えるらしい。すでに何度か利用したと言う。朝食べずに、出かけられると言うのありがたいかもしれない。1つ問題があるとすれば、ヤツは食べるのが異様に遅いと言うこと。20分くらいで食べなくてはならないらしく、そこがクリアされれば、すごくいいと思う。

 休みがとっても多いんだ~(^o^)とか、みんな早々に寮を出てアパート暮らしをするらしいとか、すでにいろいろ情報を得たらしく、饒舌に話しまくる。引っ越し当日は冷蔵庫もなかったが、買ったらしい。炊飯器も買ったそうで、部屋で使えるか寮長に確認したら、ブレーカー落ちなきゃいいよ的回答だったらしい。でも共用のキッチンで使えば電気代得だよとも言われたらしい。そういうのもアリなのか。

 そんな話を30分ほどした。とりあえず元気そうだし、なんとかやってるようでよかった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタリアン 「ポポラ・マーマ」

 ユナイテッドシネマとしまえんで映画を見た後、ちょっと遅めのランチ。としまえんの近くなので、てっきりお店もたくさんあって賑やかなんだろうと想像していたのだが、行ってみてビックリ、意外と閑散としてる…

 映画までの間、ランチをできそうなお店を見て回った。小さいお店で美味しそうなピザのお店や洋食のお店を見つけたのだが、あまりに小さくてちょっと不安だったので、とりあえず無難そうなイタリアン、生パスタのお店へ。としまえんの真ん前なので、お子様連れなどで結構な賑わい。

Img_6060ro
 お得なランチセットで、前菜と、選べるパスタ、ドリンクバーと言うのがあったので、それをオーダー。トマトクリームソースと、ジェノベーゼを頼んでシェア。

Img_6063ro
Img_6065robi2
Img_6066roki2
 パスタは確かにもちもちでうまかった。お味は薄めでヘルシーな感じだった。メニューをよくよく見たら、ピザも美味しそう。1人はピザにしても良かったなとちょっと後悔。次の機会があったら頼んでみよう。

 帰りに調布のダイソーで買い物を済ませ、夕方マンションに帰宅。夕飯までまだちょっと早かったので、近くの河原まで散歩。お天気がイマイチだったけれど、桜が満開。

Img_6086roki1
Img_6076ro
 多摩川の河原まで、歩いても5分ほど。こんなに近いとは… 自転車の練習をする親子もいる。確かに練習にはもってこいの場所。のんびりしているカップルもいる。いいねー、広々してるし、桜は綺麗だし、素敵な場所だなー。ウクレレ持って歌うのにちょうどいいかも。大声出しても誰の迷惑にもならないし。とぷらぷら歩いていると、なんと、こんな河原にお店発見。

Img_6096
 ビールや焼き鳥なんかを出してくれるお店らしく、若者が飲み会をやっていた。バーベキューやるよりお手軽でいいよね。ここいらはバーベキューは禁止か。

Img_6113ki1
 河原の近くに公園が。お魚ポストなる場所があり、飼えなくなった外来種の魚などをここに出せるらしい。放流すると生態系が狂うからと言う説明が。子供たちがここで餌をやったり(100円で餌を売っていた)して生き物と触れあえる場所にもなっている。

Img_6104ro
Img_6105
 この辺り、本当に公園が多い。それも、藤枝の広場(ふれあい広場とか、ちびっこ広場とか言う名になっているが、ただの広場で、もっぱらグランドゴルフをする年配の方々の憩いの場)とは違って、遊具や砂場があって、子供が遊ぶことを考えて作られた公園。子育てにはいい場所だろうなぁ。

 ゴミ収集も、ビン・カンなどの不燃物が毎週だったりして(藤枝は月一)、さすが川崎だなと思ったが、粗大ゴミが有料(藤枝はたいていのものは無料で持ってってくれる)だったりして、やっぱり人が多いとこういうところが違うんだなと感じた。大きいモノを買うときは、捨てるときのことも考えないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

[ド] シカゴ・メッド

 シカゴ・ファイアのスピンオフ。シカゴファイアもPDもAXNでの放送なので、こちらもそのうちAXNで放送するんだろうと思っていたら、なんとびっくり、NHKのBSプレミアムで放送開始。シカゴ医療センターを舞台にしたメディカル・ドラマだ。

Chicago_med
 シカゴ医療センターの救急外来がリニューアル。同じ日、新任の外科医コナーが乗った通勤電車が脱線。負傷者多数とともに医療センターへ。肺に持病を持つ青年が、再び入院。治る見込みはなく、精神科部長のダニエルが彼の相談相手に。そんな時、事故で重傷を負った男性患者が脳死状態となり、青年への肺移植が可能となる。

 新任の外科医コナー役にコリン・ドネル(ARROWのトミー、アフェアのスコッティ)。小児科医のナタリー役にトーリー・デヴィート。彼女は妊娠中だが、夫は軍人で戦場で亡くなっているらしい。内科医ウィル役にニック・ゲルファス。医学部4年生のサラ役にレイチェル・ディピッロ。精神科部長ダニエル役にオリヴァー・プラット(キャシーのbigCのポールなど)。#1にはシカゴ・ファイアのハーマンが出演。これからもファイアのメンバーやPDのメンバーがちょくちょく出てくるのだろう、それも楽しみ。

 雰囲気としてはERに似てるのかなぁ、舞台も同じシカゴだし。新人のサラがDr.カーターな感じかな。今はまだまごついている感じだが、次第に経験を積んで自信をつけていくのだろう。成長も楽しみだ。コナーは経験ある外科医だが、メキシコで資格を取ったらしく異色の経歴。

 シーズン1は18話、シーズン2は23話。ファイア、PD、とこちらメッド、3作品同時進行で見られてうれしいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«[映] LION/ライオン ~25年目のただいま~