2017年6月25日 (日)

[映] ターザン:REBORN

 ターザンの後日談という感じだろうか。ちゃんと、かつてのターザン生活のシーンも挿入されている。

Tarzan
 19世紀末、ベルギーから植民地コンゴに派遣された男ロムは、ダイヤと交換にターザンを連れてくるという約束を原住民と交わす。
 アフリカから英国に戻り、妻ジェーンと共にロンドンで暮らしていたジョン・クレイトンのところへ、コンゴへ行くようベルギーから依頼が。妻ジェーンと共に現地へ向かったジョンは、故郷の村へ。だがそこへ傭兵を連れたロムが現れ、ジェーンを連れ去ってしまった…

 ターザンことジョン役にアレキサンダー・スカルスガルド。妻ジェーン役にマーゴット・ロビー(パンナムのローラ・キャメロン)。彼らの友人ジョージ・ワシントン・ウィリアムズ役にサミュエル・L・ジャクソン。ロム役にクリストフ・ヴァルツ。原住民のリーダー役にジャイモン・フンスウ。

 ターザン生活後のジョンとジェーンは、ロンドンで貴族として暮らしている。ロムにハメられてコンゴ入りしたジョンたちを、ロムが傭兵を連れて襲い、ジョンを拉致するはずが失敗、ジェーンを拉致。ロムの目的はジョンで、ジョンとダイヤを交換する手はず。原住民のリーダーは、かつてターザンに息子を殺されたそうで、恨みがあるという設定だ。

 コンゴ入りしたジョンとジェーンは、二人の出会いや、かつての生活を思い出すという形で、ターザン時代の映像が挿入されている。

 ストーリーとしてはまぁこんなもんかなぁと思うし、アクションもCGなんだろうなと思うと、まぁこんなもんか。けど、ジェーン役のマーゴット・ロビー、すごいね、アクションもこなす。パンナムの時から綺麗な人だなとは思っていたけれど、「スーサイド・スクワッド」の時も思ったけど、体張ってるねぇ。あ、「スーサイド・スクワッド」、途中で寝ちゃってちゃんと見てないので、見なきゃ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

[映] セールスマン

 「笑ウせぇるすまん」じゃないよ。イラン、フランス制作の作品で、今年のアカデミー賞外国語作品賞を受賞した作品。こういう作品が、まさか劇場で見られるとは思っていなかった。たまたま先日行った立川シネマシティを調べていたら、上映中とわかって見に行くことに。

 この映画館、上映作品が多岐にわたっていてなかなかガッツがある。映画通のための映画館と言える。シネマシティズンという会員になると、なんと平日いつでも1000円で見られるという。これはすごい、いろんな映画館に会員制度があるが、最強じゃないか? 年会費1000円。さっそくネットで会員手続きをした。こちら、さらにすごいのは、スイカなどのICカードを登録してあれば、ネット予約後、チケットの発券なしで入場できる。ペーパーレスなのだ。早いし、エコ。なんて画期的!!

Img_6688_2
 さて、セールスマン、朝9:50からってことなので、9:30くらいに劇場へ。さっそくいつも使ってるスイカを登録し、そのまま劇場に入ってピッ。

Img_667925             チケット確認の場所は、フードの売店も兼ねている

Img_667625                座席忘れちゃってもここで確認できる

 さて、肝心の作品の紹介。

The_salesman
 高校の国語の教師エマッド。妻ラナと共に劇団に所属し、「セールスマンの死」の上演を控えていた。ある日、自宅のアパートが倒壊の危機に。やむなく新しいアパートへ移ることになるが、友人の紹介で引っ越したアパートは、前の住人の女性の荷物が残っていた。それらを外に運び出し、引っ越し完了。だが、エマッドの帰宅を待つラナがシャワーを浴びている時に何者かが侵入、ラナが襲われてしまう… 帰宅して異変に気づいたエマッドは、警察に通報しようとするが…

 イランの作品ってことなのだが、舞台もイランなのかなぁ? 学生たちがみんなスマホ持っていたり、主人公カップルの住むアパートがかなり広くてオートロックついていたりと、イメージしていたイランとは大きく違っていて驚いた。

 それはさておき。この作品のテーマは何か。夫婦のすれ違い、男と女の考え方の違いなのかなぁ。警察に届けないという選択をしたラナの気持ちが、全く理解できなかった。これ、届けていたら全く違う結末になっていたように思う。

 警察に捜査を頼まない→納得のいかない夫は、自力で犯人捜しを始めてしまう。これ、たいていまずい結果になる。ラナは、一日も早く忘れたいということだったのだろうか。

 あと、劇中劇の「セールスマンの死」。有名な作品らしいし、関係がありそうだったので事前にあらすじも読んでいったのだが、この作品とどう関係するのかが今ひとつわからず。同じように考え方の相違からくる悲劇なのかなぁ?

 124分と結構な長さで、だらだらと進むのがちょっと残念だった。外国語作品賞を受賞するほどの作品なのかなぁ、ちょっと疑問。

 映画を見終わって、もう12時だったので、近くのイタリアンのお店でお一人様ランチ。

Img_668625
Img_6692_2             ドレッシングおいしかったけど、じゃぶじゃぶだよ…

Img_6695_2          トマト&バジルだけど、唐辛子入ってたね、ちょっと辛かった

 トマト&バジルのパスタにサラダつけて1010円。パスタ少なめにしてもらって分量的にはちょうどよかった。トマトソースもうまかった。なんの具も入ってないシンプルなパスタだったけどね… あと、サラダのドレッシング、かけ過ぎだよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

友達と桜木町 ワシントンホテル「ベイサイド」

 別宅生活が始まって、中高時代の友達「Mくん(♀)」とずっと会っていなかったことを思い出し、久しぶりに電話でもしてみようと思っていた矢先、彼女からメールが来た。私の病のことを知って、自宅の方に何度も電話をくれたらしいがつながらず(そりゃそうだ、誰もいない)、どうしようかと考えた挙げ句、以前の年賀状に書いてあったメールアドレスにメールをくれたらしい。

 彼女とは小中高と同じ学校だったが、一番親しくしていたのは高校の時。毎朝一緒に自転車通学していた仲だ。私の別宅生活の話をしたらえらく驚き、かつ近くなったことを喜び、さっそくランチに行くことになった。

_1110015_2
 桜木町駅で待ち合わせ。考えてみたら、会うのはたぶん16年ぶり。子供ができた時期が私より遅かったので、私がヒマになった頃、彼女は育児で忙しくなり、なんとなく会えないままに。16年ぶりに会った彼女は、以前にも増して細くなっていたが、相変わらず元気で笑顔が素敵だ。彼女が最初の子を出産した頃、お祝いと一緒に送った手作りのネックレスを、未だに愛用してくれているらしく、その日も身につけていた。うれしい心遣い。

_1110020_2
 Mくんが桜木町ワシントンホテル「ベイサイド」ホテルのランチビュッフェを予約してくれた。眺めのいいカウンター席で、もりもり食べながらのおしゃべり。話すの夢中であまり景色も見てなかったが…

_1110027_2
_1110033_2
 お食事自体はどうかなぁ、特別すごくおいしいと思った料理はなかったが、いろいろな物が食べられるというのはありがたいね。Mくん、ガリガリなのにすごい食欲。私の3倍は食べたと思うぞ…

 お食事を楽しんだ後は、観覧車や赤煉瓦倉庫の方まで散策、もちろんおしゃべりしながら。結構暑かったが、なんのその。

_1110044_2
_1110055_2
_1110074_2
_1110100_2

 一回りして駅の近くに戻ってきたが、今度はお茶にしようと喫茶店へ。さすがにどこもちょっとお高いのだが、ハーブティがいろいろあるカフェへ。ケーキ(パイ??)がウリのようだったが、さすがにおなかいっぱいだったので、本日のハーブティとやらをオーダー。チェリーなんたらというハーブティをいただいた。これ、ほんのり甘くていい香り。お好みでシロップ(メイプル?? ももジャムも入ってた)を入れて飲むそうで、これまたおいしかった。600円。

_1110105_2
 16年分の話はつきず、気がついたら6:30を回っていた… いかん、別宅まで1時間はかかるのに… 目の前に成城石井があったのでそこで夕飯のおかずを調達。帰路へ。

 11時から7時まで(セブンイレブンかっ)しゃべりっぱなしだったが、まだまだしゃべり足りない。しばらくは会いやすくなるし、またどこかへ一緒に遊びに行こうと盛り上がった。また楽しみが増えたね、別宅生活。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

[映] マンチェスター・バイ・ザ・シー

 今年のアカデミー賞で主演男優賞と脚本賞を受賞した作品。渋い作品なので、その辺の映画館では見られないだろうなーとは思っていたが、川崎市アートセンターのアルテリオ映像館というミニシアターで上映中と知り、行ってみることに。

Img_6617_2
 年会費1000円でシネマ会員になると、いつでも1000円で見られると知り、さっそく会員に。100名ちょっとの劇場が一つと、演劇用の舞台が一つあるだけなのだが、平日昼間にもかかわらず結構な人数が集まってくる。

Img_6619_2
Img_6618_2
Img_662125
 サールナートホールなどと同様、チケット購入時に整理番号が振られていて、上映開始の10分前に、5人ずつ中へ入れてもらえる。席は好きな場所に早い者勝ちだ。20番だったので、好きな場所を選べた。

Manchester_by_the_sea
 ボストン郊外でアパートの便利屋として孤独に生活する男リー。ある日、兄のジョーが亡くなったという連絡を受け、故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーへと戻る。ジョーには16歳の息子パトリックがおり、遺言でパトリックの後見人に指名されたことを知るリー。彼を連れてボストンへ戻るつもりだったが、マンチェスターを離れたくないというパトリック…

 リー役にケイシー・アフレック。ジョー役にカイル・チャンドラー。リーの元妻役にミシェル・ウィリアムズ(ドーソンズ・クリークのジェン)。ジョーの元妻エリーズ役にグレッチェン・モル(ボードウォーク・エンパイアのジリアン)。パトリック役にルーカス・ヘッジズ。ホッケーのコーチ役でテイト・ドノヴァン。エリーズの現在の夫役にマシュー・ブロデリック。

 リーは人との関わりを極力避けるように生きている孤独な男だ。兄のジョーや甥のパトリックと仲はよかったようだが、ジョーには病があり、この日を予期していたようだ。孤独に暮らしていたリーが突然甥っ子を引き取ることになるというストーリーだが、そこに、彼の過去のシーンが挿入されており、彼に何があったのか、いかにして孤独な男となったのかが次第にわかる仕組みだ。

 重い話だ。それが137分という長さで淡々と綴られている。主演男優賞と脚本賞受賞はなるほどと思うが、もう少しテンポがあってもよかったのかなぁ。上映が午後だったので、睡魔との戦いだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

気になっていたお店 「はあもにい」

 久しぶりに予定の無い朝。のんびり過ごしていたらあっという間にお昼。さて何食べよう? 近所に、ちょっと気になっていた小さなお店キッチンカフェ「はあもにい」があったことを思い出し、ふらっと入ってみる。

Img_658925
Img_659025
 今日はメニューの看板が出ていなかったので、どうしようかと思ったがちゃんとやっていた。中で食べようかとも思ったが、一人だし、ほかにお店の人しかいなくてなんとなく気まずい感じなので持ち帰ることに。持ち帰りできるメニューを聞いたら、パニーニとかお惣菜があるよと教えてくれた。とりあえずパニーニを頼み、できるまでの間、店内を物色。ゴボウと鶏肉の揚げ物?もおいしそうだったので、夕飯の一品にこちらも購入。

Kimg0042
 ポテトサラダもおいしそうだけど、今日はいいか。ベルギーチョコレートを見つけてしまったので、こちらも購入する。チョコには弱いのだ…

Kimg0044
Kimg0036
Kimg0043
 オリーブオイルの石けんや、手作りのアクセサリーなどの手芸品などもいろいろ置いてある。フリーズドライのカレーも、なんだかおいしそうなのでついつい購入。体によさそうな商品があれこれ並ぶ。

Kimg0041
 帰宅してすぐにパニーニをいただく。

Img_6602_225
 キャベツと鶏肉、チーズ、粒マスタードが入ったヘルシーな感じのパニーニ。一つでおなかいっぱいだ。

 こんなに近くにちょっと素敵なお店があってうれしいな。また来まーす!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「君の友だち」との再会

 「君の友だち」というタイトルでここに記事を書いたのはなんと10年前。あれから10年。あの後、さらに遠くへ行ってしまった友達だったが、ちょくちょく会うことはできた。そしてなんと、今はまた近くにいるのだ。

 ちょうど私の別宅生活が始まる頃に、彼女も東京での生活が始まった。おまけに、ウクレレも買ったという。これは、ウクレレ持ってピクニックに行かなきゃ!! ということで、また行ってしまった代々木公園。今度は原宿側で待ち合わせ、スタバでお昼を調達して行った。

 まずは腹ごしらえ。ランチョンマットやら飲み物やらを準備してきてくれた友達。これぞまさしくピクニック。

Img_6591_2
 数ヶ月ぶりに会う友達は相変わらず元気そうで、話も弾む。食べた後は、さっそくウクレレタイム。

Ukulele_picnic_with_uri
 いろいろ曲を準備していったのだけれど、まずは簡単な曲からやろうねと、カントリーロードや、スタンド・バイ・ミー、イマジンなどをやってみた。ウクレレ買ったばかりなのに、すでにコードをいくつか覚えていて、簡単な曲ならもう弾き語りもできる。すごいね。一緒にハモれることに感動。そういえば一緒にバンドやってたときはインストだったね(^_^;)。

 あの時のあの曲、「君の友だち」を演奏してみたいというので、準備していったのだけれど、これ、そもそもピアノの曲だし、いきなりはちょっと難しいと思うのよね… と話したら、「でもあのときウクレレで弾いてくれたよね?」という彼女。この曲はピアノとベースで歌ったんだよというと、合点がいったらしい。ウクレレを弾いたのは別の曲なのだが、どうやら記憶違いしていたらしい。

 でも、この曲もそのうちできると思う、なんたって覚えが早いもの。別宅生活がますます楽しくなってきた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

映画見に立川へ

 別宅生活が始まって初めての休日。(私は毎日休日だけどね) 映画に行きたいらしい夫。それなら、「メッセージ」が見たいよぉと提案。調べてみると新宿のシネコンでも上映しているが、すでに予約でかなりの席が埋まっていた。ほかもいろいろ探したけれど、大きなところはみんな同様。さてどうするか。

 立川のシネコンが、比較的近くて良さげだという夫。それじゃ、立川行ってみるか。もしかして、立川に行くの初めてかも??

 駅降りてびっくり。そうか、立川ってこんなに大きな駅なんだ! 駅構内にもお店がたくさんあるし、あらま、RF1もある!! 伊勢丹や高島屋もある。結構近いし、いいねいいね。

Img_657125
Img_6548_2
 まずは映画館でチケットを購入。券売機の使い方がわからずしばし戸惑う。すぐにスタッフがやってきて教えてくれた。なるほど。

 その後、ビッグカメラでお買い物。別宅生活で必要なものをいろいろ購入。そしてランチのため伊勢丹へ。よくわからないからとりあえずレストランフロアへ行ってみる。全体的にお高めなので、パスタやオムライスのお店へ。ここは庶民価格。

Img_6553_2
 パスタランチは、パスタ2種類から選び、スープ、サラダ、ドリンクがセットになっているので、それを1種類ずつオーダーし、シェアした。

Img_6557_2
Img_6559_3
Img_6564_2
 ナポリタンと和風パスタ。そしてスープはなぜか味噌汁… なぜ??? 味噌汁、しょっぱい。ナポリタン、懐かしいお味なのだが、酸っぱくてしょっぱい! 和風パスタ、うーん辛くてしょっぱい… どれもおいしいお味なのだが、お味が濃すぎてちょっと残念。

Img_6588_2
 その後、いよいよ映画館へ。シネコンなのだが、中の感じは昔ながらの映画館の雰囲気も残ってる。結構平らなので、見えるか心配だったが、全く問題なかった。シートもなかなか座り心地いい。2Fのシアターで見たのだが、トイレの造りが… ものすごく省スペースな感じでウケた…

 別宅から30分以内で行かれるし、いいかも。これから通っちゃうかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] メッセージ

 今年のアカデミー賞に多数ノミネートされ、音響編集賞を受賞した作品。立川のシネマシティで鑑賞。

Arrival
 ある日、地球の12カ所に、巨大な楕円形の物体が飛来、宙にとどまる。彼らの目的が全くわからず、政府は彼らとコンタクトをとるべく、言語学者ルーイズと、理論物理学者イアンに協力を依頼。彼らは連日、未知の生命体とのコンタクトを続けるが、ルイーズに異変が…

 ルイーズ役にエイミー・アダムス。イアン役にジェレミー・レナー。ウェバー大佐役にフォレスト・ウィテカー(レッドセルのサム・クーパー)。ずいぶん痩せていてびっくり。エージェント役にマイケル・スタールバーグ(ボードウォーク・エンパイアのロススタイン)。

 これ、いろんなところにあらすじが載ってると思うが、それに惑わされてはいけない。詳細は見てのお楽しみだと思うので、書かないでおくけれど、私はすっかりだまされた(^_^;)。

 ルイーズは、7本足のタコみたいな生命体とのコンタクトをすることになるのだが、音声での言葉の認識は不可能と判断。文字を使ってのコンタクトを試みる。彼らの文字らしきものを解読し、次第に意思疎通ができるようになるのだが、その前半はゆったりと描かれているので、ちょっと眠い。夫は隣で爆睡していた。覚醒しているときに見ることをおすすめする。

 この生命体は、どうやら時間の概念が地球人と違うらしい。その描き方が見事だ。一つ、ネタバレを恐れずに書くとしたら、「あなたは将来、つらい経験をするとわかっていても、その未知を選びますか?」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

ウクレレピクニック at 代々木公園

 別宅暮らしで都心に出やすくなったので、フェイスブックで知り合ったビートルズファンの友人Iくんと、一緒に屋外で演奏してみようと言う話で盛り上がった。でもどこで?? すぐに思いついたのは新宿御苑なのだが、調べてみたらこちらは楽器の演奏禁止らしい。ダメか…

 そこで代々木公園へ行ってみることに。

Img_6530_2
 こういう公園があるっていいね。今の時期、日差しは強いが木陰がたくさんあってとっても心地いい。適当なベンチとテーブルを見つけてどっこいしょ。Iくん、気を遣ってお菓子をお土産にもってきてくれた。いいのに~、でもうれしい(^o^)。

Img_6531_2                この黒いギターは奥様のだそう

 Iくんがビートルズの全曲バンドスコアを持ってきてくれたので、それを見ながらあれこれ演奏。今後どんな曲が一緒にできるかを探る…

Mvi_6533_moment_2
Mvi_6533_moment2
 何曲か、できそうな曲をピックアップ。各自練習して次回に臨むということで、ランチへ。近くにあるカフェを見つけておいてくれたIくん。結構混んでいたけれど、少々待ってお席へ。

Img_6537_2
 Iくんはロコモコ丼、私は鮭のグリル。

Img_6546_2
Img_6547_2
 見た目は地味だけど、とっても優しいお味でおいしかった。ちょっと量が多かったけどね… 半分でよかったかも。

 これからどんなことができるかわからないけど、ちょっと楽しみができた。ギターとウクレレでどんな演奏ができるのか、可能性を探りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スティングコンサート2017 と イギリスパイの店「Swan & Lion」

 いよいよやってきた、スティングコンサート。何しろチケットが取れなくて大変だった。発売から3分で完売である。その後、追加公演が決まり、なんとかチケットをゲット。日本武道館だ。

Img_6493_2
Img_6522
 最初に来たのは3歳くらいの時だったか、ケロヨンショー。それからン十年、"息子その1"の入学式、ポールのコンサートはさすがに高くて行かれなかったが、去年はクラプトン、そして今回スティング。このくらいの広さが限度かなぁ、ドームは大きすぎてアーティストが見えないもん。

 3:45到着。まっすぐ武道館へ向かうとグッズ売り場にはすでに30人ほどの待ち人が。でも販売は4:30からとのことだったので、先に食料調達へ。事前に調べておいた、「Swan & Lion」という、イギリスパイのお店へ。近くだと思ったのだが、歩くとちょっと距離があった。少々迷いながらも、タブレットを確認してなんとか無事到着。お店のマスター?がお掃除中だった。

 小さな店内の片隅にちょこっと椅子が置いてあり、中で食べられたりもするらしい。雨だったらここでいただいちゃおうかなと思ったのだが、まさかのいい天気だったので、テイクアウトして公園で食べることに。

Img_6508_2
Img_6510_2
Img_6509_2
Img_6511_2
 どれもおいしそうですごく迷った。サラダもうまそうだったし、コテージパイって、もしかしてロンドンに行ったとき食べたやつかも!? すごく惹かれたのだが、公園で食べるんだし、夫はたぶん会場内で食べることになるので、食べやすさ重視。おすすめを聞いたら、ビーフパイが一番オーソドックスなものらしく、ブルーチーズが入ったタイプもある。チキンハムとベーコンは、手作りだそうで、クリーム系。すごく迷った挙げ句、チキンハムタラゴンパイとビーフパイを1つずつ購入。

 グッズ売り場に戻ると、そろそろ開店。Tシャツと、ニット帽を購入。ニット帽ね、今の時期はちょっとかぶらないけど(^_^;)。そして公園へ。

 ベンチを見つけてホッと一息。さて、どっちのパイを食べようかな~。半分ずつ食べたかったけど、切れないので最初に手に取ったチキンハムのをいただいた。本当は温めて食べるとおいしいそうだが、無理なので… 

Img_6523_2
 ううむ、これはうまい!! 1つ700円とかなりいいお値段だが、ずっしりと食べ応えがあり、1つで大満足。中のクリームソース、温めたらトロトロでおいしいだろうなー、オーブンで温めたらパイもサクサクになるだろう。チキンがゴロゴロ入っていて、このお値段も納得。

 おなかもふくれたところで会場へ。さすがに大分人も増えてきた。今回、避けていたアリーナ席になってしまってちょっとがっかり。武道館なら2階席でもよく見えるので、それを期待していたのだが… しかもアリーナの後ろの方の隅。みんな立っちゃったら見えないじゃーん。

 開始直前に夫が到着。慌ててパイをぱくつく。

Img_6527_2
 6:30いよいよ開演。スティングの登場に感激。格好いいなぁ、マッチョなおじさま。ギターを弾いて一曲歌う。そしてこのあと、前座の人たちの演奏が40分ほど続く。そうか、前座か… と思ったが、ここでスティングの息子、ジョー・サムナーが素晴らしい演奏を聴かせてくれた。スティングそっくりの高めの声、そして素晴らしいギタープレイ。いいなぁ、スティングを一回り大きくした感じの彼、とっても格好いい。

 少々の休憩を挟んだ後、7:30スティング、ベースを持って登場。格好いいなぁ、本当に格好いい。みんな立ったので私も立つ。後ろの方のブロックだったが、ありがたいことにブロックの前の方、しかも通路側の席だったので、ちょうどスティングの位置がバッチリ見えた。オペラグラスを使うと表情までしっかり見える。

 実はスティングの曲、知らない曲の方が多いくらいなのだが、かなりの割合で知ってる曲を演奏してくれたし、アルバムとはちょっと違うアレンジだったりして、とてもよかった。「Shape of my heart」ではギターの弾き語り、しかも息子ジョーとのハモりは最高。

 いやはや、感動のステージ。そして11時には別宅に到着ってのもありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

私の引っ越し

 さていよいよ私の引っ越し。といっても荷物は引っ越し済みだし、体だけ移動すればいいや、ラクチン。と思いきや…

誤算その1
 大きなものは前日に段ボールで送った。リュックのバッグにカメラと貴重品だけ入れて持って行けばいいと思っていたのだが、意外と当日持って行くものがあることに気づいた。今回はウクレレを持って行かねば。それに、LANの装置も取り外して持って行かなければならない。アマゾンのスティックTVの装置も必要。パソコンも持って行こうと思っていたのだが、重いので断念。ハードディスクだけ持って行くことに。

 結局、キャリーバッグが必要と判断し、中にバッグを入れて、ウクレレを肩にかけて持って行こうと考えた。それだと背中が軽いし、キャリーの中身もそれほど多くないので重くない。だが。

誤算その2
 段ボールを送って帰宅した直後、Nちゃんからのマンゴーが届いた… すごくありがたいんだが、一人で一晩に3個は食べられないし、別宅に送る荷物は出してきたばかり… しょうがない、これも持って行くか。結果、キャリーの中にリュックバッグは入らず、背負うことになった。

 今回は小田原経由で、小田急ロマンスカーに乗ってみようと計画。小田原駅でお土産買えるし。向ヶ丘遊園まで乗って、そこで降りて多摩区役所に転入届を出して行けば手続きも済んじゃうし。

誤算その3
 当日、早起きして万全の準備。駅まで歩くことを想定して早めに出発しようとしたそのとき、雨は降り出した… しかも結構大雨… orz

誤算その4
 さてどうしよう。今出ないと歩きでは間に合わない。そうだタクシーを使おうと電話してみるが、予約のお客さんですべて出払ってて車がないという。orz

 しばし呆然。さてどうしよう。タクシーは使えない=歩き ってことは、雨が降ってるとちょっと無理。しょうがない、雨がやむまで待って、ロマンスカー諦めて別ルートで行くか。

 結局、新横浜→町田経由で向ヶ丘遊園に行くことに。これだと早く着くので、当初の予定と同じくらいの時刻に現地に着く。重いキャリーをずるずる引きながら駅に着いた段階でぐったり。静岡からは待たずに「ひかり」に乗れた上に座れてラッキーだった。

 新横浜に到着。横浜線で町田へ、町田から小田急で向ヶ丘遊園へ。駅から歩くことしばし、多摩区役所へ。10時ちょいすぎに到着、転入手続きも待たずに完了。

 さて、この後どうするか。登戸まで歩こうと思ったのだが、荷物が重すぎて挫折。区役所前から、向ヶ丘遊園駅行きのバスはたくさん出てる。登戸駅へ行くのもある。別宅方面行きのバスもあるが、1時間に2本程度。次のバスまで30分ある。

誤算その5
 警察署が近いので、そうだ、免許の住所変更もしておこうと、また重い荷物をずるずる引きずって警察署へ。手続きを済ませ、ここにもバス停があることに気づくが、あいにく日中はバスがない! しょうがないのでまた区役所へ戻ると、目の前で別宅方面行きのバスが行ってしまう… orz

 すぐに向ヶ丘遊園行きのバスがやってきたので飛び乗った。残念なことに向ヶ丘遊園までだった… 登戸まで行ってくれれば楽だったのに。しょうがない。くやしいから、登戸駅でお昼食べちゃうもん…

Img_647725
 パスタとオムライスのお店らしい。昨日のお昼がパスタだったので、オムライスをオーダー。ハヤシソースというオムライス、ご飯少なめでお願いした。

Img_646725
Img_647225
 ご飯少なめなのに結構なボリュームだったなぁ。半分って言えばよかった。こちらのお店、ランチはセットメニューがあるらしく、みなさんそれをオーダーしていた。パスタは無料で大盛りにできるらしい。

 やっとの思いで別宅到着。疲れた… 休みたいけど、LANがつながらない…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

網戸張り替え大作戦!?

 別宅へ移動するまであと数日という時に、網戸が破れた… しかもハデに…

Img_644125
 マジか… 風が強い日が続いていたからかなぁ。うーん、しばらく不在にするし、そのままにしといて、夫が帰ってきた時に直してもらおうと安易に考えていたのだが、そのまま放置しておくと、空き家と思われて空き巣に狙われるんじゃない?と友達に指摘された。たしかに、よろしくないね。しょうがない、張り替えるか。

 やったことないんだけど、そういえばお隣さんも最近張り替えたって言ってたし、とりあえずジャンボ・エンチョーへGO。一番近くのホームセンター、ここへ行けばとりあえずDIY関連のものは何でも手に入る。

 すごくわかりやすい場所にコーナーが。しかも、担当らしきおじさんがいる!
「あのー、初めて張り替えるんすけどー」と話しかけたら、いろいろ教えてくれた。

 まずは網。メッシュの細かさでタイプがいろいろあるらしい。細かいと、ちっこい虫は入らなくていいが、風通しも悪くなる。さらに、外からは見えにくく、中からはとってもよく見えるって言うタイプもあるらしい。(ちょっとお高い) だが、まぁ2Fだし、それほど人の目は気にならないので、普通のタイプ、26メッシュというのにしてみた。今まで使っていたものより目は細かいが、風通しは結構いい、いいとこ取りの大きさらしい。

 そして必要なのがゴムチューブ。これ、太さがいろいろタイプがあるらしく、同じモノを使わないとうまくないと言う。なので、よくわからない場合は、はがして持ってくるといいらしい。そうか、失敗。とりあえず網だけ買っていったん帰宅。ゴムはがして再びお店へ。けどすごいね、ゴム、もうボロボロだよ…

Img_644725
 どうやらうちのは4.5mmらしい。それと、押し込むためのローラーを購入。網と合わせて1000円ちょっとだ。

Img_644525
 さて、これで道具と材料は揃った。あと、カットするためにカッターと、押さえておくためにクリップがあるといいよと教えてもらう。まずはゴムを全部引っぺがして網を外す。これがちょっと面倒な作業だった。なにしろボロボロだからね…

Img_644825
 網戸、2つの部分に分かれている下の部分だけがはがれたのだが、ついでなので上も交換しちゃえ。網を乗っけてクリップで押さえ、角からゴムをはめ込む。このとき、最初の角に折れ曲がるようにはめるのがコツだそう。じゃないとローラーで押し込んでいる間に引っ張られてズレしまうとのこと。

Img_644925
Img_645125
Img_645225               ゴムがねじれているのわかるだろうか、
                   これでピンと張れるらしい


 角から一辺ゴムをはめたら、そこで中断し、今度は反対側の角から同じように一辺ゴムをはめる。一周ぐるりとはめるのではなく、一辺はめこんだら、今度は対角線上をはめるようにすると、ゆがみなく張れるんだって。なるほどね。

Img_645525           1の角から一辺をはめ込んだら、次は2の角から一辺
           次は1の続きを一辺はめ込んで2の角で終わって切る
              最後に2の続きをはめて1の角に戻って切る


 おじさんに教わった通りの順番ではめていく。同じように下の段もはめ、カッターで網をカット。ゴムの縁に沿わせるようにしてカットすると綺麗にできる。

Img_645625
Img_645925
 どう? なんかいい感じじゃない? 一カ所、力余って少し網を破いてしまったのだが(^o^;、まぁ許容範囲。ゆがみもなく、初めてにしてはいいよね? なにより、破れたままよりはいいよね? ね?

 掃除も含めて所要時間1時間弱。やってみるもんだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

粟ヶ岳ピクニック アンティークカフェROAD

 私の引っ越しが近いと言うことで、音楽仲間と楽器を持ってピクニック。粟ヶ岳へ連れて行ってくれた。でも粟ヶ岳ってどこ!?

_110094625             わかるかな、真ん中のちょっと右上に「茶」の文字

 以前、静岡空港で飛行機の写真を撮ったときにも写っていた、「茶」の文字の入った山。ここが粟ヶ岳らしい。なるほど。近くに、アンティークなものを置いてある、ちょっと変わったカフェがあると言うことで、まずはそこでランチ。

_1100866ki125                こんな山の一本道を歩いて行くと…

_110087525                   突然現れる懐かしい光景

 ガレージのような、がらんとした建物の中に、懐かしいモノがたくさん置いてある不思議な空間。

_110088625
_1100882ki125                        テラス席??

_1100889hdr25
 結構人気のようで、先客多数。すぐ隣には川(と言うか沢?)があって、この時期風がとっても心地よい。

 ランチメニューはカレーかパニーニ(2種類)かの選択。カレーは辛いと食べられないのでパニーニにしてみた。けどカレーも美味しそうだったな、食べられたかも。

_1100908ro25       アボカドとチーズのパニーニ、ゴボウサラダ、ブロッコリのスープ

_1100903ro25                     友達の食べたカレー

 このお店にはネコちゃんがいて、自由に出入りしている様子。ベンチでポーズまで取ってくれた。

_110093125
_110093625              ちゃんと数秒おきにポーズ変えてくれる辺り、
                        モデルやのぉ~


 ランチのあと、いっぷく処でお茶をいただき、粟ヶ岳へ。阿波々(あわわ)神社があり、お参りして付近を散策したのち、いっぷく処山頂店の前の芝生の広場でしばし演奏。見晴らしが良くて風も心地いい。

201706022348
 だいぶ風が冷たくなってきたところで引き上げることに。帰る途中で、「こもれび」と言うカフェでお茶。

Kimg0019            カメラで動画撮ってたらバッテリー終わっちゃったので、
                        ガラケーで撮影


 本当に木漏れ日がチラチラと入ってくる素敵なカフェで、美味しいハーブティをいただいた。

 ちょっと風強かったけど、お天気にも恵まれ、心地よい空気の中で美味しいモノをいただき、歌も歌って楽しいひとときを過ごした充実の一日。素敵な仲間と出会えたことに感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月31日 (水)

魚菜 「月波」

 6月、夫に遅れて私も移動するので、5月いっぱいでいったん仕事をお休みすることにした。最終日、同僚がお別れランチに連れて行ってくれることに。

 どこがいい?と聞かれたので、少し前からいろいろな人に、「あの店行ったことある?」と聞かれたのに存在すら知らなかった、職場近く(しかも通勤途中にあり、いつも前を通っていた)のお店、魚菜「月波」に行ってみたいと言ったらすぐに予約を入れ、コース料理を頼んでおいてくれた。
Img_6411ti_800x579
Img_6412_800x600
 かなりでっかい看板あるじゃん… 見てなかったわ… お店のアプローチにはお花がいっぱい。花壇では野菜を育てていて、お料理に使っているとのこと。

 新鮮な魚と野菜がウリと言う話を聞いていたので、和食を想像していたのだが… 意外や意外、結構洋食?? 席にはすでに前菜がセットされていた。

Img_6418_800x600
 卵焼きがスペシャル美味しかったなぁ、ジューシー。人参はパスタのように長細く切ってあり、人参そのものの甘さが感じられる。

Img_6422_800x600
 生ハムがどっさり乗ったサラダ。普通に美味しい。

Img_6423_800x600
 キノコとなんちゃらの豆乳のスープ。ちょっと不思議なお味。野菜がゴロゴロ入っていて美味しいのだが、ちょっとお味濃いめかなぁ、量も多い。もうちょっと少なくていいし、お味も薄めがいいな。この辺りですでにお腹いっぱいになりつつある。

Img_6428triki_645x800
 メインはパスタ。トマトソースのパスタだが、シラスが入っていて、キノコもたっぷり。そしてまたもや生ハムどっさり。うーん、生ハム好きだけど、サラダにたっぷり乗っていたので、パスタにはなくても良かったか。生パスタなのだろうか、もちもちしている平たい麺はソースの絡みもよくてとても美味しかったのだが、やはりちょっとお味濃いめ。おばさんはもう少し薄味を望む。

Img_6432rotri_630x800
 そしてデザート。マンゴーのシャーベットと、バナナとキャロブのケーキ。キャロブと言うのはチョコのような味のする、体にいい豆らしい。シャーベットちょっと甘かったけど美味しかった。その下の敷いてある生クリームは不要。シャーベットの味が濃すぎなせいか、ケーキはキャロブとやらの味がよくわからなかった。けどあっさり系のケーキ。生クリーム塗らないでほしかった。(個人的希望)

 いやはや、お腹いっぱいだー。ごちそうさまでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

[ド] ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂鬱~

 スターチャンネルで6月から始まるドラマ、#1を先行放送。ドラマとは思えない豪華キャストにビックリ。「デスパレートな妻たち」のようでもあるが、もっとシリアスで、見せ方としては「アフェア」に似てるか。クリエーターは、デヴィッド・E・ケリー!! 「LAロー」、「ピケットフェンス」、「ドギー・ハウザー」、「シカゴホープ」、「アリー・マクビール」、「ザ・プラクティス」、「ボストン・パブリック」、「ボストン・リーガル」、「ハリーズ・ロー」の脚本家、ミシェル・ファイファーの旦那さんだ。

Biglittlelies
 カリフォルニア州モントレー。裕福な人たちが住むこの海辺の街で、殺人事件が起こった… 小学校のイベントで事件が起こったことから、親たちから事情聴取する警察。
 小学校の入学説明会でのこと。顔の広いママ、マデリンは、娘と共に説明会に向かう途中で、足をくじいてしまう。偶然通りかかったシングルマザーのジェーンが彼女を助けたことから2人は仲良くなる。ジェーンは越してきたばかりだったが、マデリンの友達セレステにも紹介され、知り合いを増やしていく。だが、下校時に、キャリアウーマンママのレナータが、娘が乱暴されたと騒ぎ出す。相手はジェーンの息子ジギーだと名指ししたことから、レナータとマデリンが対立することに…

 マデリン役にリース・ウィザースプーン。セレステ役にニコール・キッドマン。ジェーン役にシャイリーン・ウッドリー(ダイバージェントのトリス)。レナータ役にローラ・ダーン。セレステの夫役にアレキサンダー・スカルスガルド。マデリンの夫役にアダム・スコット。マデリンの元夫の再婚相手ボニー役にゾーイ・クラヴィッツ(レニー・クラヴィッツの娘さんらしい)。そして刑事役にメリン・ダンジー(マルコム in the middle のスティーヴィーのママ、キティ)。

 これは見応えありそうだなー。何しろ人間関係がドロドロだ。マデリンは気の強いガミガミ女だ。いい母親のようだが、かなりクセの強い女性なので、敵も多いだろう。顔が広いが、親しいと言えるのはセレステだけ。そして越してきたばかりのジェーンと仲良くなる。

 セレステは、若い夫に非常に愛されている幸せな妻に見えるが、なぜかいつも何かにおびえている。どうやらこの夫、DV男らしい。何かでスイッチが入ると豹変するのだ。

 ジェーンはシングルマザーだが、何か訳ありな様子。過去を捨てて逃げてきたのか??

 レナータはキャリアウーマン。学校の役員も積極的にやるが、高飛車だ。マデリンとは明らかに合わないだろう。娘がジギーに乱暴されたと信じて疑わない。この件をきっかけに、マデリン派と対立することに。

 さて、その後起こったらしい殺人事件。でもまだ誰が殺されたのかがわからない。何があったのかも不明だ。

 全7話のミニシリーズらしい。1話が濃い。今後の展開が楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

海鮮処 日の出

 数ヶ月ぶりに会う友達とランチへ。何を食べたい?と聞いたら、海鮮がいいな~というので、小杉苑の中にある海鮮処「日の出」へ。小杉苑って近いのにあまり利用したことがなくて、本当に中にその店があるのかもわからず少々不安だったが、ちゃんとあった。

Img_6398
 小杉苑の中にはもう一つ小杉苑が経営する日本料理「杉茶寮」もあるのだが、そちらはどうやら少々お高めの和食のお店。そしてこちら「日の出」はもうちょっとリーズナブルなお寿司屋さんだ。店内はカウンターのみで席数も少ない。が、気さくな店長で1人で入っても話し相手になってくれそう。

 ランチの鮨が何種類かあったのだが、海鮮丼が美味しそうだったので、そちらをオーダー。そういえば夕べも食べたな、海鮮丼…

Img_6408
Img_6406
 新鮮な刺身と、生しらすや、生の桜エビまで乗った、海鮮丼。甘エビの頭で出汁を取ったと言う味噌汁もついていて、大満足。ごちそうさまでした~

 ランチの後は、近くのファミレスでお茶しながら数時間歓談。話は尽きない… 最近大変なことが続いてお疲れの彼女を、元気づけるために誘ったのだが、彼女からパワーをもらった。私もがんばるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アース・ウィンド&ファイア 静岡公演

 まさかアース・ウィンド&ファイアを生で聴ける日が来るとは思わなかったなー。来日すると言う情報を得たあと、静岡公演をすると知り、さらに私が引っ越す前だと気づいて、速攻で先行抽選に申し込んだ。届いたチケットを見てびっくり、4列目! しかもど真ん中!

Img_6397_2
 静岡市民文化会館って行ったことなかったのだが、座席表を調べてみると大ホールの収容人数は2000人弱。かなり小規模だ。こんな場所にアースが来てくれるんて~

 当日午前中は患者会で瞑想。朝から爆睡で爽快。持ち物をあれこれ準備していざ出陣。残念なことに雨だったけれど、まぁコンサートは屋内だし。

 静岡駅に到着し、まずは腹ごしらえ。セノバに入り、「五穀」というお店で結構しっかり食べて大満足。さぁ、行くぞ!

Img_6373ro_800x600
Img_6378ro_800x600
 雨の中、会場に到着。

Img_6381_800x600
 さすがに東京ドームのような混雑もなし。一応手荷物チェックもあったけれど、ざっと見ただけ。グッズ販売は会場内であり、TシャツとCDのみ。列もそれほど長くないので難なくTシャツゲット(^o^)。会場内暑かったので、さっそくトイレで着替えた。

Img_6395_600x800               ズボンも黒だったので、黒いおばさんに…

 着席。4列目ってすごいな、ど真ん前。撮影禁止とのアナウンスがあったので、カメラはしまったが、みんなスマホで撮影してたな。動画も撮ってた。

 会場が一瞬暗くなり、メンバーが登場。アーティストだなぁ、パフォーマンスがすごい。始まったとたんに客席全員立つし… そうか、やっぱり立つのか… でも、たしかにじっと座ってはいられない感じのノリである。

 オリジナルメンバーは現在3人で、フィリップベイリーの息子さんもいた。モーリス・ホワイトが去年亡くなってしまって、どうなるのかなと思っていたけれど、圧巻のステージ。お茶目な表情まではっきり見えて楽しい。フィリップ・ベイリーがドスコイな感じでビックリだったが、あのハイトーンは健在で、すごかったー! 手持ちマイク50cmくらい離してもあの迫力、あんな声どこから出るんだろう。御年66歳。とてもそんな風には見えない。

 体から自然に出るあのリズム感。迫力のボーカル。なんと言っても楽しそうに演奏している姿が素敵。1時間半ほどのステージだったが、バラード曲を除いてずっと一緒に踊ってた。

 最後、ドラムスティックを投げてくれて、前の方の数人がもらっていた。いいなぁ。ギタリストのピックも誰かもらってた。最前列いいなぁ。

Img_6392ro_800x600
 それにしても楽しいステージだった。一緒に行った友達も大満足の様子。ずっと立って聞いてるなんてムリーって思ったけど、踊らずには居られない感じであっという間。小さい会場で良かったー、静岡に来てくれてありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

[ド] APB ハイテク捜査網

 富豪が警察の分署を買収、ハイテク装置を導入して組織を改革しようというストーリー。#1を見た限りでは面白そうなのだが、シーズン1で打ち切りらしい。

Apb
 ハイテク企業を経営する実業家であり技術者でもあるギデオン・リーヴス。ある日偶然立ち寄った店で強盗に遭い、助けようとした親友が撃たれて亡くなってしまう。警察の事情聴取を受けるが、全くやる気のない警官たち。それもそのはず、経費削減で解雇される警官続出、装備も足りない状態で、警官たちのやる気も出ない。そんな様子をなんとか変えるべく、ギデオンは私財を投じて13分署をまるまる買い取り、ハイテク装置を導入。果たして警察は変われるのか??

 ギデオン役にジャスティン・カーク(ジャック&ジルのバート、モダン・ファミリーのチャーリー・ビンガムなど)。警官マーフィー役にナタリー・マルティネス(CSI:NYのジェイミー・ロヴァート)。警官ブラント役にテイラー・ハンドリー。ギデオンの部下で技術者エイダ役にケイトリン・ステイシー(クイーン・メアリーのケナ)。13分署の署長役にアーニー・ハドソン(OZの署長レオ)。巡査部長?ハウザー役にケヴィン・チャップマン(パーソン・オブ・インタレストのファスコ)。シカゴ市長役にネスター・セラーノ(ハット・スクワッドのラファエル)。

 天才技術者であり、その技術を利用した企業を経営する大富豪でもあるギデオンの設定は、アイアンマンのトニー・スタークに似てるね。ハンサムで、金持ちなので、鼻持ちならない感じ。だがお茶目で憎めない。親友を強盗に殺され、警察が全く役に立たなかったことから、警察を分署毎買っちまえ~ってストーリー。かなり強引な感じはするけれど、アメリカならあるかもと思った。

 舞台は犯罪の多いシカゴ。警察が資金不足で警官をクビにするとか、装備が足りないとか、日本ではちょっと考えられない状況だ。そんなところへ富豪が金を出し、ハイテク装置を導入してくれるって言うんだから喜んでいいと思うのだが、反発する警官たち。

 いろいろなハイテク装置が楽しめそう。ドローンとか、スタンガンとか、すぐにでも実用化できそうなものもある。ギデオンの行動は素晴らしいと思うのだが、彼は資金を提供するばかりでうまみがないよね、儲かるわけじゃないし。純粋に正義のためだけに資金を出すなんて… その辺、やっぱりドラマなんだろうな…

 面白いと思ったんだけどなー、打ち切りとは残念。なので全12話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

[ド] クォーリーと呼ばれた男

 スターチャンネルで放送のドラマ。人気小説が原作らしい。ベトナム帰還兵が殺し屋になると言うストーリーらしい。

Quarry
 1972年、ベトナムから親友と共に帰還したマック。愛する妻とも再会し、しばし楽しいひとときをすごす。だが現実は厳しかった… 戦地でも民間人虐殺疑惑が報道され、世間から厳しい目で見られる彼らは、元の職場へは戻れず、就職先もなかなか見つからない。自動車修理工場での仕事をなんとか見つけるが、ある日、ブローカーと言う男が大金を持って現れる。彼に依頼したのは殺し屋の仕事だった…

 マック役にローガン・マーシャル・グリーン。妻ジョニ役にジョディ・バルフォール。仕事仲間バディ役にデイモン・ヘリマン(インコーポレーテッドのヘンドリック)。父ロイド役にスキップ・サダス(サード・ウォッチの警官サリー)。ブローカー役にピーター・ミュラン。親友アーサー役にジェイミー・ヘクター。その妻役にニキ・アムカ=バード。

 ベトナム帰還兵が直面する現実。つらい体験をして戻ってきたものの、もはや自分の居場所はない。世間の目は厳しく、仕事が見つからない。そんなところへ来ての、殺し屋へのスカウト。はじめは断ったものの、親友アーサーが受けてしまい、彼を手伝うことに。だが思わぬ事態が発生し…

 これはものすごい骨太ドラマ。マックは殺し屋に向いている。自分でもそれは自覚している。だがそれだけはやりたくない。にも関わらず、その道に引きずり込まれてしまう…

 全8話。#1は76分。1話が重い… さて、マックは今後どうなってしまうのだろう…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

スイートブロッサム・カフェでランチ

 久しぶりに会うママともとランチすることになった。最近、駅周辺にいろいろお店ができたので、行ったことのないお店へ。最初、場所がわからなくて少々迷う。

Img_6314ro_800x600
 お花屋さんが併設されており、お花屋さん側から入ると、中はお花に囲まれた素敵なテーブルが!!

Img_6315roki2_800x600
Img_6317_800x600
 天井にも、テーブルの上にも下にも、お花がいっぱい。

Img_6319ki_800x600
Img_6321ki2_600x800
 ランチメニュー、ネットで予習したのとちょっと変わっていた。この日はサンドイッチがないとのことで、私はエディブルフラワーのサラダランチ、友達はスープカレー。ランチには飲み物がついていて、+300円でデザートも付けられる。

Img_6323_800x600                サラダランチにはスープがついてる

Img_6328roki2_800x600                  すごくカラフルなサラダプレート
            味付けしたチキン?とポテサラ?がちょっと乗ってた
             サラダは普通のサラダだな、花は味わかんない

                     パンにはバラのジャムが

 ランチ食べ終わって、まだイケそうだねと、デザートを追加。ブラウニー(^o^)。

Img_6331roki2_800x600
 スープカレー美味しそうだったけど、私には辛そうだったな。お店の雰囲気はとても素敵なのだけれど、ちょっと残念だったのは、なぜかたばこ臭かったこと。そして、虫がいること。まぁ、これだけお花に囲まれているとしょうがないんだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

[ド] コード・ブラック 生と死の間で

 Dlifeで始まった医療ドラマ。実は「殺人を無罪にする方法」が終わったことに気づかず録画していて、偶然録れていたので、視聴。

Code_black
 コード・ブラック:ERで患者数が許容量を超える緊急事態。エンジェルス記念病院のERでは、年間300回ものコードブラックが発生。この超多忙なERに、新人医師がやってきた。彼らの指導しながら日々命を救うために奮闘する指導医たち…

 主任指導医リアン役にマーシャ・ゲイ・ハーデン。看護師長ジェシー役にルイス・ガスマン。研修医役にメラニー・チャンドラ、ボニー・サマーヴィル。Dr.テイラー役にケヴィン・ダン。#1には出てこなかったけど、ロブ・ロウもドクター役で出てくるらしい。

 ERに似てるのかなぁ。リアンが主人公か。彼女は誰か大切な人を亡くしたばかりのようで、それを乗り越えて仕事に打ち込んでいる様子。子供を亡くして医学を勉強し始めた、ちょっと年の行った研修医クリスタや、ちょっと看護師には似つかわしくない風貌のジェシーなど、キャラクターが立ってくれば面白くなるのかな。

 年間300回も許容量を超えるERって怖い。毎日が修羅場ってことだよね… うーん、面白いかどうかは#1を見た限りではちょっと微妙。医療ドラマがあまりに多いので、正直ちょっと飽きた。とりあえず何話か、彼らの奮闘を見てみるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

[映] ファインディング・ドリー

 「ファインディング・ニモ」の続編、今度はドリーを探すの!?と思ったら、ドリーが生き別れになった両親を探す物語。

Finding_dory
 グレートバリア・リーフで、カクレクマノミの親子マーリンとニモらと共に、平和に暮らしていたドリー。何でもすぐに忘れてしまうドリーは、子供たちと家族について話していて、自分にも家族がいたことを思い出す。両親を探さなくては!と、マーリンが止めるのも聞かずに、カリフォルニアの海へ…

 ドリーの声はエレン・デジェネレス。マーリンの声はアルバート・ブルックス。ニモの声はヘイデン・ロレンス。タコのハンクの声役にエド・オニール(モダン・ファミリーのジェイ)。ベルーガクジラの声役でタイ・バーレル(モダン・ファミリーのフィル・ダンフィー)。ドリーのママの声役でダイアン・キートン。シガニー・ウィーバーが本人役で声の出演。

 本物の海かと思うほど、映像はさすがに綺麗。忘れんぼのドリー、かなり危なっかしいが、意外としっかり者というかちゃっかり者というか、どんなシチュエーションでもなんとかなってしまう辺り、さすが。そうやって1人で生きてきたのだろう。

 今回、タコのハンクが大活躍だなぁ、擬態のワザがすごすぎる。楽しませてもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] Mr.ホームズ 名探偵最後の事件

 本日3本目は、隠居生活をしているシャーロック・ホームズを描いた作品。年老いて記憶が怪しくなっているホームズ役を、イアン・マッケランが好演。

Mr_holmes
 海辺の家で隠居生活を送る93才のシャーロック・ホームズ。記憶に少々不安が出てきた彼は、記憶力回復に効果があると言う鰭山椒を日本に行って持ち帰る。だが、最後の事件について、どうしても思い出すことができなかった。それは、ワトソンが引退した後の事件で、ある男の妻の素行調査。ワトソンによる本が映画にもなっているが、それは脚色されたもの。真実を思い出して記すべく、執筆を始めるが…

 ホームズ役にイアン・マッケラン。家政婦のマンロー夫人役にローラ・リニー。その息子ロジャー役にマイロ・パーカー。日本人、梅沢の役で真田広之。シャーロック・ホームズの映画の中のシャーロック役にニコラス・ロウ。彼は、「ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎」でシャーロック・ホームズ役を演じた俳優。粋な配役だね。

 「老い」がテーマだろうか。難事件を解決するホームズの物語を期待するとハズされるかもしれない。ある事件で失敗してしまったホームズは、それをきっかけに探偵を引退、人里離れた海辺の家で隠居生活をしていると言う設定だ。

 かつては頭脳明晰だったホームズ。今でも観察力、推理力は鋭い。だが記憶力はかなり怪しくなっていて、一緒に暮らすロジャーくんの名前も忘れてしまうほど。記憶力回復のために養蜂で得たローヤルゼリーを飲んでいるらしいが、もっと効果のあるものをと、わざわざ敗戦後の日本に行って鰭山椒を持ち帰り、煎じて飲んでいる。山椒を煎じて飲むってのがちょっと?だが、辛くないんだろうか?? 鰭山椒って山椒とは違うのかな?

 蜂が大好きというロジャーくんはなかなか頭のいい少年だ。ホームズの本にも興味津々で、懐いている。だが、次第に弱っていくホームズを見ていて、彼に息子が懐くのが心配でたまらないマンロー夫人。転職も考えている。

 親しかった人々を亡くし、孤独なホームズと、彼に憧れる少年のふれあいがほほえましい。家庭は持たなかったホームズだが、こういう形もあっていいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] ゴーストバスターズ(2016年版)

 1984年のヒット作品のリメイク版。今度は女性のバスターズ。そしてキャストも豪華。

Ghostbusters
 ニューヨークの名門大学で教鞭を執る物理学教授エリン。だが、彼女が以前共同執筆した心霊現象に関する本がネットで売られていることがわかり、立場が危うくなってしまう。なんとか販売を止めようと、共同執筆した幼なじみの科学者アビーを訪ねる。アビーは未だに心霊現象を研究しており、アシスタントのジリアンと共に探知装置や捕獲装置まで開発していた。彼女らと共に、心霊現象が起こる屋敷へ行くことになり…

 エリン役にクリステン・ウィグ。アビー役にメリッサ・マッカーシー(サマンサWho?のディーナ)。ジリアン役にケイト・マッキノン。大学の学長?役にチャールズ・ダンス(ゲーム・オブ・スローンズのタイウィン・ラニスター)。エリンに調査を依頼した同僚?役にエド・ベグリーJr.。ゴーストバスターズの受付ケヴィン役にクリス・ヘムズワース。ゴースト排斥派?の役でビル・マーレイってのが笑える。(彼こそが元祖ゴーストバスターズなのに!) なんかのエージェント役でマイケル・ケネス・ウィリアムス(ボードウォーク・エンパイアのチョーキー)。市長役にアンディ・ガルシア。あとチョイ役だけどダン・エイクロイドやシガニー・ウィーバーも出ていてすごく豪華。

 ストーリーはおおかた同じなのだが、ニューヨークの街まさすがに30年も経てば変わったんだろうな。ステージから観客に向かってダイブするとか、今時のシーンもたくさん盛り込まれているし、テンポもいい。しゃべり始めたら止まらないメリッサ・マッカーシーも楽しい。イケメンでマッチョなんだけどおバカな受付役のクリス・ヘムズワースとか、市長にアンディ・ガルシアとか、すごく贅沢なキャスト。昔よりマシュマロマンが細身になったのも時代??

 続編ができそうなエンディングだったけど、さすがにもういいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] フィフス・ウェイブ

 去年、映画館に行くか否か迷った挙げ句、Bっぽいなと思って行かなかった作品。なかなか面白かった。原作小説があるらしい。

5th_wave
 突然やってきた地球外生命体に寄る攻撃で、平和な日常を奪われた人類。第一波で電源を奪われ、第二波で津波に襲われ、第三波のウィルス蔓延で母を失いった女子高生キャシー。父と幼い弟と共に、難民キャンプへ避難する。そこへ軍が救助にやってくるが、子供たちだけを軍の基地に連れて行き、大人だけが集められる。弟とはぐれてしまったキャシーは、父が殺されるところを目撃してしまい…

 キャシー役にクロエ・グレース・モレッツ。父親役にロン・リビングストン。高校の同級生ベン・パリッシュ役にニック・ロビンソン。キャシーを助ける青年エヴァン役にアレックス・ロー。ヴォーシュ大佐役にリーヴ・シュライバー(レイ・ドノヴァンのレイ)。レズニック軍曹役にマリア・ベロ(ERのアンナ・デル・アミコ)。

 突然上空に巨大な宇宙船がやってきたら怖いだろうなぁ。動力を奪われ、津波で街を破壊され、ウィルスが蔓延。多くの人が犠牲になる。そして第四波として、地球外生命体が人間に寄生すると言う。見分けが付かないってあたりはインヴェージョンのよう。

 1人になってしまったキャシーは、弟を救うために基地を目指す。クライマックスは、少々うまく行き過ぎな感じもあるが、テンポいい。そしてこれ、続きそうな終わり方だ。イケメン青年も出てくるし、なんと言ってもクロエが可愛い。いいじゃないの、充分楽しめたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

[ド] 惑星オアシス(仮題)

 アマゾン・プライムで無料放送のドラマ? どうやらまだ1話(パイロット版だね)のみらしく、これを見て、シリーズ化して欲しいかどうかを投票すると言う企画らしい。とりあえず見てみた。近未来が舞台のSFだ。

Oasis
 病に伏せっている妻を介護していた牧師ピーター・リーは、妻の望みを叶えるべく、安楽死させる。失意の彼の元に、惑星のコロニー「オアシス」での仕事が舞い込む。失うもののなくなったピーターは、惑星オアシスへ。そこは、地球崩壊後に人類が生き延びる最後のチャンスとして期待されていた場所。だが、現地に到着したピーターは、招かれざる客であると気づく…

 ピーター役にリチャード・マッデン(ゲーム・オブ・スローンズのロブ・スターク)。彼と共にオアシスにやってきた同僚役にハーレイ・ジョエル・オスメント(シックス・センスのあの少年がこんなに…)。

 うーん、設定としては面白そうではある。この惑星、なにやら訳ありのようで、決してオアシスではない。劣悪な環境だし、この地では幻覚を見るらしい。そんなところへ派遣された牧師ピーター。このコロニーには牧師がどうしても必要だからと説得されてやってきたのに、現地で必要とされているのは技術者。なんで牧師が?と言われ、どうやら場違いだと気づく。それでも、その場でできることをやるしかないピーターは、みんなの心の支えになるべく、カウンセリングルームを作ったりするのだが…

 パイロット版としてはよくできていると思うが、続きを見たいかと言われると… どう転がるか、もうちょっと見なくちゃわからないのは確か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ド] TABOO

 スターチャンネルで始まったドラマ。1814年のロンドンを舞台に、アフリカ帰りの男が、亡くなった父の遺産をめぐって東インド会社や英国王室、米国政府などと対立すると言うストーリー。主人公ジェームズ・ディレイニー役をトム・ハーディが好演。

Taboo
 1814年ロンドン。ある男性の葬儀に、その息子ジェームズ・ディレイニーが突如現れる。彼はアフリカに向かう船の中で死んだものと思われていた男。彼は、父親からある土地を相続するが、その土地は、東インド会社が狙っていた場所。死んだものと思われていたジェームズに代わり相続すると考えられてた、異母妹のジルファとの間で交渉が進んでいたが、ジェームズの登場で動揺する東インド会社。なんとしても取得すべく、法外な金額を提示するが… さらに遺産相続の際、思わぬ人物が登場し…

 ジェームズ役にトム・ハーディ。彼の異母妹ジルファ役にウーナ・チャップリン(チャップリンのお孫さん! ゲーム・オブ・スローンズのタリサ)。ディレイニー家の下男ブレイス役にデヴィッド・ヘイマン。東インド会社会長ストレンジ役にジョナサン・プライス。娼館のマダム、ヘルガ役にフランカ・ポテンテ(ラン・ローラ・ランのローラ!)。ドクター、ダンバートン役にマイケル・ケリー(ハウス・オブ・カードのダグ・スタンパー、レッドセルのプロフェットなど)。アティカス役にスティーヴン・グレアム(ボードウォーク・エンパイアのアル・カポネ)。ジェームズの父の妻だと名乗る女ローナ・バウ役にジェシー・バックリー。ディレイニー家の顧問弁護士ソイト役にニコラス・ウッドソン。

 謎多き男ジェームズ。アフリカにいたらしいのだが、その間何があったのか誰も知らない。何か大きな秘密がありそうだ。父の遺産は彼1人が相続すると言う遺言書があり、相続するのはとある場所の土地。一見価値の無さそうな土地だが、実は重要な場所らしいことがわかる。その場所を狙うのは東インド会社だが、アメリカも狙っている。そしてその辺りの事情に妙に詳しいジェームズ。東インド会社は、彼からその土地の権利を買うべく高額を提示するが、相手にされず、抹殺を考える。どうやら父親も何者かに毒殺されたらしいとわかる。そしてジェームズも狙われる…

 2話まで見たのだが、とにかくジェームズが格好いい。彼の秘密はこれから少しずつわかってくるのだろう。彼はなぜか資金を持っていて、情報通。頭が良くて腕っ節も強い。死者と交信できるの?? 異母妹ジルファとはただならぬ関係の様子。そして父にはもう1人子供がいた?? もしかしてジェームズの子?? 彼が唯一信用しているのは、下男のブレイスのみ。

 シーズン1が8話、シーズン2も決まっているらしい。見応えある作品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

[映] ヘイトフル・エイト

 タランティーノ監督の話題作。167分とかなり長いが、後半は目を離せない展開。

Thehatefuleight
 南北戦争後のワイオミング。猛吹雪が迫る中、先を急ぐ駅馬車は、黒人の賞金稼ぎマーキスに呼び止められる。駅馬車の乗客は賞金稼ぎジョン・ルースと賞金首のデイジー・ドルメグ。交渉の結果、レッドロックまで一緒に乗せてもらうことになったマーキス。さらに進んだところで、新任保安官だというマニックスも乗り込むことに。
 彼らがたどり着いたミニーの店にミニーはおらず、留守を預かっているというメキシコ人ボブと、先客の絞首刑執行人オズワルド、カウボーイのジョー・ゲージ、南軍の元将軍サンディ・スミサーズがいた。吹雪が去るまでの間、彼らは暖を取ることにするが…

 マーキス役にサミュエル・L・ジャクソン。ジョン・ルース役にカート・ラッセル。デイジー役にジェニファー・ジェイソン・リー。マニックス役にウォルトン・ゴギンズ(シールドのシェーン)。ボブ役にデミアン・ビチル(アメリカ版ブリッジのマルコ・ルイス刑事)。オズワルド役にティム・ロス。ジョン・ゲージ役にマイケル・マドセン。スミサーズ将軍役にブルース・ダーン。そうそう、あと一人、チャニング・テイタムが出てくる。何の役かは見てのお楽しみ。

 前半、何が起こるのか全く想像がつかないのだが、何かが起こりそうな匂いがプンプンだ。みんなそれぞれが何か訳ありで、怪しい。誰が嘘をついているのか。少々めちゃくちゃだが、タランティーノ監督らしい! 最後そう来たかーと楽しめる作品。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

日本民家園

 連休、突然"息子その1"がやってきたので、一日外出ってわけにもいかず、近場で遊べるところを探していて、生田緑地を見つけた。中にある日本民家園ってのが面白そう。向ヶ丘遊園駅からバスもあるようなのだが、1時間に2本程度。30分待たねば次のバスは来ない… 歩いて15分ほどなので、歩いた方が早い。

_1100633tri
 登戸駅からもバスが出ているようなのだが、こちらは2時間に1本。時間を調べて合わせてくれば、この派手なバスに乗れたのだろうか。

_1100635
 入園料500円払うと、まずは資料館のようなところで古民家についての説明が。日本全国の古民家を、この場所に集めて移築したらしい。こどもの日ってことで、お子様連れも多数。

_1100680
_1100654                     現在移築中の古民家も

_1100645             こちらは油屋さん 岡部の大旅籠柏屋のような造り

_1100663ro                      水車小屋の水車

_1100664                        水車小屋の中

_1100666ro
_1100676                   なんだ、なんだ、紅葉??

 傾斜のある場所を生かして古民家が並ぶ。それぞれ、漁師さんのお宅だったものや、農家のお宅、雪深い地のお宅などの特色があるらしい。解説をしてくださるスタッフもあちこちにいる。

_1100700
_1100705triro                害虫駆除のために、煙でいぶしていた

_1100721rotri             機織りの実演 もうちょっと客寄せすればいいのに

 途中にそば屋があるのだが、"息子その1"が家で待っているので断念。栃の実大福をいただいて一休み。

_1100704
_1100733           こちらのお宅、屋根の上にアヤメ(イチハツという種類らしい)が

_1100736
_1100774
 歌舞伎舞台の古民家も。実際に上演したりもするらしい。

_1100757pano                こちらは歌舞伎舞台 左側が客席かな

_1100761pano
_1100772                 ここから舞台の下も見られる

_1100766
_1100769ro                       こちら奈落の底

 古民家園を出ると公園になっていて、お弁当持ちでやってきた家族連れで賑わっていた。

_1100782ro
_1100784ro
_1100785ro
_1100792                       電車の車両が

_1100795                     中は休憩スペースに
           この周り、お子様連れ多数で、走り回る子供たちに
           体当たりされたり、足を思いっきり踏まれたりしたので
                   お年寄りは要注意かも

 この生田緑地には、藤子F不二雄ミュージアムや、ばら苑、かわさき宙と緑の科学館、岡本太郎美術館、伝統工芸館などがある。ばら苑も見てみたいなぁ、まだちょっと早いかな。緑地の中を散策するだけでも楽しそう。今度はお弁当持ちで行ってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

[映] 10 クローバーフィールド・レーン

 地下シェルターに閉じ込められた女性の奮闘を描く。

10cloverfieldlane
 家を飛び出したミシェルは、車を運転中に事故に遭う。意識を取り戻すと、見知らぬ地下室に縛り付けられていた… そこには大男ハワードがおり、彼がミシェルを助け出したという。外は何者かによる襲撃で大気が汚染されていて、出られないという彼の話を信じ、同じように怪我をしてハワードに助けられた男性エメットと共同生活をしていたが…

 ミシェル役にメアリー・エリザベス・ウィンステッド。ハワード役にジョン・グッドマン。エメット役にジョン・ギャラガー・Jr。登場人物はこの3人のみなのだが、声の出演でブラッドリー・クーパー。

 何があったのか詳しくはわからないが、ミシェルは恋人?と口論して家を飛び出す。車に乗ってどこへ行こうとしたのか。すぐに事故に遭う。気づいたときは地下室のベッドの上。足を怪我していた上に、足を手錠でつながれていた。携帯は圏外。なんとか逃げだそうと考えていたところへ、ハワードが現れる。自分が助けたというハワード。なんでも外は何者かによる襲撃で大気が汚染され、地下シェルターから出ることはできないという。

 同じように囚われの身の男性エメットと3人で仲良く過ごす。外に出られないんじゃ、そうするしかないよね。でも、ハワードの話、ちょっとおかしいよね… ってことで、彼の話が本当なのか、監禁するための嘘なのかが見所だと思っていたのだが、最後は驚きの結末だ。

 最後まで諦めないミシェル、タフで好感持てる。終盤の展開が見所かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«京王フローラルガーデンと殿ヶ谷戸庭園