2017年10月16日 (月)

携帯端末でLINE

 スマホを持っていないので、外出時はガラケーとタブレットを持って出る。タブレットがあれば、地図が見られるので、知らない場所でも迷わずに済んでありがたい。だが、このタブレット、重い。ケースも合わせると500g近い。出かけるときはだいたいカメラも持って出るので、鞄はパンパンだ。カメラ2台体勢(ミラーレスとコンデジ)の時もあり、それで買い物でもしようものなら…

 出かけるたびに、重い重いとぼやいていたら、夫が、タブレットの代わりにと、SIMフリーの携帯端末を買ってくれた。これに、タブレットのSIMを入れればいい。だいぶ軽くなる。見た目はスマホだ。

Dsc01403_2
 そうか、これならLINEができる! LINEなんて用がないと思っていたのだが、仕事の関係で必要に迫られて、PC版LINEを使い始めた。携帯端末にも入れれば、外出時もチェックできる。そう思って、さっそくLINEのアプリをダウンロードした。

 アカウントはPC版で取ってあるので、端末から入ればいいだけだと思ったのだが、電話番号を入力してみたものの、PC版を認識してくれない。それどころか、PC版の方に入れなくなってしまった。メアドで入れというのだ。どうやら、電話番号で登録できるのはPC版だけらしい。携帯端末に電話番号を入れたことで、PC版ユーザーではなく、スマホユーザーと認識されたらしい。でもメアドは登録していない。つまり入れない。

 どうしたものか。やむなく携帯端末にメアドを登録し、PC版も入れるようになったが、以前の情報はすべて消えてしまった。LINE仲間に聞いたら、電話番号で取ったアカウントは退会したことになっているらしい。あまりにわかりにくい&酷い。なんなのこのシステム。

 なんとか携帯端末とパソコンを同期させて両方使えるようになったが、未だに時々、端末で確認しろというメッセージがでてきてめんどくさい。フェイスブックならどこからでもアクセスできるし、チャットだってできるし、グループだって作れるし、写真とか動画とか、もっとたくさん添付できるし(消えないし)、ずっとずっと使いやすいのに、なんでLINEにこだわるの??

 電話は相変わらずガラケーだが、ほかは大体スマホと同じようなことができる。そうか、インスタもできるじゃん!! とさっそく登録。とりあえず一番最近の写真を投稿してみよう~と思ったけど、そうかパソコン内か。パソコンからも投稿できるの?? と調べたら、できるできる! 結局、デジカメで撮った写真をパソコンからアップするって、本来のインスタの使い方じゃないけど… その方が綺麗な写真をアップできるもん。

 初めての場所へ行くことが多い今日この頃、Google Mapは本当にありがたい。携帯端末、活用するぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

[映] ジャック・リーチャー Never go back

 元軍人のジャック・リーチャーの活躍を描く「アウトロー」の続編。

Jack_reacher
 元軍人で、今は一匹狼で放浪を続ける男ジャック・リーチャー。かつての同僚ターナー少佐がスパイ容疑で逮捕されたことを知り、陰謀に巻き込まれたと直感。詳しい状況を知るため、彼女の弁護人に会いに行くが、弁護人が殺され、ジャックは逮捕されてしまう。

 ジャック役にトム・クルーズ。ターナー少佐役にコビー・スマルダーズ。大佐役にホルト・マッキャラニー。将軍役にロバート・ネッパー(プリズン・ブレイクのTバッグ)。命を狙われる少女サマンサ役にダニカ・ヤロシュ。

 一匹狼のジャックが、同格の相棒とも言えるターナーと一時的にタッグを組むところが見所か。そもそも、ディナーにでも誘うつもりで彼女に会いに来たジャックだったが、スパイ容疑で拘禁されていると知り、彼女を助けることに。なので、逃亡中にそういう雰囲気になってもよさそうだが、そこは軍人同志ということなのか、すごくクールな関係だ。

 さらに、ジャックの娘と思われる少女サマンサの登場で、ジャックの意外な一面も。これまで一人で自由気ままにやってきたのに、突然娘がいるって言われたら驚くのは当然。

 陰謀の詳細よりも、アクションに重点が置かれている気はするけど、気軽に見るにはいいのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月14日 (土)

[映] 特捜部Q Pからのメッセージ

 北欧ミステリーの特捜部Qシリーズ第三弾。ボトルに入ったメッセージが見つかり、はみ出し者刑事たちが誘拐事件と判断して捜査をする。

Flaskepost_fra_p
 海辺で手紙の入ったボトルが発見される。手紙は7~8年前に書かれたと思われ、判読不能。だが、書いたのが少年らしいとわかり、特捜部Qの刑事たちは誘拐事件と判断。捜査に乗り出す。

 カール役にニコライ・リー・コス、相棒アサド役にファレス・ファレス。犯人ヨハネス役にポール・スヴェーレ・ヴァルハイム・ハーゲン。

 子供が誘拐されたにもかかわらず、なぜか親たちは通報しない。なぜか。エホバの証人という宗教が関わっているのだが、犯人の動機がちょっとわかりにくいかなぁ。クリミナル・マインドとか見てると、ちょっと物足りない感が…

 途中、身代金を渡すために電車に乗るシーンがあるのだが、昔の日本の映画で似たシーンがあったなと思い出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カフェ ソラーレ Tsumugi

 調布で映画鑑賞後は、トリエ調布A館でランチ~と思ったけど、すでに混雑。成城石井で買って帰ろうかとも思ったが、結構いいお値段。迷った挙げ句、4Fのカフェ「ソラーレ Tsumugi」という、和テイストのカフェへ。レストランフロアじゃないので、まだ空きがあってすぐに入れた。

Dsc01372_2
Dsc01373_2
 和風パスタが数種、和スイーツがメインなのかな、氷って書いてあるけど、さすがに寒くて無理。

Dsc01379_2              隣の席の親子がかき氷頼んでた… 寒そう…

 チキン南蛮と、マグロ丼+うどんの定食を2つ頼んでシエア。

Dsc01382_2
Dsc01391_3

 女性向きかなー、量は私がちょうどよかったので少なめなんだろう。夫は物足りなかったかも。でも小鉢がいろいろついていて、いろいろ食べられたので私は好み。

 2Fでリンツのショップを見つけて、ソフトクリームをいただく。結構いいお値段なので、一人じゃ食べられないね、二人でシェア。ワッフルコーンもチョコ味でうまし。

Dsc01395_2
 かき氷は寒いとか言いながらソフトクリームはちゃっかり食う奴ら…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

 猿のシーザーを描いた新しい「猿の惑星」、3作目。最終章ってことなんだが、この何十年後かに、あの作品につながるのかな。

War_for_the_planet_of_the_apes
 猿たちを率いて森でひっそりと暮らしていたシーザーたち。だがその間にウィルスが蔓延して人類の大半は死滅していた。冷酷非情な大佐率いる軍隊が、人類の生き残りをかけてシーザーを倒すため、奇襲をしかけ、シーザーの妻子を殺害。憎しみに駆られたシーザーは、大佐を倒すための復讐の旅に出るが…

 シーザー役にアンディ・サーキス。大佐役にウディ・ハレルソン。途中で知り合う動物園育ちのバッド・エイプ役にスティーヴ・ザーン。しゃべれない少女ノヴァ役にアミア・ミラー。彼女がめっちゃ可愛い。シーザーの妻コーネリア役にジュディ・グリア。

 謎のウィルスで人類の大半が死滅とのことだけど、それと、しゃべれなくなるという病気は同じものだろうか?? 別の病気? その辺がはっきりしないのだが、シーザーの下の息子がコーネリアス、そしてしゃべれない少女がノヴァってことは、何十年後かに、あの衝撃的な映画の世界になるってことなのかな。

 猿たちは人間を襲うわけでもなく、森でひっそりと暮らしているのに、なぜそこまで執拗に追うのか。大佐の意図がわからない。

 シーザーは本当に格好いい。猿のメイクも見事だ。戦闘シーンも迫力あるし、見応えは充分。だが、人間は本当にそこまで愚かなのだろうか… もうちょっとマトモな人間がいてもいいのに… と思うと…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

[ド] BULL/ブル 法廷を操る男

 法廷ドラマだが、今までのものとはちょっと様子が違う。陪審員を徹底的に研究することで裁判をコントロールするというドクター・ブル。実在の人物がモデルらしい。

Bull
 ヨットパーティで女性が殺された。容疑者として起訴されたのは、IT長者ピーターズの高校生の息子ブランドン。ピーターズから依頼を受けたブルたちチームは、陪審員候補者たちを徹底的に分析。選ばれた陪審員とそっくりの疑似陪審員を準備して裁判の行方を判断。だが圧倒的に不利な状況の中、ある一人の陪審員が鍵を握ると見抜くブル。

 ブル役にマイケル・ウェザリー(ダーク・エンジェルのローガン、NCISのトニーなど)。チームのメンバー、ベニー役にフレディー・ロドリゲス(シックス・フィート・アンダーのフェデリコ、アグリー・ベティのジオなど)。彼はブルの元妻の弟らしい。#1ではクライアントのピーターズ役でフレデリック・ウェラー(ザ・プロテクターのマーシャル)。

 陪審員の印象をよくするために画策するというのはよくドラマや映画に出てくるが、これは本当にすごい。陪審員を徹底的に調べる。どういう考えの持ち主かが重要だ。ほぼ同じ思考の疑似陪審員を準備して、判決を予測する。これがほぼ当たる。

 12人の陪審員のうち、無罪と考えているのは2人だけ。圧倒的に不利だ。だが、鍵を握る人物を見つける。彼女を味方に付ければ、ほかを説得してくれるという。彼女の考えを変えるにはどうすればいいのか。

 #1では、真犯人は別にいたので、彼のやったことは正当化できるだろう。だがそうでなかったら??

 陪審員制度の問題点が見える。ここまで来ているのか。これでいいのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

横浜中華街

 生協大会に出席するため横浜へ。県内の様々な生協の方々の集まりらしい。基調講演を聴いた後、各生協からの試食品をいただいたりして昼過ぎに終了。お米ももらった(^o^)

Dsc01360_2
そのまま仲間と中華街でお昼を食べて帰ろうということに。

Dsc01348_2
 中華街って、ほぼ行ったこと無い。遠い親戚が住んでいたそうで、まだ幼い頃に一度連れて行かれたことがあるらしいのだが、当然覚えていない。大人になってから、もしかしたら一度くらい行っているかもしれないが、記憶にない。中華料理店がこんなに集まっているなんてすごすぎる…

 どこに入っていいものか全くわからず、しばし悩む。生協大会で試食もしたので、一人だったら肉まんの一つでもパクつけば満足だったのだが、どうも店に入りたい様子のお仲間。迷った挙げ句、目の前の店へ入ることになった。

Dsc01350_2
 定番の青椒肉絲、回鍋肉、酢豚の定食をオーダー、みんなでシェアすれば3種類食べられる! 待つことしばし。スープとザーサイ、春巻き、ライスに炒め物がついたセット950円。なかなかリーズナブルな内容。コーヒーもセルフでおかわり自由。だが…

Dsc01355_2
 ううむ… まさかの… おいしくない… 青椒肉絲の肉は牛肉だとばかり思っていたら、どうやら違う… 本場では違うのか。どうも鶏肉っぽい。回鍋肉の肉も、なんか食べ慣れた豚肉とは違う… もっとぐにゃぐにゃしてる。本場では皮付きの豚肉を使うとのことなので、そういうことなのかな。味も好きな味ではなかった。酢豚はまぁ普通で、パイナップル入り。

 空いているってのはそういうことか… 本場の味なのかもしれないが、日本人の口には合わないってことなんだろう。残念。まぁ、あのとき中国で食べた料理に比べればマシだけど… 肉まんとか小籠包の方がよかったかも。

 店を出て駅に向かって歩き始めたら、パレードが始まるという。そしていきなりの爆竹。あまりの大きな音と火薬、煙に呆然。

Dsc0135625
Dsc0135725
Dsc01358_2
 なんのパレードだったんだろう…??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

[映] マリアンヌ

 アマゾンプライムTVにて視聴。スパイの男女が、一緒に仕事をしたことを縁に結婚。だが、妻に新たなスパイ疑惑がかかり… というストーリー。

Allied
 1942年。カナダの諜報員マックスは、極秘任務のためカサブランカへ。ナイトクラブで妻役のスパイと落ち合う。相手はフランス軍のレジスタンス、マリアンヌ。夫婦として過ごし、次第に惹かれ合った二人は、ドイツ大使暗殺の任務を終えた後、結婚。ロンドンで幸せな家庭生活を送るが…

 マックス役にブラッド・ピット。マリアンヌ役にマリオン・コティヤール。負傷した元スパイ?役でマシュー・グード(グッドワイフのフィン・ポーマー、ダウントン・アビーのヘンリー・タルボット)。マックスの上司役でジャレッド・ハリス(MAD MENのレイン・プライス)。

 スパイ同士の結婚って難しいだろうなぁ。だが、ドイツ大使暗殺で協力したスパイということで、同じ側の人間と信じて結婚したマックス。結婚生活は幸せで、子供にも恵まれ… という状況で、妻がドイツのスパイだと言われたら…

 マックスにできることは限られているし、結末も見えている。それをどう描くか。二人の物語を、しっとりと淡々と描いている。それだけにラストシーンは悲しい。

 マリオン・コティヤール綺麗だなー。ブラピはちょっと老けたな… ってことで、ちょっと年の差が気になってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

溝の口 again で森林公園へ

 体組成チェックで運動不足を指摘され、溝の口駅からバスで行かれるという「森林公園」ウォーキングを勧められた昨日。そう夫に話すと、早速行ってみよう!! ってなわけで、カメラ持ってGO!

 溝の口駅南口からバスに乗って、森林公園という停留所で降り、少し歩くと入り口がある。正しくは「東高根森林公園」というらしく、県立の公園。周りは住宅地だ。

Dsc0132225
 入り口にあるパークセンターで地図をゲット。公園の南口に当たるのだが、北口にも出入り口があり、そこから出ると久地駅まで歩いて行かれそう。だが駅前に何もなさそうってことで、ぐるっと回ってバスで溝ノ口に戻ることに。

_1120410_2
 キバナコスモスが咲いているが、まだちょっと早いのかな。

_1120425_2
_1120429_2
Dsc01325_2             見晴台のところに、修行僧のようなおじさまが…

_1120436_2               マユミって書いてあったけど、花? 実?

_1120450_2                  これってガクアジサイ???

_1120444_2
_1120472_2              水に光が反射してキラキラとっても綺麗だった

 古代植物園や、湿性植物園など、緑豊かな場所。親子連れも多く、水辺でザリガニ釣りして遊んでいる。芝生の広場もあるし、ベンチもあるので、お弁当もってのんびりするのもよさそう。のんびり写真を撮りながら一回りして1時間。近くだったらなー、ウクレレ持って遊びに来るんだけど。

 バスで溝の口駅に戻り、丸井のレストランフロアでランチ。迷った挙げ句、パン食べ放題のお店へ。

Dsc01336_2
 結構混んでいて、まさかのメニュー裏の席。

_1120487_2
_1120488_2
   チーズフォンデューハンバーグとグラタンをオーダーしてシェア。ついついパンをいっぱい食べちゃった。

_1120490_2
_1120495_2              ハンバーグもグラタンも量は少なめだけどね

_1120499_2
 ハンバーグ美味しかった~、チーズソースがすごく美味しくて、パンが進む。グラタンもソースがすごく美味しかった。もちろん、パンもうまかった。

 で、結局、運動量以上に食べた感じではあるが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 8日 (日)

川崎市消費生活展

 川崎市消費生活展に、ユーコープも出展。エリアコーディネーターである我らの出番らしい。とはいえ、新任の私は全く関わっておらず… 先輩方の活動を見るということで、溝の口駅前の自由通路へ。

Dsc01295_2
 なるほど、これだけ広ければこういう活動にうってつけの場所。消費生活展って、静岡にいたときも何度か見に行ったことがあった。市の武道館とかでやっていたように思う。それぞれ団体がブースを作って展示しているのは同じ。だいたい、さーっと一通り見て終わりだろうと踏んでいたのだが…

Dsc01298_2
 我らユーコープのブースに顔を出すと、クイズラリーに行ってこいと言われる。なるほど、各ブースにクイズがあり、展示を読めば答えられるようになっているらしい。それでは、最初からじっくり見ましょう~

Dsc01299_2
 環境問題や、食品、消費者トラブルなど、さまざまな展示があり、いろいろ説明をしていただき、サンプルをもらったり。

Dsc01301_2                ピンクッションを作らせてくれるという

Dsc01300_2               ここはやっぱりマイキーカラーで…
               って、とれたてトマトくんみたいやなぁ…

Dsc01303_2                 全部答えると、お菓子がもらえる

 川崎医療生活協同組合のブースでは体組成チェックをしてくれていたので、やってもらう。素足で体重計に乗ると、体脂肪から推定骨量などがわかる。職場の体脂肪計に似てるね。

Dsc01304_2                 体内年齢35歳に浮かれるが…

 実年齢を少々サバ読んだのだが(^_^;)、体内年齢がかなり若く出て驚く。えー、なんでなんで~? なんで体重でわかる? 痩せてると若めに出るとのこと。でもバッチリ運動不足型と指摘され… 確かに… でもでも、脚点(脚部筋肉量点数)はぎりぎりで「良い」に入っててちょっとうれしい。この数ヶ月、車なし生活でちょっと歩いているからか。体重、風袋を引いていないので、少々多めに出たせいか、BMIは正常範囲内。なるべく歩いて運動不足解消してねと言われる。はーい、がんばりまーす!

 一通り見終わって、本日の任務完了。丸井でも行っておいで~と言われ、ぶらぶらと行ってみることに。入って早々にオルビスの店舗を見つけた。いつも通販で買っていたのだが、店舗あるんだ! ちょうど欲しかったものがあるので、購入。

 そのままレストランフロアへ行き、ランチ。ちょうど混んでる時間帯だったが、唯一空いてたお店で、蕎麦をいただく。蕎麦って言うか… 冷やし中華みたいな感じ?

Dsc01311_2          茶そばなんだが、存在感なく… もちもちでうまかったけどね

 まぁ美味しかったけど、蕎麦感はゼロね…

 丸井の11~12Fが高津市民館になっているらしい。こちらもちょっと偵察。市民館ってのは公民館みたいなもの? もうちょっと大きいのかな?? 途中で可愛いリュックを見つけたので購入。A4サイズが入る大きめリュック、軽くて安いものを探していたのだが、ちょうどいい感じのを見つけた。

Dsc01317_2
 エリアコーディネーターのお仕事だと、A4の書類が結構あるし、何かと持ち帰るものが多かったりして、今までのカナナリュックだといつもブタかばんになってしまうので、今度からこちらを使おう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 6日 (金)

トリエ京王調布 と シアタス調布

 という訳で、調布に新しくできたトリエ調布へ行ってみた。少し前から建てているのは知っていたので、楽しみにしていた。A館、B館、C館と3つあり、駅の上にできたのがA館。

Dsc01281_2
 成城石井が入っていて、ここはすごい混雑。ここで売っている商品が食べられるというデリ?がすごい人気で、10:30にすでに行列ができていた。ファッションや、飲食店もいろいろ入っていて、一通り見てきたが、感じとしては調布価格で良心的だ。

 B館はビッグカメラ。朝一で映画館へ向かうとき、8時前だったのだが、何かの行列が。ビッグカメラだからB館って覚えやすくていいね。

 C館がシアタス調布。シネマだからC館ってのも覚えやすくていいね。

Dsc01276_2
 8時少し前に到着したら開いていなくてちょっと焦る。映画は8:20から。どこかほかに入り口があるのかなと、一周まわってみようかと思っていたら、座ってたおじさんが「8時にならないと開かないよ」と教えてくれた。開き待ち数人。なるほど。

Dsc0125625
 映画館はエスカレーターで2Fへ。こちらにもコーヒーショップや、軽食のカフェなどが入っているのでありがたいね。

Dsc0125925               さすがに新しいのでピッカピカ 広いね

Dsc0126025             あちこちに通路が伸びてるので迷子になりそう…

Dsc0126225             こちら、ちょっとお高いシアター シートが広くて豪華

Dsc0126325           こちらが今回のシアター 私とおじさんの二人だけだった

 結構広い。迷子になりそう。上の階のシアターもあるらしい。グランシアターなる、ちょっとお高いシアターもあった。誰もいないのでちょっと覗いて見ちゃったりして。

 いやー、いいねー。朝一で映画ってすごくありがたい。見終わってもまだ10:30。買い物して帰っても昼前に帰れる。なんたって別宅から10分だ。ただ、イオンシネマなので上映作品がちょっと… 割引デーである月曜に見ることになるかなー。10時前の上映作品は1300円ってことなので、そういうのがたくさんあるといいなー。

 映画見終わった後、A館をぶらぶら偵察。雑貨を買ったりして成城石井へ。美味しそうなものがたくさん売っていてすごく目移りしちゃったけど、東口にあるおにぎり専門店で買おうと思っていたので、ぐっと我慢。オリジナルというチーズケーキ(山積みだった)と生春巻きのみ購入。おにぎり屋さんでおにぎり2つ買って帰宅。

Dsc01293_2                おにぎりは、肉巻きおにぎりと葉ぐるみ

 チーズケーキは今晩みんなで食べよう。おにぎりうまし。いろんな種類あったから、次回はまた違うの食べてみよーっと(^o^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] ダンケルク

 第二次世界大戦の西部戦線、史上最大の撤退作戦を描いた作品。クリストファー・ノーラン監督は、特撮をしないことで有名な監督さんだそうで、えー、これ特撮なしなのー!? 今回、調布にできたばかりのシアタス調布で鑑賞。朝8:20からってのがあってお安かったのでこれにチャレンジ。映画終わってお買い物して昼前に帰ってこられるってすごい!

Dunkirk
 1940年、フランス北端の港町ダンケルク。ドイツ軍によって海に追い詰められ、逃げ場を失った英仏連合軍の兵士たち40万人。必死でこの場所にたどり着いた英国兵トミーは、ほかの兵士たちと共に救助の船を待つ。だが、全員が乗れる訳では無く…
 ドーバー海峡を挟んだ対岸のイギリス。民間の小型船が駆り出されることに。船長のドーソンは、自分が操縦して行くことに決め、息子を連れて出発。
 戦闘機のパイロット、ファリアーとコリンズは隊長と共に、味方の撤退を援護するために出動。敵機を何機も撃墜するが…

 トミー役にフィオン・ホワイトヘッド。ドーソン役にマーク・ライランス。ファリアー役にトム・ハーディ、コリンズ役にジャック・ロウデン。ウィナント大佐役にジェームズ・ダーシー。ボルトン中佐役にケネス・ブラナー。転覆した船に乗っていて救助された兵士役にキリアン・マーフィー。

 海に追い詰められた兵士たち、彼らを救助に向かう民間の小型船、彼らを援護するために敵機を撃墜すべく出動したパイロットたちの視点で描かれている。

 40万人の兵士たちは絶体絶命。船は来るが全員は乗れない。乗っても敵機に爆撃されて沈没。乗った方がいいのか乗らない方がいいのか。生きるか死ぬかの賭け。

 民間の小型船が駆り出されるが、ドーソンたちが行く必要はなく、船を貸せばいいだけだった。だが、自分が操縦すると決めたドーソン。彼の判断で多くの兵士たちを救った。

 パイロットも命がけだ。敵機を撃墜するが、自らも被弾する。海上なので、脱出できても助けが来るとは限らない。

 見応えあったなー、特撮なしなんて本当にすごい。本当にあった出来事だなんて。感動。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

[ド] シグナル/時空を超えた捜査線

 映画「オーロラの彼方へ」のドラマ版。映画版では30年前の父と無線機で交信する息子の物語だったが、ドラマ版では20年、息子ではなく娘に。父親の職業も消防士だったものが刑事となっている。原題はどちらも"Frequency"。

Frequency
 2016年10月21日ニューヨーク。28歳の誕生日を迎えた刑事レイミーは、古いアマチュア無線機から声が聞こえてきたことに気づき、交信。話していて相手フランクが20年前に殺された父だと気づく。父は潜入捜査中の刑事で、10月23日に殺され、遺体で発見された。そのことをフランクに話した結果、助かったフランク。だが、歴史を変えてしまった影響で、母ジュリーが連続殺人鬼の餌食となっていた…

 レイミー役にペイトン・リスト。父フランク役にライリー・スミス。母ジュリー役にデヴィン・ケリー。父の同僚役にメキ・ファイファー(ERのDr.プラット)。レイミーの幼なじみゴード役にレニー・ジェイコブソン。フランクの上司モレノ役にアンソニー・ルイヴィヴァー(サードウォッチのカルロス)。

 フランクは潜入捜査を始めたことがきっかけなのか、妻とうまくいかなくなって家を出た。その後、潜入中に殺される。悪徳刑事というレッテルを貼られる。母子家庭で育ったレイミーは、父と同じ刑事になるが、父に対する思いは複雑だ。

 フランクが捜査に関わっていた訳ではなさそうだが、この頃、ナイチンゲールキラーと呼ばれる連続殺人鬼が、看護師を次々と殺していた。だが、フランクの死後、事件は途絶える。その頃行方不明になった女性の遺体が、20年後次々と見つかり、その中の一人が母ジュリーの同僚だとわかるが、フランクを助けたことで歴史が変わり、その被害者が母ジュリーだったことになってしまう。

 タイムパラドクス。父を助けたつもりが、母を死なせてしまったレイミー。そのことで婚約者までもが赤の他人となってしまい、ショックを受ける。おまけに、ナイチンゲールキラーの犯行は、ずっと続いているらしい。なんとかしなくては。

 元の映画も面白かったが、ドラマ版も興味深い。誰かにとって都合のいい出来事は、ほかの誰かにとっては都合の悪い出来事だったりして、難しいね。シーズン1だけのようで全13話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

[ド] スタートレック:ディスカバリー

 Netflixでスタートレックの新シリーズを独占放送すると聞いたのは7月くらいだったか。なんで独占? スカパーのチャンネルとかで放送してくれないの? と思っていたのだが、こちら、Netflixのオリジナルシリーズということらしい。しばし悩んだ挙げ句、結局契約。#1と#2を続けて視聴。好きなときに見られるというのは便利ね。

Discovery
 USSシェンジョウは謎の物体を発見。副長のマイケル・バーナム中佐が偵察に行くが、そこにはクリンゴン人が。そこでもみ合いとなり、相手を殺してしまう。謎の物体はクリンゴンの戦艦とわかり、どう対処すべきか、艦長とバーナムの意見が衝突。強引な手段に出たバーナムだったが…

 バーナム役にソネクア・マーティン=グリーン(ウォーキングデッドのサシャ)。艦長役にミシェル・ヨー。サルー役にダグ・ジョーンズ。バーナムの育ての親サレク役にジェームズ・フレイン。

 今までのシリーズとは違って、マイケル・バーナムという人物に焦点を当てて描かれている。完全に彼女が主人公だ。幼い頃に両親をクリンゴン人に殺されたらしく、ヴァルカン人のサレク(スポックの父)によって教育されたという人物らしい。地球人だが、ヴァルカン人の教育を受けているので、冷静で論理的。だが地球人の感情も持っている。

 大人になった彼女は、今度は地球人艦長ジョージャウのいるUSSシェンジョウに配属される。今度はジョージャウの元で立派な副長となったバーナム。#1ではクリンゴンに遭遇し、あわや戦争勃発という事態に。そこで二人の意見は衝突。だが#2では協力してある作戦を敢行。ところが最悪の事態に…

 ところどころで挿入されるバーナムの過去が興味深い。これから少しずつ彼女についてわかってくるのだろう。

 すごく気になっているのは、クリンゴン人の容姿。スタートレックの時のクリンゴンと、新スタートレック以降のクリンゴンは明らかに違う容姿で、その辺、トレッキーの間でも触れてはいけない部分になりつつあるが(^_^;)、今回はクリンゴンはまたちょっと違う… はて、どういうことなのか…?? その辺の説明も出てくるのかなぁ。

 タイトルのディスカバリーだが、どうやら#3で登場するらしい。シーズン1が15話かな? 楽しみ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島・裏磐梯観光 ~裏磐梯編~

 爆睡して翌朝。朝食ブッフェへ。

_1120215_2
 こちらも、先日の那須同様、ちょこっと取り用のプレートがあったので利用。だが、こちらには半分のプレートがなかったので… 1枚に収まりきらず、結局2枚分使って、前回より多くなっちゃった。けど、厳選したので、なんとか完食。

_1120216_2           福島ならではだね、イカにんじん! でも昆布も入ってた!

_1120217_2
_1120218_2
_1120222_2                     全部食べたのだ…

 お部屋に戻る途中、お庭を少し散策。あまり大きくないのかな、お庭もそれほど広くないけれど、ハンモック発見!

_112025125
_1120262_2
 いろいろ買ってしまった土産物をぎゅうぎゅうでキャリーバッグに詰め、出発。福島からは電車だからね… すぐ近くにゴンドラがあるのでそこへ向かう。この辺りをグランデコって言うのかな、冬場はスキー場だ。夏も楽しめるように、ゴンドラで300mほど上へ上がり、そこを散策できるようになっているらしい。

_1120275_2
 ゴンドラに乗って上へ。行きだけゴンドラ使って、歩いて下るというご夫婦もいらしたが、とてもそんな元気ないので、往復購入。

_1120383_2
Dsc0122325
Dsc01221_3                雪の重みで回転しちゃったブナだって

_1120379_2                  紅葉が、少しだけ始まっている

 足下が悪いので、下ばかり見て歩いていたら、張りだしている枝に気づかず、おでこ直撃。だって帽子かぶってるし、そんなところ見えないじゃーん。

_112037725              あたしのおでこ直撃しやがったにっくき枝!!

 平らな道なのかと思ったら、結構アップダウンがあり、思いのほか暑くて、ヨレヨレになってゴンドラ乗って駐車場に到着。レンタカー返却の時間もあるので、このまま福島駅へ向かうことに。途中で見つけたお蕎麦屋さんでお昼。

_112039125             この写真を撮るためにカメラ構えて後ずさりしたら、
             段差があってバランス崩した… 右手のミラーレス
           右腰につけたコンデジを守るため、肘と膝をすりむいた…


 この辺りはお蕎麦屋さんがたくさんあるようで、たまたま見つけたお店に入ってみたのだが、1時近かったのにかなりの混雑。これ食べて待っててねということなのだろう、浅漬けが。

_1120395_2
_1120397_2               おろしぶっかけ 冷も温もできるとのこと

_1120402_2                天盛り お蕎麦が、透明で光ってる~

 細めの蕎麦、透き通ってる!! つるつるピカピカで、なんとも美味しい蕎麦だ。天ぷらがまたカリッカリでうまい。つゆがかなりの薄味なのだが、なるほど、待っても食べたいお味だ。

 そのままどこへも寄らず、まっすぐ福島駅へ。新幹線では爆睡。京王線も爆睡。夜も爆睡…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島・裏磐梯観光 ~法事編~

 義父母のお墓参りのため福島へ。甥っ子たちにも声をかけて、一緒にお食事することになった。11時にお墓で待ち合わせ、お参りした後にお店に行こうということで12時に予約を入れておいた。

 朝6:20に家をでて、新幹線で福島駅へ。10時に駅前でレンタカーを借りる予約を入れていたのだが、少々早く到着。お花屋さんでお花を購入、レンタカーの手続きをして出発。このままだとお墓に早く着きすぎてしまうので、信夫山(しのぶやま)へ行ってみようという夫。山登りが趣味だった義父が、毎日のように散歩で上っていた山。福島市内が見渡せる場所だ。

_1120052_2
 特に何があるわけでも無く… だが上がって驚いたのは、この表示。

Dsc0117710
Dsc0117810
 どうやら除染土壌の仮置き場になっているらしい。続々とドラム缶(?)を積んだトラックがやってくる。原発事故の影響はまだ続いているのだ。

 11時前にお墓に到着。お花を供えて甥っ子たちの到着を待つことしばし。

_1120057_2
 だが11時になっても誰もやってこない… 少々不安に。"甥っ子その1"から電話があり、もうすぐ到着すると言うのだが、"甥っ子その2"は寝坊したそうで、少し遅れるとのこと。

_112007725
_1120078_2

 "甥っ子その1"一家が到着、"甥っ子その2"を待ってしばし歓談。娘さんたち大きくなったね、可愛い可愛い。結局40分ほど遅れて申し訳なさそうにやってきた。みんなでお参りし、お店には30分遅れると連絡してお店へ向かう。一緒にお墓を出発したのに、"甥っ子その2"くんがなかなかやってこないなと思ったら、遅れたお詫びということなのか、地元のお菓子をあれこれ買って持ってきてくれた。気にしなくていいのに~ 二人で食べきれないよ~

_1120161_2
 お昼は食べ放題のお店で、しゃぶしゃぶとすき焼きのコース。お肉の量は決まっているのだが、野菜、点心や寿司、デザートなどが食べ放題。みんなでモリモリといただく。

_1120123_2
_1120127_2               写真映え考えて取ってくればよかったか
                でも食べたいのはチョコ味なのよね


 おなかも膨れて、楽しいひとときを過ごした後、彼らとはお別れして、ダリの作品が展示されているという諸橋近代美術館へ。

_112013725
 中は撮影禁止なので残念だが、ダリの彫刻や、挿絵版画などが展示されていた。Tシャツ購入。

 来たときはいいお天気だったのに、美術館を出たらまさかの雨。しかも寒い~、慌ててホテルへ。裏磐梯のハーヴェストクラブ、初めて行く場所だ。到着するなりスタッフがカートを持ってきて荷物を運んでくれたり、お部屋まで案内してくれたり、これまでにない手厚い対応。ちょっとグレードが高い感じのホテル。

_1120270_2        金の鍵と銀の鍵 あなたが落としたのは…? 落としちゃいかん!

 お部屋は広くて和室なしのタイプ。鍵はめずらしくカードキーではなかった。大浴場はあまり大きくなく、いつものようにいろんな種類のシャンプーやリンスなどが宣伝を兼ねて並んでいるわけでもないのだが、全体的に上品な感じ。さっそくお風呂を済ませて、夕食へ行く準備をしていたら、ロビーでスタッフによるピアノの演奏があるというので、行ってみることに。

_1120174_2
 日本ポップス、外国のポップスに加え、自作の曲を演奏。素晴らしい、こんな多彩な方がスタッフにいるなんて!! ホテルにピアノ置いてあるのはよく見るけど、スタッフが演奏しているなんて初めて。素敵な演奏を堪能した後、お食事へ。

 今回は、周りにお店がないので、夕食は和食を予約しておいた。お昼は肉をガッツリ食べたので、夕飯は軽めでいいねと、一番お安いコースだったのだが、その上品なお味に感激。

_1120187_2               夫は地酒をグラスで、私は「さんざし」ジュース

_1120189_2       くるみ豆腐 トッピングはカニらしいのだが、苦手って言ってあったので
              代わりにホタテ… 実はホタテも苦手でした…(^_^;)


_1120193_2                   なんとも上品なおひたし

_1120196_2             これまた上品なお味のおすまし カツオ節が香る~

_1120197_2
_1120200_2            煮物はカボチャまんじゅう 中身は鶏挽肉+カボチャ

_112020725                     焼き魚はカンパチ

_1120212_2                  五目ご飯と香の物 赤出汁

_1120214_2            デザートは、ヨーグルトゼリーかな、さっぱりでよかった

 結構おなかも張り、お部屋に戻って、いただいたシュークリームを食べて、爆睡。いつもなら夫は一杯飲みながらなにかつまんだりするのだが、そんな余力もなかった…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月28日 (木)

[映] ヒットマンズ・ボディガード

 WOWOWのハリウッド・エクスプレスだったか、たまたまテレビを付けたら、現在アメリカで上映中の作品のランキング放送していたのでチラチラ見ていたのだが、その中に確か出てきた作品。それがNetflixでもう見られる!! ど、どういうこと!? と思ったら、なるほど、Netflixオリジナルだからなのね… さっそく視聴。

Hitmans_bodyguard
 腕利きボディガードのマイケル。いつも完璧な護衛をしていたが、ある日、目の前で日本人重要人物が暗殺されてしまう。それから2年後、ボディガードとしてのランクダウンを余儀なくされたマイケルに、元カノから連絡が。ベラルーシの独裁者が国際司法裁判所で裁かれているのだが、その重要証人、殺人罪で服役中の殺し屋キンケイドを護衛してくれと言う。だがこのキンケイドは、これまで何度もマイケルの命を狙った男だった…

 マイケル役にライアン・レイノルズ。キンケイド役にサミュエル・L・ジャクソン。マイケルの元カノの刑事役にエロディ・ユン。キンケイドの妻役にサルマ・ハエック。そして独裁者役にゲイリー・オールドマン。

 なるほどね、殺し屋のボディガードってことね… この凸凹コンビの感じ、なんとなくリーサル・ウェポンにも似てるなーなんて。

 これまで完璧な段取りで仕事をしてきたボディガード、マイケルと、行き当たりばったりだが本能で生き抜いてきた殺し屋キンケイド。正反対の二人が、女性関係のことで相談し合ったりする様はなんとも面白い。かなり激しいバトルが繰り広げられるのだが、どこまでもコメディ。

 なかなか面白かったけど、もうちょっとテンポよくてもよかったかなー、ちょっと長く感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜でセミナー ランチは串揚げ

 研修会に出席するため、横浜へ。「未病女子対策セミナー」ってことで、ユーコープと大塚製薬のコラボ企画らしい。女性ホルモンのお話から、大豆いいよ~ってお話。詳しくはこちらに書いてみた。

Dsc01123_2
 横浜ってあまり行ったことがなく、駅を降りたのはもしかして初めて!? 本日の会場は崎陽軒本店。駅のど真ん前にあるんだね…

Dsc01125_2
 会場には200名の聴衆。満席。すごいね。お土産がいろいろ付いていてうれしい。コープの大豆ドライパック愛用してるし。とても興味深いお話で、有意義&楽しかった。

 セミナーの後は、一人なら蕎麦でも食べて帰るかと思ったのだが、エリアコーディネーター仲間でランチへ。何屋に入るかしばし迷った後、串揚げのお店へ。串揚げって、ン十年前に大阪出張へ行ったときに連れてってもらって以来かも。

Dsc01139_3
 私は串揚げ5本セット、お仲間は牛かつセット、牡蠣フライセット。

Dsc01131_2                 串揚げ5本盛り 手前はマグロ

Dsc01127_2                    牡蠣フライ すごい香り

Dsc01138_2                      ウワサの牛かつ

 串揚げは、サツマイモ、豚ヒレ、マグロ?、海老、メンチ?。パン粉が細かいので意外とあっさり。おなかパンパンだけどね… 牡蠣フライは貝殻の上に乗っていて豪華。ウワサの牛かつも豪華だったなぁ。

 横浜駅って全然わからないので、食べ終わったらとっとと帰宅。夕飯軽くていいかも…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

弾丸帰宅ながら四川飯店でランチ

 クリニックに検査結果を聞きに行くため、一泊二日の弾丸帰宅。やるべきことと、持ってくるモノをメモ書きし、効率よく動かなくては。いつもはやることやって帰ってくるだけなのだが、今回は出発の直前に、2日目にFちゃん、Kちゃんとランチできることになって、ちょっとうれしい。

 小田原経由で行くことにし、小田原駅でランチのパンをゲット。新幹線で食べている間に静岡到着。新幹線に乗ってる時間より、小田急乗ってる時間の方が断然長い…

Img_7031_2              箱根ベーカリーのサンド 小さいから二つ~
                 と思ったけど、結構苦しかった…


 2時頃自宅に到着。買い物を済ませ、手配していた荷物の到着を待つ。掃除したり、録画しておいたドラマをダビングしたり、夜中まで結構忙しかった。

 翌朝一番でクリニックへ。その後、別宅に荷物を送り、牛乳パックと発泡トレイを捨てるためにスーパーへ寄った。車に戻ると、なにやら、私の車をまじまじとガン見している怪しい人が。何見てんだよ… と思ったら、なんと友達のYちゃん!!

 いま乗っているのは夫の車なのだが、ポールのマグネットシール(自作)が貼ってある。それを見つけて、これは絶対マイキーに違いないと思ったが、車が違うので、何度も見ていたとのこと。

 それにしても、たまたま帰宅のタイミングで、しかもたまたま、いつも行かないスーパーへ行った時にバッタリ会うとは。シールが無かったらたぶん気づいてなかっただろう。久しぶりの再会でしばし盛り上がる。そういえば今日ランチするんだよと話し、急遽一緒にランチすることに。

Img_7046_2                       セットのサラダ

Img_7049_2             炒め物と、点心2つ、エビマヨ、小鉢、スープ、ライス
                デザートのついたセット なかなかお得


Img_7054_2           デザートは3点盛りなのだが、ごまだんごだけ後から来るって

Img_7058_2                3人分のごまだんご ミッキーみたい?

Img_7047_2                 Yちゃんオーダーの、かた焼きそば

 ってな訳で、偶然から久しぶりにランチできることになった我ら。短い時間だったけれど、楽しいひとときと、美味しいお料理。

 友達ってありがたいなぁ。友達に感謝、偶然の再会に感謝、美味しいお料理に感謝、楽しいひとときに感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

[映] ミス・シェパードをお手本に

 イギリスの劇作家アラン・ベネットが、実体験を元に映画化した作品とのこと。オンボロの車に寝泊まりするホームレスの老婦人が、アランの自宅庭に居座り… というコメディ。

The_lady_in_the_van
 ロンドン、カムデン。グロスター・クレセント通りに住居を購入したアラン。この通りには、オンボロの車に寝泊まりしているホームレスの老婦人がいた。通りを転々としていたが、ついに退去命令が。見かねたアランは、自宅の庭を提供。その後15年居座ることに…

 アラン・ベネット役にアレックス・ジェニングス。老婦人役にマギー・スミス。老婦人を強請る男役にジム・ブロードベント。ご近所さん役にフランシス・デ・ラ・トゥーア(ハリー・ポッターのマダム・マクシーム)。

 この老婦人ミス・シェパードは、ホームレスとは言え、気位が高く、教養ある人物。なぜか音楽を嫌う。流暢なフランス語を話す。だが何か訳ありのようで、警察を恐れている風である。その辺りの事情は最後にわかる。

 アランは劇作家で、彼女との出来事などを綴った作品を執筆しているという設定。その間、自分の母親は施設に入ることに。

 なぜそこに住み着いたのかなど、詳しいことはわからないが、近所の人たちも、自宅前に車を停められるのは迷惑だと思いつつも、食べ物を差し入れしたりして、何かと彼女を気遣っている。アランもその一人。たびたびトイレを貸していたが、ついに自宅の庭を提供する。

 施設に入れた方がいいのではないか、近親者を探すべきじゃないかなどと、いろいろ騒ぎになるが、そういうものを拒み続けるミス・シェパード。そんな中で、彼女の意外な生い立ちについて知ることになる。

 教養ある女性の末路としては悲しいモノがある。だが、湿っぽくならず、あくまでもコミカルに描く。なにより、英国淑女の代表とも言えるマギー・スミスがホームレスの役である。気品あるホームレス。最後のシーンにちょっと救われた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] ミッドナイト・スペシャル

 特殊能力を持った少年とその父親の逃走劇。なんかドラマ「Believe/ビリーブ」のような設定だなと思ったのだが…

Midnight_special
 カルト教団に捕らわれていた少年アルトンには、ある特殊能力が。実の父ロイは、親友ルーカスの力を借りてアルトンを連れ出し逃走。カルト教団や、FBIから追われる中、途中でアルトンの母サラとも合流し、ある目的地へ向かう。

 ロイ役にマイケル・シャノン(ボードウォーク・エンパイアのネルソン・ヴァン・オルデン)。ルーカス役にジョエル・エドガートン。サラ役にキルスティン・ダンスト。NSAのセヴィエ役にアダム・ドライバー(Girlsのアダム)。アルトン役にジェイデン・リーバハー。彼は新作映画「IT」(スティーブン・キングのあの作品、ドラマ版もあったけど、映画化されたらしい)に出てるんだね。

 うーん、これは… 何というのだろう、なんだかさっぱりわからず… 最終的にわかったのは、アルトンが特殊能力を持つということ、それは国家の安全を揺るがす危険もあるほどの能力で、カルト教団が利用していたが、父親がそこから連れだした。NSAやFBIも彼を危険視して追うのだが、アルトンは、彼らの同胞が住むところへ向かっている。どうやらそれは異次元のようなのだが、それがわかるのは最後の最後。その同胞たちってのが何者なのかは最後までわからず。そもそもなぜアルトンにそのような能力があるのかもわからず。

 なんだかちょっと物足りない感…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

桜木町で中華料理「梅蘭」

 エリアコーディネーター委嘱式のため、桜木町へ。終了後、ちょっと遅い昼なので、軽く蕎麦でも食べようと、コレットマーレへ行ってみる。確か6Fって書いてあったなーとふらふらエスカレータを上っていくと、同じ地区のエリアコーディネーター仲間が! 中華料理「梅蘭」でランチとのことで、ご一緒させていただくことに。

Dsc01113_2
 窓際のお席に案内される。すごくいい場所ね、天気もいいし、見晴らし最高。

Dsc01102_2
 どうやら、焼きそばが名物らしい。表面パリパリで中にあんかけが入っている、アレだ。迷ったけれど、食べきれない気がして、無難な青椒肉絲セットに。お仲間が焼きそばにチャレンジ。

Dsc01109_2
 ランチにはスープがセットされているらしい。青椒肉絲セットには、ご飯、ザーサイと杏仁豆腐が付いていた。しかしこのボリューム… こういうのってさ、肉がちょっぴりだったりするけど、すごい、野菜より肉の方が多いくらい。もったいないけどちょっと残しちゃった。多過ぎ。ザーサイ辛すぎ。

Dsc01111_2
 焼きそばはこんな感じ。一口味見させてもらったが、なるほど、外側パリパリ。卵を絡めてカリカリに焼いているようで、卵の香りもいい。これ目当てに来る人がいるのもわかるね。

 ランチは、小さめの焼きそばと炒め物などがセットになったものもあるようで、そういうのにしてもよかったか。でもちょっと塩分過多か。お仲間は昼間っからビールを飲んでいたが、なるほどビールに合いそうなお料理ではあるね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

近所で迷うの巻 ~パン屋探しの旅~

 比較的涼しい曇りの朝。今日は一日涼しいらしいということで、散歩にでも行ってみようと考えた。ちょっと歩いた場所にあると聞いたパン屋さんへ向かってみることに。

 目的地は府中街道沿いのパン屋さん「とめや」。街道の、ちょっと東側に出たので、少し西に歩けば到着するはずだった。でもあまりにもあっけなく到着してしまうので、ちょっと遠回りをしようと、裏道に入ってみることに。これが失敗だった…

 街道から少し北に向かって歩き、一本北側の裏道を西に歩いて南に出れば、街道に戻るはず。そう思って、裏道に入った。北にちょっと行き、西に向かって歩いたのだが、南に向かう道がない…

 街道に出る前に川を渡ったのだが、それらしき川を別の橋で渡ったつもりだったが、そのまま勘を頼りに歩いていたら、あるはずのない線路が…??? おかしいなと思いつつ、線路を渡り、歩くことしばし。いつまで経っても街道に出ない… おかしい…

 さらに歩いていると稲田取水所という施設が… 取水所って…?? そしてやっと見えた大通りに出てびっくり。多摩川沿いの道路に到達… それで取水所か。反対方向なんですけど… しばし呆然。

Dsc01083_2                      なんで多摩川!?

 とにかく反対方向ってことはわかった。なんとか元に戻るべく、反対方向に向かって歩く。途中、いい感じの小川が。でもよくよく周りの住所を見ると、中野島。それって隣の駅じゃん…

Dsc01091_2            この川沿い、公園みたいになってていい感じだった

 延々1時間以上歩いて、なんとか府中街道にたどり着いたが、最初に出た場所よりさらにずっとずっと東の方だった…

Dsc01093_2
Dsc01094_2
Dsc01097_2
 パン屋さんは、こぢんまりとしたお店で、オリジナリティーあふれる品揃え。生地もなかなか美味しい。コッペパンがウリのお店らしい。

 結局、2時間の散歩となってしまった訳だが、帰宅してグーグルマップを確認して納得。そもそも府中街道は東西にまっすぐではない。これが第一の勘違い。南東に向かっているので、私が北だと思った道はほぼ東。西に曲がったと思った道は北東。南に戻ったと思った道は北だった。曇りで太陽が全く見えないというのも迷った原因。方角を勘違いしたままどんどん進んでしまう。どの道も思い思いの方向に伸びており、東西とか南北にまっすぐという道は一つもない。川2本が交差して多摩川に流れ込んでいる。南北線も、東にではなく東南東に走っている。

 道、線路は東西南北にまっすぐという思い込み、川は1本という思い込みが招いた事態。もともと方向音痴だが、さすがにこれほど迷ったのはいつ以来だろう…? ロンドンで地下鉄降りて地図持ったまま反対方向に行った時以来か??

 やれやれ、どうやら6kmくらい歩いたらしい。次に出かけるときはタブレット持って行こう…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

二子玉川で映画とランチ

 30分くらいで行かれる場所に映画館がたくさんあってうれしい。特にメジャーな作品だと、あちこちで上映しているので、どこへ行っても見られる。そう思っていたが、いざ「エイリアン:コヴェナント」見に行くぞ!と思ったら、お気に入りのシネマシティは昼過ぎの上映。午後だとどうしても睡魔に襲われてしまう危険があるので、できれば午前中に見たい。午前中に上映している場所を探したのだが、近くはどこも吹き替え。えー、なんでー?? それならばと、初めて二子玉川の109シネマズで見ることに。実は二子玉川って行くの初めてだ。

Dsc01049_3
 駅降りてびっくり。大きな建物がたくさんですごく賑やか。しかもすごくおしゃれな造り。人もすごく多い。キョロキョロしながら映画館へ。こちらもずいぶんとおしゃれで、ロビーも劇場みたいな造りになっていて、プロジェクションマッピングをやっていたりする。

Dsc01053_2             左手方面がシアター、右手がシアター風の待合所

Dsc01059_2           シートもちょっと高級感漂う 肘掛けが両側にちゃんとある!

 映画を見終わったらもう昼過ぎ。デパートはたくさんあるので、食べるところもたくさんあるが、人もかなり多い。それに高そう。すでに出遅れているので、その点でも不利。いっそのこと、ちょっと離れたところのお店を探そうと、駅の北側へ。ふらふら歩いていると、ちょっとおしゃれな通りを発見。「柳小路」というらしく、いい感じのお店がたくさんある。

Dsc01065_2                  ちょっと素敵な通り発見

Dsc0106825
 沖縄料理のお店を見つけたので入ってみた。

Dsc01070_2
Dsc01071_2
 こぢんまりした店内だが、お手頃なランチプレートがあったので2種類オーダーしてシェア。スープもついてお得。なかなか美味しかった。

Dsc01078_2              手前がゴーヤチャンプループレート
                  奥がラフテープレート どちらも美味

 ちょっとだけお買い物したが、あまりの人の多さに早々に退散。すごいなぁ、こんなに賑やかな街だったとは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] エイリアン:コヴェナント

 シネマシティで見るつもりだったのだが、12:00過ぎの回しかないので、初めて二子玉川の109シネマズへ。前作「プロメテウス」をちゃんと見ておいた方がいいということで、アマゾンTVにて再視聴して臨んだ。

Alien_covenant
 大規模移住計画を実施するため、惑星オリガエ-6を目指して宇宙船コヴェナント号に乗り込んだ2000人の入植者たち。ポッドで眠りについている間、アンドロイドのウォルターが管理していたが、ニュートリノ嵐に襲われ船の太陽光パネルが損傷を受ける。宇宙船のクルーが起こされるが、船長は事故で亡くなってしまう。代わりに船長となったオラムは、謎の電波を受信、近くに生存可能な惑星を発見し、オリガエ-6へ行く代わりに、この惑星へ行くことを決断。惑星に降り立つと、そこにはアンドロイド、デヴィッドが…

 アンドロイドのデヴィッドとウォルター役にマイケル・ファスベンダー。船長の妻ダニエルズ役にキャサリン・ウォーターストン。急遽船長となったオラム役にビリー・クラダップ。ほかのクルー役にデミアン・ビチル(アメリカ版「ザ・ブリッジ」のマルコ・ルイズ)、ジャシー・スモレット(Empireのジャマール)など。冒頭のシーンで、若い姿で出てくるウェイランド役にガイ・ピアース。プロメテウスで老けメイクだったのはこのためね。最初の船長役はジェームズ・フランコだがクレジットには出てこない。ポッドから出ないうちに死んじゃうからか。ノオミ・ラパスも、ちょっとだけ出演。

 こちらでもアンドロイドが重要な役割を果たしている。今回は、旧型デヴィッドと、新型ウォルターの一人二役のマイケル・ファスベンダー。自由意志を持つようになったデヴィッドに対し、従順なウォルターの対比が、顔の表情で演じ分けられていてすごい。

 いやはや、これは… エイリアン誕生秘話だね。そういうことかーって感じなのだが、となと、「エイリアン」第1作目はこの後ってことになるよね!?

 それにしても、謎は多い。そもそもデヴィッドはなぜ彼らの技術に詳しいのか。そして、人類の創設者である巨大な宇宙人は、何のために人類を作ったのか。作っといてなんて抹殺しようとしたのか。なぜ自らが開発した(と思われる)生物でやられてしまったのか。彼らの目的は何だったのか。(この辺はプロメテウスの謎であるのだが、未解決のまま)

 謎が深まってしまったが、続編で全て解決されることを期待…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

[映] ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期

 シリーズ3作目、アマゾンTVにて視聴。原題が"Bridget Jones's Baby" ってことで、ついにブリジットが妊娠するという騒動。

Bridget_jones_baby
 43歳の誕生日をまた一人で過ごすことになったブリジット。テレビ局の敏腕プロデューサーとしてのキャリアを積んでいた彼女は、ダニエルが事故で死亡したという連絡を受け、葬儀に参列。そこに来ていたかつての恋人マークと再会するが、彼は既婚者に。
 親友に誘われて野外ロックフェスに参加、そこで出会ったジャックと一夜の関係を持つ。その数日後、友人の子供の洗礼式で再びマークと再会、離婚調停中と知り、彼への気持ちが再燃。そのまま関係を持つ。数ヶ月後、妊娠しているとわかるが…

 ブリジット役にレニー・ゼルウィガー。前作からずいぶんと年月が経っていて、その間に整形をしてまるで別人の容姿になってしまったレニー。その後、なんと、再び整形して元の顔に戻ったって言うからすごい。でもやっぱり以前とは目元がずいぶんと違う印象になった。マーク役にコリン・ファース。そしてジャック役にパトリック・デンプシー(グレイズ・アナトミーのデレク)。ブリジットのママ役にジェマ・ジョーンズ、パパ役にジム・ブロードベント。産科のドクター役にエマ・トンプソン。

 相変わらず愛情表現が下手くそなマークに対し、アメリカ人ジャックは実にうまい。気が利く。それにあの笑顔である。そりゃぁたまらないが、でもねぇ、よく知らない人だし。それに対し、マークが誠実なのはよくわかってるし、かつて愛した男だ。勝敗は見えている。

 どちらの子供かわからないというところで、二人の男性が張り合う様子がコミカルに描かれている。でも二人とも紳士だなー。3人で妊婦教室?に通うシーンは、ゲイカップルと代理母に見えるって、今どきだなー。

 過去のシーンも挿入されていたりして、比較しちゃうとやっぱりみんな年取ったなー。そりゃそうだよね、1作目は15年前。8年経って2作目、また7年経って3作目なので、もしかしてアラフィフになったブリジットも見られたりして!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

新百合ヶ丘で蕎麦「わかみや」

 アルテリオ映像館へ久しぶりに行ったら、結構ギリギリだったにも関わらず整理券は4番目。結局この日この回を鑑賞したのは10人ほどか。

Dsc0102725

Dsc01008_2
 映画を見終わってちょうどお昼。ここのところパスタばかりが続いていたので、蕎麦を食べようと事前に探しておいたお店へ。すぐ近くにある「わかみや」。

Dsc01013_2
 店の前ギリギリにドーンと車が2台停まっていて危うく通り過ぎるところ。狭い車の間を通り抜けて入り口にたどり着いたら、狭い店内満員。待っているお客さん2名。あちゃ~と思ったが、すぐにカウンター席が空いて座れた。蕎麦だから回転が早いよね。

Dsc01014_2              カウンターに8人くらい、座敷に2テーブル

Dsc01016_2
 メニューの種類はあまり多くない。やっぱ冷たいお蕎麦だよね~ 冷やしたぬき蕎麦ってヤツにしてみるかな。待ってる間に、お通しみたのが出てきた~

Dsc01015_2                ごま豆腐ならぬ、蕎麦豆腐みたいな感じ?
             もっちりした豆腐の中に、蕎麦の実が入っててうまし


 待つことしばし。なんかみんなちっちゃい天丼みたいの食べてる… よくよく聞いてるとミニ天丼付きなんたらって言ってる… でもメニューにないよね…?? 店内キョロキョロ見回してみたが、そういう表示ないし。なんだろう??

Dsc01020_2
 きたきた、冷やしたぬき。サラダ蕎麦みたいでなんか素敵。汁は少なめだけど美味しい!! 蕎麦はかなり細め。天かすはサクサクでいいアクセント。美味しかった~ 隣の席のお姉様方は、ミニ天丼にかなり苦戦して苦しそう(^_^;)。おなかのベルトを緩めてるの見ちゃったよ。

 大満足でお店を出たらもう車は出て行った後だったので、もう一度入り口を撮影。

Dsc01021_2
 ん? なんか書いてあるー

Dsc01023_2
 そうか、ランチだとざる蕎麦にミニ天丼かミニマグロ丼がつくのね!! 車の陰で見えなかったよ!! 次回はそれを狙うか。おなか空かせて行かないとね!!

 おなかが膨れたところで、ちょっと気になっていたODAKYU OXへ。アルテリオの真ん前にある。あまり広くないけど、2Fのカフェは、飲み物さえオーダーすれば、OXで買った食品を持ち込んで食べられるらしい。それいいね、パンも売ってたし。

Dsc0102625
 と思ってふと見ると、2Fにも出口が! しかも神社がある…

Dsc0102925
 木が鬱蒼と茂っていて、なんだろうとは思っていたが、そうか、神社なのか。

Dsc0103125
Dsc0103325
Dsc0103625
 なんともミスマッチな感じで面白い。

 その後、賑わっている駅の反対側であれこれお買い物して帰路につく。いいね、新百合。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] ファウンダー ハンバーガー帝国の秘密

 アルテリオ映像館、会員になったのに、なかなか都合が合わなくてまだ1度しか見に行っていない… と思っていたところで、マイケル・キートン主演の気になっていた作品が上映ってことで、最終日にギリギリ鑑賞。混んでるかなーと思いきや、ガラガラ…

The_founder
 1954年アメリカ。ミキサーを売り歩く営業マン、レイは、ダイナーをまわっていたもののさっぱり売れず。そんなところへ、一度に6台も注文が入り驚く。間違いではと確認の電話をすると、8台に変更してくれとのこと。カリフォルニアにあるその店が気になり、長距離ドライブで行ってみると、大繁盛の様子。しかも、これまで見たこともない合理的なシステムで運営していることを知り、フランチャイズ化を提案するが…

 レイ役にマイケル・キートン。マックとディックのマクドナルド兄弟役にジョン・キャロル・リンチ、ニック・オファーマン。レイの妻役にローラ・ダーン。出資者の一人役にパトリック・ウィルソン。その妻役にジョアン役にリンダ・カーデリーニ(ERのサム)。

 レイはいろいろな物を売り歩いていたらしい。どれもうまくいかず、パッとしない生活を送っていた。仕事一筋で、ほとんど家にいない。妻は一人寂しい思いをしているが、あまり気にかける様子もない。やりたいようにやる、自分勝手な男に見えた。

 マクドナルド兄弟は、いろいろな失敗から学び、独自のスタイルを作った。極力無駄を省いて合理化したが、品質は落とさない。目が行き届かなくなることを恐れ、店舗数も増やさないと決めている。そんな彼らのやり方に目を付け、フランチャイズ化を提案するレイだったが、すぐに断られる。

 だがレイは諦めない。兄弟を説得し、品質は落とさないという約束で契約する。欲しいものは何が何でも手にするという強引なやり方は、トランプ氏にも通じる気がする。順調に店舗を増やしたが、利益が増えず、どうしたもんかと思っているところへ助け船。利益を上げる方法を教えてくれる人が登場。それは兄弟にとっては不利な状況となり…

 今のマクドナルドを見ると、当初の兄弟のポリシーである「合理的なシステムで早く商品を出す」というところは守られているんだろうが、「品質を落とさない」というところは完全に無視されちゃってるんだろうな。そんなことを思いながらの帰り道、ここにもあったね…

Dsc01041_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

コープのエリアコーディネーター研修と三越「英国展」

 別宅生活3ヶ月が過ぎた。こちらでは仕事をしていないので、毎日時間が自由。最初は、こちらの友達と遊んだりして忙しくしていたが、さすがに毎日遊んでいるわけにもいかない。何かできることはないかと思っていた時、生協のエリアコーディネーター募集という記事を見つけた。昔の地区委員のエリアがもっと広くなり、少し報酬をもらえるようになったものらしい。さっそく応募し、8月に面談、月末に決まった。そして9月に入り、いよいよ活動開始。まずは新任エリアコーディネーターの研修会へ。

Dsc00987_2
 場所は面談でも行った、本部のある桜木町のビル。ユーコープについて、そしてエリアコーディネーターの仕事についてざっと説明を聞いた後、グループに分かれて座談会。

Dsc00988_2
 コープ商品のお菓子を試食。といっても、午前中からお菓子を食べるってのもナンなので、みなさんほとんどお持ち帰りだったけどね… どうも同じエリアの新任の方はほかに見当たらず、私一人かな?? 偶然にも茅ヶ崎から来ている方、茅ヶ崎出身の方が同じグループにいて、ちょっと盛り上がる。

 昼過ぎに終わり、解散。偶然エレベーターで一緒になった方と話したら、辻堂からいらしているとのことで、またちょっと話が盛り上がる。そのまま、駅前でランチも付き合っていただいちゃった。

Dsc00992_2_2              サラダ、ドレッシングかけすぎー、酸っぱい

Dsc00995_2           ナポリタン リーズナブルなんだけど、これまた酸っぱい…

 さて、実はこの日の私のもう一つのイベントは、日本橋三越の「英国展」。ここに、ビートルズ関連グッズが少し出ているという話を聞いて、出たついでに寄ることに。やっぱり桜木町から日本橋ってちょっと時間かかるのね…

Dsc01003_2
Dsc01004_2
 7階の催事場が英国展。結構な賑わい。ユニオンジャックの商品を見ると欲しくなってしまうが、ぐっと我慢。うろうろしていると、あったあった、バッグみっけ。でもちょっと高い… ミラーもあるけど、使わないよね…

Dsc00999_2
 おぉぉ、ギターのフィギュアもあるぅー、でもこれも買えそうにない…

Dsc01002_2
 ん! マグカップ発見! ずっと欲しいと思って買いそびれていたマグカップ。これは買うしかないね…

Dsc01000_2
Dsc01007_2
 (^o^) 念願のマグカップ。しかもアビーロードでうれしいな~

 結局、食品売り場でお高いチーズも買ってしまったが、スコーンはぐっと我慢。その場で食べられるコーナーもあって、友達と来てたら食べてたなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

那須高原・最終日 買い物して帰る

 最終日。ちょっとお寝坊した上に、朝風呂へ行ってしまった夫。戻ってきてから朝食へ。

Dsc00928_2                    前日以上に食べてしまう…

 またたらふく食ってしまい、苦しい… 腹ごなしに中庭散策。日差しは強いけど風は冷たい。さすが那須高原。

Dsc00965_2
Dsc0096725
 最終日、本当は、小山市のフェイスブック友達が働く「いちごの里」へ寄ってお昼を食べようと思っていたのだが、思いのほか寝坊してしまったこと、朝食が遅い上に食べ過ぎたこと、レンタカーの返却時間が決まっていることから、寄ることを断念。ペニーレインでパンを買って途中のSAで食べることに。

 ペニーレインに着いてびっくり。駐車場大混雑。そうか土曜日か… なんとか駐車して店内へ。案の定大混雑。パンをどっさり購入して今度は道の駅へ。ここでは野菜と梨をどっさり購入。調布でレンタカー返す前にアパート寄らないとね…(^_^;)

 那須バイバイ… ナビをセットし、一路調布方面へ。途中、異様にショボいSAでパンをパクついたが、さすがにあまりおなか空いてなかったので1つずつ。SAで売ってた宇都宮餃子(冷凍)を購入。大きな渋滞にはまることも無く無事アパートへ到着。大量の荷物を下ろし、冷蔵庫にしまい、洗濯機を回してレンタカー屋さんへ。

 夕方帰宅し、ペニーレインの甘いパンをちょっとお味見。こちらは甘いパンの方が多いみたいだね。お食事パンがもうちょっと種類あるとうれしいなー

_1110975_2
_1110976_2                 まるでステンドグラスのよう!?

_111097725
 一番人気というブルーベリーパン、すごいね、ぐるぐるとブルーベリージャムが! なるほど美味しい。人気なのも納得。レーズンパンも美味しかった。宇都宮餃子も美味しかったよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«那須高原・2日目トリックアートとロープウェイ