2017年4月23日 (日)

愛車バイバイ

 突然夫が転勤で都会へ行くことになり、家に車を2台置いておく理由がなくなってしまった。私の愛車はバイバイすることになった…

Img_6178_1024x768
 まさかこんな形でお別れになるとは。すでに11年近く乗っているらしい(購入した時の記事参照)が、不調はどこにもない。そもそも通勤や買い物くらいで大して乗っていないので、塗装が多少日に焼けた感はあるが、中は綺麗だ。

Img_6176_1024x768
Img_6177_1024x768
 軽だし、小回りが利くので近場の買い物などにはとても便利だった。なにより、後部座席がフルフラットになるので、楽器運搬にも便利。アンプやベース、ギター、ウクレレまで積んでも余裕。

Img_6173_1024x768

 さすがに今の時代、MDは聞かなくなったが、CDをたくさん積んで、気分で選んでいつも聞いていた。

 まだまだ乗ってあげたかったけど、しょうがない。幸い、夫の知人に譲ることが決まった。同じディーラーさんに引き続き面倒見てもらえるようにも頼んだ。大切に乗ってね。

 ってなわけで、夫の車に乗ることになったのだが… 不要なものがあれこれ積んであったので撤去。なんで使えなくなったメガネとか、履かない靴が積んであるのか理解不明。あまりにも汚いので徹底的に掃除。変な臭いも染みついてたので、これまた徹底的かつ頻繁に消臭。私の車よりずっと新しいのに(-_-;)。

 車幅はそんなに大きな違いはないが、前後の長さがあるので、バックが怖い。先日も友達の家でフェンスにぶつけそうになった。フットブレーキに慣れてしまったので、サイドブレーキは一瞬ためらう。シフトレバーの位置も微妙に違うので、探してしまう。慣れるまでまた時間がかかりそうだが… 慣れるしかないよねぇ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

[ド] シカゴ・ファイア2 シカゴPD クロスオーバー

 シカゴ・ファイアのスピンオフがシカゴPDってことで、ファイアのシーズン2#20「暗黒の1日」(前編)、PD#12「午後8時30分」(後編)がクロスオーバーエピソードとなっている。これを、AXNでは続けて放送。すごいなぁ、ファイアとPDの放送開始を、これに合うようにちゃんと設定してたのね~、さすが!

Hqdefault
前半
 ドーソンとケイシーは、チャリティマラソンの消防局ブースに手伝いに。警官バージェスと姪っ子、その友達と姉のドクターも見学に来ていた。子供たちが風船を追って走り、ドーソンが病院へ入っていった直後、爆発が起こる。騒然となった現場で、救助活動を始めるケイシー。消防署のメンバーが駆けつけ、がれきの下に埋もれていたドーソンを救出。バージェスの姪っ子とその友達が怪我をして病院に運ばれる。駐車場の車の中に、仕掛けられた爆弾を見つけ、ミルズが撤去に成功。

後半
 事件を聞いて駆けつけたボイトのチームは、さっそく捜査に当たる。独自の捜査方法で(ルール無視?)、迅速に犯人を逮捕。バージェスの姪っ子が危険な状態になるが…


 ドクター役で、ディラン・ベイカー、アマンダ・リゲッティ(メンタリストのヴァンペルト)が出演。

 前半は爆発が起こり、救出劇なのでファイア、後半はその犯人捜しがメインなのでPDって、うまいなぁ。けが人が病院に運ばれたので、もしかしたらメッドも? と思ったが、違ったようね…

 なかなか見応えあるエピソードだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

[ド] アメリカン・ゴシック~偽りの一族~

 1995年にも同じタイトルのドラマがあったが、全く関係ない。アメリカの、とある富豪一族の物語。全16話、WOWOWで一挙放送。

American_gothic
 ボストンの大富豪ホーソーン一家。長女アリソンは市長選に出馬することになり、一族が集まる。そんなとき、高速道路のトンネル崩落事故が。ホーソーン・コンクリートのもので、そのコンクリート片の中にベルトが見つかり、それが、14年前に起こったシルバーベル連続殺人事件の被害者のものとわかる。事件は未解決であることから、捜査が再開され…

 ホーソーン一族の父ミッチェル役にジェイミー・シェリダン。母マデリーン役にヴァージニア・マドセン。長らく家を出たまま音信不通だった長男ギャレット役にアントニー・スター。長女アリソン役にジュリエット・ライランス。次男キャム役にジャスティン・チャットウィン(シェイムレスのスティーヴ(ジミー))。その元妻ソフィー役にステファニー・レオニダス。彼らの息子ジャック役にガブリエル・ベイトマン。次女テッサ役にメーガン・ケッチ。その夫で刑事のブレイディ役にエリオット・ナイト。

 コンクリート会社を経営している一族、コンクリートの中に、連続殺人事件の被害者のベルトが見つかる。それを知ったミッチェルが倒れる。そして長らく家を出ていた長男ギャレットが戻る。家の納屋から、シルバーベルが見つかり、家族の誰かが連続殺人事件の犯人ではないかと疑い始めるキャムとテッサ。

 何か知ってる様子のミッチェル、マデリーン、そしてギャレット。みんななんだか怪しいし、キャムにも過去があったり、彼の息子ジャックもアブナイ少年だ。誰が犯人でもおかしくない前半から、次第に真相がわかっていく後半、そしてついにすべてがわかる最終話。最後の最後にもう1シーンある。

 ドロドロとしたなかなか見応えある作品だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

OKEIKO cafe

 友人のカフェで演奏をする友達のお供をすることになったので、下見とリハーサルを兼ねて、「OKEIKO cafe(おけいこカフェ)」へ。

Img_6141
Img_6142
 普通の喫茶店を想像していたのだが… すごい、大人の遊び場だ!! お店の看板や、シーサーもマスターの手作りとのこと。ここは、いろんなお稽古が気軽にできるカフェらしい。

Img_6143
Img_6147
 お店に入ってすぐに、はしごの階段に気がついた。登った先に部屋がある! けどまずは飲み物いただいて、リハーサルしなくちゃね。カフェなので、ウリはコーヒー。いい香りだが私は飲めないので、フレーバーティーをいただく。これまた甘いいい香り。

Img_6149

 飲みながら横の壁が気になる… これ、ボルダリングだよねぇ?? これもやってみたかったんだよな~

Img_6148
 まずはリハーサル。立ち位置や椅子の高さなどを確認して数曲演奏。演奏中は全然気づかなかったのだが、後で動画を見せていただいたら、思っていた以上に音が反響していていい感じ。

 だいたい感じがわかったので、おいとますることに。でもあのハシゴが気になる。秘密基地な感じで、お転婆娘だったおばさんとしては登らずには居られない…

Img_6159
 いいなぁ、この部屋落ち着くなぁ。小窓からは店内が見下ろせる。

Img_6150                   はしごの先にある小部屋

Img_6151                   小窓から店内を見下ろす

Img_6153                      長寿と繁栄を…

 しかも、天井の梁にまでこんな細工が!! 惑星!!

Img_6156
 マスターもとても素敵な方でついつい長居してしまった。ギター演奏されるようなので、一緒に演奏もいいね~ いやー、楽しみになってきたー! でもまずは練習しなくちゃね…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

”息子その1”はちゃんと仕事に行ってるの?

 引っ越しして数日後、あちこち買い物に出かけていたある日、携帯に母から電話が。

「ちょっと、”息子その1”は元気でやってるの? 風邪とかひいてない? 朝は起きられてるの? ちゃんと仕事行ってるのかしら??」 と質問の嵐。でもさー、自分の引っ越しで忙しくて全然話してないもん、知らないよ。

「ちょっとー、今夜にでも電話してみてー、心配だから」 はいはい、そうしましょう。って、自分で電話すればいいと思うんだが、それは気が引けるらしい。

 なんと言っても遅刻の常習犯である。それにも関わらず、中学も高校も電車通学、しかも高校はちょっと遠くまで通っていたので、担任の先生から「”息子その1”くん居ませーん」と言う電話が何度かかってきたことか。朝はいつもの時間に出たんですけど… と言うと、決まって「それじゃたぶん乗り過ごしたんだと思うので、もう少し様子を見て、それでも来なければまた連絡しますね」ってのが常だった。

 そんな人が初めての一人暮らしで早朝に起きられるのか、家族全員が心配していたのだが、意外にもなんとか起きられているらしい。夜かかってきた電話で、そう語っていた。要はやる気の問題か。

 しかも、社食が朝から使えるらしい。すでに何度か利用したと言う。朝食べずに、出かけられると言うのありがたいかもしれない。1つ問題があるとすれば、ヤツは食べるのが異様に遅いと言うこと。20分くらいで食べなくてはならないらしく、そこがクリアされれば、すごくいいと思う。

 休みがとっても多いんだ~(^o^)とか、みんな早々に寮を出てアパート暮らしをするらしいとか、すでにいろいろ情報を得たらしく、饒舌に話しまくる。引っ越し当日は冷蔵庫もなかったが、買ったらしい。炊飯器も買ったそうで、部屋で使えるか寮長に確認したら、ブレーカー落ちなきゃいいよ的回答だったらしい。でも共用のキッチンで使えば電気代得だよとも言われたらしい。そういうのもアリなのか。

 そんな話を30分ほどした。とりあえず元気そうだし、なんとかやってるようでよかった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタリアン 「ポポラ・マーマ」

 ユナイテッドシネマとしまえんで映画を見た後、ちょっと遅めのランチ。としまえんの近くなので、てっきりお店もたくさんあって賑やかなんだろうと想像していたのだが、行ってみてビックリ、意外と閑散としてる…

 映画までの間、ランチをできそうなお店を見て回った。小さいお店で美味しそうなピザのお店や洋食のお店を見つけたのだが、あまりに小さくてちょっと不安だったので、とりあえず無難そうなイタリアン、生パスタのお店へ。としまえんの真ん前なので、お子様連れなどで結構な賑わい。

Img_6060ro
 お得なランチセットで、前菜と、選べるパスタ、ドリンクバーと言うのがあったので、それをオーダー。トマトクリームソースと、ジェノベーゼを頼んでシェア。

Img_6063ro
Img_6065robi2
Img_6066roki2
 パスタは確かにもちもちでうまかった。お味は薄めでヘルシーな感じだった。メニューをよくよく見たら、ピザも美味しそう。1人はピザにしても良かったなとちょっと後悔。次の機会があったら頼んでみよう。

 帰りに調布のダイソーで買い物を済ませ、夕方マンションに帰宅。夕飯までまだちょっと早かったので、近くの河原まで散歩。お天気がイマイチだったけれど、桜が満開。

Img_6086roki1
Img_6076ro
 多摩川の河原まで、歩いても5分ほど。こんなに近いとは… 自転車の練習をする親子もいる。確かに練習にはもってこいの場所。のんびりしているカップルもいる。いいねー、広々してるし、桜は綺麗だし、素敵な場所だなー。ウクレレ持って歌うのにちょうどいいかも。大声出しても誰の迷惑にもならないし。とぷらぷら歩いていると、なんと、こんな河原にお店発見。

Img_6096
 ビールや焼き鳥なんかを出してくれるお店らしく、若者が飲み会をやっていた。バーベキューやるよりお手軽でいいよね。ここいらはバーベキューは禁止か。

Img_6113ki1
 河原の近くに公園が。お魚ポストなる場所があり、飼えなくなった外来種の魚などをここに出せるらしい。放流すると生態系が狂うからと言う説明が。子供たちがここで餌をやったり(100円で餌を売っていた)して生き物と触れあえる場所にもなっている。

Img_6104ro
Img_6105
 この辺り、本当に公園が多い。それも、藤枝の広場(ふれあい広場とか、ちびっこ広場とか言う名になっているが、ただの広場で、もっぱらグランドゴルフをする年配の方々の憩いの場)とは違って、遊具や砂場があって、子供が遊ぶことを考えて作られた公園。子育てにはいい場所だろうなぁ。

 ゴミ収集も、ビン・カンなどの不燃物が毎週だったりして(藤枝は月一)、さすが川崎だなと思ったが、粗大ゴミが有料(藤枝はたいていのものは無料で持ってってくれる)だったりして、やっぱり人が多いとこういうところが違うんだなと感じた。大きいモノを買うときは、捨てるときのことも考えないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

[ド] シカゴ・メッド

 シカゴ・ファイアのスピンオフ。シカゴファイアもPDもAXNでの放送なので、こちらもそのうちAXNで放送するんだろうと思っていたら、なんとびっくり、NHKのBSプレミアムで放送開始。シカゴ医療センターを舞台にしたメディカル・ドラマだ。

Chicago_med
 シカゴ医療センターの救急外来がリニューアル。同じ日、新任の外科医コナーが乗った通勤電車が脱線。負傷者多数とともに医療センターへ。肺に持病を持つ青年が、再び入院。治る見込みはなく、精神科部長のダニエルが彼の相談相手に。そんな時、事故で重傷を負った男性患者が脳死状態となり、青年への肺移植が可能となる。

 新任の外科医コナー役にコリン・ドネル(ARROWのトミー、アフェアのスコッティ)。小児科医のナタリー役にトーリー・デヴィート。彼女は妊娠中だが、夫は軍人で戦場で亡くなっているらしい。内科医ウィル役にニック・ゲルファス。医学部4年生のサラ役にレイチェル・ディピッロ。精神科部長ダニエル役にオリヴァー・プラット(キャシーのbigCのポールなど)。#1にはシカゴ・ファイアのハーマンが出演。これからもファイアのメンバーやPDのメンバーがちょくちょく出てくるのだろう、それも楽しみ。

 雰囲気としてはERに似てるのかなぁ、舞台も同じシカゴだし。新人のサラがDr.カーターな感じかな。今はまだまごついている感じだが、次第に経験を積んで自信をつけていくのだろう。成長も楽しみだ。コナーは経験ある外科医だが、メキシコで資格を取ったらしく異色の経歴。

 シーズン1は18話、シーズン2は23話。ファイア、PD、とこちらメッド、3作品同時進行で見られてうれしいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

[映] LION/ライオン ~25年目のただいま~

 インドの少年が迷子になって家族と生き別れになり、その後オーストラリアに養子に出されて育つ。25年後、グーグル・アースで自分の生まれ育った場所を見つけるというストーリー。実話らしい。

Lion
 インドのスラム街に母親や兄妹とともに暮らす5歳の少年サルー。夜、仕事に出かける兄に頼み込んで連れて行ってもらったものの、疲れて眠ってしまったサルーは、駅のベンチに寝かされ、そこで待っているよう言われる。だが、目が覚めて兄がいないことに気づいた彼は、回送電車に乗り込み、眠ってしまう… 遠く離れたカルカッタに連れて行かれてしまったサルーは、家に帰ることができずに街をさまようこと数ヶ月。その後、施設に保護され、オーストラリアに住む夫婦に引き取られることに。

 少年サルー役にサニー・パワール。大人になったサルー役にデヴ・パテル(ニュースルームのニールなど)。タスマニアに住む夫婦役にニコール・キッドマン、デヴィッド・ウェンハム。サルーの恋人ルーシー役にルーニー・マーラ。

 アカデミー賞に多数ノミネートされていてすごく気になっていた作品。7日から公開ってことで、張り切って新宿に見に行こうと思ったら、なんと、どこも上映していない… 数少ない上映館ユナイテッドシネマとしまえんに初めて行ってみた。

Img_6058_2_2
 少年サルーのなんと愛らしいことか。彼の大きな瞳がたまらない。兄と一緒にいたくて、一緒に仕事に行くと張り切ったものの疲れて眠ってしまったサルー。そこで兄とはぐれ、迷子になった上に回送電車に乗り込んで遠い地へ行ってしまう。誰も彼を気にしてくれない。ストリートチルドレンがたくさんいるのだ。施設に保護されたものの、劣悪な場所。だが運良くタスマニアの夫婦に引き取られることに。そこで、幸せに過ごしたサルーは、故郷のことをしばし忘れていた。

 だが、ひょんなことで過去を思い出す。生き別れになった家族が恋しくなる。そしてグーグルアースで探し始めるのだが、あるのは5歳の時の記憶のみ… 養子に出される前に、どうしてもっとちゃんと探してあげなかったんだろうと思うが、それでもわずかな記憶を手がかりに探し当てたサルーの執念はすごいし、なにより見つかってよかった… ストーリーは見えてるんだけど、えらく感動。

 タイトルの「LION」ってどう関係あるんだろう? と見ながらずっと思っていたが、なるほど、最後にわかる。

 すごいなぁ、グーグル。初めて見たときは、世界中の地図が見られるなんて、なんて画期的なんだろうと思った。こんなことがあったのかと思うと、なおさらすごい発明だと思う。やるね、グーグル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)

ここへ来て思うこと

 川崎生活数日。またいったん静岡に戻るので、まだ本格的に生活が始まった訳ではないが、この数日で思ったのは、日々歩いたなということ。

 よくよく考えれば、静岡で車に乗り始めてから歩かなくなった。そもそも車の運転は苦手なので、買い物はほとんど徒歩か自転車だったはずが、車に乗るようになり、また通勤で車を使うようになってからは、通勤の帰りに買い物に寄るとか、習い事の帰りに買い物して帰ることが多くなった。

 しかも、車で買い物に行く=大量に買っても重くない ということで、まとめ買いが基本となった。これはこれで合理的だと思う。時間もお金も節約になる。廃棄する食材はほぼなく、冷蔵庫にあるもので料理をする日々。だが決定的に運動不足になった。家から一歩も出ない日も多い。そもそもが出不精なのだ。

 だが、ここには歩いて数歩の場所に生協がある。駅までも徒歩5分。自転車はあるが車はない。近くに店があるので、大量に買い込まなくても、足りなければそのとき買いに行けばいいやと思える。それに、徒歩だと重くてあまりたくさん買ってこられない。結果、毎日それなりに歩くことになる。しかもまだ近所をよく知らないので、近所を歩くだけでも気晴らしになるし、毎日探検気分だ。

 夫も、久しぶりの電車通勤で、結構お疲れの様子。これまで車で20分ほどの通勤だったものが、毎日30分の電車+20分ほどの徒歩を、行きと帰り2回。確実に運動になっているはず。

 これが本来あるべき姿なのか。ここでの生活で、少し体力がつくといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引っ越しダブル大作戦 ~引っ越し後4日目・麹探し~

 4日目。麹を探さなければ。そうか、前日に行ったあのスーパーならあるかも。そう思い、再び行ってみることに。だがその前に。

 近所にあるJAの直売所が気になっていた。野菜などの直売所らしい。狭い場所ではあるが、まんさいかんの小型版? 一度は行ってみなければ。まんさいかんは9時からだし、ここもきっと9時からだよね、まずはここへ行ってみよう。

 と勇んで出発したのだが、しーん。よくよく表示を見ると、どうやら10時から。そうか… と、とりあえず帰るか。ショッピングモールへ先に行くか、どうするか考えた挙げ句、まずは近場で買い物を済ませることに。ちょっと時間がある…

 川崎市のゴミ収集の一覧を見ていて、金曜日のミックスペーパーというのに気づいた。藤枝市で言うところの「雑紙」である。紙袋などに入れて出すのだが、そういえば下の子の部屋の玄関に、捨て場所がわからずにたまった投げ込みチラシの類いが山積みだったことを思い出した。あれを捨てさせよう。そう思ってメールしたが、紙袋がないというので、こっちに持ってくれば一緒に捨てとくよとメールした。

 だがちょっと待てよ、買い物でいない間に来ても困るし… と、買い物行くので昼頃戻るとメールした。そして10時少し前、直売所へ。

~JA直売所~
 10時になったが… 店は開いてない… お客らしきじーさんばーさんが数人話をしているが… 農家の人と思われるおじさんとおばさんが、のんびり野菜を持ってやってきた。だがまだ開ける様子はなく… あたりを一周して戻ると、数人が列を作っていたので、後ろに並んだ。が、そこは違うと言われ、並び直す。だって、どこが入り口かわからないんだもん…

 待つことしばし。やっと開いたのは10:30ごろか。10時じゃないじゃーん。ほうれん草や「のらぼう菜(??)」、トマトやブロッコリ、サニーレタス、カブ、里芋などが並ぶ。うーん、確かに新鮮そうではあるけれど、決して安くはないね… 椎茸、原木栽培だからと350円で売っていたが、原木じゃなくてもいいからもっと安いのほしいなー、まんさいかんなら200円で一袋(結構入ってる)買えるのに。この「のらぼう菜」なる野菜、ここいらの野菜らしく、アブラナ科で、おひたしや炒め物にするとおいしいとのこと。今が旬らしい。よし、次は買ってみよう。

~麹探しの旅~
 荷物をいったん置いて、麹探しの旅へ。まずは隣の駅前のスーパーを目指す。結構近くてすぐに到着したが、自転車置き場がなくて断念。そのまま、ダイソーの入っているショッピングセンターへ。大きなスーパーなので期待したが、やっぱりない。置き場はあり、プレートはついていたが、品切れ中とのこと。

 自宅近くのスーパーや八百屋まで覗いてみたが、結局見つからず。そういえば母も、近所で麹が買えなくなったと言ってたっけ。ブームが去って、置かなくなってしまったのか。さすがに麹屋さんもないだろうしなぁ… どうしたもんか。まんさいかんで買って送るかな。

 帰宅して、残り物で昼ご飯を食べていたら、大量のチラシを持って下の子がやってきた。「お昼は~? ここに来れば何か食べられると思ったんだけど~」って考えてなかった… 余り物食べちゃったし… あ、冷凍庫に長崎ちゃんぽんあった! 食べたい~というので自分で作らせた。が、いざ食べる段になって気がついた、どんぶりがない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引っ越しダブル大作戦 ~引っ越し後3日目・別のダイソーへ~

 3日目。さて、買いそびれた品物をどこで調達するか。近所のスーパーを全部回ってみたが、食器の類いを置いている店はなかった。菜箸もない。みんなそういうのをどこで買っているんだろう??

 Google Mapを見ていたら、自転車で行かれそうな場所にダイソーがあるのを発見。道がちょっとわかりにくいけど、タブレットあるからナビ頼んで行ってみるか。

 自転車の前かごにバッグを乗せ、そこにタブレットを入れ、ちょい見え状態にしてナビをセット。いざ出発。Googleのナビって、音声案内がない。曲がるところへ来るとチャイム(?)が鳴るのみ。設定が違うのか? ようわからんが、まぁだいたい方角はわかるのでいいか。自転車の前かごがしゃべったら不気味だしね。

 ナビのおかげで難なく到着。15分ほどか。ちょっとしたショッピングセンターで、1Fは大きなスーパー、2Fにダイソーなど、いろいろな店が入っている。平日の昼間だけど、結構な人で混雑していた。すぐ隣に川があり、桜がきれい。河原でピクニックしている人たちもいる、いい場所だ。

Img_6040
 こちらのダイソーも結構広い。おまけにちょっとおしゃれな物が売っている。ここで、前日重くて買えなかったカゴ類を買い、菜箸その他で、結構買った。1Fのベーカリーでパンも買った。これまた結構な荷物になったが、自転車なのでラクチン。後ろにカゴついてるから安心だ。帰りも一応ナビで無事帰宅。

 運動量としては自転車で行った方があったと思うのだが、疲れ方は全然違う。なにより、電車で大量荷物の日は、腰が痛くて大変だったが、この日はそうでもなかった。自転車で天気のいい日、桜の咲く気持ちのいい空気の中を走るのも爽快。いいね、何かの時はここに買い物に来よう。

 お昼を食べて一休みして、はたと気がついた。そういえば、甘酒を作れるようにとヨーグルティアを持ってきたのだが、麹を買ってなかった。麹を買ってこようと生協へ。だが取り扱いがないという。近所のスーパーへも行ってみたが、どこにもない。まさかの麹がない?? そんな… 麹売ってないの??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引っ越しダブル大作戦 ~引っ越し後2日目・ダイソーへ~

 引っ越し後2日目。引っ越しの翌日遊びに行っちゃったからね、ちゃんと片付け、買い出ししなくちゃ。夫は会社へ。

 100円ショップでいろいろ買うべくリストを作り、植物園へ行った帰りに買おうと持って行ったのだが、途中でなくしてしまった。最寄り駅には100円ショップがない。一番近いのは隣の駅だが、あまり大きくないかも。どこの100円ショップがいいか考えた挙げ句、以前下の子と行った、調布のダイソーへ行ってみることに。電車に乗ればすぐだし、西友もあるのでそこで買い物もできる。

 朝から電車で調布へ。ダイソーへ行って気づく、リスト忘れた… しょうがない、記憶をたよりにかごいっぱいに買い込む。計3000円。またここがものすごい混雑で、レジには長蛇の列。私が大量のお会計時、後ろに並んでたオヤジが舌打ちしやがった。でもさ、並んでる時に私が山ほど買うってわかってたよね? わかってて並んだのはあんただよね?

 大きな袋2つ分買い物した後、西友へ。鍋やスリッパ、枕、延長コードを買ったら大きな荷物がまた1つ増えた… 3つの大袋を持ってふらふら歩いていたら、ドイツパンの店を発見。しばし考えた後、そのまま店内へ。お昼を調達して駅へ。帰宅したらぐったり。昼を食べて、今度は生協へ食材の買い出し。

Img_6029_2
Img_6031_2               A4サイズの深型カゴがデカかった…
             本当は7つくらい買うつもりが、5個で我慢
             鍋も重かったー


 あまりに疲れたので一休み。買った品物をそれぞれの場所に設置。やっと少し便利になったー、だって時計もなかったし、洗面器もなかったんだもん。

 でもリストをチェックしたら、まだ買い忘れていたものがあった。菜箸。しょうがないからトングで調理していたが、やっぱり菜箸ほしい。近所のスーパーには売ってないので、やっぱりまた100円ショップ行くしかないかー。重くて買い切れなかった物もあるし。

 午後、おうちコープがやってきた。旧かながわに移ってからの第一回目。いろいろ頼んであったので、下の子にお裾分けを持ってアパートへ。今晩カレーにするけど夕飯食べに来る?

 夕飯の時間に、お風呂グッズまで持ってやってきた下の子。夕飯後、ちゃっかりお風呂に入って帰宅。彼のアパートはユニットバスなので、いつもシャワーのみ。やっぱり湯船に浸かりたいよね。これからは夕飯と風呂にやってくることになるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引っ越しダブル大作戦 ~引っ越し後1日目・小石川植物園~

 引っ越しの翌日。月曜日なのだが、引っ越しで会社を休めるという夫。そしてちょうどその日、東大の小石川植物園が、寄付者のために園内を開放するという。これまでもたぶん毎年あったのだと思うが、さすがに静岡からだとちょっと遠いので、一度も行かれなかった。今回はおそらく最後のチャンス。引っ越しの手続き諸々で出かける用事もあるし、ついでに(どっちがついでだろう??)植物園へ行こう~! 午前と午後に、東大の先生による説明付きの園内ツアーがあるとのこと。せっかくなのでそれに参加してみよう。母も誘ってみようかな、と盛り上がっていた。

 だが、なんとその日、休みを出したはずなのに、午前中仕事が入ったという夫。しかも母は予定があるから行かないという。ううむ、一人で行くべきか? だが夫も行きたいらしい。一人で先に行きたいところだったが、園内に入るのに招待状の封筒を提出する必要があり、同伴者は一緒じゃないと入場できないという。それじゃ仕事が終わり次第合流して行くしかないね。10:30くらい、早ければ10:00には終わるし、会社から30分ほどで行かれるはずだからという夫に説得され、最寄り駅で10:30くらいから待つことにした。説明は午後の回、13:00からのに参加しよう。どこかでお昼を食べて行くもよし、何か買って園内で食べるもよし。

 10:30に白山駅に到着。まぁ10:30に終わったとして11:00くらいだろうと、付近をリサーチ。植物園への道を確認、お昼を調達する場所、もしくは、お昼を食べる場所に目星をつけ、ぷらぷらして過ごす。

_1090933                  都営三田線 白山駅 A1出口

 11:00、夫は来ない。そこへ、メールが。遅くなって今会社を出たところだという。そうか、じゃ11:30くらいに来るだろうと、駅の前で待つことしばし。

 11:30。まだ来ない。11:40、まだ来ない。どういうこと?? 30分くらいだって言ったじゃーん。これじゃ、お店でお昼を食べるのは無理。コンビニでおにぎりを買っておこう。ささっとおにぎりを購入、駅前に戻るがまだ来ない…

 12:00、やっと来た夫。会社出てから1時間。私がマンション出て白山駅に着くまでちょうど1時間。ってことは、会社出るときにメールもらって出てくればよかったじゃーん!! 1時間半も何もないところで立ちんぼで、もうすっかり疲れ果てた…

 午後の回が始まるのは13:00なので、植物園へと急ぐ。これがまたすごい上り坂。からの下り坂… やっと植物園に着いたときはもうへろへろだった…

_1100125_2

_1090955
_1090960
_1090961
_1090947_2
_1090973trifilmv2                        シナミズキ

_1090959roki1_1024x769
 桜がたくさんある広場のベンチでおにぎりをパクつく。食べるの遅いからね、頑張る。なんとか食べ終え、トイレを済ませて、集合場所へ。結構な人数が集まり、3つのグループに分かれてのツアーとなった。

_1100034                  先生による、バクチノキの説明

_1100019                    ニュートンのリンゴの木

 この植物園には長い歴史がある。そもそもは旧帝大の医学部だったらしい。ニュートンのリンゴの木や、メンデルのブドウの木があったり、珍しい木が、どう珍しいのかなど、丁寧に説明していただく。戦争中に避難してきた人たちが住んでいた場所もある。歴史と、植物のお話を堪能。いつもは開放していない建物にも入ることができてちょっとお得な気分。

_1100054_2                    旧東京医学校の本館

_1090967                東大まんじゅうと東大ゴーフルを購入

 ちゃっかり東大まんじゅうなどをこちらでも販売していて、先日の卒業式でも買ったのに、またまた購入。友達にあげちゃったので自分が食べる分がなかったんだもん。ゴーフルも購入。缶を何かに使えるかなと…

_1100106ronanki1_1024x769                        ハナズオウ

_1100116ronan_1024x769                        ユキヤナギ

_1100120ki1_1024x769               ベニコブシ なんだかちょっと雑な感じの花

 夫はその後、手続きのためあちこち寄り道して帰ったが、私はさすがにバテバテだったのでまっすぐ帰宅。本当は100円ショップで必要品を買うつもりだったのだが、そんな体力は残っていなかった。夕飯は、駅前のさぼてんで購入。たまにはいいよね…

 そして夕飯の支度。夫も帰ってきて、夕飯食べよ~という時になって気づいた。居間の照明器具がない… ど、どういうこと!? 

Img_6024_2
 ほかの部屋は全部ついてるけど、居間だけないのだ。昼間は明るいから気づかなかったし、前日の晩は外食しちゃったから気づかなかった。これは困った…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引っ越しダブル大作戦 ~自分の引っ越し・当日編~

 上の子の引っ越しを終え、ぐったりで爆睡。翌朝快調に目覚めて、今度は自分の引っ越しのため、新居となるマンションへ向かう。と、ここで気がついた。最寄り駅から不動産屋へ寄って鍵を受け取る予定なのだが、なんたってキャリーバッグ持ちである。これをがらがら引いて、マンションと逆方向の不動産屋へ寄ってからマンションへ向かうのはしんどい。どうしたものか… 考えた挙げ句、下の子にヘルプを頼むことに。

 実は、新居に決めたマンションは、下の子のアパートが見える場所。そんな場所に分かれて住む意味がわからない気もするが、またいつ転勤になるかもわからないし、下の子も今のアパートをえらく気に入っているようなので、そういう形に落ち着いた。彼に駅まで荷物を取りに来てもらい、身軽に鍵を受け取りに行こうと考え、朝電話するが出ず。やむなくメールを入れる。

 この日、夫は自宅から引っ越し屋さんに荷物を持って行ってもらい、電車でマンションに移動の予定。なので私が一足先にマンション入りし、雑巾がけしたりして続々と到着する荷物を待つという段取りだ。事前に家電や日用品をネットで注文し、全てこの日の午後に届くよう手配しておいた。ネットって本当にありがたい。

 最寄り駅に予定通り9:30到着、下の子来てなかったらどうしようと少々不安になったが、いたいた(^o^)。眠そうな顔した下の子が待っていてくれた。なんと、指定した時間の30分前に起きたそうで、パソコン開いてメール見て、慌てて出てきたらしい。朝食もまだだという。ありがとう~、ゆっくり朝食食べて~と荷物を託し、身軽になって不動産屋へ。

 簡単な説明を受けて鍵を受け取り、マンションへ。下の子も呼んで内覧会!? 下の子に番をさせて、合鍵を作りに出かけ、ついでに昼食用のパンを購入。マンションに戻って床を雑巾がけ。結構汚いじゃん… 壁の下の方にもホコリ積もってるし… これ、掃除してないよね?? 臭いも気になる。窓全開で換気。

Img_6025              トイレの換気扇 絶対掃除してないよね(-_-;)

 下の子の引っ越しの時、トイレットペーパーがなくてトイレに入れず、慌てて買いに行った経験から、引っ越し荷物にトレペ1個を入れておいたのだが、荷物の到着前にトイレに行きたくなり、結局買いに走った(-_-;)。

 下の子の時は、当日、電気ガス水道の連絡をするよう言われ、ガスは結局連絡がつかずに1日使えず大変だったことを思い出し、事前に連絡しておいたので、スムーズだった。早々に東電の人がやってきた。すでに電気は開通していたようで、ブレーカ上げただけで電気は使えたので、特に作業は必要なし。クレジット決済用の用紙をもらった。

 11:00過ぎ、ちょっと早いが、「朝食が軽かったからお腹すいちゃったー」という下の子と共に、何もない畳の上でパンをパクつく。午後は続々と荷物が着くからね、今のうちに食べとかないとね。

 と食べ終わらないうちに、荷物第一弾到着。一番最初にやってきたのはテレビだった。テレビとブルーレイレコーダーを設置、冷蔵庫を設置、洗濯機を設置。感じのいいお兄ちゃん、手際よく作業を進めていたが、洗濯機の動作確認で「あ゛ーーーっっっ」と大騒ぎ。洗濯槽の中に取説と保証書が入ったまま水を入れてしまったらしい(^_^;)。大丈夫大丈夫、すぐ取り出したし、ビニール袋に入ってるから。その後も、のんびり昼を食べる間もなく、段ボールが続々とやってきた。

 13:30頃だったか、夫が到着。こたつ机の組み立てを頼む。ほどなく引っ越し屋さんが到着。赤帽さんに頼んだのだが、なんとおじさん一人で、娘さん同伴。中学生くらいだろうか、重い荷物を運んでくれた。大して荷物もないので、早々に完了。

 夫に留守番を頼んで買い物へ。生協が近いのがありがたい。すぐに食べられるものをあれこれ物色、何度か買いに行った。2年前はなかったドラッグストアもあって便利。けど、うがい薬から歯ブラシ、石けんに至るまで、ほとんど準備してきたので、当面は大丈夫だろう。

 15:00頃、ガス屋さんがやってきた。下の子の時は無愛想なじいさんだったが、今度はとても感じのいいおじさんだった。ネットで注文したガス台が想像以上にデカく、スペースギリギリで不安だったが、大丈夫だとのこと。お風呂とキッチンの給湯器の説明をすごく丁寧にしてくれた。ガス節約のワンポイントアドバイス??も長々としてくれた。同じ会社の人とは思えん…

Img_6054
 その後、段ボールの荷物を出して整理、段ボールをまとめ、必要な物のリストを作り、この日の作業は大体終了。とりあえず寝られるようにはなった。

 19:00頃、下の子と一緒に近くの蕎麦屋へ。2年前下の子の引っ越しの時に、手伝いに来てくれた上の子と3人で入ったお店だ。私はそのときと同じ鍋焼きうどんをオーダー。夫は煮込みうどんセット、下の子はなぜかとんかつ定食。ホッと一息。

Image2              鍋焼きうどん すごくおいしいんだけど、
              この日は、うどんがところどころ薬臭かった…
              ハンドクリームか何かをつけた手で触ったとみた


Image1               力うどんセットだったか 炭水化物多過ぎよ

Image3                       とんかつ定食

 さすがに引っ越し連チャンは疲れた。お風呂入って寝よーと入ってから気がついた。洗面器がない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引っ越しダブル大作戦 ~上の子引っ越し編~

 ********* 写真編集ソフトがないので、写真は後日差し替えるかも **********

 長い大学~大学院生活を終え、ついに上の子が就職。4月からの新生活に向け、引っ越しの手伝いをするべく、3月下旬は予定を空けておいた。寮に入るということなので、あまり購入するものもなく、準備はラクそう。引っ越し前日に実家へ行き、当日上の子と一緒に現地入りして引っ越しを見届け、私は実家へ戻ることを計画。ところが。

 2月、転勤になったという夫。ん?? 転勤? 定年も見えてきた夫である。定年後の生活について話したりもしていた今日この頃、まさか転勤があるとは。4月から東京本社だという。最初は単身赴任で考えていたが、となると家族全員バラバラに。そもそも、夫の転勤でこの地に連れてこられた私が、今度は一人で置いて行かれるってこと??? 

 25年も住めば、すっかり都である。私の人生で一番長く住んだ場所だ。友達もいる。仕事もある。習い事も病院通いもしている。とはいえ、数年なら別の場所に住むってのもアリかもしれないと思えてきた。実家にも多少近い。コンサートには行きやすいだろう。イベントだってたくさんあるし、車の運転が苦手な私としては、電車やバスに乗ればあちこち行かれるってのはありがたい。それに、そもそも関東の人間だ。考えた末、一緒に行くことにした。

 夫の引っ越しは4月1日か2日だという。幸い今年は土日である。それならば、3月下旬に上の子の引っ越しを手伝い、実家の上の子の部屋を片付けたりして1週間ほど実家に滞在し、4月1日に自分たちの引っ越しをすればいいか。と思っていたら、なんと、上の子の寮も1日か2日じゃないとダメだとわかる。まさかの引っ越し連チャンである。

~引っ越し前日~ 3月31日
 午前中に引っ越し屋さんが荷物を受け取りに来たらしい。10時に取りに来るということで、例のごとくギリギリの上の子は、徹夜で作業したとのこと。それなのに、取りに来たのが11時頃だったと少々立腹。でもさ、普通そういうのは前日までにやっておくもんだよ。

私は前日の午後実家へ。上の子と、予定や、必要なものなどについて話し合う。実は直前には、引っ越しについてこなくてもいいと言い出した上の子。寮ということもあり、親が来てもしょうがない、親と一緒に来てるのを見られるのもなんだか恥ずかしいというような発言が。(どうやら見られたくない荷物があるらしい)

「でもー、どんな場所か見ておきたいしー、どんな環境かも確認しておきたいじゃーん、写真撮ってパパにも見せたいしさー、行く気満々なんだよー」と力説。
「あんたが荷物をあけてる間に、買い物とかしてくるからさー」と説得。

私としては、当日の朝、彼がちゃんと起きるかが一番の心配事。調べたら、寮はかなり僻地にあり、そこへ行くための新幹線は1時間に1本しかないのだ。乗り遅れると到着が1時間遅れる。まずは現地に予定通り到着することが重要。

~引っ越し当日~ 4月1日

Img_5843
Img_5848
 なんとか時間通り起きた上の子と共に支度をして、予定通りの電車に乗り、予定通り到着。新幹線を降りてからバスに乗ること30分以上。

Img_5858
周りに何もない場所を延々と走り、ちょっと店がある場所に着いた。このあたりのメインストリート? このバス停から寮まで歩いて10分ほどか。お昼ちょっと前だったので、バス停近くにあった蕎麦屋で昼食。私は鳥南蛮、上の子は卵とじ。蕎麦屋ではあるが、丼物もある、街のおそば屋さんな感じ。汁はうまかったが、蕎麦は… もそもそしていて… 申し訳ないけど、残しちゃった。この辺の蕎麦ってこういうのなの?

Img_5877                    具が少なかったらしい

Img_5878                ネギはたくさん入っていたのだが…

おなかも膨れたところで、いざ寮へ。方向音痴親子は少々迷いながらもなんとか到着。寮って、昔の大学の寮みたいのを想像していたけれど、まるでビジネスホテルのような立派な建物に驚愕。

Img_5884
引っ越しのトラックが何台も来ていて、荷物をバンバン運び込んでいる。入寮手続きと、ネットの手続きを済ませ、部屋へ行くと、ちょうど彼の荷物がやってきた。同着。だが、彼が部屋に入るより先に荷物がバンバン運び込まれて、あっと言う間にいっぱいに。あんた、どんだけ荷物送ったのよ… 段ボール17個って多過ぎだろ。我ら夫婦の引っ越しだって段ボール7個だったのに。

Img_5975_2
上の子がパソコンの設置を始めたので、私は買い物へ。付近のスーパーを事前に調査しておいたので、必要なものを求めていざ出発。とはいえ、スーパーまでが結構遠い… 自転車もまだ買っていないので、とぼとぼと歩くことしばし。

Img_5976_2
2軒のスーパーを偵察し、物資を調達して部屋へ戻る。いちいち面会者用のカードをぶら下げなければならないのが面倒だけどしょうがない。寮の中も偵察。ランドリールームには乾燥機付きの洗濯機が4台。共用のキチンにはハロゲンコンロが4つと電子レンジ1台。調理器具はないので、自分で準備しなけりゃならない=自炊はしないね。部屋でレンジは不可だそうで、じゃ、炊飯器は?

寮の部屋はベッドや机、椅子などがそろっていて、ユニットバスもあり、本当にビジネスホテルのよう。カーテンもちゃんとついてるし、ベランダもあるので、物干し竿だけ買えば外に洗濯物も干せそう。そして、昼間不在でも、荷物を部屋の前に置いといてくれるので、ネットで物を頼んでも大丈夫ってのはありがたい。

長旅に加え、スーパー巡りで疲れ果て、ホッと一息ついた頃、
「あとは自分で荷物の整理するだけだから、居てもしょうがないよ」という上の子…

Img_5958                この市営のバスは貴重な交通手段
           すごく目につくのだが、目的地方面は1時間に1本程度


予定していた時間より1時間ほど早いが、帰路についた。やれやれ… ぐったりして実家にたどり着いたのは6時頃だったか。それでも、夕飯が出てくるんだからありがたいね、こんなにありがたいことはない。母と二人で、上の子は夕飯に何を食べてるんだろうねぇ、とか、朝ちゃんと起きられるかねぇ、などと話しながらの夕食。これまで、「何考えてるんだかさっぱりわからない!」とか、「朝起きないどころか、夕方起きてきて大学へ行き、夜中に帰ってくるのよ!私起きて待ってるんだから!」と文句たらたらだった母(上の子から見れば祖母)だが、6年間一緒に暮らした孫が居なくなるのは相当寂しいらしい。

確かに… 6年って長いね。今まで本当にありがとうございました> 母
ちゃんと朝起きてよ!!> 上の子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月29日 (水)

[ド] インコーポレーテッド

 スターチャンネルで始まったドラマ。荒廃した近未来、裕福なグリーンゾーンと無法地帯レッドゾーンに分かれていると言う設定のSF。制作総指揮がマット・デイモンとベン・アフレックとのことで期待。

Incorporated
 2074年、気候変動によって荒廃した地球。多国籍企業が実験を握り、裕福な者が住むグリーンゾーンと、無法地帯となっているレッドゾーンに分かれていた。
 グリーンゾーンで、大企業スピーガに勤務する男ベンは、社長の娘ローラと結婚、順風満帆。だが彼には秘密があった… ある女性の居場所を探り続けているベンは、手がかりをつかんでレッドゾーンへ。
 

 ベン役にショーン・ティール。彼の妻ローラ役にアリソン・ミラー。ベンが探す女性エレナの弟テオ役にエディ・ラモス。スピーガ社の重役で、ローラの母エリザベス・クラウス役にジュリア・オーモンド。保安部責任者モース役にデニス・ヘイスバート(24の大統領!)。

 1話しか見ていないので、まだ話がよくわからないのだが、ベンはどうやらレッドゾーン出身で、エレナと言う女性を探し続けている。レッドゾーン出身ということは隠しているようで、名前も変えている。妻ローラは整形外科医だが、精神的にちょっと不安定。母親との関係も悪い。夫との子供を妊娠することを許可された(許可制か!)と喜ぶが、それは母親が手を回したと知ってまた怒る。

 ベンがグリーンゾーンで必死に出世を目指しているのは、何か重要なミッションがあるかららしい。エレナに関わることなのか? 自分が昇進するために、上司を陥れる辺り、手段を選ばないくらい重要なミッションということなのか、彼が非道なのか。

 全10話。かなりミステリアス。楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] スポットライト 世紀のスクープ

 去年のアカデミー賞で作品賞を受賞した作品、やっと視聴。実話に基づいた作品だ。

Spotlight
 2001年、ボストン・グローブ紙の新しい編集局長バロンは、特集記事欄スポットライトのスタッフたちに、カトリック教会の神父らに性的虐待された子供たちの事件を追うよう指示。彼らはあちこちからの圧力を受けながら取材をする。

 スポットライトのスタッフ、マイク役にマーク・ラファロ、ロビー役にマイケル・キートン、サーシャ役にレイチェル・マクアダムス。バロン役にリーヴ・シュライバー(レイ・ドノヴァンのレイ)。弁護士役にスタンリー・トゥッチ。ベン役にジョン・スラッテリー(MAD MENのロジャー)。

 アメリカの映画やドラマを見ていると、神父による性的虐待ってよく出てくるのだが、本当に多いのだろう。ボストンだけで推定90人って… 神父たちは教会によって守られているため、彼らを告発するのはものすごく難しい。それをわかった上で、示談金だけをせしめる戦法に出た、ずる賢い弁護士もいる。その一方、ギャラベディアン弁護士は、ちょっと変わり者だが、被害者のためを思って全力で闘っている。

 スポットライトのスタッフたちが、さまざまな圧力を受けながらも、真実を暴いて記事にしたというストーリー。特別派手な演出もなく、淡々と描かれているが、作品賞を受賞しただけのことはある。

 宗教ってなんだろうと思う。人々の心の支えとなるはずの宗教が、こんなことでは本末転倒。こんな奴ら、聖職者とは呼べない。今後、こういうことが起こらないことを願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

何度目かの卒業式

 やれやれ、子供たちの卒業式って何度目なんだろう。幼稚園、小学校、中学校、高校とそれぞれあって、上の子は大学も卒業し、今回やっと大学院の卒業式。そしてたぶん彼の最後の卒業式。

 2年前、大学の卒業式は、病み上がりの私は当日朝具合が悪く、全体の式には間に合わず。上の子本人も寝坊して卒業式に遅刻。安田講堂に入れなかったらしい。おまけに運動靴で行ってしまった騒動はこちらに詳しく書いた。その後の学科ごとの学位記授与式のみ参加。ランチする体力もなくて、そのまま二人で実家に戻ってきて残り物で昼を食べた。

 今回は万全の態勢。カメラもミラーレスを準備。予備のバッテリーも持った。中学の同級生のママともに連絡を取り、待ち合わせして一緒に式を見ることに。体調もバッチリ。一番心配なのは上の子が朝起きられるかだが、今年は彼らの理系は第二部なので開始が遅い。朝8時に起きれば間に合うはず。

 朝7時前に起床、朝食をバッチリ食べて準備。8時に上の子をたたき起こして準備させる。相変わらず準備が遅いが、なんとか予定通りに出発。だが… 駅まで歩いている途中、忘れものだと言い出す上の子。だから~、事前に持ち物と着るもの準備しといてって言ったじゃーん(-_-;)。

_1090724rohdr_800x574                  この駅に来るのもこれで最後かなぁ

_1090727ro_601x800              受験の時は、受験生と保護者がここをぞろぞろと歩いた

_1090733trirobi2_589x800_118x160           そして戦場に息子を送り出す母親の気分(?)で、ここで彼を見送った
                      彼は振り返りもせずに中に入っていった


_1090745ooyaki_601x800_120x160
 でもまぁ、そんなこんなで、なんとか無事到着。かなり早めに設定したからね、余裕。安田講堂へ向かうが、すでに長蛇の列。中に入るための列らしい。最後尾に並ばせ、私はママともとの待ち合わせ場所へ。安田講堂に入れるのは学生のみ、保護者は別建物でのモニター鑑賞。

_1090746ro_601x800                   最後尾の看板はどんどん後ろへ

_1090752ro_601x800                   そして我ら保護者は別会場へ

_1090758ro_800x601               ここへ入るのは初めて 友達と一緒なので心強い

_1090764_800x601                    すごい、字幕と手話通訳つき

 久々の会った友達と話もはずみ、待ち時間もあっという間。卒業生代表の学位記授与式などを見届け、友達と別れる。一緒に見られてよかった、ありがとう> Yお姉様。今度は上の子との待ち合わせ場所へ。

 前夜に、全体の学位記授与式のあと、学科ごとの授与式がやっぱりあると言うことを聞いた。「なんだ、知ってると思ってた」って、なんの連絡もないのになんで知ってると思う??? 1時間あるので、昼食を食べようと話し合ったが、でもどこで?? 1時間で遠くまで行くのは面倒ということで、学内の、できれば近い場所がいい。学校の敷地内だけでもレストランがたくさんあり、どこがいいだろうと話し合った結果、学食に決定。中央食堂は以前行ったことがあるので、せっかくなので行ったことのない第二食堂の方へ。

_1090773_800x601                初めて入る第二食堂 変わった造りの建物

_1090781ro_800x601            丼モノ、麺類、そしてカフェテリアに分かれていて駒場の学食っぽい
                     小鉢が充実でありがたいなぁ

 さすがに卒業生と保護者でごった返していたが、なんとか入れそう。上の子はさっさと丼ものラインへ行ってしまう。たぶん、お決まりのメニューがあるのだろう。私はせっかくなので単品メニューをあれこれ取ってみた。これで450円なり。

_1090782triro_800x567
_1090785ro_601x800             なにげに自撮り? 実は学食の片隅で写真撮影をしていて
                        ガウンなどを整えるための鏡が


 食事のあと、学科の学位記授与式のある工学部6号館へ。前回もここだったね。彼らは前の方、保護者は後ろの方。今回は席も結構あり、早めに行ったので座れた。1人ずつ学位記を手渡された後、先生のお話。申し訳ないけど、すでに結構疲れていたので爆睡…

_1090813_601x800
_1090807roki1_800x601
 その後は、校舎の前での記念撮影。上の子に話しかけてくれた友達あり。うれしくて一緒に写真を撮影させていただく。よかった、友達がいて(^o^;。

_1090820_800x601
_1090862_800x601               2年前はこの木の前で、ガラケーで写真を撮ったな

_1090885_601x800_120x160                  友達くんはアカデミックガウンを着ていた

_1090894_601x800           やっぱりここへ来てしまう 来るたびにグッズを買ってしまう親バカ

 諸々の手続きをする上の子。研究室の机を片付けに行ってしまったので、私はこれで最後とばかりに記念グッズを買いに学生協へ。そのまま1人で実家へ戻る。

 いやはや疲れた。疲れたけど、楽しかった。体調がいいってありがたい、本当にありがたい。実家にたどり着いたら、姪っ子が「遊ぼう~」と待ち構えていた。

_1090905_601x800

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月19日 (日)

[映] マネーモンスター

 ジョディ・フォスターが監督した話題作。やっと鑑賞。

Money_monster
 財テク情報番組「マネーモンスター」の人気司会者リー・ゲイツ。その日も軽いノリで番組を始めたが、そこへ男が銃を持った乱入。彼はゲイツに爆弾ジャケットを着させて、この番組のせいで破産したと訴え始めるが…

 ゲイツ役にジョージ・クルーニー。彼の右腕スタッフ、パティ役にジュリア・ロバーツ。乱入者カイル役にジャック・オコンネル。大暴落した問題の会社の社長ウォルト役にドミニク・ウェスト(アフェアのノア)。その会社の広報担当ダイアン・レスター役にカトリーナ・バルフ(アウトランダーのクレア)。警察署長?役にジャンカルロ・エスポジート(ブレイキング・バッドのガス、ホミサイドのマイク・ジャデーロなど)。

 株が暴落して損したから番組のせいだって怒鳴り込んできた迷惑な男かと思いきや、実はこの会社の裏工作があり… と言うストーリー。最初は逃げ腰だった腰抜けゲイツが、次第に状況をコントロールするようになる。真の悪者は誰なのか。

 普通に面白かった。でも、ああいう軽いノリの情報番組って、真に受けちゃいかんよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

[映] ズートピア

 今年のアカデミー賞で、長編アニメ映画賞を受賞した作品。何がそんなにいいんだろうと、なんとなく視聴したのだが… これは確かに面白い!!

Zootopia_723x1024
 肉食動物も草食動物も共存する社会。地方で生まれ育ったウサギの少女ジュディは、成長して警察学校を首席で卒業。初のウサギ警官として大都市ズートピアに赴任することに。意気揚々とやってきたジュディだったが、与えられた任務は交通違反の取り締まり。ある日、詐欺師のキツネ、ニックと知り合う。そんな折り、カワウソ失踪事件を担当することになり、ニックが何か知っていると踏んだジュディは、彼に捜査協力を求めるが…

 ジュディの声役でジニファー・グッドウィン(ワンス・アポン・ア・タイムの白雪)、ニックの声役でジェイソン・ベイトマン(ブルース一家は大暴走のマイケル・ブルース)。警察署長の声役にイドリス・アルバ。市長の声役にJ.K.シモンズ(OZのシリンガーなど)。カワウソ夫人役にオクタヴィア・スペンサー。歌手ガゼル役にシャキーラ。ナマケモノのプリシラ役にクリステン・ベル(ヴェロニカ・マーズ)。

 最初、肉食動物も草食動物も共存すると言うところに若干違和感を持った(じゃ、肉食動物は何を食べてるの???)のだが、すぐに気がついた。これはそういう物語じゃない。動物の姿になってはいるが、人間社会の縮図なのだ。いろんな人種の人たちが共存する社会、現代のアメリカだろう。

 共存してはいるが、種族によって職業がある程度決まってしまったり、差別があったりする。ウサギのジュディは警官を目指すが、両親は人参農家だ。夢を叶えて警官となるが、いざ仕事に行ってみると、周りは体格のいい種族ばかり。当然っちゃ当然なのだが、体格的に明らかなジュディは、持ち前の頭脳と、俊敏さをいかして違反切符切りでも張り切る。どんな状況に置かれても、自分のできることを精一杯頑張ると言う姿勢はものすごく好感持てる。

 一方、キツネのニックは、キツネ=ずる賢いと言うレッテルを貼られ、子供の頃から差別されて育った。それならそうなってやろうとばかりに、詐欺師として生活をしている。そんなニックとジュディが出会い、ひょんなことから一緒に捜査することに。最初は喧嘩ばかりだった彼らが次第に抜群のチームワークを見せると言う、王道の展開だが、これが実にいい。

 いろいろな映画のパロディシーンも楽しい。ゴッドファーザーのパロ、ファンとしてはすごくうれしい。それにナマケモノが笑える。息子と大笑いだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

[映] DAMON デーモン

 アンソニー・ホプキンスで期待して見たのにー、なんだよこれー!!
Blackway
 母が亡くなり家を相続したリリアンは、故郷の田舎町に戻って暮らすことに。だが、ある男に嫌がらせをされる。その男の名はブラックウェイ。保安官に相談するが、役に立たず、製材所の男に頼めと言われてしまう。やむなく製材所へ行ったリリアンは、そこで働く老人レスターの助けを借りてブラックウェイを探し始めるが…
 リリアン役にジュリア・スタイルズ。レスター役にアンソニー・ホプキンス。ブラックウェイ役にレイ・リオッタ。製材所のボス役にハル・ホルブルック。レスターたちに手を貸す青年ネイト役にアレクサンダー・ルドウィグ。

 小さな田舎町。住人はみんな知り合い。ここでみなから恐れられている男ブラックウェイ。保安官すら彼には手を出せない。そんな男に目を付けられてしまったリリアンは、もう町を出るしか道はない。みながそういう。だが彼女は出ようとしない。ブラックウェイとの対決を選ぶ。なぜ彼女がそこまでこの町にこだわるのかがまずわからない。

 ブラックウェイはかつて保安官だったらしい。だが悪徳保安官だったのだろう、レスターにとっては因縁の相手。それでリリアンに手を貸すことにしたレスター。でも、そんな男を相手にできることと言ったら…

 うーん、それでいいのか? そもそもなぜブラックウェイにそんな力があるのか。なんでそのままでいいのか。そんな方法しかないのか。田舎ってそういうもんなのか。謎だけが残る… あまりに残念な作品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

[映] ルーム

 なんだか久しぶりの映画鑑賞。時間はたっぷりあるはずなのに、1人ビートルズシリーズにはまっていて(「Sally G ウクレレ」で検索してね~(^o^))、HDDに映画がたまりにたまりパンパン。慌てて視聴。去年のアカデミー賞で話題となった作品。

Room
 ベッド、バス・トイレ、小さなキッチンなど、一通りのものは揃っている小さな部屋で暮らす母と幼い息子ジャック。ジャックは5才の誕生日を迎え、ママはケーキを焼くことに。だがロウソクはない。食料や必要なものは日曜にやってくるオールド・ニックが持ってくるのみなのだ。彼らはこの部屋から出ることができない…

 ママ役にブリー・ラーソン。ジャック役にジェイコブ・トレンブレイ。オールド・ニック役にショーン・ブリジャース。バァバ役にジョアン・アレン。ジィジ役にウィリアム・H・メイシー(シェイムレスのフランク)。

 変質者オールド・ニックによって誘拐され、監禁された女性がそこで息子を産み育てている。彼女が、息子のために脱出を決意すると言う物語だ。私はてっきり2人で窓を破ったりして逃走する話なんだと思い込んでいたが、ちょっと違った。ネタバレになってしまうので詳細は書かないが、これは本当にすごい。

 この作品でブリー・ラーソンが主演女優賞を受賞しているが、ジャック役のジェイコブくんにも主演男優賞か助演男優賞かなにかあげたい。5年間、外の世界を知らぬまま育った少年を見事に演じている。監禁生活から脱出するだけで話は終わらない。その後の様子も描かれている。

 保護された後、テレビの取材で、レポーターから心ない質問をされるシーンがある。ここすごく印象的。そういう考え方もあるのかと思う。そしてママは悩む。

 息子のために決死の覚悟で賭けに出たママは、実は息子に何度も救われる。彼女にとってのジャックはまさに生き甲斐。彼がいたから乗り切れた。純真な彼の笑顔があるから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

ガラケーからガラケーへ

 去年あたりから、ソフトバンクからやたらと機種変更しろと言うハガキが来るようになった。今年4月からウルトラスピード対応エリアというのがなくなり、利用に影響が出るかもしれないから変更しろと言うのだ。影響があるってどの程度なのか、この携帯でネットにつなぐことはまずないが、通話やメールにも影響があるのか。詳しくはWEBを見ろと書いてあるが、知りたい情報が書いてない。そしてついに、最終案内というハガキが。これは聞きに行くのが手っ取り早いか。

 開店2分前にショップに行き、一番乗りで店内へ。ハガキを出して説明を求めると、使えなくなるわけではないが、通話もつながりにくくなる「かも」と言う。この言い方から考えると、変えなくても使えそうではある。だが、つながらなくても文句が言えないと言うことか。

 この携帯にしたのは6年前。上の子と一緒に契約に行き、同じ機種の色違いを購入した。今年就職する上の子には、4月からは自分で支払いしてもらうことになり、となれば彼も自分の好きな機種に変えるだろう。そろそろ替え時か?

 スマホも勧められたが、パソコンもタブレットもあるので、スマホの必要性は全く感じないことを説明し、ガラケーにすると宣言、見積もりを出してもらう。月々の決まった料金自体は500円ほど高くなるが、今までの利用状況から考えると逆に安くなりそう。ならいいかと、機種変更することに。

 どれにしますか~と見せられたガラケーは3種類。そのうち1つは簡単ケータイ?とかで機能が限られたお年寄り向けのもの。なので実質2種類。シャープか京セラかの選択。今までシャープだったので、同じ方が使い勝手が同じでいいかとも思ったが、その辺の違いはあまりありませんよと言う話を聞き、見た目がちょっとおしゃれ(な気がした)で、綺麗な色のあった京セラの方に。

Img_5675_1024x755                  充電中の濃ピンクのがガラケー4号くん

 電話帳を移行してもらったが… グループ分けして管理していたのだが、グループ情報が入っておらず… メーカーが違うからかな? 設定し直さなきゃ。

 今時あえてガラケーにする人なんていないんだろうけど、ガラケーで充分なのよ。そもそもスマホのあの小さい画面を操作するなんて考えただけでイライラしそう。タブレットでもイラつくのに。今のガラケーで充分だったのだが、しょうがない。これからはガラケー4号と仲良くしよう。

************* 夕方追記 **************

使ってみて気づいた、これガラホってヤツね… ネットを使う時、文字盤のところがタッチパネル状態になるらしい。携帯でネット使わないけどねっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

[ド] クリミナル・マインド 国際捜査班

 クリミナル・マインドのスピンオフ。こちらはWOWOWで放送開始。

Criminal_minds_bd
 海外で事件に巻き込まれた米国人を救う、FBIの精鋭チームIRT。チームのリーダーはジャック・ギャレット。タイで米国人3人が失踪する事件が発生、現地に飛ぶメンバー。そして、何カ国語も話せるクララが現地で合流。チームで捜査に当たる。

 ジャック役にゲイリー・シニーズ。CSI:NYのマック・テイラーのイメージ強いからなぁ、どうかなぁ。しばらく仕事を離れていたらしいが、この件をきっかけに戻るらしいクララ役にアラナ・デ・ラ・ガーザ。CSIマイアミのマリソル、FOREVERのマルティネス刑事などですっかりおなじみ。マシュー役にダニエル・ヘニー、ラス役にタイラー・ジェームズ・ウィリアムズ、メイ役にアニー・ファンケ。メイは検視医?のようだが現場へ行く道を選んだらしい。それぞれ持ち味があるのだと思うが、まだよくわからないや。

 #1を見た感じでは、このチームのキャラがどうイカされるかでドラマの善し悪しが決まる気がする。けど、どうかなぁ、最初の事件はパッとしなかったよ。

 別のスピンオフ、レッドセルが大コケしたからね、これはどうかなぁ。とりあえず見てみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ド] 24:レガシー

 こちらもFOXで始まったドラマ。主人公は元特殊部隊の隊員で、ジャック・バウアーは出てこないが、キーファーが制作総指揮らしい。

24_legacy
 6ヶ月前、特殊部隊として、イエメンのテロリスト指導者ビンハーリドを殺害したエリックたち。だが、その隊員たちが次々と殺されていることを知ったエリック。ついに彼の元にもビンハーリドの部下たちが。なんとかその場から脱出することに成功したエリックは、当時の指揮官レベッカに協力を求める。

 エリック役にコーリー・ホーキンズ。レベッカ役にミランダ・オットー。この人、HOMELANDではアリソン・カー役だったが、○○○な役だったので… 今回も最初からちょっと疑いの目で見てしまう… レベッカの夫ジョン役にジミー・スミッツ(LAローのヴィクター・シフィエンテス、デクスターのミゲル・プラド検事補、ホワイトハウスのサントスなど)。CTUの分析官アンディ役にダン・ブカティンスキー(スキャンダルのジェームズなど)。

 24シリーズの雰囲気そのまま。レベッカはCTUを退職したのだが、エリックに頼まれて協力したことで、それがバレてまずい立場に。登場人物みんなクセがあるので、だれが真の悪人でもあり得るー。とりあえずは最後まで見よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ド] レギオン

 FOXで始まったドラマ。精神科病院に入院中の男デヴィッド。なんの話なんだろうと思ったら…

Legion
 幻覚、幻聴に悩まされ、自殺未遂した男デヴィッドは、精神科病院に入院。投薬治療を受けるが、症状は改善せず。そんなある日、病院に美しい女性患者シドニーがやってくる。シドニーに一目惚れしたデヴィッドは、彼女とつきあい、しばらく夢のような日々が続く。だがシドニーが退院することに。デヴィッドは思い切って彼女にキスをすると…

 デヴィッド役にダン・スティーヴンス。ダウントン・アビーのマシューだ!! シドニー役にレイチェル・ケラー(ドラマ版ファーゴ2のシモーヌ・ゲアハルト)。デヴィッドの入院仲間レニー役にオーブリー・プラザ。最後に出てくるボスキャラ、メラニー役にジーン・スマート(サマンサWho?のサマンサのママ、ハリーズ・ローのロザンナ・レミック検事、ドラマ版ファーゴ2のフロイド・ゲアハルトなど)。

 精神を病んだ男の物語なのかと、気乗りしないまま見ていたのだが、これ、X-MENのもう一つの物語。自分の周りで起こるおかしな現象を、自分の精神がおかしいのだと思っていたデヴィッドだったが、そうではないと気づき始める。彼には特殊な能力があるのだ。

 薬漬けにされていたデヴィッドが収容されているのは、実は精神科病院ではない。彼の能力を封じ込めるために薬漬けにしていたことが次第にわかる。そして、彼を救出するために送り込まれたのがシドニーらしい。彼女にも特殊な能力がある。

 ついに覚醒したデヴィッド。アメリカでも放送が始まったばかりなので、これからどういう方向に物語が進むのか、全くわからないが、すごく楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

味噌作り教室と 河津桜

 今期2回目の味噌作り教室でかど万さんへ。いつも一緒に行っている王妃ちゃんが都合が悪いと言うことで、夫と参加し、2樽仕込んだ。しばらく安心。

_1090241_769x1024
 いつものように、女将が美味しい試食品を用意していてくれた。白花豆が入った甘酒と、すだち味噌。ゆず味噌と同じ作り方で、すだちを使って作った味噌らしい。これまた酸味が利いていて美味。

_1090248ro_1024x769
_1090247ro_1024x769
 味噌が仕上がった後はお昼を食べに玉露の里へ。いつもの大旅籠柏屋と迷ったのだが、一祥庵は蔵なので寒いだろう考えてこちらへ。何か温かいものが食べたいなとメニューを見ていたら、こちらの看板メニューらしき岡部汁というのを勧められ、これに決定。豚汁に、自然薯をトッピングしたものをご飯にかけていただく定食だ。ちょうど自然薯食べたかったし。

_1090251_769x1024
_1090254_769x1024
 すごいね、この粘り。豚汁は白味噌仕立てで美味しい。自然薯とも合う。ご飯おかわり自由ってことだったけど、どんぶり一杯あるので、食べきれないよ~ と言いつつ、完食(^o^;。

 お腹がふくれたところで、今度は河津桜を見に、近場へ。友人に教えてもらったのだが、瀬戸川沿い、稲葉公民館近くに咲いている河津桜が咲き始めているのだ。

_1090270ki1_601x800
_1090256kouki1_601x800
_1090265_800x601
_1090268kouki1_601x800
 まだまだ咲き始めな感じで、ツボミがたくさん。これ、満開になったら素晴らしいだろうなぁ。と写真を撮影していたら、カートを使って畑仕事にやってきたおばあちゃんから話しかけられる。どこどこの誰々さんがこの木を植えたんだとか、お子さんの話など、しばし歓談。おミカンをいただいた。御年86才だそうだが、畑仕事してるだけあって、お元気そう。

_1090284tri
_1090310tri
 メジロがたくさん来ていて、花の蜜を吸っている。なんとものどかな光景。こんな近場に河津桜あるとは。やっぱ桜って綺麗だな。満開になった頃また行こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日)

金比羅山と 「石ヶ谷そば店」

 職場のディナー会、ピアサポ研修と続いてちょっと疲れた休日。朝起きてのんびり朝食。新聞のパズルを解いていたら、どこかへ行こうと言う夫。でもどこへ?? しばし検索したのち、金比羅山に梅園があるらしいと言うことで、カメラを持ってGO!

 どこに車を停めるかわからなかったので、とりあえず瀬戸川沿いの桜見たときに停めた場所に駐車。少々歩いて金比羅山へ。

_1080868ooyakifilmv2_769x1024                 最近ハマっている、キラキラ太陽の写真(^o^;

 桜を見に、近くまでは何度も来たことあるが、ここへ登るのは初めて。意外と急な坂を登ることしばし。人気(ひとけ)がなく閑散としている。意外にも富士山が綺麗に見えるが、桜の木の枝がたくさんあるので、写真にはうまく撮れないな。

_1080876kouki2tri_964x689                かなり拡大して、うっすら見えるかな、富士山

 桜の木はあるが、梅は…?? しばらく行くと、あったあった、梅園。でもまだあまり咲いてないねー。大半がつぼみ。少し咲いているのを見つけて撮影することしばし。

_1080897ki1_1024x769
_1080918ki2_1024x769
_1080953ki1_769x1024
_1080958ki1_1024x769
_1080969ki2_769x1024
 白い梅もあったりして、張り切って撮影してみるが、難しいね、白いと空とのコントラストがなさすぎてなかなか綺麗に撮れないや。そうこうしていたら、どこかから鳥が飛んできた。望遠レンズ持ってきてないので、あまり大きく撮れないけれど。なんの鳥だろう??

_1080965rotrifilmv2_788x1024
 少ない梅の撮影を堪能し、昼食へ。職場の近くで、以前先輩に連れて行ってもらった蕎麦屋、「石ヶ谷」へ。実は出勤時、毎回店の前を通る。夫は初体験。

_1090027ki1_1024x769
_1090011hdrki1_769x1024
_1090008ooki1_769x1024
_1090006roki2_769x1024
 昔ながらの蕎麦屋という感じ。ここの特製天おろしは、エビ天ではなくて鳥の天ぷら。だが、エビ天にしてと頼めばそうしてくれると聞いて、以前はそれを頼んだ。だがどうやら今やみなさんエビ天のようで、それが標準らしい。今回はそれと迷ったが、かき揚げ天おろしというのが気になったのでそれをオーダー。夫は天ざる。

_1090013ki1_1024x769
_1090021rowbki2_1024x769
 結構混んでいて、30分ほど待ったのちやってきた。天ざるはまぁ普通か。驚いたのはかき揚げ天おろし。このかき揚げって、なに??? 食べてみると、小エビ、椎茸、山芋(塊で入ってる)、そして卵!!! ビックリの構成だが、美味しい。しかもすごいボリューム。

 蕎麦はかなり細め、汁は甘め。蕎麦の量がかなり多い。なぜかサラダもついていてうれしい。丼物やラーメンまであるちょっと不思議なお店だ。驚いたことに、夫の好みにどんぴしゃだったらしく、ご満悦。「いやー、美味しかった。こんなに美味しいとは思わなかった!」 そりゃ、ようござんした。

 かくして今日も満腹。夕飯どうしよう~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職員旅行2017で フレンチレストラン「シェ・サツカワ」

 3年ぶりの職員旅行。前回は2014年1月で、日本平ホテルでのディナーだった。その直後に病発覚ってこともあり、実はあまりいい思い出ではない。

 職員旅行とは言うものの、食事組と旅行組に分かれる。旅行先がたまたま以前、夫と参加したバス旅行のコースとほぼ同じだったので、食事組に参加してみた。オーレ藤枝の中にできたフレンチ・レストラン「シェ・サツカワ」だ。以前は静岡市にあったお店らしい。なかなか自腹ではいかないのでちょっと楽しみだった。

 確かオープン当初、ランチを1000円で提供していてものすごい人気だった。その後も入る機会がないまま…

_1080781ro_1024x769
 レストランのかなりの部分を貸し切り状態。どこに座ろうかな~、とちょっとはずれの窓際に、個室状態になった場所を見つけてそこへ先輩と着席。駅前のイルミが見えて、なぜか椅子も肘つきでいい場所だ。

_1080791ro_769x1024
_1080785rofilmv2_1024x733
 お料理がやってくる。まずは前菜。おしゃれだね~。なぜかウーロン茶で乾杯した後、さっそくいただく。左は白身魚とジャガイモのマッシュ。真ん中が生ハムと大根?。右がキッシュ。どれも美味しい。

_1080794roki1_769x1024
 お次は白身魚のカルパッチョ? マリネ? たっぷりのネギに酸味の利いたドレッシング、魚はぷりぷりで美味。

_1080799koki1_769x1024
 フリードリンクってことなので、ノンアルコールカクテルをお願いしてみた。クランベリーソーダとパッションオレンジだったか。

_1080804roki1_769x1024
 フォアグラがやってきた。軟らかく煮た大根の上にゴージャスにトッピング。こんなにガッツリフォアグラ食べたことないや。美味しいけど、結構こってり。さっぱりな大根と相性いい。

_1080809roki1_1024x769
 焼きたてのパンがやってきた。これ、ぱりぱりで美味しいのだが、ちぎりにくくてちょっとボロボロこぼしちゃった。

_1080812ki1_769x1024
 カリフラワーのスープ。かなり薄味。中に塊のブロッコリーも入ってた。

_1080813ki1_1024x769
 メインの魚料理。金目鯛? たっぷりの野菜の上に、やわらかくて脂の乗った魚。すごく美味しかったのだが、途中で急激に満腹感に襲われる。フォアグラが利いてきたか。

_1080821roki1_1024x769
 パンのおかわりはどうですか~? とウェートレスさんが回ってきたが、まだナイフとフォークが残ってるってことは、メインの肉もあるんだよね…? パンなんて食べてる余裕なし。案の定やってきた、ガッツリのステーキ。

_1080825roki1_1024x769
 四角いのはジャガイモなのだが、層になっていてクリーム系のソースが挟まっていた。美味しいけどボリューミー。肉も美味しかったが、かなりの苦しさ。飲み物を飲んでなんとか完食。苦しい~

 最後はコーヒーか紅茶とデザート。かなりデラックスなデザートの登場に、わ~い、デザートは別腹だよね~と喜んでいたのも束の間…

_1080831roki2_769x1024
 シャーベットは3種類とも強烈に甘い。それでも冷たさでなんとか食べきったが、チーズケーキがこれまた強烈に甘く、しかも濃厚。お食事が軽ければ美味しくいただけたかもしれないが、かなり満腹なところへきてのこのボリュームで、苦い紅茶を飲みながらなんとか食べきる。ムース?はつるっと行けるだろうと踏んだが… これまたかなり濃厚。こってり系が続いてみんなかなり口数が少なくなった…

 どれも美味しかったけど、カロリー的には夕食3回分くらいありそう。久しぶりに高カロリー食を堪能。帰宅してからも苦しくて、夜中もずっと苦しくて、翌朝も胃もたれしてたよ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月27日 (金)

[映] パディントン

 有名な児童小説の映画化。パディントンの存在自体は知っていたけれど、こういうお話だったとは… スチュワート・リトルを思わせる楽しいコメディ。

Paddington
 南米ペルーを探検していた探検家が、クマと遭遇。そこで彼らと異文化交流。探検家からマーマレードのおいしさや、言葉を教わったクマたち。それから40年。地震で叔父を失った子グマは、叔父から聞いていた探検家を訪ねてロンドンへ。だがそこは想像とは違った… 偶然知り合ったブラウン一家に助けられ、出会った駅名にちなんでパディントンと名付けられた彼は、探検家を探すが…

 パディントンの叔父の声役にマイケル・ガンボン(ハリー・ポッターの二代目ダンブルドア)。叔母の声役にイメルダ・スタウントン(ハリー・ポッターのアンブリッジ)。ブラウン一家の父ちゃんヘンリー役にヒュー・ボネヴィル(ダウントン・アビーの父ちゃん)。母ちゃんメアリー役にサリー・ホーキンス。タクシー運転手の役でマット・ルーカス(リトル・ブリテン!)。ミセス・バード役にジュリー・ウォルターズ。パディントンを狙うミリセント役にニコール・キッドマン。

 クマが英語を話すとか、書くとか読むとか、普通に立って歩くとか、なによりペルーでマーマレードジャム作ってる(瓶とか砂糖はどうしたんだよ!)とか、なんで叔母さん置き去りで一人でロンドン行くんだ(老クマホームがあるんなら、孤クマ院だってあっていいはず)とか、ツッコミどころはたくさんあるが、その辺は置いておく。これ、映像上はクマだけど、本当は違う土地から来た人のメタファーなんだよね、きっと。

 すっかり世知辛い世の中になってしまった現代のロンドンへ、純粋そのもののクマがやってくる。ロンドンはよそ者に優しいと聞いていたのに、全然違う。みんな忙しそうで、自分の事で精一杯だ。誰かがきっと助けてくれると甘い考えでやってきたクマは、周りを巻き込んで騒動を起こすが、実に愛すべき存在だ。彼には悪い心が全く無い。

 異文化交流。暮らしてきた文化が違えば摩擦も起こる。でもそれはお互いを知らないから。お互いを知ればきっと仲良くなれる。そんなメッセージが伝わってくる。なによりこれはコメディなので、ブラウン一家とパディントンのドタバタが可愛らしく楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«[映] ハッピーエンドの選び方