カテゴリー「1.映画の感想(グチ)」の1000件の記事

2019年12月 7日 (土)

[映] ゲーム・ナイト

 よく映画やドラマで、友達が週末に集まってジェスチャーゲームなんかに興じるシーンがあるが、仲間で集まってそういうゲームナイトを楽しんでいたら犯罪に巻き込まれ… と言うコメディ。

Game-night
 ゲームが大好きなことがきっかけで出会って結婚したマックスとアニー。同じような友達と毎週末集まってはゲーム・ナイトを楽しんでいた。ある日、そこへマックスの兄ブルックスがやってきた。あらゆる面でマックスより優秀でイケメンのブルックスにコンプレックスを感じていたマックス。次回はマックスの家でゲーム・ナイトを開催することに。翌週、ブルックスの家に集まったメンバーたちに、ブルックスはあるゲームを企画したと告げる。この中の1人を拉致し、それを探すと言うゲームで、賞品は高級車。すぐにFBIを名乗る男が現れ、凝ったゲームが始まり、ブルックスが拉致される。それぞれの方法でブルックスを探し始めるメンバーたちだったが…

 マックス役にジェイソン・ベイトマン。アニー役にレイチェル・マクアダムス。ブルックス役にカイル・チャンドラー。マックスたちの隣人で警官のゲイリー役にジェシー・プレモンス。謎のブルガリア人役にマイケル・C・ホール(デクスター! 久しぶりに見たけど痩せたね…)。

 ゲームだと思ったら、実は本当の犯罪に巻き込まれていた… と言う展開はありがちだが、そこに隣人(警官)が絡んできたりして、楽しい。そして、これまで兄ブルックスにコンプレックスを感じてきたことが原因で、子どもを作る気になれなかったマックスが、兄の実態を知りコンプレックスを克服すると言う流れもいいね。偽デンゼルが出てきたり、マックスたちのゲームナイトに呼ばれないことを妬んでいる隣人の存在など、笑えるシーン盛りだくさん。ジェイソン・ベイトマンとレイチェル・マクアダムスのイキもぴったり。

| | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

[映] イン・ザ・トール・グラス ー狂気の迷路ー

 Netflixで配信中。ドライブ中に草むらの中から助けを求める声を聞き、捜索に入ったら出られなくなっちゃったと言うストーリー。

In-the-tall-grass
 カンザス州をドライブ中のカルと妊婦の妹ベッキーは、広大な草むらの中から助けを求める少年の声を聞く。すぐに車を教会の前に停め、捜しに入る2人だったが少年は見つからず、お互いもはぐれてしまう。声が聞こえるので近くに居るはずなのに、何かがおかしい… 少年の父という男に会ったベッキーだったが、異変に気づく。一方、カルは犬の死体を発見。
 ベッキーと連絡が取れなくなり、心配して探しにやってきた恋人トラヴィス。教会の前に車を見つけ、草むらへ…

 ベッキー役にライズラ・デ・オリヴェイラ。カル役にエイヴリー・ホワイテッド。トラヴィス役にハリソン・ギルバートソン。少年トビン役にウィル・ビュイエ・Jr。その父役にパトリック・ウィルソン。

 時系列で考えると、まず少年トビンが声を聞いて犬とともに草むらへ。両親が後を追う。そこで迷い、助けを呼び、ベッキーとカルが草むらへ。その後、トラヴィスが草むらへ。なのだが、この草むら、勝手に移動するらしい。しかも時間もループするらしい。と言うことで、この草むらに捕らわれた人々の物語なのだが、恋人との間に出来た子どもを養子に出そうと考えている女性ベッキーの物語でもある。

 そういう意味ではちょっと興味深かったし、前半は不思議なことがいろいろ起こって面白かったのだが、後半は… 草むらの中での出来事が、とにかく暗すぎて、自宅のテレビでは何が起こっているのかよく見えず。劇場ならいいんだろうね… そのへん、もうちょっと考えて欲しいなー

| | コメント (0)

[映] ドクター・スリープ

 いや、これ、実は全く期待していなかったのだが、面白かったー シャイニングの40年後のお話ってことで、またあの感じかなと思ったら、全然違う!!

Doctor-sleep
 40年前、雪山のホテルで惨劇が起こった。このとき、父親に殺されかけた少年ダニー。シャインと呼ばれる特別な力を持つ彼は、様々なトラウマからアルコール依存症に。だが心機一転でたまたまたどりついた街で、仕事と居場所を見つけ、依存症を克服。ホスピスで能力を生かし、ドクター・スリープと呼ばれるように。そんなある日、彼と同じように能力を持つ少女アブラからメッセージが届くように…

 大人になったダニー役にユアン・マクレガー。シャイニング能力を持つ子どもたちから生気を吸い取る女ローズ役にレベッカ・ファーガソン。アブラ役にカイリー・カラン。ダニーを助けたビリー役にクリフ・カーティス。依存症の会のドクター役にブルース・グリーンウッド。被害者の少年役にジェイコブ・トレンブリー。ダニーを導くディック役にカール・ランブリー(エイリアスのディクソン)。

 2時間32分とかなり長いのだが、釘付け。映画「シャイニング」とどうつながるのかなーと思っていたのだが、なるほどね。レベッカ・ファーガソン綺麗だなー、ユアンいい男だなー、アブラ役の子、可愛いなーなどと思いながら見ていたらあっという間だった。ホラーの扱いだけれど、(残虐なシーンはあるけど)さほど怖いと言う感じではない。個人的にはシャイニングより面白かった。

| | コメント (0)

2019年11月25日 (月)

[映] アクアマン

 ジャスティス・リーグではすでに出てきたアクアマン。WOWOWで録画して見る予定だったが、Netflixでもう配信中と知って、先に見ちゃった。

Aquaman
 海底にある巨大帝国アトランティス。この王国の女王アトランナは、政略結婚から逃げ出し、灯台近くに打ち上げられているところを灯台守に助けられる。恋に落ちた2人は結婚し、男の子アーサーが生まれた。だがアトランナを追って王国からやってきた兵士が彼らを襲う。やむなく王国に戻ることにしたアトランナ。少年となったアーサーは海の生物と意思疎通が出来ることを知る。王国の参謀バルコはアーサーに戦闘術を指導、たくましい青年に成長する。
 一方、アトランティスでは、アーサーの弟である若き王オームが、海を汚し続ける人類に対して攻撃を計画。オームの婚約者であり、海底谷ゼベルの王女メラは、オームの暴走を止めるべく、アクアマンに助けを求めるが…

 アクアマンことアーサー役にジェイソン・モモア(ゲーム・オブ・スローンズのカール・ドロゴ、スターゲイト・アトランティスのロノンなど)。メラ役にアンバー・ハード。バルコ役にウィレム・デフォー。オーム役にパトリック・ウィルソン。アトランナ役にニコール・キッドマン。海賊のマンタ役にヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世。その父役にマイケル・ビーチ(サードウォッチのモンティ)。メラの父ネレウス王役にドルフ・ラングレン。

 海底王国があるらしい。そこは地上よりずっと文明が進んでいるようだ。彼らは水中でも地上でも呼吸できるが、地上で呼吸できるのは王族だけらしい。なぜかは不明(遺伝子的なもの?)だし、他にもツッコミどころはまんさいだが、痛快ではある。インディ・ジョーンズばりに世界中を移動して、王のほこトライデントを探すアクアマン。それが取れたら真の王って、アーサー王伝説かっ

 ジェイソン・モモアはヒーローながらとてもお茶目なので、時にコミカルで、楽しいストーリー。アベンジャーズだけでなく、ジャスティス・リーグもあちこちで物語進行するのかなー、追うの大変だなー、でも見ちゃうんだなー



| | コメント (0)

2019年11月18日 (月)

[映] 女王陛下のお気に入り

 原題は"The favourite"。アメリカ英語(favorite)とイギリス英語でスペルが違うと言うことを始めて知った。イングランドのアン女王と、女王の寵愛を得ようと争う2人の女性の物語。今年のアカデミー賞では、この作品で女王役オリヴィア・コールマンが主演女優賞を受賞。

The-favourite
 18世紀初頭のイングランド。アン王女の世話を焼くサラは、王女とは幼なじみ。イングランド軍のモールバラ公爵の妻でもあり、病弱な王女に代わって宮廷の実権を握っていた。そんなところへ、サラの従妹アビゲイルが現れる。没落貴族の娘である彼女は、使用人として働かせて欲しいと言う。メイドとして下働きをしていたアビゲイルだったが、たくみに女王に近づき、気に入られるように。

 アン女王役にオリヴィア・コールマン(ドクターWhoのローズのママ、「セレブになりたくて」のサイモンのママなど)。サラ役にレイチェル・ワイズ。アビゲイル役にエマ・ストーン。

 この人間模様は見ていてすごく興味深い。アン女王は病弱でわがまま、気まぐれなおばちゃんなのだが、とても辛い目にあっていることが後にわかる。そんな彼女をあらゆる面で支えていたのがサラで、幼なじみの彼女たちの付き合いは相当長い。サラは時にシビアなのだが、アンを大切に思っていることは確か。そんなところへやってきたアビゲイル。一見、純真な若い女性なのだが、彼女も相当苦労している。かなり酷い目にあっていて、心身共にタフでしたたか。メイドとして下働きから始めるが、すぐにサラの目にとまり、侍女に。そしてたくみに女王に近づき…

 主演女優賞も納得。3人ともに主演女優賞あげたい。






| | コメント (0)

2019年11月15日 (金)

[映] ミスター・ガラス

 まず最初に、このミスター・ガラスって言うダサい邦題やめてほしい! 原題は"Glass"、せめて「ミスター・グラス」だろう。「スプリット」の続編って聞いたので見てみたのだが、これ、シャマラン監督の作品で、「アンブレイカブル」からの3部作になるらしい。アンブレイカブルをすっかり忘れてしまっていたので、復習してから見ると、なるほど。

Glass
 特殊能力を身につけてから、犯罪者を独自に見つけ出して成敗していた男デヴィッド。24人もの人格を持つ多重人格の犯罪者ケヴィンが、若い女性を拉致監禁しているのを見つけ出し、ビーストとなったケヴィンと闘う。だが2人とも捕らえられ、ある施設に収容されてしまう。そこは精神科医ステイプルによって研究が行われており、骨形成不全症で骨折しやすい肉体を持つミスター・ガラスがすでに収容されていた… ステイプルは、彼らが精神を患って自らをヒーローだと言う妄想にとりつかれていると考え、それを証明しようと試みる。

 ケヴィン役にジェームズ・マカヴォイ。相変わらず見事な多重人格っぷり。デヴィッド役にブルース・ウィリス。ミスター・ガラスことイライジャ役にサミュエル・L・ジャクソン。ステイプル役にサラ・ポールソン。スプリットにも出ていたケイシー役にアニャ・テイラー・ジョイ。デヴィッドの息子ジョゼフ役にスペンサー・トリート・クラーク。彼はアンブレイカブルにも息子役で出ていた。デヴィッドの店に客としてやってきた男役でシャマラン監督も出演。

 アンブレイカブルは2000年の作品なんだね、もうすっかり忘れてしまっていたのだが、一応全部つながっている。集められた3人は、能力は妄想だと洗脳され続けるが、イライジャがある行動を起こす。彼らの行動はそれぞれわかる気がするのだが、ステイプルと言う人のやりたいことがイマヒトツよくわからず… ヒーローをもみ消したいの? なんのために?

 あと、デヴィッドはわかるのだが、多重人格のケヴィンがなぜヒーローになるのかが不明。ただの犯罪者だと思うのだが… 

| | コメント (0)

[映] ダークタワー

 劇場でも公開したらしいのだが、Netflixでも配信中。スティーブン・キング原作の一大巨編を映画化!って書いてあったので、すごく壮大な物語で長いのかと思いきや、思いのほか短く、あっけなかった。原作はもっとずっと長いようなので、もしかしてこれは1作目で、続編ができるのだろうか???

The-dark-tower
 ニューヨークに母とその恋人とともに暮らす少年ジェイクは、夜な夜な悪夢にうなされていた。巨大な暗黒の塔、それを守る戦士と破壊しようとする黒衣の男の闘い。そして連動するかのような地震が頻発。悪夢と地震に関係があると考え見た映像を絵に残してたジェイクだったが、誰にも信じてもらえず。学校ではいじめられ、自宅では母の恋人に邪険にされていた。そのせいで施設送りにされそうになるが、迎えに来たスタッフに不信感を持ったジェイクは逃走。夢で見た場所を見つけ、中間世界と呼ばれる場所へ…

 ジェイク役にトム・テイラー。ガンスリンガーと呼ばれる戦士ローランド役にイドリス・エルバ。塔を破壊しようとする黒衣の男ウォルター役にマシュー・マコノヒー。ローランドの父?役にデニス・ヘイスバート。

 スティーブン・キングの他の作品ともつながっているとのことだったので、ものすごく壮大な話を想像していたのだが、あまりに短くて拍子抜け。どう考えてもこれで終わりとは思えないので、これは1作目ってことなのかなー

| | コメント (0)

[映] ヘレディタリー/継承

 祖母の葬儀の後、一家に異変が… と言うホラー。ものすごくショッキングなシーンが出てくるのだが、その他は…

Hereditary
 母エレンが亡くなり、娘アニーは葬儀を終えてやっと日常を取り戻したかに思われたが、13歳の娘チャーリーが異常な行動をとるように。そんなある日、高校生の息子ピーターがパーティへ行く許可を求めてきたので、妹チャーリーを連れて行くことを条件に認めるアニー。だがそこで事故が起こってしまう。失意のアニーは降霊術にのめり込み…

 アニー役にトニ・コレット。夫スティーブ役にガブリエル・バーン。息子ピーター役にアレックス・ウォルフ。娘チャーリー役にミリー・シャピロ。アニーに近づく女ジョーン役にアン・ダウド(LEFTOVERのパティ、ハンドメイズテイルのリディア)。

 前半、すごくショッキングなシーンがあり、そこまでは興味津々で見ていたのだが、その後の展開が謎すぎて… 見終わって謎だけが残った。

| | コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

[映] ターミネーター:ニュー・フェイト

 ターミネーターシリーズの最高傑作はやっぱり2だと思う。その、正規の続編というふれこみで、サラ・コナー役はリンダ・ハミルトン。そしてシュワちゃんも出ている。じゃ、いままでの続編はなんだったのさ。ちなみに、邦題は「ニュー・フェイト」ってなってるけど、原題は"Dark fate"。

Terminator-dark-fate
 メキシコシティの自動車工場で働く女性ダニーは、いつものように弟とともに出勤。そこに父の姿で現れたのは暗殺者だった… 突然襲撃されるが、突然現れた女性グレイスに救われ、弟と3人でその場を逃走。襲撃してきたのは未来からやってきたターミネーターREV-9だと知る。訳もわからぬまま逃走を続けるが、ターミネーターは執拗にダニーを追い、再び襲撃。絶体絶命のところで突然現れた女性サラ・コナーに救われる。ダニーを守るために未来からやってきたと言うグレイスは、サラを警戒するが、自らの体験を話すサラ。彼女が未来を変えたことでスカイネットは存在しないが、今度はAIによる人類抹殺が始まり、ダニーがターゲットになっていることがわかる。

 サラ・コナー役にリンダ・ハミルトン。相変わらず鍛えてる感じではあるけど、シワシワやなぁ… 人として暮らしていたT-800、通称カール役にアーノルド・シュワルツェネッガー。強化型兵士グレイス役にマッケンジー・デイヴィス。長身でスリムマッチョ、格好いいね~ ダニー役にナタリア・レイエス。REV-9役にガブリエル・ルナ。

 結論から言っちゃうと、アクションはすごいと思うけど、ストーリーは… T2とおんなじ様なことしてるなーと言う印象。T-800が年とってるのも解せないし、REV-9はT2の液体金属とT-800を合わせたような感じだし、グレイスの存在は1作目のカイル・リースが女性になっただけ(強いから格好いいんだけどね)なので、1作目と2作目を合わせたような感じだな。斬新さを期待していたので、ちょっと残念。スリリングだったけどね。

| | コメント (0)

2019年11月 5日 (火)

[映] IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。

 2017年の作品の続編。前作の27年後、それぞれの道へと進んだメンバーが、ITを倒すために故郷に戻ると言うストーリー。

It-chapter-two
 メイン州の田舎町デリーで起きた児童失踪事件から27年。ルーザーズのメンバーたちも街を出てそれぞれの道へと進んでいたが、唯一残ったマイク。再びペニー・ワイズが現れたことに気づき、メンバーを呼び寄せる。久々の再会を喜ぶメンバーたちだったが…

 ビル役にジェームズ・マカヴォイ。ベバリー役にジェシカ・チャステイン。リッチー役にビル・ヘイダー。マイク役にイザイア・ムスタファ。ベン役にジェイ・ライアン。エディ役にジェームズ・ランソン。スタン役にアンディ・ビーン。ペニー・ワイズ役にビル・スカルスガルド。そして例のごとく、原作者のスティーブン・キングもちょっとだけ出演。作家のビルって、キング自身がモデルだと思うけど、彼と会うシーンというのも、うまいね、さすが。

 負け犬クラブのメンバーたちは、スタンド・バイ・ミーのような仲間たち。大人になった彼らと、少年少女時代の彼ら、両方出てくるのだが、似ているキャストでなかなかいい。街を出てそれぞれの道へと進んだ彼らは、その頃の記憶がほとんどない。唯一覚えているのは地元に残ったマイクのみ。だが故郷に集まり、懐かしい場所を歩く事で、少しずつ思い出し始める。どんなことがあり、何をおそれていたのか。

 例によって怪物が出てきたりしてドキッとさせるシーンの連続なので、怖いの苦手な人にはお勧めしない。が、みなそれぞれなにかおそれているものがあること、だが必要以上におそれることはないし、時に立ち向かうことも必要であることを再認識。思い出の場所へ行ってみたり、長らく会っていなかった昔の友達に会ったりして、昔を思い出すのもいいね。いいことも悪いことも。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧