カテゴリー「2.海外ドラマ(英米)」の531件の記事

2018年7月 7日 (土)

[ド] イン・ザ・ダーク

 イギリスBBC制作のミニシリーズで全4話。ベストセラー作家マーク・ビリンガムの小説のドラマ化らしい。

In_the_dark
 同僚刑事と同棲中のヘレン。ある日、故郷の町で少女2人の誘拐事件が起こったことを知る。しかも、容疑者として逮捕された男の妻はかつての親友リンダ。長らく故郷を避けてきたヘレンだったが、親友リンダを支えるために帰郷を決意。
 久々の帰郷で、懐かしいながらも閉塞感のある田舎社会を思い出す。さらに、リンダと体験した過去の事件を思い出す…

 ヘレン役にマイアンナ・バーリング。恋人ポール役にベン・バット。ヘレンの浮気相手アダム役にデヴィッド・レオン。リンダ役にエマ・フライヤー。

 ううむ、4話だが、前半は故郷で起こった誘拐事件に関する話で、自らの過去に起きた事件などもフラッシュバックで描かれるが、後半は恋人ポールに起きた事件を独自に調べる形になり、その間に不倫騒動やら恋人との不和やらが描かれていて、結果として何がメインの話なのかよくわからず…

 ヘレンさんの心の闇が描きたかったのか?? ちょっとモヤモヤだけが残った作品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

[ド] THIS IS US 36歳、これから

 AXNで放送が始まったドラマ、諸事情により少々遅れて視聴開始。これ、すごく話題作みたいで気になっていたのだが、#1を見て感動。そういうことだったのね…

This_is_us
 36歳の誕生日を迎えた俳優ケヴィン。だがチョイ役ばかりの出演が続き、今の役は演技よりも自分のルックスをウリにした役。そんな毎日に納得がいかず…
 同じく36歳の誕生日をケイトは、ケヴィンの双子の妹。肥満に悩みながらも、食べずにいられない自分にいらつく。減量のために通うサポートグループで、同じく太めの男性と知り合い、良い感じに。
 36歳の誕生日に、自分を捨てた実の父親を捜し当てたランダル。会うべきか否か迷った挙げ句、彼を責め立てるために会いに行くことに。だが思わぬ行動をとってしまう…
 ジャックの36歳の誕生日、三つ子を妊娠中の妻レベッカが破水。すぐに病院へ行き、お産が始まるが…

 ジャック役にマイロ・ヴィンティミリア(ヒーローズのピーター・ペトレリ)。妻レベッカ役にマンディ・ムーア。ランダル役にスターリング・K・ブラウン(アメリカン・クライム・ストーリー OJシンプソン事件のダーデン検事補)。ケイト役にクリッシー・メッツ。ケヴィン役にジャスティン・ハートリー(ヤング・スーパーマンのグリーン・アロー)。ケイトの出産を担当したドクター役にジェラルド・マクレイニー。ケヴィンの共演者として、アラン・シック(愉快なシーバー家のパパ、ジェイソン・シーバー)が本人役で出演。

 同じ誕生日を持つ彼らの物語なのだが、どうやって知り合うのかな~と思って見ていたら… これ以上詳しい内容を書いてしまうと、#1の感動がなくなってしまうので、とにかくまずは#1を見て欲しい。これから物語がどんな風に展開していくのか私にも全くわからないが、この#1だけでも素晴らしい出来。

 ケイトの出産、当初の担当医が虫垂炎になってしまったとのことで、急遽73歳という高齢ドクターがやってきて不安になるが、このドクターがまた素晴らしい。単にベテランなだけでなく、人生経験も踏んでいると言うことで、話す言葉に重みがある。

 シーズン1と2が18話。シーズン3も18話決まっているらしい。楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ド] ミスター・メルセデス

 スティーブン・キング原作のドラマ化。スターチャンネルで放送。脚本はデヴィッド・E・ケリーと言うことで期待して見た。

Mr_mercedes
 2009年、就職斡旋会会場前に、職を求める人々が夜明け前から多数並んでいたところへ、1台のメルセデスが猛スピードで突っ込んだ。人々をひき殺して逃走し、現場は惨状となる。事件を担当した刑事イル・ホッジスは、犯人を見つけられないまま定年退職。酒に溺れる自堕落な生活を送っていた。そんなビルの元へ、あるメールが届く。差出人は「ミスターM」。それはあの時の犯人なのか!?

 ビル役にブレンダン・グリーソン。ハリー・ポッターシリーズのマッド・アイでもお馴染み。メルセデスキラーことブレイディ役にハリー・トレッダウェイ。ブレイディの母役にケリー・リンチ。ビルの近所の青年ジェローム役にジャハール・ジェローム。ビルのかつての相棒ピート役にスコット・ロウレンス。ビルの隣人アイダ役にホランド・テイラー。犯行に使われたメルセデスの持ち主の妹ジェイニー役にメアリー・ルイーズ・パーカー(WEEDSのナンシー)。ジェイニーの従妹?ホリー役にジャスティン・ルーペ。

 シーズン1の10話を鑑賞。ビルとブレイディの私生活が同時進行で描かれている。事件を担当しながら、解決しないまま退職し、現在は目標もなくダラダラと生活しているビルを、メールで挑発するブレイディ。彼は母親と二人暮らしだが、母親はアルコール依存症。ブレイディに性的関係を迫ったりして、ちょっと怪しい親子関係だ。

 ブレイディの挑発で、ある意味人生の目的を見つけたビル。近所の若者の手を借りたりしながら、着実にブレイディを追い詰める。刑事と犯人の双方を同時進行で描くやり方は、「The Fall」にちょっと似てる。

 見応え合ったなぁ。ハッピーエンドながら、なんとなくすっきりしない結末も、必然なのかな。終わっちゃったーと思ったら、原作が3部作とのことで、シーズン2もあるらしい。この話が続くのか、別の話になるのか…!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

[ド] マーベラス・ミセス・メイゼル

 アマゾン・プライムTVオリジナル作品。なんとなく#1を見てみたら! これは面白い!! 1950年代のニューヨークを舞台に、裕福な新妻が、ひょんなことから人生が一変し、コメディアンになると言うストーリー。

Marvelous_mrs_maisel
 1958年ニューヨーク。ハンサムなジョエルと結婚し、裕福な家庭で順風満帆だった主婦ミッジ。日中は仕事をしながら夜な夜なライブハウスにスタンドアップコメディアンとして出演している夫を支えるため、全力を尽くしていたある日。全くウケなかったことに落ち込んでしまったジョエルは、突然離婚を切り出し、家を出て行ってしまう。不倫していたことを聞かされ、呆然としたミッジは、酔った勢いでライブハウスへ。自分の境遇をステージで語ったところ大ウケ。それを見ていたライブハウスの従業員スージーから意外な提案を受ける…

 ミッジ役にレイチェル・ブロズナハン。ジョエル役にマイケル・ゼゲン。ミッジの父役にトニー・シャルーブ(名探偵モンクのモンク)。スージー役にアレックス・ボースタイン(「MADtv」でお馴染み)。

 ミッジは完璧主義らしい。結婚して4年間、おそらく素顔を夫に見せたことは一度も無い。彼が寝た後にメイクを落とし、起きる前に起きてばっちりメイクする。髪型も学生時代から全く同じ、体型も全く変わらないように毎日管理。夫がちょうど良い時間に出演できるように店に料理を貢いで頼み込んだり、夫の出演中もお客がどのくらいウケたか、何にウケたか、ばっちりメモをして管理。家の中も常に秩序があり、完璧な妻だ。

 想像するに、ジョエルはそんな完璧な妻に息苦しさを感じたのだろう。ささいなことをきっかけに離婚を切り出し、愛人の元へ。突然のことに呆然とするミッジ。

 とはいえ、彼女の両親は裕福なユダヤ人らしく、両親も、ミッジたちも高級マンションに住んでいる。おそらく生活には困らないのだろう… (と思ったら、なんと! のんきにしては居られないことが#2で発覚) 世間体を気にして動揺する両親。自分は被害者なのに、慰めてももらえないミッジは、酒をあおって夫の出演していたライブハウスへ。自分の境遇をステージで語ったところ大ウケ。なるほど彼女の話はテンポもいいし、面白い。ジョエルなんかよりずっと才能がある。そのことに気づいたスージーが、彼女に、スタンドアップコメディアンとしてやってみないかと誘いをかける…

 とここまでが#1。これは面白い! シーズン1が8話、シーズン2が10話の予定で、シーズン3まで決まっている。楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月27日 (金)

[ド] Weeds ~ママの秘密

 ちょっと前のシリーズなのだが、ずっと気になっていたものの、見る機会がなかった作品。Netflixにあったのでようやく視聴。興味深い…

Weeds
 カリフォルニア州郊外、閑静な住宅街に住む主婦ナンシー。PTAの活動にも熱心な彼女にはある秘密が… 彼女はマリファナの売人だった…

 ナンシーは一見普通の主婦だ。息子が2人。閑静な住宅街に住んでいる辺り、なんの不自由も無さそうなのだが、実は愛する夫を失ったばかり。ジョギング中に心臓発作で亡くなったらしく、その場に居合わせた次男はセラピーに通っている。突然夫を失ったことで、資金繰りに困ったナンシー。生活レベルは落としたくないと言うことで、手っ取り早くマリファナの売人になったらしい。

 一応彼女にはポリシーがある。子供には売らない。売る相手は近所の知り合いくらいのもんだ。仕入れ先は、黒人一家なのだが、仲良くつきあっている。ドラッグディーラーな割にはほのぼのした感じか?と思いきや、そう簡単ではなさそう。

 ナンシー役にメアリー・ルイーズ・パーカー。長男サイラス役にハンター・パリッシュ。次男シェーン役にアレクサンダー・グールド。近所のお得意さんダグ役にケヴィン・ニーロン。その息子ジョッシュ役にジャスティン・チャットウィン(シェイムレスのスティーヴ(ジミー))。若い!! まだ少年じゃん!! ナンシーの親友セリア役にエリザベス・パーキンス。ナンシーの亡くなった夫役にジェフリー・ディーン・モーガン(ウォーキングデッドのニーガン!!)!! 若い!! そのお騒がせの弟アンディ役にジャスティン・カーク(ジャック&ジルのバート)。これまた若い!!

 2005年に始まった作品なので、みんな若いね… シーズン8まであるようで、シーズン1が10話、シーズン2が12話、シーズン3が15話、シーズン4~8が13話ずつ。シーズン1の7話まで一気に見たのだが、これ、ものすごく面白い。ブレイキング・バッドとか、これが元になってるのかなとも思う。見たいと思ってからだいぶ経ってしまったが、Netflixに感謝だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ド] ガンパウダー

 あまり馴染みがないのだけれど、17世紀にイギリスで起こった火薬陰謀事件を描いたドラマ、スターチャンネルで放送。これ、制作総指揮がキット・ハリントンと言うことで話題になったが、この事件の首謀者の子孫だとのこと。

Gun_powder
 1603年イングランド。国王ジェームズ1世は、エリザベス1世に引き続きカトリックを弾圧。敬虔なカトリック教徒であるレディ・ドロシーは、姪のアン、アンの従弟ロバート・ケイツビーと共に司祭を匿っていたことがバレてしまい、司祭と共に公開処刑に。ケイツビーは、次々と殺されていく仲間のため、国王に復讐を考え始めるが…

 このロバート・ケイツビー役にキット・ハリントン。子孫だそう。アン役にリヴ・タイラー。彼らを執拗に追うセシル郷役にマーク・ゲイティス。その手下?ウェイド役にショウン・ドゥーリー。そしてガイ・フォークス役にトム・カレン。

 ガイ・フォークスが出てきて、そうか! ガイ・フォークス・デーか!と気づく。彼の名前は聞いたことあったが、ロバート・ケイツビーは知らなかったなぁ。ケイツビーが首謀者らしいのだが、名前が売れているのはガイ・フォークスの方。その辺が納得いかなかったから作ったのか!?

 なんだかちょっと残念な感じの終わり方だったけれど、あくまでもケイツビーはテロリスト。テロリストの側から描いた作品ということなので、まぁこれでいいのか。歴史的事実だもんね…

 全3話。カトリックの弾圧って、そういえば先日見た「沈黙」もそうだったけれど、処刑が残酷すぎる。そこまで弾圧する方もする方だけど、そこまでして信仰を貫く方も貫く方だよな… キット・ハリントンはやっぱりジョン・スノウでいてほしいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月20日 (金)

[ド] ロスト・イン・スペース

 宇宙で迷子。1965年の同名テレビシリーズ(邦題は宇宙家族ロビンソン)のリメイク版をNetflixで配信。新天地を求めて宇宙へと飛び出したロビンソン一家のサバイバルストーリー。2話まで鑑賞。

Lost_in_space
 宇宙コロニーを目指して地球を出発した人々は、何らかの不具合が起こったために未知の惑星へと不時着することに。そんな家族の一つ、ロビンソン一家は、墜落の衝撃で母モーリーンが足に重傷を負う。おまけに到着した場所は極寒の地。宇宙船は水に沈んでしまった。暖を取るべく、水中の宇宙船の中にバッテリーを取りに行った娘ジュディだったが、水が凍り付いてしまい閉じ込められてしまう…

 ロビンソン一家の大黒柱とも言える母モーリーン役にモリー・パーカー(デッドウッドのアルマ、デクスターのリサ・マーシャル)。父ジョン役にトビー・スティーブンス。娘ジュディ役にテイラー・ラッセル、ペニー役にミナ・サンドウォール、末っ子ウィル役にマクスウェル・ジェンキンス。#2から登場する自称Dr.スミス役にパーカー・ポージー(キャシーのBigCのポピー)、ドン・ウェスト役にイグナシオ・セリッシオ。

 旧作は見ていないのだが、映画版があったよね、マット・ルブランが出てるやつ。あれは見た。あれももう20年前なのね… ロビンソン一家がどうして新天地を求めて旅立ったのかとか、彼らを助けるロボットはどういう存在なのか。身分を偽っている自称Dr.スミスなる女は何者なのか、彼らの宇宙船に何が起こったのかなどなど、詳細がよくわからず、これから少しずつわかってくるのだろう。わかっているのは、モーリーンは科学者で、家を空けることの多い夫ジョンとは離婚するつもりであったこと。どういうわけかこういうことになり、力を合わせていくのだろう。

 始まったばかりの作品で、今のところ全10話。2話まで見た感じではファミリー向けかな。主人公一家は危険な目に合っても絶対助かるみたいなので、安心して見られる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

[ド] グッド・ドクター 名医の条件

 元は韓国のドラマらしい。自閉症でサヴァン症候群の若き医師の物語。このドクター役はベイツ・モーテルのノーマン・ベイツ役が記憶に新しいフレディ・ハイモアくん。

Good_doctor
 聖ボナベントゥラ病院のレジデントとして働くためにサンノゼにやってきた青年ショーン・マーフィ。空港で事故によるけが人が出るが、その場に居合わせ、見事に処置。患者と共に救急車で聖ボナベントゥラ病院へ向かうが、不審者と思われ門前払いされてしまう。
 その頃、ショーンをレジデントに押していた院長は、彼が面接に現れないことで窮地に立たされていた…

 ショーン・マーフィ役にフレディ・ハイモアくん。彼の恩師とも言える院長役にリチャード・シフ(ホワイト・ハウスのトビー・ジーグラー)。ドクター役にニコラス・ゴンザレス、アントニア・トーマス、チュク・モデュー。外科の責任者マーカス・アンドリュース役にヒル・ハーパー(CSI:NYのシェルドン・ホークス)。院内弁護士役にボー・ガレット。出資者?アレグラ・アオキ役にタムリン・トミタ。

 ショーンは自閉症であるためにコミュニケーション能力に欠けるが、サヴァン症候群でもあり、医学的知識は最強。医学書で読んだ知識を全て覚えているらしい。その知識を正確に引き出して使えることから、彼を少年の頃から知っている院長は、彼を自分の病院のレジデントに迎えようとする。だが、当然のように反対する人もいて、初っぱなから荒れ模様。病院内では、院長の座を狙う者もいる。

 彼の現在と同時に、フラッシュバックのような形で彼の過去も描かれている。恵まれた家庭環境とは言えなかったようで、両親は彼の病状を理解していなかったらしい。見かねた弟が彼を連れて家を飛び出したが、弟は事故で死んでしまう。唯一の味方を失ってしまったショーンは、その後どのようにして医療を学んだのか。

 去年始まったばかりらしく、今のところシーズン1が18話。とても興味深い内容で楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月26日 (月)

[ド] LILYHAMMEER リリハマー

 Netflixで配信しているドラマ。マフィアの幹部が、証人保護プログラムでノルウェーに移住すると言うストーリー。リリハマーって、てっきり主人公の名前だと思っていたのだが、移住先の地名、リレハンメルの英語読み。

Lilyhammer
 イタリア・マフィアの幹部フランク・タグリアーノ。ボスが亡くなり、跡を継いだ男と敵対関係になり命を狙われたフランクは、ファミリーに不利な証言をして、FBIの証人保護プログラムを受けることに。移住先に選んだのはノルウェーのリレハンメル。だがそこでの生活は予想外の出来事の連続だった…

 フランク役にスティーヴン・ヴァン・ザント(ソプラノズのシルビオ)。どう見てもイタリア系のマフィア顔の彼が、父親がノルウェー人のジョヴァンニ・ヘンリクセンと言う人物になりすます。黒づくめでオールバック、違和感ありありの彼が、次第にノルウェーに馴染んでいくのかなぁと想像。

 フランクは、仁義に厚い男らしい。女性に対しては紳士そのもの。それがいろいろなところでいい影響を及ぼす。だが、やるときはやるね。銃の扱いにも、死体の扱いにも慣れている。ノルウェー語は勉強中のようだが、みんな英語がわかるので、かまわず英語を話して生活できそう。

 フランクのやることなすこととってもコミカルなのだが、とても好感持てて楽しい。スティーヴンはミュージシャンとしても有名。ブルース・スプリングスティーンのバンドでギター弾いてるの見たときはびっくりしたけど。

 シーズン1~3まで、それぞれ8話、全24話。楽しみだなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月19日 (金)

[ド] ホテル・ハルシオン

 スターチャンネルで放送が始まったイギリスのドラマ、第一話をやっと鑑賞。ダウントン・アビーのホテル版みたいだなと思ったら、やっぱりダウントン・アビーのスタッフ制作とのこと。

The_halcyon
 1940年5月、ロンドンの五つ星ホテル・ハルシオン。オーナーのハミルトン郷は国政について密談を交わす一方、愛人を連れ込んでお楽しみ。そこへ急遽夫人が戻ってきたため、スタッフは大慌て… ハミルトン郷の双子の息子たちが戻ってきて一家団欒と思いきや、米国人記者オハラが彼らに近寄り、聞き出した情報をラジオで放送してしまい…

 ホテル・ハルシオンの支配人ガーランド役にスティーヴン・マッキントッシュ。その娘でフロント係のエマ役にハーマイオニー・コーフィールド。ハミルトン郷役にアレックス・ジェニングス。その妻役にオリヴィア・ウィリアムズ(ドールハウスのデウィット)。二人の双子の息子フレディ役にジェイミー・ブラックリー、トビー役にエドワード・ブルール。ホテルおかかえの歌手ベッツィ役にカーラ・トイントン。米国人記者オハラ役にマット・ライアン。ハミルトン郷の愛人ランバート役にチャリティ・ウェイクフィールド(ザ・プレイヤーのカサンドラ)。

 ハミルトン郷には愛人がいて、自分のホテルに連れてきたりしている。スタッフはみんな知っていて、夫人に見つからないように配慮。夫人も気づいているのだが、見ぬふりをしている。そんな夫人は、支配人ガーランドに、自分の側について欲しいとそれとなく話すが、ハミルトン郷の手回しで支配人となった身である彼は、やんわり断る。だが、それが裏目に出ることに。

 ガーランドの娘エマも従業員で、知的な美人。ダウントン・アビーだとアンナの立ち位置かな。ハミルトン郷の息子たちフレディ、トビーとは幼なじみであり、フレディに思いを寄せている。フレディもエマに惹かれているが、身分が違うので… と言う感じ。さてどう展開するのか。

 ホテルのおかかえ歌手ベッツィはエマの友人でもあり、内緒でホテルの空き部屋を使わせてもらったりしている。なのでいろいろなことを見聞きしちゃうのかなーと想像。

 1940年なのだが、冒頭のシーンはその7ヶ月後でホテルが爆撃を受ける。そちらも気がかりだ。

 今のところシーズン1のみで8話。1話が60分くらいあるので結構見応えある。人間関係も興味深い。ゆっくり堪能しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧