カテゴリー「2.海外ドラマ(英米)」の512件の記事

2017年10月12日 (木)

[ド] BULL/ブル 法廷を操る男

 法廷ドラマだが、今までのものとはちょっと様子が違う。陪審員を徹底的に研究することで裁判をコントロールするというドクター・ブル。実在の人物がモデルらしい。

Bull
 ヨットパーティで女性が殺された。容疑者として起訴されたのは、IT長者ピーターズの高校生の息子ブランドン。ピーターズから依頼を受けたブルたちチームは、陪審員候補者たちを徹底的に分析。選ばれた陪審員とそっくりの疑似陪審員を準備して裁判の行方を判断。だが圧倒的に不利な状況の中、ある一人の陪審員が鍵を握ると見抜くブル。

 ブル役にマイケル・ウェザリー(ダーク・エンジェルのローガン、NCISのトニーなど)。チームのメンバー、ベニー役にフレディー・ロドリゲス(シックス・フィート・アンダーのフェデリコ、アグリー・ベティのジオなど)。彼はブルの元妻の弟らしい。#1ではクライアントのピーターズ役でフレデリック・ウェラー(ザ・プロテクターのマーシャル)。

 陪審員の印象をよくするために画策するというのはよくドラマや映画に出てくるが、これは本当にすごい。陪審員を徹底的に調べる。どういう考えの持ち主かが重要だ。ほぼ同じ思考の疑似陪審員を準備して、判決を予測する。これがほぼ当たる。

 12人の陪審員のうち、無罪と考えているのは2人だけ。圧倒的に不利だ。だが、鍵を握る人物を見つける。彼女を味方に付ければ、ほかを説得してくれるという。彼女の考えを変えるにはどうすればいいのか。

 #1では、真犯人は別にいたので、彼のやったことは正当化できるだろう。だがそうでなかったら??

 陪審員制度の問題点が見える。ここまで来ているのか。これでいいのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

[ド] シグナル/時空を超えた捜査線

 映画「オーロラの彼方へ」のドラマ版。映画版では30年前の父と無線機で交信する息子の物語だったが、ドラマ版では20年、息子ではなく娘に。父親の職業も消防士だったものが刑事となっている。原題はどちらも"Frequency"。

Frequency
 2016年10月21日ニューヨーク。28歳の誕生日を迎えた刑事レイミーは、古いアマチュア無線機から声が聞こえてきたことに気づき、交信。話していて相手フランクが20年前に殺された父だと気づく。父は潜入捜査中の刑事で、10月23日に殺され、遺体で発見された。そのことをフランクに話した結果、助かったフランク。だが、歴史を変えてしまった影響で、母ジュリーが連続殺人鬼の餌食となっていた…

 レイミー役にペイトン・リスト。父フランク役にライリー・スミス。母ジュリー役にデヴィン・ケリー。父の同僚役にメキ・ファイファー(ERのDr.プラット)。レイミーの幼なじみゴード役にレニー・ジェイコブソン。フランクの上司モレノ役にアンソニー・ルイヴィヴァー(サードウォッチのカルロス)。

 フランクは潜入捜査を始めたことがきっかけなのか、妻とうまくいかなくなって家を出た。その後、潜入中に殺される。悪徳刑事というレッテルを貼られる。母子家庭で育ったレイミーは、父と同じ刑事になるが、父に対する思いは複雑だ。

 フランクが捜査に関わっていた訳ではなさそうだが、この頃、ナイチンゲールキラーと呼ばれる連続殺人鬼が、看護師を次々と殺していた。だが、フランクの死後、事件は途絶える。その頃行方不明になった女性の遺体が、20年後次々と見つかり、その中の一人が母ジュリーの同僚だとわかるが、フランクを助けたことで歴史が変わり、その被害者が母ジュリーだったことになってしまう。

 タイムパラドクス。父を助けたつもりが、母を死なせてしまったレイミー。そのことで婚約者までもが赤の他人となってしまい、ショックを受ける。おまけに、ナイチンゲールキラーの犯行は、ずっと続いているらしい。なんとかしなくては。

 元の映画も面白かったが、ドラマ版も興味深い。誰かにとって都合のいい出来事は、ほかの誰かにとっては都合の悪い出来事だったりして、難しいね。シーズン1だけのようで全13話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

[ド] スタートレック:ディスカバリー

 Netflixでスタートレックの新シリーズを独占放送すると聞いたのは7月くらいだったか。なんで独占? スカパーのチャンネルとかで放送してくれないの? と思っていたのだが、こちら、Netflixのオリジナルシリーズということらしい。しばし悩んだ挙げ句、結局契約。#1と#2を続けて視聴。好きなときに見られるというのは便利ね。

Discovery
 USSシェンジョウは謎の物体を発見。副長のマイケル・バーナム中佐が偵察に行くが、そこにはクリンゴン人が。そこでもみ合いとなり、相手を殺してしまう。謎の物体はクリンゴンの戦艦とわかり、どう対処すべきか、艦長とバーナムの意見が衝突。強引な手段に出たバーナムだったが…

 バーナム役にソネクア・マーティン=グリーン(ウォーキングデッドのサシャ)。艦長役にミシェル・ヨー。サルー役にダグ・ジョーンズ。バーナムの育ての親サレク役にジェームズ・フレイン。

 今までのシリーズとは違って、マイケル・バーナムという人物に焦点を当てて描かれている。完全に彼女が主人公だ。幼い頃に両親をクリンゴン人に殺されたらしく、ヴァルカン人のサレク(スポックの父)によって教育されたという人物らしい。地球人だが、ヴァルカン人の教育を受けているので、冷静で論理的。だが地球人の感情も持っている。

 大人になった彼女は、今度は地球人艦長ジョージャウのいるUSSシェンジョウに配属される。今度はジョージャウの元で立派な副長となったバーナム。#1ではクリンゴンに遭遇し、あわや戦争勃発という事態に。そこで二人の意見は衝突。だが#2では協力してある作戦を敢行。ところが最悪の事態に…

 ところどころで挿入されるバーナムの過去が興味深い。これから少しずつ彼女についてわかってくるのだろう。

 すごく気になっているのは、クリンゴン人の容姿。スタートレックの時のクリンゴンと、新スタートレック以降のクリンゴンは明らかに違う容姿で、その辺、トレッキーの間でも触れてはいけない部分になりつつあるが(^_^;)、今回はクリンゴンはまたちょっと違う… はて、どういうことなのか…?? その辺の説明も出てくるのかなぁ。

 タイトルのディスカバリーだが、どうやら#3で登場するらしい。シーズン1が15話かな? 楽しみ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

[ド] リプレイスメント ~全てを奪う女~

 イギリスのミニシリーズ、全3話。WOWOWで放送。産休で仕事を休む主人公と、代わりに雇われた女の確執。

The_replacement
 建築設計事務所で働くエレンは、仕事で大口の契約を取った直後、妊娠が発覚。数ヶ月後の産休に備えて、代わりの女性ポーラを雇うことに。やる気満々で積極的に働くポーラに軽く嫉妬を覚えつつ、引き継ぎを進めるエレンだったが…

 エレン役にモーヴェン・クリスティ。ポーラ役にヴィッキー・マクルア。エレンの夫イアン役にリチャード・ランキン。エレンの上司デヴィッド役にダグレイ・スコット(デスパレートな妻たちのイアン、フィア・ザ・ウォーキング・デッドのトーマス・アビゲイル)。

 #1では、やる気満々で積極的に仕事をこなすポーラに最初から嫉妬するエレン。ここでは、彼女がなぜそこまでポーラを目の敵にするのか全くわからない。これからしばらく仕事ができなくなる自分に対し、子育てが一段落してこれから仕事をバリバリこなせるポーラに八つ当たりしているとしか思えない。

 事件が起こるまではエレンが一人で騒いでいるだけに見えるのだが、次第にポーラの常軌を逸した点が視聴者にも見えてくる。エレンは本能的に何か感じとっていたってことかな。

 後半は、これでもかという嫌がらせ?が続き、どんどん追い詰められるエレン。でも見ていると、これはエレンの不注意もあったりして、脇が甘いなー ギリギリまでそんな感じで、最後はあっけなく解決。後半でエレンがもうちょっとうまく反撃したら面白かったのにな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

[ド] ゲーム・オブ・スローンズ第七章:氷と炎の歌

 7月に待ちに待った第七章が始まった!と思ったら、もう終わっちゃった… 今シーズンは全7話。でも、内容の濃い7話。以下、ネタバレ含むので、未見の方は要注意。

Got7
 ついに故郷に戻ってきたドラゴンクイーン、デナーリス。北のホワイト・ウォーカーの脅威にいち早く気づいたジョン・スノウは、ウィンターフェル城に戻った後、城をサンサに任せ、デナーリスと手を組むべく出発。ブラン、アリアもウィンターフェルにたどり着き、スターク集合。
 一方、子供たちをすべて失いながらも王となったサーセイは、デナーリスとの対決に備えて強引に同盟国を増やす。

 ついに最終決戦が近づく。再集結したスタークの絆の強さを見せつけてくれる最終話に感動。ここで、今までずっと裏工作をしていたあの人退場。

 すったもんだの末、デナーリスに忠誠を誓うことにしたジョン。デナーリスとの間に絆が… でも彼はまだ自分の出生の秘密を知らない… ってことで、最終話ではっきりするジョンの素性。そうだったのー

 ホワイト・ウォーカーをなんとかしないと、覇権争いしてる場合じゃないってことをサーセイに伝えるべく、策を講じるジョンたち。ホワイト・ウォーカーの存在をやっと信じたサーセイだが、自分は関わらずに済ませようと悪巧み。相変わらず自分のことしか考えてないサーセイ。さすがのジェイミーもこれを機にサーセイを見放したのか?

 そして最後のシーンは、まさかの… ヤバい、かなりヤバい…

 第八章が最終シーズンになるとのこと。あーん、来年まで待てないよ~、でも終わっちゃうのもヤだよ~ 夫はついに原作本を買い始めた。私も読まなきゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

[ド] ビッグ・リトル・ライズ #7 最終話

 海辺の街での事件を描いた作品、最終話。子供のイジメをきっかけにママ友たちの間に不穏な空気が流れ、次第にエスカレート。どうなってしまうんだろうと思っていたら… 原作小説があるのね。

Biglittlelies
 富裕層が住む海辺の街に、シングルマザーのジェーンと息子ジギーが引っ越してくる。ジェーンは、仕切り屋のマデリンと親しくなり、マデリンの友達セレステとも親しくなる。だが、ジギーの入学初日、同級生のアマベラに暴力を振るったと名指しされてしまう。そのことから、アマベラの母レナータから酷いバッシングを受けるようになるジェーン親子。ここで、マデリン派と、レナータ派でバトルが勃発。 

 ジェーンは、何かから逃げてこの街にやってきた様子。次第に明らかになる彼女の過去。セレステにも秘密があり、彼女の夫はDV男。マデリンにも秘密がある。レナータはキャリアウーマンで、そのことで自分が嫌われていることを知っている。彼女たちが、子供たちの問題をきかっけにモメ始めたのだからちょっと面倒くさいことになる。

 学校のパーティの夜、何が起こったのか、最初はよくわからないのだが、誰かが殺されたらしいことがわかる。誰が殺されたのかは、実は最後までわからないのだが、この保護者間のもめ事が関係するのか、しないのか、何が起こったのか全くわからず、しばらくはこのもめ事に付き合うしか無い。

 女のもめ事って結構やっかいで、子供まで巻き込んでどうなってしまうんだろう?? と思ったら、最後の最後で、なんなのこの爽快な最終話。いろいろなエピソードが最後にすべて解決。すべてはこの1シーンのためにあったのか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

[ド] ラストシップ

 AXNで始まったドラマ。軍隊モノかと思ったら、パンデミック軍隊モノ? 世界中を謎のウィルスが襲い、北極行きの任務に出ていた駆逐艦だけが感染を逃れた… と言うストーリー。なんだかギャラクティカを連想させる設定。

Last_ship
 チャンドラー艦長率いる米海軍駆逐艦ネイサン・ジェームズは、4ヶ月間の極秘任務で北極へ向かう。その間、無線封止で外部との接触を断つ。ウィルス研究のレイチェル・スコット博士と助手のクインシー・トフェット博士も乗船することに。4ヶ月後、任務を終え、帰還できると喜ぶ乗組員たちだったが、その場にとどまるよう指示が…

 チャンドラー艦長役にエリック・デイン(グレイズ・アナトミーのマーク・スローン)。副長スラタリー役にアダム・ボールドウィン。スコット博士役にローナ・ミトラ(ボストン・リーガルのタラ・ウィルソン)。グアンタナモで合流した元看守テックス役にジョン・パイパー・ファーガソン(ブラザーズ&シスターズのジョー)。

 ものすごい感染力のウィルスが世界中に蔓延… と言う怖いストーリー。致死率100%だそうで、発症から2~5日で死亡。空気感染って怖すぎー。限られた物資で、いかにワクチンを開発し、感染せずに残っている人たちを救うのか。人類に生き残る方法はあるのか?

 シーズン1が10話、2~4が13話。シーズン5も決まっているらしい。これ最後に解決するのかなぁ、そこ気になるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

[ド] ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂鬱~

 スターチャンネルで6月から始まるドラマ、#1を先行放送。ドラマとは思えない豪華キャストにビックリ。「デスパレートな妻たち」のようでもあるが、もっとシリアスで、見せ方としては「アフェア」に似てるか。クリエーターは、デヴィッド・E・ケリー!! 「LAロー」、「ピケットフェンス」、「ドギー・ハウザー」、「シカゴホープ」、「アリー・マクビール」、「ザ・プラクティス」、「ボストン・パブリック」、「ボストン・リーガル」、「ハリーズ・ロー」の脚本家、ミシェル・ファイファーの旦那さんだ。

Biglittlelies
 カリフォルニア州モントレー。裕福な人たちが住むこの海辺の街で、殺人事件が起こった… 小学校のイベントで事件が起こったことから、親たちから事情聴取する警察。
 小学校の入学説明会でのこと。顔の広いママ、マデリンは、娘と共に説明会に向かう途中で、足をくじいてしまう。偶然通りかかったシングルマザーのジェーンが彼女を助けたことから2人は仲良くなる。ジェーンは越してきたばかりだったが、マデリンの友達セレステにも紹介され、知り合いを増やしていく。だが、下校時に、キャリアウーマンママのレナータが、娘が乱暴されたと騒ぎ出す。相手はジェーンの息子ジギーだと名指ししたことから、レナータとマデリンが対立することに…

 マデリン役にリース・ウィザースプーン。セレステ役にニコール・キッドマン。ジェーン役にシャイリーン・ウッドリー(ダイバージェントのトリス)。レナータ役にローラ・ダーン。セレステの夫役にアレキサンダー・スカルスガルド。マデリンの夫役にアダム・スコット。マデリンの元夫の再婚相手ボニー役にゾーイ・クラヴィッツ(レニー・クラヴィッツの娘さんらしい)。そして刑事役にメリン・ダンジー(マルコム in the middle のスティーヴィーのママ、キティ)。

 これは見応えありそうだなー。何しろ人間関係がドロドロだ。マデリンは気の強いガミガミ女だ。いい母親のようだが、かなりクセの強い女性なので、敵も多いだろう。顔が広いが、親しいと言えるのはセレステだけ。そして越してきたばかりのジェーンと仲良くなる。

 セレステは、若い夫に非常に愛されている幸せな妻に見えるが、なぜかいつも何かにおびえている。どうやらこの夫、DV男らしい。何かでスイッチが入ると豹変するのだ。

 ジェーンはシングルマザーだが、何か訳ありな様子。過去を捨てて逃げてきたのか??

 レナータはキャリアウーマン。学校の役員も積極的にやるが、高飛車だ。マデリンとは明らかに合わないだろう。娘がジギーに乱暴されたと信じて疑わない。この件をきっかけに、マデリン派と対立することに。

 さて、その後起こったらしい殺人事件。でもまだ誰が殺されたのかがわからない。何があったのかも不明だ。

 全7話のミニシリーズらしい。1話が濃い。今後の展開が楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

[ド] APB ハイテク捜査網

 富豪が警察の分署を買収、ハイテク装置を導入して組織を改革しようというストーリー。#1を見た限りでは面白そうなのだが、シーズン1で打ち切りらしい。

Apb
 ハイテク企業を経営する実業家であり技術者でもあるギデオン・リーヴス。ある日偶然立ち寄った店で強盗に遭い、助けようとした親友が撃たれて亡くなってしまう。警察の事情聴取を受けるが、全くやる気のない警官たち。それもそのはず、経費削減で解雇される警官続出、装備も足りない状態で、警官たちのやる気も出ない。そんな様子をなんとか変えるべく、ギデオンは私財を投じて13分署をまるまる買い取り、ハイテク装置を導入。果たして警察は変われるのか??

 ギデオン役にジャスティン・カーク(ジャック&ジルのバート、モダン・ファミリーのチャーリー・ビンガムなど)。警官マーフィー役にナタリー・マルティネス(CSI:NYのジェイミー・ロヴァート)。警官ブラント役にテイラー・ハンドリー。ギデオンの部下で技術者エイダ役にケイトリン・ステイシー(クイーン・メアリーのケナ)。13分署の署長役にアーニー・ハドソン(OZの署長レオ)。巡査部長?ハウザー役にケヴィン・チャップマン(パーソン・オブ・インタレストのファスコ)。シカゴ市長役にネスター・セラーノ(ハット・スクワッドのラファエル)。

 天才技術者であり、その技術を利用した企業を経営する大富豪でもあるギデオンの設定は、アイアンマンのトニー・スタークに似てるね。ハンサムで、金持ちなので、鼻持ちならない感じ。だがお茶目で憎めない。親友を強盗に殺され、警察が全く役に立たなかったことから、警察を分署毎買っちまえ~ってストーリー。かなり強引な感じはするけれど、アメリカならあるかもと思った。

 舞台は犯罪の多いシカゴ。警察が資金不足で警官をクビにするとか、装備が足りないとか、日本ではちょっと考えられない状況だ。そんなところへ富豪が金を出し、ハイテク装置を導入してくれるって言うんだから喜んでいいと思うのだが、反発する警官たち。

 いろいろなハイテク装置が楽しめそう。ドローンとか、スタンガンとか、すぐにでも実用化できそうなものもある。ギデオンの行動は素晴らしいと思うのだが、彼は資金を提供するばかりでうまみがないよね、儲かるわけじゃないし。純粋に正義のためだけに資金を出すなんて… その辺、やっぱりドラマなんだろうな…

 面白いと思ったんだけどなー、打ち切りとは残念。なので全12話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

[ド] クォーリーと呼ばれた男

 スターチャンネルで放送のドラマ。人気小説が原作らしい。ベトナム帰還兵が殺し屋になると言うストーリーらしい。

Quarry
 1972年、ベトナムから親友と共に帰還したマック。愛する妻とも再会し、しばし楽しいひとときをすごす。だが現実は厳しかった… 戦地でも民間人虐殺疑惑が報道され、世間から厳しい目で見られる彼らは、元の職場へは戻れず、就職先もなかなか見つからない。自動車修理工場での仕事をなんとか見つけるが、ある日、ブローカーと言う男が大金を持って現れる。彼に依頼したのは殺し屋の仕事だった…

 マック役にローガン・マーシャル・グリーン。妻ジョニ役にジョディ・バルフォール。仕事仲間バディ役にデイモン・ヘリマン(インコーポレーテッドのヘンドリック)。父ロイド役にスキップ・サダス(サード・ウォッチの警官サリー)。ブローカー役にピーター・ミュラン。親友アーサー役にジェイミー・ヘクター。その妻役にニキ・アムカ=バード。

 ベトナム帰還兵が直面する現実。つらい体験をして戻ってきたものの、もはや自分の居場所はない。世間の目は厳しく、仕事が見つからない。そんなところへ来ての、殺し屋へのスカウト。はじめは断ったものの、親友アーサーが受けてしまい、彼を手伝うことに。だが思わぬ事態が発生し…

 これはものすごい骨太ドラマ。マックは殺し屋に向いている。自分でもそれは自覚している。だがそれだけはやりたくない。にも関わらず、その道に引きずり込まれてしまう…

 全8話。#1は76分。1話が重い… さて、マックは今後どうなってしまうのだろう…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧