« エミー賞2005 | トップページ | [ド] マルコム in the middle »

2005年10月18日 (火)

[ド] デスパレイトな妻たち

 BS-11で、水曜夜10:00から放送している、「デスパレイトな妻たち」。これ、キャストがみんなドラマ界ではかなり有名な方たちばかりで、とても気になっていた。実際、アメリカではかなりの話題作で、ミステリー&コメディ。けれど、きわどい話もあり、まさかNHKで放送してくれるとは。
 とある郊外の住宅街。みんな平穏な日常を送っていると思いきや、冒頭でいきなりメアリー・アリスが自殺する。全てが完璧に見えた彼女なのに。そして、彼女の夫の不思議な行動。その辺りがミステリー。
 ナレーションは、自殺したメアリー・アリス。彼女の主婦仲間たちの物語。ブリーは一見完璧な家庭のカリスマ主婦。でも実は離婚の危機。スーザンはバツイチで、同じバツイチのイーディとバツイチ男性争奪戦。ガブリエルは若い庭師と不倫。リネットは夫婦円満ではあるけれど、イタズラ坊主3人+赤ちゃんに振り回されて、かつてのキャリアウーマンぶりは見る影もない。

 先日のエミー賞では、リネット役のフェリシティ・ハフマンが見事主演女優賞を受賞。スーザン役は新スーパーマンのロイス・レインことテリー・ハッチャー、ブリー役はメルローズ・プレイスのキンバリーことマルシア・クロス。そして、リネットの夫役は同じくメルローズ・プレイスのマットことダグ・サバント。蒼々たる顔ぶれ。

 とても期待できるこのドラマ。ただ唯一残念なのが、スーザンの吹き替え。万田久子さんには申し訳ないけど、あまりに下手すぎ。

|

« エミー賞2005 | トップページ | [ド] マルコム in the middle »

コメント

さらさまみらしゃさん
万田さんの声質って、スーザン役のテリ・ハッチャーの声質と全く違う気がするんですよね。英語音声でご覧になってるんですねー、うらやましい。私ももっと英語勉強しよう…

そういう言葉のニュアンスって、実際に使っているのを見ないとイメージできないですよね。今度、映画で使われている英語を勉強する講座というのを申し込んでみたので、ちょっと楽しみです。

投稿: マイキー | 2011年5月30日 (月) 09:13

万田さんの件。全くそのとおり。
普段は、英語音声で見てますが、どういう表現をされてるか正確に知りたいときは、もう一度吹き替えで見ます。
普通の英語を読み取りたいのですが早くて間に合わないときもあり。
私のBOO-HOOも、<ジュリアVSジュリー>?やったっけ?で、メリル・ストリーップが言ってたのからとりました。本来は、{わあわあ泣くこと}なのですが、{トホホ}と訳されていて、これはおもしろいなと。

投稿: さらさまみらしゃ | 2011年5月28日 (土) 11:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ド] デスパレイトな妻たち:

» デスパレイトな妻たち [サイモンのブログ]
 テレビ番組です。原題は、Desperate Housewives。  水曜日、午後10:00〜11:00、NHK衛星第2。  昨日11/2(水)、初めて見ました。  その前に、新聞記事で、アメリカで結構人気が有ると、読んでいました。  たまたま点いていたテレビで、もしかしてこれが例の番組かな....... [続きを読む]

受信: 2005年11月 3日 (木) 09:26

« エミー賞2005 | トップページ | [ド] マルコム in the middle »