« [ド] 24-III | トップページ | [映] ファインディング・ニモ »

2005年11月 6日 (日)

[映] モナリザ・スマイル

 ジュリア・ロバーツ主演。女子大に勤務する、美術史の先生のお話。正直あまり期待はしていなかったのだけれど、とりあえず見てみた。

 時は1950年代のアメリカ。とある女子大に転勤してきたワトソン先生。赴任早々、生徒たちの質の高さに圧倒されるが、やりがいも感じる。けれど、次第に大学の実体がわかるにつれ、失望。未来の指導者を育てるというのは名ばかりで、実は未来の指導者の「妻」を育てる、花嫁学校だと気づいたのだ…
 彼女自身の私生活や、生徒たちの早すぎる結婚、人生観などなど、50年代とはそう言う時代だったのかという思いと、すでにこの時代にこういう事を考えている人が居たのかという思い。今の時代にも、充分通用すると思う。女性としての生き方とは。

 ワトソン先生がジュリア・ロバーツ、そして同僚の先生役にマーシャ・ゲイ・ハーデン、生徒役に、キルスティン・ダンスト、ジュリア・スタイルズ、マギー・ギレンホールなど若手実力派が。そして、脇役だけど、70’sショーのエリックも出てる。(彼、スパイダーマン3にも出るのね!)
 軽い映画ではないので、ちょっと時間のある時に、ゆったりと見ると良いかも。

|

« [ド] 24-III | トップページ | [映] ファインディング・ニモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] モナリザ・スマイル:

« [ド] 24-III | トップページ | [映] ファインディング・ニモ »