« [ド] NIP/TUCK2 | トップページ | ドラマに見るアメリカ »

2005年11月28日 (月)

[映] モンスター

 シャーリズ・セロン主演。1人の女性が連続殺人を犯してしまうに至る話。事実に基づいているらしい。

 シャーリズ・セロン演じるアイリーンは、容姿にコンプレックスを持つ娼婦。バーでたまたま知り合ったレズビアンのセルビーと恋に落ちる。彼女を養うために、生きる気力を取り戻し、娼婦として稼ぐが、相手の男に殺されそうになり、相手を殺してしまう。そのことをきっかけに、客を次々と殺すようになってしまうというお話。
 なにがすごいって、あの美しいシャーリズ・セロンの変身ぶりがすごい。この映画のために、30ポンド(14kgくらい?)太ったらしい。クリスティナ・リッチも10ポンド(4.5kgくらいかな?)太ったというから、負けてない。2人とも、あんなについてしまった脂肪、このあとどうやって落としたんだろうと、妙なことが気になってしまった。
 殺人鬼になってしまったきっかけの客役は、OZのトバイアス・ビーチャーこと、Lee Tergesen。最近、よく見かけるね。

 男に利用され続けたアイリーンが、男を殺しまくる理由は、わからないでもない。でも、彼女がそうなってしまった理由は、本当にそれだけなのか?? なぜ娼婦になる道を選んだのか? 多分、セルビーに会うまで、愛されたことがないのではないかと思うのだが、若い頃の描写は、比較的サラッとしか出てこない。その辺を、もう少し知りたかった気もする。

|

« [ド] NIP/TUCK2 | トップページ | ドラマに見るアメリカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] モンスター:

« [ド] NIP/TUCK2 | トップページ | ドラマに見るアメリカ »