« [映] ゴッド・ファーザー3 | トップページ | [映] トイズ »

2006年1月 4日 (水)

[映] コクーン

 お正月ということで、WOWOWでは古い映画をいろいろ放送している。これもそう。懐かしくなって思わず見てしまった。リタイアメントホームに住む年寄りたちが、となりの空き家のプールをこっそり利用していた。ある日、そのプールを26日間だけ借りたいという人物が現れ、それ以来、プールには不思議な物体が。それでもおそるおそるプールに入っていると、なんだか不思議と元気になってきて…

 ロン・ハワード監督。彼は本当に良い仕事しているね。リタイアメントホームのお年寄りは、みんなそれなりに楽しくやっている。毎日充実している。ところが、プールのおかげで身も心も元気になって以来、生活が変わる。一度良い目を見てしまうと、元に戻ったときのギャップが大きい。プールを使えなくなってしまった時の、彼らの落ち込みようがすごかった。以前と同じに戻っただけなのに。
 プールを再び使えるようになったあとも面白い。最初は純粋に楽しんでいたのだけれど、だんだん欲が出てくる。秘密にできなくなってくる。人間の心理を良く描いていると思う。
 それに、若い頃見たときには思わなかった、「年を取る」ということの意味が、次第にわかるようになってきた気がする。

 続けて2も放送していたけれど、こちらは監督が違うらしい。コートニー・コックスが出ていた。若くてピチピチ、可愛い。お話としては、地球に戻ってきたお年寄りたちが、不老不死を求めてまた行くか、残るかということなのだけれど、ま、展開はある程度読める。そう言う意味じゃ、前作には劣るかな、どうしても。

|

« [映] ゴッド・ファーザー3 | トップページ | [映] トイズ »

コメント

ジェシカ・タンディとヒューム・クローニンは、お互い再婚同士だけど、(ああ言う世界にしては)ずいぶんと長い結婚生活だったんだね。彼女が亡くなったあと、彼の方は再婚してるようで、これまたすごいんだけど(^o^;。

投稿: マイキー | 2006年1月 5日 (木) 16:09

これ、好きだった~。
ジェシカ・ダンディと、ヒューム・クローニンの本当の夫婦がここで夫婦役を演じていて、いい感じだったし、ドン・アメチーもこれで好きになった。その後出演した「大逆転」でもよかった。

私も、これを見たのは、若かりし頃。
確かに今見たら、彼らの「老い」に対する不安、「若さ」への憧れが理解できるかもしれない。

投稿: uriuri | 2006年1月 5日 (木) 14:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] コクーン:

« [映] ゴッド・ファーザー3 | トップページ | [映] トイズ »