« [映] ベルヴィル・ランデブー | トップページ | [映] キャット・ウーマン »

2006年2月12日 (日)

[ド] NIP/TUCK #2-12

 NIP/TUCK シーズン2の#12。タイトルはズバリ、「ジュリア・マクナマラ」。ジュリアのお話だ。いつもとは違った趣向で楽しめた。

 最近、かなり精神的に不安定になっていたジュリア。ショーンに追い出され、クリスチャンに泣きつくわけにも行かず… 挙げ句、豊胸手術までして、どうしちゃったのと言う感じだったが、ついに倒れた。薬とアルコール摂取によるものらしいが、倒れたときに、顔に傷を負った。まさに、身も心もボロボロってところ。ショーンに手術してもらうことになったのだが、ここからが今回のお話。

 麻酔で眠ったジュリアは、夢を見る。夢の案内役は、アバ。彼女は、ジュリアの人生やり直しを勧める。ショーンとではなく、クリスチャンとの人生を歩んでみろと言うのだ…
 ジュリアは、クリスチャンと共に病院を経営している。ドクターになったのだ。金はある。夫もいる。仕事もある。何不自由ない暮らしに思えた。だが、子どもはいない。クリスチャンはもはや魅力的ではなく、キンバーと浮気。しかも堂々と。家庭と呼べるものもほとんど無いことに気づく。おまけにショーンはメーガンと夫婦で、仲むつまじく暮らしている。病院にやってきた彼に迫ってみるが、妻がいるからとあっけなく断られる。そしてジュリアはドラッグに頼る…

 結局、ショーンを選んで間違ってなかったと気づいて目覚める。最初から夢なのはわかってるし、うまく行かないのもわかっているんだけど、ジュリアの女医姿はなかなか良かった。クリスチャンを選んだら…? と言うのは、見ているみんなが気になっていたことだと思うし、これですっきりした気もする。たかが夢だけどね。

 それにしても、最近のショーンはちょっとおかしい。確かにジュリアの裏切り行為はショックだろうけど、クリスチャンを許しておいて、ジュリアだけ追い出すのは納得行かない。自分だって浮気してたくせに、ジュリアはそれを許してくれたのに、あの仕打ちはひどい。誠実な時と、そうでない時のギャップが激しすぎ。
 今回、術後のショーンの態度は穏やかで、暖かさを感じた。以前の彼に戻ったのだろうか。ジュリアを許したのだろうか。

|

« [映] ベルヴィル・ランデブー | トップページ | [映] キャット・ウーマン »

コメント

こんにちは。
こちらもトラックバックありがとうございます。

>それにしても、最近のショーンはちょっとおかしい。

ショーンの変化、Season2の見どころですね。理不尽に思う面もあるけど、それが人間くさいというか。クリスチャンとの立場逆転みたいな感じ(とはいっても完全ではないけど)(^^ゞ

投稿: でんでん | 2006年3月11日 (土) 19:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ド] NIP/TUCK #2-12:

« [映] ベルヴィル・ランデブー | トップページ | [映] キャット・ウーマン »