« [ド] The Office | トップページ | 「まんさいかん」初挑戦! »

2006年3月11日 (土)

アメリカ人って負けず嫌い!?

 「The Office」のところでも書いたが、どうもアメリカ人は負けず嫌いのようである。特にイギリスにはやたらライバル意識を持っているようだ。イギリスのドラマをアメリカでリメイクするってどういうことよ?

 アメリカとイギリスでは、使っている言葉や発音が違うのだろうけれど、なにもわざわざ作り直さなくたっていいじゃないのと思う。だが、きっと、せっかくの面白い題材を、イギリス版はイマイチ生かし切れていない、アメリカでならもっと面白いドラマにできると思ったに違いない。そう言う意味で、アメリカ版「The Office」は、とても楽しみなドラマだ。是非どこかの局で放送してほしい。

 他にもある。「心理探偵フィッツ」なども、わざわざリメイクしている。これはどちらも見ていないので、コメントしようがないが、生活習慣とかの違いが気になったのだろうか。

 ま、そう言う意味でのリメイクはともかく、ドキュメンタリー映画「ディープ・ブルー」のナレーションはどうだろう。イギリスとドイツ制作なので、英語版ナレーション(マイケル・ガンボン)とドイツ語版ナレーションがあるのはわかる。だが、なぜアメリカ版ナレーション(ピアース・ブロスナン)が必要なのか、理解できない。魚の名前が違うのだろうか?? 発音という意味で言えば、ピアースだってアイルランド出身だし、イギリス英語だよね。ジェームズ・ボンドだもの。

 アメリカの庶民は、イギリス英語を「きどった」発音だと感じるようだが、ちょっとハイソな人たちは「とても上品で洗練されている」と感じているようで、ちょっと面白い。そう言う位置づけなのかな。
 イギリスの上流階級の人たちは、アメリカ人を少々さげすんでいるように思えるが、それとは逆に、上流でない人たちはアメリカに対するある種の憧れがあるようで、これまた興味深い。映画「ラブ・アクチュアリー」では、全然モテないイギリス青年が、アメリカに行けば美女がたくさんいる、モテるに違いないと信じて、ナンパ旅行へ出かけるエピソードがある。アメリカ=ビーチに、ナイスバディの美女があふれている と言うイメージがあるのだろう。映画では、それがあっけなく実現してしまうところが笑えるが。(ありえねー)
 でも、イギリスってそう言う目でアメリカを見ているのねと、素直に信じてはいけない。この映画、イギリスとアメリカの合作のようなので、アメリカ勢の意図が入っているのかも。きっと、憧れの地アメリカであり続けたいのだ。だってアメリカ人は負けず嫌いだもの。

|

« [ド] The Office | トップページ | 「まんさいかん」初挑戦! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ人って負けず嫌い!?:

« [ド] The Office | トップページ | 「まんさいかん」初挑戦! »