« 「映」 オペラ座の怪人 | トップページ | [映] チャーリーとチョコレート工場 »

2006年3月 3日 (金)

[ド] デスパレートな妻たち 終

 シーズン1が終了した、デスパレートな妻たち。最後の最後に、かなりいろいろなことが、ドタバタと起こった。そして、これまたチラリチラリとわかってきた、メアリー・アリスの過去がはっきりとわかった。そして、様々な余韻を残して終わった。

 いきなりメアリー・アリスの過去で始まる。今回は少々長かったのか、オープニングが短かった。ザックを育てることになった経緯、ディアドラとのつながり、彼女の殺害。今まで、いろいろな人の話で、少しずつわかってきた事実を、映像でおさらいと言う感じかな。
 マイクは、ディアドラを殺したのがポールではなく、メアリー・アリスだと知り、この後どうするのだろう? 何事もなかったかのように、スーザンと仲良く暮らすのだろうか? マイクを殺すと息巻いていたザックは、あのあとどうしたか? 何もしなかったとしても、フェリシアに対する暴力行為や、スーザンの家に押し入ったことを考えると、元の生活に戻れるとは思えない。

 ブリーに薬を盛られたと思いこんだまま死んでしまったレックス。最愛の夫を亡くしたブリーは、このあとどう暮らしていくのだろう?

 突然会社を辞めてしまったトム。その原因は自分にあると知ったリネット。主夫になると宣言した夫に代わり、働くことを決意するのだろう。2人の生活は、どう変わるのだろう?

 ガブリエルの浮気相手がジョンだと知ったカルロスは、この後どう行動する? ガブリエルは?

 最大の謎は解けたけれど、それぞれの家庭に、問題が山積み。シーズン2が早く見たいと思わせるこの作り。視聴者の心理をうまくついている。それにまんまと乗せられてしまった私たち、続きが気になって仕方がない。シーズン2の放送は、秋になるのだろうか。

|

« 「映」 オペラ座の怪人 | トップページ | [映] チャーリーとチョコレート工場 »

コメント

To りまさん
海外ドラマの場合、こういうクリフハンガー的な終わり方はかなり多いです。視聴率とることで、次シーズン制作へとつながるからだと思うのですが、結局制作できず、中途半端な終わり方を余儀なくされるドラマもかなりあります。とりあえず、「デス妻」に関して言えば、シーズン2はちゃんと制作されてますし、シーズン3もこの調子だと固いでしょう。

クラックベイビーは、本当に気の毒。本人には何の罪もないのに。ザックの今後が心配。立ち直る道はあるのかな?

投稿: マイキー | 2006年3月 4日 (土) 11:00

To パプコーンさん
あの黒人親子、なにか訳ありっぽかったよね。一応、謎は解けたけれど、今後の展開が気になる終わり方というのは、アメリカドラマとしちゃぁ、かなり良い方だと思うよ。

シーズン2だけど、未だアメリカでは放送中(2005年9月から放送)だし、BS-2ではこの枠でFBI2を放送開始するようなので、やっぱり放送するとしても秋以降だと思う。NHKの場合、途中で放り出すこともあるからねー。油断できないんだけど。

投稿: マイキー | 2006年3月 4日 (土) 10:50

ディアドラがマイクの恋人なら、ザックはマイクの子どもかも。
引越ししてきた黒人の親子もなんか腹に一物かかえたような感じだったし。
フェリシアはメアリーアリスの過去を知る人物としてだけ物語に存在しているわけじゃなく街にいる意味がありそうだし。
シーズン2放送予定はありそう?こんな終りかたじゃぁ秋(?)まで待てなーい。

投稿: パプコーン | 2006年3月 4日 (土) 00:33

はじめまして。
半年もずっと楽しみにしていた「デスペラートな妻たち」ですが、あまりな終わり方でしたね。
麻薬中毒の母親から生まれた子供は、クラックベイビーと呼ばれて、癇癪持ちになるそうですが、まさにザックはそのとおりですね!

投稿: りま | 2006年3月 3日 (金) 22:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ド] デスパレートな妻たち 終:

« 「映」 オペラ座の怪人 | トップページ | [映] チャーリーとチョコレート工場 »