« 30デイズ#1 | トップページ | [映] ウォレスとグルミット »

2006年3月26日 (日)

[映] ナルニア国物語

 久しぶりに映画館へ行った。ウォレスとグルミットを見るつもりで行ったのだが、迷ったあげく、こちらを見てしまった。ナルニア国物語「ライオンと魔女」である。小学生の息子と行ったのだが、変更して後悔はしなかった。

 戦争中、ロンドンから田舎のお屋敷へ疎開することになったピーター、スーザン、エドモンド、ルーシーの4人兄弟。そのお屋敷にある、衣装ダンスの奥が、ナルニア国につながることを知ってしまった4人はナルニア国に迷い込み…

 原作を読んでいないのだが、BBC制作のテレビ版を見たことがある。話の筋はだいたい覚えていた。だが、やはりスケールが違う。展開も比較的テンポ良く、子供も飽きない工夫がされている。アカデミー賞では、メイクアップ賞を受賞していたね。

 なんといってもすばらしいのは、子供たちの演技だろう。CMで見たときは、なんて野暮ったい子たちだろうと思ったが、この物語にピッタリなのだ。特にルーシーは、うれしそうな時、悲しそうな時の表情が、なんとも愛らしく、この物語の要となるにふさわしい人材。

 いかにもディズニーという作りで、大人も子供も安心してみられる作品。原作がすばらしいだけに、映画に対する期待も大きく、難しかっただろうに、うまくできていると思う。ハリー・ポッターシリーズのワクワク感と、ロード・オブ・ザ・リングの戦闘シーンをミックスして、子供にわかりやすくした映画って感じだろうか。

 いつも、子供と映画に行くと、吹き替えで見るハメになり、特に子役の声を子供が吹き替えるとガッカリすることが多いのだが、今回は良かった。ルーシー役の吹き替えがうまい。違和感なく見られた。でも、字幕でも見てみたいな。

 まだ第1作目で、この後6作もあるし、「ライオンと魔女」の前のお話もあるようなので、今後の楽しみでもある。原作を読んでみようと息子が言っていた。

|

« 30デイズ#1 | トップページ | [映] ウォレスとグルミット »

コメント

リュシフェルさん、こんにちは。
この映画は、実は、子供向けだろうと、あまり期待していなかったのだけれど、感動しました。冒頭に、空襲を受けるシーンや、疎開するために母親と別れるシーンなどがあるのだけれど、もうその段階でウルウル。戦争中に4人も子供を育てているお母さんって大変だろうなぁとか、男の子2人、女の子2人って理想的なバランスだなぁとか、いろいろなことを考えながら見てしまった(^o^;。

で、劇場で見ている周りの子供たちは、そういうシーンはあまり関心がないらしく、お菓子ボリボリ、ザワザワ。だけど、戦闘シーンになった途端、みんな釘付けって感じで、そのギャップがまたおもしろかった(^o^)。うちの子も、戦闘シーンが良かったと言っとりました。

投稿: マイキー | 2006年3月29日 (水) 07:56

マイキーさん、お久しぶりです!

この映画、僕も見たいんですよね。
マイキーさんの感想を読ませてもらったら、
やっぱり面白い作品のようですね。
まだ6作もあるのですか、大長編ですね。
ディズニーなので、あんまり残酷なシーン
もないのでしょうね。その方が良いかな。

声の人は一般公募されたんですよね。
関連フィギュアが欲しいなぁ~♪

マイキーさんは小学生の息子さんが
おられるのですね。ふむふむ…。

投稿: 堕天使リュシフェル | 2006年3月27日 (月) 18:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ナルニア国物語:

« 30デイズ#1 | トップページ | [映] ウォレスとグルミット »