« [映] チャーリーとチョコレート工場 | トップページ | アカデミー賞授賞式2006 »

2006年3月 5日 (日)

[映] キャリー・ミー・ホーム

 これはどうやらTVムービーだね。かなり地味な作品だけれど、そこそこ楽しめる。1947年のニューヨーク郊外(?)。戦争で夫を亡くした女性ハリエットとその子どもたちの物語だ。

 服の仕立てをして生計を立てているハリエットに、顧客の1人が、自分の甥バーナードを紹介する。2人は親しくなるが、娘キャリーは面白くない。母親に反発する娘。反抗期というか思春期というか、とにかく何をしても腹が立つお年頃。
 一方、隣の農場に住む、知的障害を持つ青年チャーリーの子犬を一匹拝借してしまったキャリーたちは、そのことでチャーリーにつきまとわれ、関係が少々こじれる。

 子どもたちの生活のため、結婚しようかと考えるハリエット。そんな時、事件が起こり、勘違いバーナードの本性が見える。母の決断、そして母娘は最後には分かり合う。
 母親役はペネロープ・アン・ミラー。「デスパレートな妻たち」のシーズン2にもゲスト出演しているらしい。最近はTVの出演が多いようだが、映画で頑張って欲しい女優さんだ。

 低予算ムービーっぽいし、全体的に地味で、特にハラハラする場面もなければ大笑いするようなシーンもないけれど、ちょっと心温まる映画だ。

|

« [映] チャーリーとチョコレート工場 | トップページ | アカデミー賞授賞式2006 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] キャリー・ミー・ホーム:

« [映] チャーリーとチョコレート工場 | トップページ | アカデミー賞授賞式2006 »