« [映] ロング・エンゲージメント | トップページ | [映] ビフォア・サンセット »

2006年5月 2日 (火)

[映] 恋人までの距離

 95年の映画。ヨーロッパを旅していたアメリカの青年と、フランスの女性が列車内で知り合い、意気投合してウィーンを1日だけ観光することに。最初は気楽な感じで誘ったつもりだったのが、二人は恋に落ち…

 よく考えてみれば、むちゃくちゃ低予算の映画だ。主な登場人物はイーサン・ホークとジュリー・デルピーだけ。二人は列車内で知り合い、ウィーンで列車を降りて街を観光する。そのまる一日を描いた作品だ。ウィーンの風景と、二人の会話風景だけである。
 たわいのない話から始まり、お互いの価値観や、恋愛観などなど、話はどんどん盛り上がる。あっと言う間に恋に落ち、一夜を共にする。そして別れがやってくる。半年後、同じ場所で会おうと約束して。

 延々と話をするだけなので、興味のない人にはえらくつまらない映画に違いない。だが、話の内容はなかなか知的だ。自分が学生の頃、どんなことを考えていたか知るよしもないが、あんな会話はできなかったろう。
 最初はぎこちなかった二人も、最後はまるで恋人同士である。二人の様子を見ているだけでも、なかなかおもしろいのではないか。燃え上がる気持ちと、後ろ髪引かれる思いで、次に会えることを期待して別れる時の気持ち。そういう気持ちはすっかりなくなってしまった年齢だが、たまには思い出すのも良いかもしれない。

 邦題も、なかなかシャレていると思うが、続編ができてしまったので、このタイトルはちょっと残念。「Before Sunrise」の続編が「Before Sunset」なのだから。

|

« [映] ロング・エンゲージメント | トップページ | [映] ビフォア・サンセット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] 恋人までの距離:

« [映] ロング・エンゲージメント | トップページ | [映] ビフォア・サンセット »