« [映] バタフライ・エフェクト | トップページ | [ド] ミディアム 霊能者アリソン・デュボア »

2006年6月27日 (火)

[映] 炎のメモリアル

 このタイトルを見て、まさか「Ladder 49」のことだとは思わなかった。確かに消防士の話なので、いいけどさ…

 ベテラン消防士のジャック・モリソンは、梯子隊の隊員。ある日、倉庫での火災で救出作業中に爆発が起こり転落。一人取り残されてしまう。救出を待つジャックは、消防士になった頃から現在までの人生を振り返る…

 消防士の物語だ。サードウォッチで見慣れた光景だが、消防士に梯子隊とポンプ隊があるとは知らなかった。はじめポンプ隊に配属されたジャック。純粋に火を消すことに生き甲斐を感じつつ、梯子隊の「人命救出」という部分に憧れていた。すてきな女性と出会って結婚し、子供が生まれ、幸せな家庭を築いた。だが、梯子隊の同僚を仕事中の事故で亡くしてから、自分も梯子隊で救出したいという思いが募り、志願。そしてこの事故に遭う。助けを待つ間、今までの消防士人生を振り返るという描き方になっている。ある一人の消防士の物語といったところか。

 まぁ、言ってみればそれだけなのだが、燃え上がる炎は迫力満点だし、出動するときの彼らはとても格好良い。彼らのチームワークとか、仲間で楽しく騒ぐシーンなどを見ていると、消防士に憧れる人も増えるだろう。そして、実際はとても危険な仕事なのだというのもよくわかる。

 ジャックの妻は、結婚してから、毎日ハラハラし通し。そして、消防署の赤い車が自宅にやってくることを、なによりもおそれている。署長が、夫の訃報を知らせにやってくることを。毎日火災と闘う消防士には拍手を送る。そして、火災のたびに不安な思いをしている彼らの家族をも忘れてはならない。

|

« [映] バタフライ・エフェクト | トップページ | [ド] ミディアム 霊能者アリソン・デュボア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] 炎のメモリアル:

» 映画『炎のメモリアル』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Ladder 49 9・11、あのツインタワーに突っ込んでいく旅客機たち、テレビのニュースのその映像は、まるで映画のワンシーンを見ているかのようだった・・。 この映画は、衝撃的でまだ記憶に新しいあの同時多発テロで、救助に活躍し、あるいは命を落とした、数多くの... [続きを読む]

受信: 2006年7月 1日 (土) 01:38

« [映] バタフライ・エフェクト | トップページ | [ド] ミディアム 霊能者アリソン・デュボア »