« [映] ライフ・アクアティック | トップページ | 今昔「お江戸事情」 その1:昔編 »

2006年7月31日 (月)

[映] サスペクト・ゼロ

 サイコ・サスペンスで、キャリー・アン・モス(私は「モデル・エージェンシー」でのキャリーの印象が強いけど、最近ではマトリックスのトリニティだね)、ベン・キングスレーが出ていると聞けば、期待してしまう。だが、ちょっと…

 連続殺人犯の捜査で不当逮捕を行ったため、犯人釈放のあげく、自らも片田舎へ左遷されてしまったFBI捜査官トム。だが、赴任早々、異様な殺人事件が次々と起こり、そのうちの一人は、左遷の原因となった連続殺人犯だった…

 自称、元捜査官という男がカギだ。彼は、連続殺人犯の行動が「見える」らしい。彼は捜査の助けをしてくれているようだ。だが、彼自身も犯人なのか?? そして、トムにもその能力があるのか?? ベン・キングスレーの役は奇怪だし、スリリングなお話だとは思うが、どうも話がよく見えない。とてもわかりにくいのだ。
 また、トムのかつての恋人で同僚フランの存在意味もよくわからない。せっかくキャリー・アン・モスが演じているのだから、もう少し見せ場がほしかった。

 出演者とサスペンスにつられて見てしまうと、ちょっとハズされる。子供にも見せない方が良さそうだ。残虐なシーンが出てくる割には、なんだかよくわからない結末だった。残念。

|

« [映] ライフ・アクアティック | トップページ | 今昔「お江戸事情」 その1:昔編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] サスペクト・ゼロ:

« [映] ライフ・アクアティック | トップページ | 今昔「お江戸事情」 その1:昔編 »