« [映] ロボッツ | トップページ | [映] ラベンダーの咲く庭で »

2006年9月19日 (火)

[映] レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語

 ずいぶんと暗い話だが、ファンタジー作品だ。原作があるらしい。ジム・キャリーの悪人ぶりがおもしろい。メイクアップ部門でアカデミー賞を受賞している。

 裕福な家庭の3兄弟。姉バイオレットは発明好き。弟クラウスは読書家。そして末の妹はまだよちよち歩きだが、何でもかじることにかけては誰にも負けない。何不自由なく暮らしていた3人だったが、ある日自宅が全焼し、両親が死亡。突然孤児になってしまう。遠縁に当たるオラフ伯爵に引き取られることになるが、彼は3人の財産目当てだった…

 全体的に暗い雰囲気だ。3人はいきなり孤児になってしまう。しかも彼らを引き取ったのは、いかにも悪そうな男。面倒をみないどころか、彼らを家政婦のように扱う。だがその生活も長くは続かなかった。オラフは財産目当てに3人を殺そうとする…
 3人は、次々不幸に襲われる。だが、そのたびに機転を利かせ、最後まで諦めず、苦難を脱するのだ。彼らは決して泣き言は言わない。3人で肩寄せ合って、力を合わせて生きている姿がすばらしい。

 彼らの両親には、どうやら秘密があったらしい。両親の死の真相はわかるのだが、彼らの秘密については明かされないままだ。もう少し秘密を知りたかった気もする。

 暗い雰囲気だし、確かに不幸せな物語ではあるが、コミカルだし、悲しいお話ではない。逆に、彼らの強さに元気づけられるお話だ。

|

« [映] ロボッツ | トップページ | [映] ラベンダーの咲く庭で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語:

« [映] ロボッツ | トップページ | [映] ラベンダーの咲く庭で »