« [映] マイアミ・バイス | トップページ | [映] ロボッツ »

2006年9月11日 (月)

[映] バス男 ~ナポレオン★ダイナマイト~

 おそらくタイトルを見ても、何のことだかさっぱりわからないだろう。原題は「Napoleon Dynamite」なのだが、これは、主人公の名前、彼の高校生活を描いた映画だ。実に大それた名前。オタク系ということで、電車男ならぬバス男(一応、スクールバスで通学しているから??)ということなのだろうが、ナポレオン・ダイナマイトだけで、十分インパクトあるタイトルだったように思う。

 田舎町のサエない高校生ナポレオン。彼はスクールバスで通っている。友達もいない。手話サークルに所属。かなり地味な高校生活。そんなある日、ヒスパニック系(?)の同じく地味目なペドロが転校してくる。すぐに友達になった二人。そしてなんと、ペドロは生徒会長に立候補することを思いつき、ナポレオンが応援することに…

 ナポレオンとペドロは、ほとんど表情がない。いつも口は半開き(通称ポカン口)だし、ボーッとしている。いじめられているし、地味な毎日だ。だが、なぜか志だけは妙に高い。ペドロはダンスパーティに、どう考えても無理な相手を誘おうとしたり、生徒会長に立候補したり。

 ナポレオンの家族もどこか変だ。兄(?32才らしい)キップは、ほとんど引きこもり状態。ネットでチャットする毎日だ。おばあちゃんは、かなりぶっ飛んでいる。リコおじさんというのも、怪しげなセールスをしている、いかにも怪しげな男だ。

 そして彼らと友達になる、同じく地味目な女の子デブ役は、名子役と言われたティナ・マジョリーノ。すっかり大きくなって… うつむき加減で、同じく表情をほとんど変えないデブが、ナポレオンのダンスを見て、にっこりとほほえむ姿がとてもいい。

 全体的にさめた感じの映画だ。最初は、何がおもしろいのかよくわからないが、見ているうちに、小さな出来事一つ一つが笑えることに気づく。そして、普段地味で目立たない彼らが光る瞬間がいい。なんだかなー、と思う部分もかなりあるが、それはそれで楽しい。奇妙だが、ぷっと吹き出してしまう映画だ。

|

« [映] マイアミ・バイス | トップページ | [映] ロボッツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] バス男 ~ナポレオン★ダイナマイト~:

« [映] マイアミ・バイス | トップページ | [映] ロボッツ »