« [ド] マイ・ネーム・イズ・アール | トップページ | ガスコンロ »

2006年11月30日 (木)

[映] キャプテンウルフ

 映画館で、ヴィン・ディーゼルのあのチラシを見たときから、見たいと思っていた映画。マッチョな彼とは、どう考えてもミスマッチな、ベビーシッターの格好。でも、彼なりの子供の扱いが、なかなか楽しい映画だった。

 海軍特殊部隊のウルフ。任務で部隊を引き連れ、プラマー教授の救出に向かうが、後少しの所で失敗。教授は殺され、彼の開発したプログラム「ゴースト」は所在不明。2ヶ月後、プラマー夫人がゴーストの手がかりをつかむために出かけている間、教授の自宅で手がかりを探しつつ、5人の子供たちのお守りを任されたウルフ…

 特殊部隊の人間が、なぜベビーシッター? という謎は、すぐに解けた。ベビーシッターというより、子供たちの警護という感じ。これなら納得。だが、軍隊式のやり方に、ことごとく反発する子供たち。思春期の子もいれば、赤ちゃんもいる。最初は反発し合っていたが、次第に誤解がとける。信頼関係が生まれる。チームワークもよくなる。まさに、ディズニー映画ならではの展開だ。

 冒頭で、あっけなく殺されてしまうプラマー教授役は、OCのジミー・クーパーこと、テイト・ドノバン。プラマー家のベビーシッターは、キャロル・ケイン。もうちょっと出番があっても良かったのにね。

 学校の、いけ好かない教頭とのバトルも楽しい。結末は、子供向けという感じではあるが、それはそれでいいのかもしれない。子供と一緒に楽しく見られる映画だ。

 

|

« [ド] マイ・ネーム・イズ・アール | トップページ | ガスコンロ »

コメント

けんとんさん、初めまして。

デス妻は本当にハマりますよね。私の周りでも、いつの間にかみんな見ていました。私もブリー好きです(^o^)。一押しはリネットかな~。

投稿: マイキー | 2006年12月11日 (月) 14:27

デス妻を検索し、貴殿のサイトを知りました。
トリビアネタ&間違い探しに嬉しくなりました~。
ちなみに私はブリーファンです。

私の海外ドラマデビュー?は、「白バイ野郎ジョン&パンチ」でした。

投稿: けんとん | 2006年12月 9日 (土) 16:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] キャプテンウルフ:

« [ド] マイ・ネーム・イズ・アール | トップページ | ガスコンロ »