« [映] エレクトラ | トップページ | [映] キャプテンウルフ »

2006年11月22日 (水)

[ド] マイ・ネーム・イズ・アール

 アールという男が主人公ということ以外、全く情報なしに見始めたのだが、このドラマ、かなり笑える。30分ものの、シットコムではないコメディのようだ。

 アールは、しょうもない男だ。酒にドラッグ、盗みに強盗。寄った勢いで出会った女性ジョーイと、その日のうちにベガスで結婚。ところが、翌朝、彼女が妊娠(しかも、すでにかなりおなかは大きい)していることに気づく。数年後、今度は彼との子が生まれることになり、喜ぶアールは、アールJrと名付けるが、子供はなぜか黒人…
 そんな彼が、ある日宝くじで10万ドルを当てる。が、その10秒後、車にはねられ入院。宝くじは紛失。おまけに入院中にジョーイはさっさと離婚の手続き。家まで取られてしまう。災難続きのアールだったが、入院中にたまたま見たテレビ番組で、カルマを説かれ開眼。自分の今までの悪行が、自分の人生を悪い方へ導いていると信じた彼は、今までしてきた悪いことを全部リストアップし、一つずつ償いをすることを決心。こうして、アールの償いの毎日が始まるのだった…

 と、#1、#2はこんな感じで始まった。このリストに従って、片っ端から償いをするつもりらしい。なぜか償いを成功させると、良いことが起こる。そして、諦めようとすると、悪いことが起こる。ものすごーくわかりやすい。あまりに非現実的ではあるが、いままでしょうもない生活をしていたアールの、時に手を抜くがんばり加減がなんとも楽しい。それに、このアール、根はそれほど悪い人間ではなさそうだ。

 アール役は、ジェイソン・リーだが、周りの人物もなかなか興味深い。一押しはなんと言ってもジョーイ役のジェイミー・プレスリー。ジャック&ジルのかわいいオードリーが、ここではなんともぶっとんだ女を演じている。そして、アールの弟ランディ。いつもアールのそばにいて、彼の助けになることも多いが、酒で失敗することも多々あり。ダーネルは、ジョーイの夫となった今も、アールやランディの良き友だ。

 彼らは、だらしない高校生がそのまま大人になったような奴らだ。アメリカのホームドラマには絶対に出てこないタイプ。だが、実際にはこういう人は結構多いのかもしれない。そのせいかどうか、アメリカでは異様に評価が高い様子。今年9月からシーズン2を放送しているらしい。しばらくは楽しめそうだ。

|

« [映] エレクトラ | トップページ | [映] キャプテンウルフ »

コメント

そう、コメディなだけあって、カルマとか言いつつ、かなり笑える。彼の場合、後ろ向きな考え方どころではなく、本当に「悪行」で、事故はまさに因果応報という感じ。罪の償い方も、そんなんでいいのか?というようなことだったりするのだけれど、なぜか終いにはみんなハッピーに。案外長生きするタイプかも(^o^;。

投稿: マイキー | 2006年11月25日 (土) 15:23

「自分の今までの悪行が、自分の人生を悪い方へ導いている」ってところ、私も時々感じるよ。自分の状況に対して不満ばっかり言っていると事態は良くならないけど、辛くても耐えてがんばっていると急に事態が好転するっていうか・・。これがカルマっていうものなのかな?
カルマって聞くとちょっと敬遠してしまうけど、コメディーだとおもしろそう。

投稿: nana | 2006年11月24日 (金) 18:59

「コメディー」&「カルマを説かれて開眼」ってところで、見たい~って思ったよ。
「マイ・ネーム・イズ・アール」ね!覚えとくよ。

投稿: パプコーン | 2006年11月24日 (金) 03:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ド] マイ・ネーム・イズ・アール:

« [映] エレクトラ | トップページ | [映] キャプテンウルフ »