« [映] 理想の恋人.com | トップページ | [ド] マイ・ネーム・イズ・アール »

2006年11月12日 (日)

[映] エレクトラ

 デアデビルにも登場した女戦士エレクトラ。そこでは死亡してしまったが、今度は彼女が主役だ。どうやら、デアデビル後のお話らしい。

 殺されたハズのエレクトラは、謎の正義の組織によってよみがえった。彼女は、殺し屋として生きていた。そして、次のターゲットとなったのは、湖畔に住む父と娘。だが、二人と親しくなってしまった彼女は、命令に背く。二人がねらわれていた理由とは…

 謎の正義の組織というのは、どうやら日本の武術(?)がモデルらしい。エレクトラは、くのいちのようなしなやかな動きを見せてくれる。怪しげな日本語で話すシーンや、「キマグレ」術など、日本人としては少々笑えるが、神秘的な雰囲気を出すのにうってつけなのかもしれない。戦いのシーンは当然激しいのだが、それ以外のシーンは、しっとりと落ち着いた雰囲気だ。静と動がはっきりしている。

 父娘の父親役は、ERのルカ。彼が何を隠しているのかは、後半はっきりするのだが、はっきり言ってストーリーとしてはたいしたことはない。エレクトラの過去も、多少出てくるが、あまり詳しくはわからない。やはり見所は、エレクトラ演ずる、ジェニファー・ガーナーだろう。彼女の鍛え上げられた肉体、しなやかかつ迅速な動き。それは、エイリアスのシドニー・ブリストーの、きびきびとした力強い動きとは、どこか違う。

 もう一度見たいストーリーではないが、もう一度見たい「動き」ではある。全体として、静かで落ち着いた雰囲気なので、アクション映画ではあるけれど、子供には退屈かもしれない。

|

« [映] 理想の恋人.com | トップページ | [ド] マイ・ネーム・イズ・アール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] エレクトラ:

» 映画『エレクトラ』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Elektra アメリカンコミックの映画化作品「デアデビル」で登場したエレクトラ・ナチオス、あの時は辛い別れがあったのだが、ここでは死から蘇り縦横無尽の活躍だ・・ 一度はブルズアイに殺されたエレクトラ(ジェニファー・ガーナー)だが、正義の組織キマグレの武術... [続きを読む]

受信: 2006年11月14日 (火) 12:19

« [映] 理想の恋人.com | トップページ | [ド] マイ・ネーム・イズ・アール »