« [ド] リトル・ブリテン | トップページ | [映] ダヴィンチ・コード »

2006年12月28日 (木)

[映] 銀河ヒッチハイク・ガイド

 奇想天外、支離滅裂なSFコメディ映画だ。なのだが、シニカルな笑いが随所にちりばめられていて、いかにもイギリス的。主演は、「The Office」のティムこと、マーティン・フリーマンだ。

 アーサーがある朝目覚めると、周りを重機で囲まれ、立ち退きを言い渡される。バイパスが通るらしい。パジャマのまんま、庭に寝ころんで断固反対していると、10年来の友達フォードが彼をパブに連れだす。なんでも、あと数分で地球が滅びるというのだ。しかも彼はエイリアンだと言う。そして自宅に戻ると、取り壊されているのだが、それどころではなく、突然やってきた宇宙人によって地球が一瞬で破壊されてしまう。宇宙のバイパスを作るため、地球が邪魔らしい。だが、フォードはアーサーを連れて、その直前に宇宙船にヒッチハイク。そして二人の壮大な冒険が始まる…

 周りに他の家など無い、だだっ広い場所で、バイパス建設のためにその家を壊すということからして、どう考えてもおかしい。何もそこを通らなくても良いのだ。同様に、地球が一瞬で破壊されてしまう様子はショッキングだが、何せその辺はコメディ。最後は丸くおさまってしまうからすごい。

 アーサーたちはヒッチハイクの末、ちょっとした知り合いの宇宙船に同乗することになる。そして彼らの冒険が始まる訳だが、出てくる宇宙人もめちゃくちゃなら、未来の装置の類もやりたい放題だ。だいたい、宇宙船に乗っているロボット、マーヴィンはロボットのくせになぜかいつもクヨクヨ落ち込んでいる。転送装置は、転送直後、転送した物を他の物体に変えてしまう。ミサイルがクジラになってしまうのだ。(この辺り意味不明)

 どうやら本作品、78年BBCのラジオドラマが原作らしい。小説やテレビドラマにもなっているとのこと。カルトな人気作らしいのだ。出演者もおもしろい。主役のアーサーは、マーティン・フリーマン。根暗ロボットの中に入っているのは、「ウィロー」でウィロー役の彼。スラーティバートファースト役は、「アンダーワールド」でバンパイア役やってたビル・ナイ。そして、怪しげな宿敵ハーマ・カブーラ役はジョン・マルコビッチだ。

 とにかく支離滅裂なのだが、そこに一本通ったお笑いの筋があり、皮肉たっぷりな描写がたまらない。宇宙を作っている人たち(ってことは、あんたたち神様??)との出会いは、かなり壮大だし、オチも決まってる。コメディだと思って「ながら見」なんかしてると置いて行かれる。ポップコーン片手にどっかり腰を落ち着けて、じっくり見て笑ってほしい。

|

« [ド] リトル・ブリテン | トップページ | [映] ダヴィンチ・コード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] 銀河ヒッチハイク・ガイド:

« [ド] リトル・ブリテン | トップページ | [映] ダヴィンチ・コード »