« [映] SPIRIT | トップページ | [ド] ブルース一家は大暴走! »

2007年1月29日 (月)

ロボコンつくば遠征記

 なんだかんだと、ずいぶんとロボコン騒動に振り回されている。中学生の上の子は、ロボコンに夢中だ。今度は全国大会へ。こちらとしては、2泊3日のつくば旅行である。金曜の夕方、子供たちとロボットたちを乗せて車で出発。

 実は、首都高初体験。といっても、自分で運転するわけでは無いのだが、当のドライバーが「もしかしたら、わからなくてグルグル回っちゃうかも~」なんて言うので、妙に緊張してしまった。それにしても、首都高ってすごい。あんな狭いビルとビルの間を、迷路のように張り巡らされている。(ビルの方が後か) しかも立体的だ(当たり前か)。今まで、首都高の下を走ったり、歩いたりしたことは何度もあるが、上は全く別世界。なんたって、ビルの背が低く見える。それに、夜の首都高はなかなか綺麗だ。ライトアップされた東京タワーが、ビルとビルの間にチラリと見えたりして、かつて都民だったとは思えないほど、妙に感動。
 そんな感動は長く続かず(渋滞して無くて良かった)、あっと言う間に景色が暗くなる。道路も広くなる。そして夜9時ごろだろうか、現地に到着。

 ちょっとした事情で、上の子と、私たちは別のホテルに泊まることとなった。彼らはそれなりのホテルだったようだが、私と下の子が泊まったのは、かなりレトロなホテル。なんとなく薄汚い雰囲気に、最初から引いてしまったが、フロントのおっちゃんはなかなかフレンドリー。朝食はレストランでと言われたので、レストランらしきものを探したが、あれはどう見ても食堂(だってお座敷)。でも、525円とはとても思えないボリューム。部屋に入ると、この私でも掃除したくなってしまうようなエアコン。少々ためらったが、つけないと寒いので、やむなくスイッチオン。

 翌朝、本人たちは早めに会場入り。私と下の子は、のんびりと開会式に合わせてホテルを出た。会場では、「全国中学生創造ものづくり教育フェア」が行われていて(ロボコンもその一環)、てんやわんや。何がなにやらさっぱりわからず。やっと会場を探し当て、入ってみると、コートはあるものの、参加者のピットがどこにもない。会場内の机には、すでに先に来た人たちが陣取っている。つまり彼らの居場所がない。スタッフを捕まえて事情を聞くが、ピットはないという。じゃ、どこにいればいいの?と問いつめるが、どうもスタッフたちも、訳がわかっていないようす。朝からおばさん3人は、スタッフ(おそらく中学の先生あたり)数人を捕まえて喧嘩である。

 朝から文句タラタラ、ヤキモキしていると、そこに見覚えのあるお方が現れた。以前お世話になっていた、技術科の先生だ。他の学校へ行ってしまったにも関わらず、見に来てくれたらしい。(単にロボコンが見たかっただけか?) 全国大会に何度も来ている先生から、毎年こんなもんですよと言われ、子供たちも少々アドバイスや声援を送ってもらい、ホッとする。後光がさして見えた。後で知ったのだが、他にも、私たちの知らないところで彼らを見守り、応援してくれた人たちがいたらしい。本当にありがたいことだ。そういう人たちがいることを、彼らにはいつまでも忘れないでいてほしい。

 会場には、いろいろな企業の出展、屋台などがあって、かなりにぎやか。退屈しないかと心配した下の子も、ものづくりを体験させてくれるブースや、ゲームのブースを見つけて遊び回っていた。周りにはお昼を食べる店もあまりないからという理由で、JTBは事前にお弁当の手配までしていた(1000円!)が、なんのことはない。コンビニもあればファミレスもあるし、なんたって会場にいろいろな食べ物の屋台があり、全く不自由しなかった。

 当の試合状況は、予選3位で通過ならず。ま、予想通りといえば予想通りなのだが、東海北陸地区大会3位での出場ということもあって、予選ブロックではいきなり強敵とぶつかってしまい、不利と言えば不利。さらに、初の全国大会ということで緊張したのか、練習ではもっとうまくできていた(本人談)ハズなのに、本番ではできなかったとのこと。まぁ、しょうがない。そういうもんだ。

 負けが決まり、開放感いっぱいの彼らは、2日目はもう見なくていいと言いだし、遊んで帰る計画を立て始めた。なんて切り替えの早いこと。だが、ロボットをホテルに運ぶ途中で、迷子になって行方不明に。そんなんで帰って来られるのか?

 予想してはいたものの、まったく予定の無くなってしまった日曜日。下の子と、観光でもして帰ろうと言うことになったが、アテがあるわけでもなく、とりあえず、近くにある「つくばエキスポセンター」へ行ってみることに。つくば博の跡地にできた施設だ。料金から言って、あまり期待はしていなかったのだけれど、あまりにショボい内容にガッカリ。ロケットや、宇宙飛行士など、宇宙関連の展示はあるものの、みんなどこかで見たようなものばかり。特に目新しい物はなかった。そのせいか、かなり広く立派な施設にもかかわらず、ガラガラだった。ただ、変なキャラクターやアニメに頼らず、シンプルに冬の星空を紹介するプラネタリウム番組はなかなか良かった。

 どうも朝から下の子の元気がないので、早々に引き上げることに。疲れが出たのか? 熱も出始め、どうやら風邪をひいた様子。あのホテルのエアコンが臭いとにらんでいるのだが、真相はわからない。そして夕方帰宅。

 ほどなく、上の子も帰宅。どうやら、秋葉原をうろついてきたらしい。帰宅早々、次回のロボコンにも出るぞと鼻息荒い。まぁ、がんばってくれ。こちらは応援くらいしかできない。ただ、高校受験があることもお忘れ無く。何が一番大切なのかは、自分で判断してね。

|

« [映] SPIRIT | トップページ | [ド] ブルース一家は大暴走! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/13702297

この記事へのトラックバック一覧です: ロボコンつくば遠征記:

» 株式会社JTB [おすすめサイト]
JTBがオススメする情報コンテンツです。 旅のバーチャル専門店とは、インターネット上で展開する地域やテーマに特化した仮想店舗です。 各店舗のテーマに詳しいJTBスタッフを検索できたり、お得なツアーや宿泊情報、デジタルパンフレットの閲覧、関連サイトへのリンクなど24時間訪問可能なお店です。 ... [続きを読む]

受信: 2007年1月29日 (月) 17:25

« [映] SPIRIT | トップページ | [ド] ブルース一家は大暴走! »