« 牛乳パックでロボットサッカー | トップページ | ロボコンつくば遠征記 »

2007年1月22日 (月)

[映] SPIRIT

 馬のアニメかと思ったら、そっちではなかった(^o^;。ジェット・リー主演、香港とアメリカの共同製作、実在の武闘家の話だ。

 武闘家を父に持つ霍元甲(フォ・ユァンジアと読むのか??)は、幼い頃から父に憧れて育った。ある日、父の試合を見ていた彼は、父が相手にとどめを刺さなかったために負けてしまったことにショックを受ける。そして彼は成長し、強い武闘家に。連戦の彼は、父よりも強くなったことを疑わなかった。ところが、ある日弟子の仇討ちのため、長年のライバルと戦うことになり、相手を死なせてしまう…

 前半の霍元甲は、まさに「おごれる者」だ。技術的には確かに申し分なく強くなった。向かうところ敵なし。弟子もたくさん集まり、連日酒盛りの日々。借金もふくらむが、そんなことはお構いなしだ。そういう時に集まってくる人間は、良い人ばかりではない。そう親友から忠告されても、聞く耳持たず。やがて親友も離れていく。

 仇討ちで相手を死なせてしまってからの彼は、別人のようだ。愛する者を失い、失意の日々。だが、農村での暮らしで、本当に大切なものは何なのか、初めて気づく。

 決してハッピーエンドではないが、とても教訓の多い映画だ。知徳体のバランスの重要性を教えてくれる。アクションシーンも見応えある。昔の香港映画同様、日本人と西洋人は悪役だが、中村獅童の役はなかなか骨がある役だ。教訓がわかりやすすぎて、少々臭い気がしないでもないが、それもいいかもしれない。アクションは派手だが、子供にもお勧めだ。

|

« 牛乳パックでロボットサッカー | トップページ | ロボコンつくば遠征記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] SPIRIT:

« 牛乳パックでロボットサッカー | トップページ | ロボコンつくば遠征記 »