« 海外ドラマ検定 | トップページ | [映] SPIRIT »

2007年1月22日 (月)

牛乳パックでロボットサッカー

 ディスカバリーパーク焼津では、いろいろな講座が企画されている。以前からちょくちょく利用していたのだが、先日、親子で牛乳パックを使ってロボットを作って、サッカーゲームをするという講座を発見。下の子と申し込んでみた。

 以前、上の子が、同様の講座に申し込み、ロボットサッカーを体験。かなり時間をかけてロボットを自力で製作し、サッカー大会をしていた。その時のロボットは、簡単な車の構造に、アームにシャベル状のものをつけていた気がする。今回も同じようなものだろうと思っていた。ところが…

Photo_4

Photo_5








 まさにシンプルそのもの。タイヤがないのだ。モーターの軸につけたビニールチューブがタイヤ代わり。ものすごくわかりやすい。そして、牛乳パックを余すところなく使っている。なんたって、リモコンから手作りというすごさ。めぼしい材料と言えば、モーターとコード、電池ボックス、そしてアルミシールくらいのもの。

 なんじゃこりゃ~と思ったのだが、これ、意外とよく動くのだ。それに、ちょっとした工夫で動きが変わる、なかなか優れもの。材料代900円というのも納得だ。せっかちな下の子にせかされ、ろくに説明も聞かずにさっさとロボットを製作完了し、微調整。しっかり配線確認したつもりだったのに、なんだか妙な動き。よくよく見たら、下の子が電池を逆向きに入れていた(-_-;)。

 そして、いよいよみんなでサッカー大会。これがまた大変。立派なコートが準備してあり、3対3でピンポン玉をゴールに入れるのだが、みんな相手のゴール付近に固まって入れるのに必死で、誰も自分のゴールを守らない。コートに6人も子供が集まっているので、コードは絡まるわ、自分のゴールに球入れるわで、大騒ぎ。勝ったり負けたりだったけれど、みんな意外と真剣。ワイワイと楽しい試合となった。

 お弁当持ちで朝からの参加だったが、あっという間だった。帰宅してからも、ロボットでピンポン玉を転がして遊んでいた。しばらく楽しめそうだ。リモコン部分を作るのに時間がかかったが、市販のリモコン部分とモーターさえあれば、30分もあればできてしまうような、簡単なロボットだ。自分なりの飾りをつけるのも楽しそう。親子でこういう物を作るのも久しぶりだった。今後も期待しているよ、ディスカバリーパークさん。

|

« 海外ドラマ検定 | トップページ | [映] SPIRIT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/13613779

この記事へのトラックバック一覧です: 牛乳パックでロボットサッカー:

« 海外ドラマ検定 | トップページ | [映] SPIRIT »