« [映] スタンドアップ | トップページ | [ド] マイ・ネーム・イズ・アール#24 »

2007年2月14日 (水)

[ド] メルローズ・プレイスの思い出

 子供の頃から見てきた海外ドラマだが、何度か波があった。最初のマイブームは、スタートレック。カーク船長の大ファンだった。次に私を魅了したのは、刑事スタスキー&ハッチ。スタさんの大ファンとなった。そして、マイアミ・バイスの後、しばらく停滞。再燃のきっかけとなったのが、ソープオペラのサンタバーバラだ。そこからは、WOWOWの海外ドラマを中心に、見まくりである。そして当時、キャッチUSAというキャッチフレーズで、連日放送されていた多くのドラマの中に、メルローズ・プレイスがある。

 ビバリーヒルズ青春白書からスピンオフされたこのドラマ、最初は青春ドラマだった。かなりのさわやか路線である。それでも、若かったこともあり、欠かさず見ていたのだが、途中からかなりの路線変更、ドロドロのソープオペラになってしまったのだ。もう目が離せない状態である。ところが、何を考えたのか、WOWOWはシーズン4まで放送したところで、急遽放送をうち切ってしまったのだ。しかも、話はとんでもない状態で、続きが見られないなんて。

 落ち込んでもいられないので、WOWOWに熱心にリクエストしたり、ニフティの海外ドラマフォーラムでリクエスト運動を呼びかけたり(ま、所詮その程度だけど)、地道にがんばっていたところ、スカパーのFOXチャンネルで放送が決定。めでたく最終話まで見ることができた。その後、他のチャンネルでも放送しているようである。

 当時、かなり入れ込んでいたこともあり、毎回あらすじを書いて、フォーラムにアップロード。全話まとまったところで、ライブラリにアップロードまでしていたのだが、当のフォーラムはインターネットに取って代わられ消滅。その当時の資料が残っていることを思い出し、HP化することにした。

 内容は、中盤の印象深いエピソード以外、ほとんど忘れていたのだが、資料を読んでいてよみがえってきた。かなりすごいドラマである。なんたって死亡者の数が半端じゃない。各キャラクターの恋愛遍歴もかなりのもの。主なメンバーは、だいたい一通りの他メンバーとつきあっている。7シーズンも続いた超人気ドラマだが、各シーズン34話ほどある点も驚きだ。(多くのドラマは22~24話程度) エピソードはかなり突飛で、みんなだいたい人格が途中で変わっている。そして、善人はロクなことがない。まさにソープ、これぞソープ。

 このドラマの後、あまりパッとしない役者さんもいるが、マーシア・クロスとダグ・サヴァントは「デスパレートな妻たち」(ブリー・バンデカンプ、トム・スカーボ)、クリスティン・デイヴィスは「セックス・アンド・ザ・シティ」(シャーロット・ヨーク)と、その後も活躍している人もいる。もちろん、アマンダ役ヘザー・ロックリアも健在だ。

 そういえば見ていたな~、とか、今もまだ見ているという人、良かったら見に来てね。
http://www.ne.jp/asahi/mikey/showcase/melrose.html

|

« [映] スタンドアップ | トップページ | [ド] マイ・ネーム・イズ・アール#24 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ド] メルローズ・プレイスの思い出:

« [映] スタンドアップ | トップページ | [ド] マイ・ネーム・イズ・アール#24 »