« [映] おかしな泥棒ディック&ジェーン | トップページ | [映] ダーク・ウォーター »

2007年3月18日 (日)

[映] ディック&ジェーン復讐は最高!

 77年の作品のリメイク版で、ジム・キャリーとティア・レオーニがディック&ジェーンだ。また、悪人である社長役として、アレック・ボールドウィンが出演している。

 ディックはIT企業に勤めるサラリーマン。妻ジェーンはキャリアウーマン。息子ビリーは、家政婦と仲良しなので、スペイン語が堪能だ。立派な家に住み、何不自由なく暮らしていた一家。ある日ディックは、社長に呼び出され、昇進を告げられる。広報本部長。大喜びのディックは、ジェーンに仕事をやめて家事に専念してはどうかともちかける。
 仕事がうまく行かなかったこともあり、すぐに辞めてしまったジェーン。だが、その直後、ディックの会社が倒産し、失業してしまう。金に困ったディックは、コンビニ強盗をすることに…

 話の大筋は、77年の作品とほぼ同じ。ただ、ディックの勤める企業が、77年版では航空宇宙会社であったのに対し、こちらはIT企業。前作では、宇宙産業が下火になり、会社の経営が傾いたためのリストラであったが、こちらは社長が悪人で、自分だけ大もうけして会社を倒産させたという点が大きく違う。つまり、こちらでは、「社長に復讐する」という目的ができた。

 途中の細かい部分は、似たようなシーンはあるが、時代背景が全く違うということからか、設定はかなり違っている気がする。どちらの映画も、強盗するということに関して賛同はできないが、こちらの方が「社長にハメられたための失業」という点では同情の余地がある。最後のオチもなかなか決まっている。

 夫婦関係も興味深い。前作では、専業主婦であるジェーンが夫を操縦していた感がある。本作では、ディックの方が全面に出ている。前作がジェーン・フォンダの映画であったのに対し、本作はジム・キャリーの映画なのだ。

 前作に比べて、今風の作りになっている分、見やすいとは思う。結末もなかなかいい。でも、こちらの方が勝っているとも言い難い。

|

« [映] おかしな泥棒ディック&ジェーン | トップページ | [映] ダーク・ウォーター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ディック&ジェーン復讐は最高!:

» 映画『ディック&ジェーン 復讐は最高!』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Fun with Dick and Jane 不正経理・不正取引がばれて破綻したエンロン、史上最大の経営破綻で有名なワールドコム・・この映画では、不幸の影で儲けて笑う悪者を凝らしめ復讐する 現在の日本では、ホリエモンことライブドアの堀江貴文前社長が証券取引法違反で実刑2... [続きを読む]

受信: 2007年3月19日 (月) 02:16

» ディック&ジェーン 復讐は最高! [シネマ通知表]
2005年製作のアメリカ映画 全米初登場3位、興行成績$110,332,737の大ヒット。 77年の『おかしな泥棒ディック&ジェーン』をリメイクした、ジム・キャリーとティア・レオーニ共演による痛快コメディ。勤務先の会社が倒産し生活に困ったディックは、妻と共に強盗稼業に手を出す。しかし、これが驚くほど大成功を収めてしまい…。 最後は上手くまとまっているので、それなりの爽快感は得られる作品でした。失業しても変わらぬ妻と夫の愛ある関係も良かった。ただリストラとか倒産というのは深刻な問題すぎて..... [続きを読む]

受信: 2007年3月24日 (土) 20:51

« [映] おかしな泥棒ディック&ジェーン | トップページ | [映] ダーク・ウォーター »