« [映] SAYURI | トップページ | [映] ミート・ザ・ペアレンツ2 »

2007年4月16日 (月)

[映] ヒストリー・オブ・バイオレンス

 短いけれど、かなり長く感じる映画だ。

 田舎町でダイナーを営むトム・ストール。ある日、彼の店に凶悪犯が立ち寄り、強盗を働こうとする。だが、見事な反撃で犯人を射殺、客や従業員を守ったトム。彼は一躍、町のヒーローに。
 彼の記事が新聞に出ると、怪しい男が彼を訪ねてくる。彼を、ジョーイ・キューザックだと言うのだが…

 田舎町で平穏に暮らしていた一家。だが、強盗事件をきっかけに、夫の過去が次第に暴かれる。田舎ののんびりまったりした生活の中に、突然起こる惨劇。その時のトムの動きは、とても田舎者とは思えないものがある。彼は、ただ者ではないと、見ている方も次第に気づく。

 彼が悪党と戦う、その一瞬だけ、とても展開が早い。だが、それ以外はかなりのスローペースだ。最初は善良な夫だったトムが、次第にジョーイの顔を見せ始める。今まで築き上げてきた、暖かい家族関係、夫婦の信頼関係が、みるみる崩れていく。
 トムの過去について、詳しくは描かれていない。なんでそこまで狙われるのか、よくわからないが、かなりのワルだったことは容易に想像がつく。

 トム役は、ロード・オブ・ザ・リングのアラゴルンこと、ヴィゴ・モーテンセン。妻役は、ERのドクター・デル・アミコこと、マリア・ベロ。悪党役に、エド・ハリス、ウィリアム・ハート。

 平穏な家庭を襲った恐怖という意味では、ハラハラする映画かもしれないが、スローペースの部分が多く、短い映画の割には長く感じた。最後もなんだか物足りない気がする。

|

« [映] SAYURI | トップページ | [映] ミート・ザ・ペアレンツ2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ヒストリー・オブ・バイオレンス:

« [映] SAYURI | トップページ | [映] ミート・ザ・ペアレンツ2 »