« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月26日 (土)

[映] ミュンヘン

 去年のアカデミー賞で話題になった映画だ。実話が元になっているらしい。主人公のアヴナー役は、「トロイ」で勇敢な兄ヘクターを演じたエリック・バナ。新ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグも出ている。

 1972年ミュンヘンオリンピック。平和の象徴であるはずのスポーツの祭典で、イスラエルの選手団が襲撃され、11人が殺害された。どうやら、パレスチナのテログループによる犯行らしい。イスラエル政府は、報復のため、テロの首謀者たちを暗殺する計画を立てた…

 臨月間近の奥さんと二人暮らしのアヴナー。平和な生活そのものだ。愛する妻と、やがて生まれてくる子供。だがそんなある日、事件が起こる。そして、政府から、非公式に任務を言い渡される。暗殺計画。仕返しである。

 同じように集められた仲間と会う。彼らはチームだ。同じ目的のために集められた仲間。それぞれの特技を生かした担当がある。アヴナーはリーダーだ。コネを使ってターゲットを探し出し、殺す。1人、また1人と殺していく。最初はおっかなびっくりだった彼らも、次第に大胆になる。

 だが、テログループのメンバーをいくら殺しても、テロは無くならない。1人殺してもすぐに代わりが出てくる。殺しても殺しても、次が出てくるだけだ。

 また、殺した相手にも家族がある。ホテルに泊まったターゲットを殺すため、隣の部屋に泊まったアヴナーが、テラスで思いがけずターゲットと会話するシーンがある。ターゲットは案外いいヤツだ。もっと違う出会い方だったら… と思うと、とても残念な気がする。

 そして、アヴナーのコネにも裏がある。彼らの名が次第に知られ始め、仲間の1人が殺される。だが、最初に狙われたのは、明らかにアヴナーだ。そして、1人また1人と仲間が殺される。次は自分かもしれないと思うと、夜もぐっすり眠れない。

 報復合戦だ。憎しみの連鎖である。任務を終えて、家族の元に戻ったアヴナーは、以前のような幸せは味わえない。いつも、身の危険を感じてしまう。祖国を離れていてもだ。彼に心の平和は訪れるのだろうか? なんともむなしくなる映画だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

[ド] キッドナップ

 タイトル通り、誘拐の話である。シーズン1は全13話で、誘拐事件が発生してから、解決するまでの13日間が描かれている。テーマがテーマだけに、緊迫した雰囲気で、その辺りは24に通じるところがある。

 舞台はNY。裕福なケイン家の息子レオポルドが、警護をつけていたにも関わらず、誘拐されてしまう。警察には知らせるなと言われ、迷った両親は、誘拐捜査のプロ、ナップに息子の救出を依頼。だが、レオポルドの警護をしていたバージルの妻の兄がFBI捜査官キングだったことから、FBIも事件を知り、捜査をすることに…

 普通の誘拐劇と違うのは、捜査しているのが警察やFBIだけではなく、プロを雇ったという点。ナップの目的はただ1つ、レオを救出すること。犯人の逮捕は二の次だ。また、この事件は、単なる身代金目的の誘拐ではないことが次第にわかる。綿密な計画。実行犯は次々殺され、発見される。だが、指令を出しているのが誰なのか、最後の最後までわからないのだ。そして最後にわかる、犯人の動機。

 ナップ役は、シックス・フィート・アンダーで、ブレンダの弟ビリー役を演じたジェレミー・シスト。過去に心に傷を負うほどの出来事があったらしい。シーズン1の最終話も、その辺りでシーズン2へとつながると思われる終わり方。
 怪しい過去を持つ金持ち、コンラッド・ケイン役は、ティモシー・ハットン。ネロウルフのアーチーとは違い、影のある男役だ。

 24とは違い、13日間のできごと。お話の中での時間としては長いことになるのだが、話の回数は少ないので、シリーズとしては短い。だが緊迫感あり、迫力満点だ。集中力が続くという意味では、これくらいの分量がいいのかもしれない。次のシーズンもできるのだろうか、期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイクリング

 ゴールデンウィークに出かけて大渋滞にはまり、目的地にたどり着けなかったことがあって以来、連休に特別に予定を入れることもあまりなくなった。今年も、特に予定は立てていなかった連休。だが、天気もよく、下の子はうずうず。風もないし、サイクリングにでも出かけようかという話に。上の子は留守番を決め込んでいるので、夫と下の子と私の3人で出発。でもどこへ??

 以前、子供たちと、近くの黒石川沿いをずっと下って、小川港までサイクリングしたことがあった。夫は行っていないので、そっちへ行ってみようということになった。特に目的地があるわけではなかったが、アクアスやいづを見たことがなかったし、となりにレストランもできたらしいので、そこでお昼も食べられるなと踏んだのだ。

Photo_50 Photo_51 [写真左]途中の歩道橋から。富士山は、頭の部分がちょこっとしか見えていない。ちなみに、家からだと、全く見えない。目の前にあるのは、黒石小学校。

[写真右]アクアスやいづの前から。ここからなら、富士山はバッチリ。自転車だけど、ずいぶん移動した気分になる。

Photo_52  アクアスやいづ。昔ながらの港町焼津とはかけ離れた建物。ここだけ近代的な建物が建ち、歩道も綺麗にレンガ?が敷かれていて、浮いてる気が。アクアスの向こう側に見えるのが、新しくできた建物で、ツナコープやら、レストランやらがある。さっそく行ってみると…

 すでに昼を過ぎ、1時頃だったのだが、レストランの前には長蛇の列。お腹を空かせた下の子は、早く食べたいと大騒ぎ。これから並んだんじゃ、いつ食べられるかわからんということで、撤退。とりあえず、焼津港の方へ向かってさらに進むと…

Photo_49 この壁画!! そうだ、焼津浜食堂だ!! 以前、東海ガスの冊子エプロンで見たのを、下の子と一緒に覚えていた。1Fはカネオト石橋商店。マグロやらカツオやらの製品を売っているのだが、2Fは食堂になっている。海が見えて景色もなかなかGOOD。奥には座敷もある。腹ぺこの私たち3人は、さっそく注文。

お刺身は絶品。鮮度が良いのだろう。とろけるようだ。

Photo_53 私が食べたレディースセット。どんぶりが少々小さめで、小鉢が3つ、みそ汁と、プチデザートつき。あれこれちょっとずつ食べたい女性には、なかなかありがたいセットである。

箸袋に注目!! オリガミ(?)製の日本女性が張り付いているのだが、これ、ようじが入っている。ようじの上の部分が頭になっているのだ。なんともシャレている。あまりにかわいくて、ようじを使うことができず。

 おなかいっぱい。大満足。でも、この後、自転車で帰らなければ… 結局、お腹いっぱいだったハズが、途中でアイスを食べ、本屋に寄り、帰宅したのは午後4時。消費したエネルギー以上に摂取した気もするが、往復10kmくらいは走っただろうか。留守番の上の子は、1人納豆ご飯を食べたらしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

[映] キスキス、バンバン

 なんだかなのタイトルだが、原題も同じ。ま、内容的にもそんな感じだ。最近どうもパッとしないロバート・ダウニーJrとヴァル・キルマーが共演。なかなかおもしろい顔ぶれである。LAローのアーノルド・ベッカーこと、コービン・バーンセンも出ている。

 NYのこそ泥ハリー。ある日、おもちゃ屋に忍び込んだ物の、警察に捕まりそうになり、慌てて逃げ込んだ場所がオーディション会場だった。それなのに、なぜか合格、俳優としてハリウッドへ行き、映画の役作りのために私立探偵ペリーと行動を共にすることに。だが、死体を見つけてしまったことから、事件に巻き込まれてしまう…

 ドタバタ・ロマンティック・サスペンス・コメディって感じだろうか? ハリーは、思いがけず、幼なじみ(しかもずっと憧れていた)ハーモニーと再会。こそ泥とは言えず、思わず探偵だと言ってしまう。ハーモニーの妹が死亡し、その件を調べて欲しいと頼まれ、ついつい引き受けてしまう。淡い恋心と、二つの死体で、ハリーはどんどん事件に巻き込まれていくのだ。

 ロバート・ダウニーJrとヴァル・キルマーって、なんだか妙な組み合わせな気がするが、このコンビもなかなかおもしろい。ヴァル・キルマーは、少々太り気味の感じがするが、まぁしょうがない。

 ストーリー的には、わかったような、わからんような、とってつけたような展開ではあるが、かなり突飛で、おもしろいといえばおもしろい。ハリーはハーモニーのために、体を張ってがんばるし、かなり痛い目にも遭うが、格好良すぎないところ、強すぎないところがいい。普通の人でもこんなにがんばれるんだと、思わせてくれる。

 とはいえ、大人向きかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

[ド] ニーベルングの指環

 「ロード・オブ・ザ・リング」の元になった北欧神話の、テレビムービーらしい。前後編で184分。ファンタスティック・アドベンチャーと書かれているが、指輪物語とはひと味違い、愛の物語だと思う。

 幼い頃、敵国(?)に襲われ、両親を殺されたジークフリート。彼は、鍛冶屋のエイヴィンに拾われ、立派な青年に成長する。ある夜、隕石が落ちるのを目撃した彼は、現場へ行ってみると、同じくかけつけた美女と出会う。すぐに恋に落ちた二人。永遠の愛を誓い合うが、彼女はアイスランドの女王だった。
 自分の出生の秘密を探るため、ブルグント王国へ行ったジークフリートは、国王が凶悪な竜に悩まされている事を知り、1人で退治に出かける。見事竜を倒した彼は、竜の血を浴び、無敵の皮膚に。さらに竜の持っていた、ニーベルング族の宝物を手に入れるが…

 なかなか奥が深い物語だ。強い青年が竜を倒して、宝も手に入れてめでたしめでたしとはいかないのだ。その宝を手に入れたことで呪いをかけられ、王の陰謀に巻き込まれていく。永遠の愛を誓った、誠実な青年なのに、彼に平和な生活はやってこない。この辺りはソープオペラを見ているようだ。

 宝が人の欲を呼び起こすということか。ジークフリートは何も悪いことをしていないのに、報われない。女王も、ただただ一途にジークフリートが来ることを待っていたのに、これまた報われない。グンター王も、女王と結婚したかっただけで、それほど悪い人ではなさそう。妹グリームヒルトも、ジークフリートに純粋に恋してしまっただけだ。一番悪いのはハーゲン郷のようである。ハリウッド映画を見慣れていると、なんだか納得のいかない終わり方の気はするが、北欧神話なのでしょうがないのか。ここで言いたいのは、古い神々は死んだので、今後はキリスト教を信じましょうということなのか。

 とはいえ、なかなか見応えある映像だ。ファンタジー好きの方、ソープオペラ好きの方にもおすすめかもしれない。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] Vフォー・ヴェンデッタ

 見応え十分の映画だ。アメコミの映画化らしいが、ストーリーにも深みがある。

 第三次世界大戦後、サトラー議長の独裁政権となったイギリス。テレビ局に勤めるイヴィーは、ある夜、秘密警察を名乗る男らに乱暴されそうになったところを、Vと名乗る仮面の男に救われる。彼は、サトラーの独裁政権を倒そうとしているのだった…

 何の疑問もなく自由な世界に住んでいる我々としては、かなり怖い世界が描かれている。放送は検閲される。ニュースはウソばかりだ。夜は外出禁止。逮捕されれば拷問される。表現の自由など存在しない。まるでどこぞの国のようだ。

 そんな毎日に、特に疑問を抱くこともなく、政府の言うがままに生きてきた人たち。そこへ仮面の男が現れる。神出鬼没。そして彼からのメッセージは、国民の目を覚まさせる。

 幼い頃、目の前で両親を連れ去られた経験を持つイヴィー。その時の恐怖から、無難に生きてきた彼女も、Vとの関わりで、強くなる。ナタリー・ポートマンが、最初はか弱い女性だが、丸刈りにされて拷問され、心身共に強くなっていく女性を体当たりで演じている。かなり長い映画だが、その辺りは見応え十分だ。残酷なシーンもあり、小さい子にはおすすめしないが、中高生なら見ていいだろう。これをきっかけに、ガイ・フォークスについて調べるのもいいかもしれない。とにかく、今後の世界を背負う若者に見て欲しい映画だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] がんばれ!ベアーズ 新旧見比べ

 はっきり言って、がんばれ!ベアーズはあまり好きな映画ではなかった。なんと言っても、野球に興味がないからなのだが、最近下の子がアニメ「メジャー」にはまっていて、そのからみでこの映画も新旧両方見たいと言い張る。やむなく録画して、見比べてみた。

 まずは旧作。かつて大リーグ選手だったこともあるバターメイカー。今はプールの清掃係だが、少年野球の新チーム監督を任されることに。だがアルコール依存症の彼は、あまりやる気なし。集められた子供たちも、お世辞にもうまいとは言えず。最初の試合は惨敗。あまりのひどさにガックリ来る子供たちを見て、ちょっとやる気になった彼は、かつての教え子アマンダをチームに加えることに…

 監督はウォルター・マッソー。猫背で、やる気のない監督ぶりがピッタリだ。そしてしっかり者のアマンダ役がテイタム・オニール。ちょっと生意気で、勝ち気な彼女がこの映画の顔である。弱小チームが、がんばって強くなるというお決まりのパターンではあるが、途中、子供たちの気持ちも考えず「勝ち」に走る監督や、結末がうますぎないところがいい。ゲームの戦略もおもしろいようだ。

 それに対して新作。タイトルに「ニューシーズン」とついているので、てっきり続編かと思ったのだが、お話は旧作とほぼ同じ。監督の仕事が害虫駆除、酒好きだがアル中というほどではなく、女性にだらしない男だったり、息子をチームに入れてくれとやってくるのが男性議員ではなく、女性弁護士だったり、車いすの少年がいたりと、設定はだいぶ違うものの、ストーリー展開はほとんど同じだ。だが何かが違う。旧作の良さが出ていないばかりか、新作ならではの良さもない。強いて言えば、ビリー・ボブ・ソーントン、グレッグ・キニア、マーシャ・ゲイ・ハーデンと言った豪華俳優が出ていることくらいか。

 一番違うと思ったのは、ついつい「勝つ」ことに夢中になるあまり、子供たちの気持ちも考えずに叱りとばすシーン。このシーンでの子供たちの表情(特にテイタム)は忘れられない。それがあるからこそ、「そうだ、大切なことを忘れていた」と気づいた監督の、その後の行動が生きてくるのだ。新作では、ただ単に真似して同じシーンを作ったとしか思えない。

 どちらかを見ようと思っているのならば、旧作の方を強くおすすめする。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

[映] ウォレスとグルミットのおすすめ生活

 WOWOWで、ウォレスとグルミットの特集をしていた。以前NHKで放送した、「チーズ・ホリデー」、「ペンギンに気をつけろ!」、「危機一髪!」に加え、「おすすめ生活」と、去年劇場公開された「野菜畑で大ピンチ!」を一挙に放送。「ウォレスとグルミット」ワールドを堪能できた。

 「おすすめ生活」は、ウォレスの発明品の紹介!?を兼ねて、彼らの日常を描いた短編。1話2分程度の作品が10本。毎回、便利なのかどうかかなり疑問な珍発明品が登場する。オチもいい。親子でお腹を抱えて笑える作品だ。小さい子も飽きさせない長さだし、大人もツッコミ入れながら見てしまう。

 自己中だがどこか憎めないウォレスと、飼い犬というより世話係のようなグルミット。彼らのコンビネーションは抜群。いつもグルミットが尻ぬぐいをしている気はするが、しょうがないなぁと言うリアクションをしつつも、ウォレスを見捨てられない彼は、本当に良い犬である。そんな彼らの日常を見せてもらった感じだ。毎日あんな風に暮らしてるのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

[ド] ゲド 戦いのはじまり

 ゲド戦記の実写版というふれこみである。テレビのミニシリーズに分類されるようだ。172分なので、ちょっと長い映画という感じでもある。

 島々からなる世界、アースシー。かつて、名なきものたちによって支配されていたが、巫女たちがアミュレットにより彼らを封印。平和が訪れた。ところが、そのアミュレットが割られ、今はかろうじて巫女たちの祈りによって、封印していた。だが、その封印を解き、永遠の命を授かろうと企む王がいた。
 一方、鍛冶屋の息子として生まれたゲドは、偉大なる魔法使いオジオンと出会い、魔法使いとしての修行をすることに…

 原作を読んでいないし、アニメのゲド戦記も見ていないので、元のお話がどう言うものなのか全くわからないのだが、どうやら1巻2巻を前編後編のドラマ化したものらしい。(ちなみにアニメのゲド戦記は、オリジナルとは違うストーリーとのこと)

 出演者もなかなか豪華で、ゲド役が「x-メン」シリーズのアイスマンことショーン・アシュモア。大巫女役がイザベラ・ロッセリーニだし、偉大な魔法使い役がダニー・グローバーだ。若い巫女テナー役は、ヤングスーパーマンのラナこと、クリスティン・クルック。悪い王は、オデッセイ5のメンデル博士ことセバスチャン・ロッシェ。

 さて、肝心のお話の方だが、原作を読んだ人にとってどう見えるかはわからないが、親子で楽しめるファンタジーに仕上がっていると思う。これをきっかけに、原作を読んでみるのもいいだろう。映像を見た感じでは、ハリー・ポッターとロード・オブ・ザ・リングを合わせたような感じである。魔法学校が出てくるし、悪に走る生徒(ドラコって感じ?)がいたり、院長先生はダンブルドアのよう。ゲドの師匠はガンダルフのようだし、ゲドの風貌はホビットっぽい。

 ただ、訳で少々気になったところが。悪を封印する腕輪というのが出てくるのだが、見た感じでは「腕輪」とは思えない。おそらく、翻訳された本で、腕輪と書かれているのだろうけれど、原語ではアミュレットと言っている。お守りという感じだろうか。首飾りのようなものだ。なぜ腕輪になるのか。
 また、ゲドたちの真の名というのが出てきて、それぞれ動物の名だったり、物の名だったりするのだが、それまで日本語に翻訳してしまっている。これもおそらく、翻訳された本の通りなのだと思うし、その方がイメージできてわかりやすいのかもしれないが、名前なのだから、そのままでもいいんではないかという気もする。どうだろう?

 とはいえ、おそらく長い原作を、子供も楽しめる作品によくまとめたという感じだ。ファンタジー好きなら、一度は見て損はないと思う。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

[映] ファイヤーウォール

 ハリソン・フォード主演のアクション? とはいえ、強い男を期待してはいけない。

 銀行の幹部、セキュリティシステムの創設者ジャック。ある日彼は、家族を人質にされ、銀行から1億ドルを別口座へ移すよう強要される…

 銀行の幹部であり、セキュリティシステムに通じているということから、目をつけられたようだ。家族を人質にされ、コンピュータを操作して金をだまし取るよう言われる。なんとか抵抗しようとするが、ことごとく失敗。ついにシステムに侵入し、犯人の言うとおりにしてしまう。

 だが後半はなかなかやってくれる。利用されただけでなく、罪も着せられそうなことに気づく。家族もおそらく殺されてしまうと感じる。そして対抗手段に出るのだ。

 タイトルからして、もっとコンピュータのことが詳しく出てくるのかと思ったが、そうでもない。どちらかというと、見せ場はアクションだろう。

 とはいえ、ハリソン・フォードだからと言って、強い男のイメージで見てはいけない。運動不足の中年ホワイトカラーの男だ。家族を守るため、無い体力を振り絞ってがんばる。そういうお話だ。あのヨレヨレぶりは、演技だと信じたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »