« [映] トゥモロー・ワールド | トップページ | [ド] ROME »

2007年6月24日 (日)

[映] ディパーテッド

 今年のアカデミー賞で、作品賞、監督賞、脚色賞、編集賞の4部門を受賞した、話題作だ。大好きなマフィアものということもあり、とても期待していたのだが… 想像していたマフィアものとは少々様子が違った。だが、見応えは十分な映画だ。

 ボストン南部。貧しいが、聡明だった少年コリンは、アイリッシュマフィアのボス、コステロに目をかけられて育つ。やがて彼は、警察学校を優秀な成績で卒業。コステロの内通者として警察内で働くことに。同じ頃、同じく警察学校を優秀な成績で卒業したビリーは、身内に犯罪者が多いということで、マフィアへの潜入捜査を命じられる…

 警察で、マフィア取り締まりにあたるコリンはマフィアの内通者(ネズミ)、そしてマフィアで働くビリーは警察の内通者だ。全く逆の立場の二人が、身近にいながら面識は無い。そしてお互いを捜すことになる。それぞれ微妙な立場だ。二人に共通するのは、警察官であるということと、マフィアのボス、コステロだ。

 このコステロ役ジャック・ニコルソン、映画の要である。なのだが、(アイリッシュ・マフィアには詳しくないが)、どうも彼はマフィアっぽくない。彼 は名優だし、演技は申し分ないと思うが、マフィアの雰囲気がない。その点で、「マフィア映画」と言う私の期待は、少々裏切られた気がするのだ。

 とはいえ、コリン役のマット・デイモンも、ビリー役のディカプリオも、それぞれの雰囲気をうまく出している。後半のさぐり合いも手に汗握る展開だ。最後はやたらとみんな死んでしまって、(だからディパーテッドなんだろうが) なんだかなぁという結末ではあるが、全体としてはとてもおもしろい映画だ。

 アメリカでの評価はかなり高い。だが、これは香港映画「インファナル・アフェア」のリメイクということで、元作品を見た人の評価はかなり低い。どうやら元作品のすばらしい雰囲気が、この映画には無いらしい。そうと聞いたら、今度はインファナル・アフェアの方を見なくては。

 個人的には、最後までビリーをかばったクイーナン警部役、マーティン・シーンに拍手を送りたい。

|

« [映] トゥモロー・ワールド | トップページ | [ド] ROME »

コメント

Great work!
[url=http://wuvugzet.com/vpid/gque.html]My homepage[/url] | [url=http://uhzuscuq.com/nwnk/opwb.html]Cool site[/url]

投稿: Sarah | 2007年7月14日 (土) 01:19

HAMAさん、こんにちは。コメントありがとうございます。なるほど、やはり原作の方が良さそうですね。スコセッシ監督なので、なおさら期待していたのですが、(おもしろかったことはおもしろかったのですが)、結末でちょっとガックリ来ました。なんだかヤッツケ仕事みたいで。香港映画ってあまり見ないのですが、これは気になったので、さっそく見てみますね!!

投稿: マイキー | 2007年6月25日 (月) 15:03

マイキーさん、こんにちわ。最近ROMらせてもらってます。
僕もちょうど同じ日にディパーテッド観ました。原作に比べ随分お話をひねりすぎた感じがしました。原作のほうは文句なく傑作ですので是非ご覧なってください。

投稿: HAMA | 2007年6月25日 (月) 13:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/15540128

この記事へのトラックバック一覧です: [映] ディパーテッド:

« [映] トゥモロー・ワールド | トップページ | [ド] ROME »