« [映] ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 | トップページ | ペルセウス座流星群 »

2007年8月16日 (木)

[映] トランスフォーマー

 帰省の際に歌舞伎町で見た映画第2弾である。「ロボットみたいのが飛行機とか車に変形する映画」くらいの予備知識で、軽い気持ちで映画館へ行った。映画館へ入ると映画に出てくるキャラクターと思われるおもちゃが、しっかり売っている。変身するおもちゃだ。お目当ての物が売っていたとあって、下の子は大盛り上がり。しょうがない、記念に1つ買うかと言うことになったのだが、結構な値段のものあり、とりあえず2310円の物(2番目に安い(^o^;)の中から買うこと。黄色い車の物が、見た目格好良くていいんじゃないの?と勧めたのだが、考え抜いた挙げ句、戦車に変身するおもちゃを購入。ご満悦である。

 肝心の映画、言ってしまえば、ロボットが出てくる戦闘物である。とはいえ、ストーリーもちゃんと筋が通っているし、コミカルな要素もある。なにより、戦闘シーンは迫力満点だ。ロボットのような地球外生命体が、ある物を目的に地球にやってくる。彼らは、地球上の様々な物に容易に変身できる。そのため、我々はなかなか気づかないと言う設定だ。そして彼らが、そのある物を手に入れるために大暴れして… と言うお話なのだが、軍隊や、謎の組織が出てくるだけでなく、主人公がさえない高校生というのがいいのかもしれない。そしてある日、彼が手に入れた中古の車が、実は… と言う見せ方もおもしろい。

 スピーディな展開、迫力ある戦闘シーン、そしてコミカルな要素と盛りだくさんで、夏向きの映画だと思う。ただ、かなり激しい戦闘シーンで、画面もかなり揺れるので、前の方で見ていた私は少々車酔い状態に。車に酔いやすい方は、後ろの方で見た方が良いかも。

 おもしろかったねーと、大満足の下の子だったのだが、買ったおもちゃが、実は悪役だということに気づいてしまった。見てから買うんだったと、後悔の嵐。さらに、私が勧めた黄色い車に変身するおもちゃが、実は主役級のナイスキャラ、バンブルビーだったことに気づき、なおさら落ち込んでいた。(数日後、トイザラスで1999円で売っているバンブルビーを発見し、私に借金して購入していた)

 見終わった後のトイレは、珍しく男性トイレの方が混んでいた。

|

« [映] ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 | トップページ | ペルセウス座流星群 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] トランスフォーマー:

« [映] ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 | トップページ | ペルセウス座流星群 »