« [映] マッチポイント | トップページ | [映] レディ・イン・ザ・ウォーター »

2007年9月26日 (水)

[映] オーシャンズ13

 どうも毎年この時期は、あまり見たい映画を放映していない。なのに、どうもこの時期は、映画館に行ってしまうのである。今年もまた、何を見ようかかなり悩んだ挙げ句、放映終了間近のこの映画を見ることにした。シリーズ3作目、今度はアル・パチーノまで出てくる。

 ホテル王ウィリー・バンクにまんまと利用され、全てを失ってしまったルーベン。ショックのあまり、心臓発作で倒れてしまう。彼を見舞ったオーシャンたち仲間は、彼の敵を討つために、バンクが建設中のホテルを陥れようと画策する…

 ストーリーラインとしては、実にわかりやすい。今度は、騙されたルーベンの仕返しをすべく、オープニング間近のホテルに、あらゆる仕掛けを仕込み、損をさせ、評判を落とそうとする物語だ。ウィリー・バンク役のアル・パチーノは、まさに悪役である。そして今回、彼を倒すため、宿敵(?)ベネディクト(アンディ・ガルシア)の手まで借りるところがおもしろい。

 彼らの計画は実に緻密で、ぬかりない。何度も困難にぶち当たるが、なんとか打開策を見つける。すばらしいチームワークである。途中、サイコロを作っているメキシコの工場で、賃上げ交渉からストライキに発展してしまったり、カジノのビルに地震を起こしたり(!)と、本当にいろいろなエピソードがあって楽しめる。

 シナトラの名が何度か出てくる。まさにラスベガスの顔である。彼はこのシリーズの元作品、「オーシャンと11人の仲間」のダニー・オーシャン役だ。その辺も意識しているのだろう。元作品は、もっとシリアスで、ハッピーエンドとは言い切れない終わり方だったが、本シリーズはどこまでもお気楽というか、楽天的というか、愉快な仲間たちである。

 アル・パチーノとアンディ・ガルシアが直接対決するシーンがある。貫禄のアルに対して、アンディにはどうしても若いイメージを持っていた(ゴーッド・ファーザー3ね)のだが、何のことはない、アンディ・ガルシアもかなりの貫禄である。ここ数年(?)でずいぶん太ったね。その点、アルは体重に気を遣っているよう。

 個人的には前作と比べると… 1作目よりはちょっと落ちるが、2作目よりはおもしろいと言ったところか。

|

« [映] マッチポイント | トップページ | [映] レディ・イン・ザ・ウォーター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] オーシャンズ13:

« [映] マッチポイント | トップページ | [映] レディ・イン・ザ・ウォーター »