« [映] プライドと偏見 | トップページ | [映] 2番目のキス »

2007年11月12日 (月)

[ド] ブラザーズ&シスターズ

 今年エミー賞で話題になったドラマが、AXNでいよいよ始まった。主演女優賞を受賞したサリー・フィールドを始め、「アリー・マクビール」ことキャリスタ・フロックハート、「シックス・フィート・アンダー」のブレンダことレイチェル・グリフィス、トム・スケリット、エイリアスのスローンことロン・リフキン、「プリズン・ブレイク」の副大統領(後に大統領)役でお馴染みパトリシア・ウェティグなどなど、キャストだけ見てもなかなか豪華な顔ぶれ。そのほかにも、ロブ・ロウ、「エバーウッド」のエイミーことエミリー・ヴァンキャンプなども出演するらしいし、アンディ・ブラウン役トリート・ウィリアムスも出てくるようだ。

 #1は、NYでラジオのパーソナリティをしていたキティが、実家のあるLAのテレビ局から仕事を依頼され、面談のためにLAへやってくる。久しぶりに戻った実家。母ノーラと確執があるキティは、仕事は断ってNYへ戻るつもりだったが…

 登場人物について簡単に説明しておくと、
キティ:次女。NYのラジオ局パーソナリティだったが、LAのテレビ局からスカウトされ、仕事を引き受けることに。母ノーラから愛されていないと感じている。恋人からプロポーズされるが、NYに戻ることが条件だと言われ…
ウィリアム:包容力のある暖かい父親。ファミリー・ビジネスであるオーハイ食品の経営者。
ノーラ:元気な良き母親であるが、キティと意見が対立してしまう。
サラ:長女。勤めていた会社を辞め、家族の経営するオーハイ食品へ。2児の母。夫ジョーとの関係が冷えかけている。
トミー:長男。オーハイ食品で仕事をしている。
ケヴィン:次男。弁護士。ゲイであることをカミングアウトしている。
ジャスティン:三男。911の後、アフガニスタン侵攻を経験し、そのトラウマからドラッグにおぼれた経験あり。
ソール:ノーラの兄。オーハイ食品の財務責任者。

 始まって早々に、キティとノーラの関係があまり良くないことがわかる。断るつもりだったテレビの仕事だったが、話を聞くうちに興味を持ち、引き受けようと言う気になる。だが、恋人からは、結婚するならNYに住むようにと迫られる。ジャスティンは、父とホリー・ハーパーの様子に怪しいものを感じる。さらに、ファミリー会社であるオーハイ食品の資金に、問題があることもわかる。そして、#1の最後に、その鍵を握ると思われる父ウィリアムが倒れる。まさに波乱の幕開けと言えよう。

 一見、和気あいあいの大家族に見える。だが、それぞれに悩みがあり、隠し事もある。不倫や、お金も絡んでくるようだ。今後、どんな展開になるのか、楽しみだ。

|

« [映] プライドと偏見 | トップページ | [映] 2番目のキス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ド] ブラザーズ&シスターズ:

« [映] プライドと偏見 | トップページ | [映] 2番目のキス »