« [映] ブロークン・トレイル/遙かなる旅路 | トップページ | [ド] ヒーローズ »

2007年11月23日 (金)

君の友だち

 彼女と出会ったのはちょうど10年ほど前。見知らぬ地へやってきて、子育てに追われる毎日。身動きのできない田舎暮らしにうんざりしていた時、まさに一筋の光が見えたようだった。彼女の明るさ、前向きさが、私の田舎暮らしを変えた。

 その人が去ってしまう。突然の事に呆然としたが、何かできることはないかと考えた。バンドの友達と、こっそり彼女に送る曲を練習しようと言うことになった。そして、その友達が見つけてくれたのが、この曲。キャロル・キングの「君の友だち(You've got a friend)」だ。

君が落ち込んだり、困っていて、助けが必要な時
全てうまくいかない時
目をつぶって私の事を考えて
そうすれば私はそこにいる
真っ暗な夜でも明るくしてあげる

君はただ私の名前を呼んでくれるだけでいい
どこにいるかはわかるよね
私は君のとこへ飛んで行くよ、また君に会うために
冬、春、夏、秋
名前を呼ぶだけでいい、そうすれば私はそこにいる
君には友達がいる…

 とまぁ、こんな感じの内容なのだが、歌詞を見て感動。まさにピッタリの曲。曲もすばらしい。さっそくピアノ譜を見つけ、CD(「つづれおり」Tapestryがおすすめ)まで購入してくれた友達。さらに、私もピアノ譜を持っていることに気づき(^o^;、ピアノとベースで演奏することに。加え、歌詞もすばらしいので歌ってみようと言うことになった。ちょっと無謀かもと思いつつ、思い立ったら止まらない。

 そのほか、埃かぶってるウクレレもやってみようと言うことで一曲、ピアノ(1曲は連弾)とギターで2曲、計4曲が決まり、ミニ音楽会に。練習の成果があったのかなかったのか、あまりうまく弾けなかったけれど、友達は喜んでくれた。彼女との出会いに感謝。曲を見つけ、一緒に演奏してくれた友達に感謝。思い出に残る日となった。

 引っ越してしまっても、これでお別れではないと思っている。また会える。会おうと努力することに意義がある。そう思う。君は私の友だち、私は「君の友だち」。この曲を聞くたびにお互いを思い出そうね。

|

« [映] ブロークン・トレイル/遙かなる旅路 | トップページ | [ド] ヒーローズ »

コメント

お引っ越ししてしばらくは、荷物の整理でたいへんだと思うけれど、あちこち探検して、今度会ったときに教えてね! 楽しみにしているよ。 

投稿: マイキー | 2007年11月26日 (月) 14:03

今、思えば、マイキーさんとの出会いは奇跡的だったなぁと思う。
引越後、おそるおそる始めたパソコン通信。
見知らぬ土地で、誰も友達がいなくて、孤独な日々。
それが、同じ歳、同じ関東出身、好きな映画、共通点いっぱい!
私にとっても、マイキーさんは、暗闇にさす一筋の光のようでした。

今の私の友達は、ほとんどマイキーさんを通して知り合った人たちばかり。
ということは、今の私はマイキーさんあっての私だということ。

演奏は心への贈り物でした。
心が震えるという感覚は、きっとあのときの感覚なんだろうと思う。
音楽に乗せて、心が伝わってきた。

来月からの新しい生活は、たぶん苦労ある挑戦になる。
自分に向き合わねばならず、苦しいときが来ると思うけど、
バンドのメンバーのみんなのことを想い出して、
ひとつひとつ、目の前の壁を乗り越えて行こうと思う。

本当にいつもありがとう。
これからもよろしくね。

投稿: uriuri | 2007年11月26日 (月) 10:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/17159836

この記事へのトラックバック一覧です: 君の友だち:

« [映] ブロークン・トレイル/遙かなる旅路 | トップページ | [ド] ヒーローズ »