« [映] イルマーレ | トップページ | [映] プライドと偏見 »

2007年11月 8日 (木)

[映] ブロークバック・マウンテン

 去年のアカデミー賞で話題になった映画だ。ゲイのカウボーイの映画というふれこみだった。だがそう単純ではないようだ。

 60年代のアメリカ。ブロークバックマウンテンで、夏の間、羊番として雇われた2人の青年イニスとジャック。次第に親密になった2人の間には、いつしか友情以上の感情が芽生える。そして夏が終わり、イニスは婚約者と結婚、ジャックもロデオで知り合った女性と結婚。数年後、ジャックからのハガキで再会した2人は、たびたび2人だけで山へ出かけて、愛をはぐくむのだったが…

 ゲイが今ほど認められていなかった時代。ましてやカウボーイである。イニス自身、過去に父親が、ゲイのカウボーイをなぶり殺しにした事実が、トラウマになっている。ジャックへの愛情を、表に出せるはずもなく、恋人と結婚し、子供をもうける。美しい妻と、かわいい娘たちがいるにも関わらず、どうしても彼の気持ちは満たされない。そして、時々、本当に愛する人と会うことができる。2人きりで、こっそりと。

 ジャックはと言えば、これまたかわいそうな人生である。イニスと一緒に牧場をやりたいと、ずっと夢見ていたのだが、イニスにはその勇気がない。いっそ、他の人に乗り換えたいと思っても、彼への想いは断ち切れない。妻の父親からは、邪険にされる。

 もの悲しい感じの映画だ。カントリー風だが、ちょっと変わった、切ない感じの音楽も効果的だ。全体としてゆったりとした雰囲気の中で進むのだが、2人のからみはとても情熱的で、衝撃的だ。イニスとジャックが初めて愛し合うシーン、イニスの妻が2人のキスを目撃してしまうシーン、そして、イニスのフラッシュバック。最後がまたわびしい。

 日本で一般ウケするかは疑問だが、アカデミー賞も納得の作品だと思う。でも、内容が内容だけに、大人向けかな。

<以下、1月23日に追記>

 イニス役のヒース・レジャーは、2008年1月22日(火)、マンハッタンのアパートで死亡しているのが発見されたらしい。ドラッグ過剰摂取か。享年28歳。まだ若いし、これからの人なのに残念だ。

|

« [映] イルマーレ | トップページ | [映] プライドと偏見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ブロークバック・マウンテン:

« [映] イルマーレ | トップページ | [映] プライドと偏見 »