« [映] トレインスポッティング | トップページ | [ド] ラスベガス »

2007年12月15日 (土)

[ド] ヤングスーパーマン4

 なんだかんだ言って、もうシーズン4である。NHKで放送していたころは、毎回だいたいパターンが決まっていて、この分じゃそう長くは続かないだろうと踏んでいた。だが、クラークが地球に来た理由や、ルーサー親子の確執など、次第にストーリーが複雑になり、俄然おもしろくなってきた。そして4である。

 3の最後で、クラークはどこかへ転送されてしまい、ジョナサンは倒れてしまった。レックスは毒を盛られて倒れ、クロエは隠れ家ごと爆破され、ピートは母親と引っ越してしまい、さらにラナもフランスへ行ってしまった。ライオネル獄中で断髪のシーンが印象的だった。そして3ヶ月後…

 クロエの死亡で、残されたビデオレターを見た従姉のロイス・レインが登場する。クロエ死亡の謎と、クラーク・ケントの秘密を探るために、スモールビルへやってくるのだ。その途中、地球に戻ってきたクラークと偶然出会う。だがクラークはカルエルになりきっている。
 またジョナサンは昏睡状態で、マーサは夫と息子を一度に失った悲しみに耐えている。レックスは、奇跡的に回復したものの、透析が必要な体になってしまう。そして、彼は何かを探している。ラナは、フランス留学で新しいボーイフレンドもでき、楽しくやっているのだが…

 といったところから始まる。とにかく、まだ何がなにやらさっぱりわからないが、ライオネルが何かを企んでいることは確かだ。レックスもしかり。何を探しているのか。また、退場と思われたラナも関わってくるようで、興味深い。

 ラナのボーイフレンド役、どこかで見たぞと思ったら、スーパーナチュラルの兄貴の方だった。その時も、どこかで見たなと思っていたのだが、それもそのはず、ダークエンジェルや、ドーソンズ・クリークにゲスト出演していたようだ。
 さらにおもしろいのは、スワン博士(ご存じクリストファー・リーブ)の代わりとして出てきた、ブリジット・クロスビーなる女性。彼女は、スワン博士と共に研究していた(?)という設定で、重要な役割を果たすのだが、この役、マーゴット・キダーなのだ! そう、映画スーパーマンでは、クリストファー・リーブがクラーク・ケント、マーゴット・キダーはロイス・レイン。その彼女を使う辺り、実に気の利いた演出と言えよう。

 と言うワケで、日本ではまだシーズン4だが、アメリカでは今年シーズン7を放送中である。まだまだしばらくは楽しめそうだ。

|

« [映] トレインスポッティング | トップページ | [ド] ラスベガス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ド] ヤングスーパーマン4:

« [映] トレインスポッティング | トップページ | [ド] ラスベガス »