« [ド] ダラス特番 | トップページ | 都まんじゅう »

2008年3月16日 (日)

[ド] デスパレートな妻たち3 #23

 なんだかあっと言う間だったなー、デス妻シーズン3。今シーズンもいろいろなことがあったが、またまた気になる終わり方だ。

 めでたく市長ビクターと式を挙げたガブリエルだが、彼に本当に愛されているか疑問を持ち始める。カルロスもイーディのウソに傷ついて失意のどん底。そして二人はなんだかいいムードになってしまった。
 スーザンとマイクはほのぼのだ。質素ながらも暖かい手作り結婚式で、幸せいっぱいと言った感じ。
 リネットは病気と闘うことになるのだろう。おまけに、憎んでいた母が手伝うためにやってきた。心中穏やかではないだろう。だが、和解のきっかけになるのかもしれない。
 ブリーは、ダニエルの妊娠を隠すのに必死。夫婦生活はうまくいっているようだが、ダニエルとオースティンの子を、自分たちの子供として育てることにするようだ。
 イーディは、カルロスに捨てられたショックで自殺を図る。

 イーディ役はまだ降板していないので、おそらく助かるのだろう。アメリカではシーズン4を放送中。まだしばらく楽しめそうだ。

|

« [ド] ダラス特番 | トップページ | 都まんじゅう »

コメント

最終話の録画をミスして最後が見れなかったけれど、シーズン4に向けて波乱含みな終わり方だったのね~いつもどおり・・・
いつもびっくり・ありえない展開を見せる中で、彼女たちの中の天使の部分がキラリと光る時が意外なだけに共感・うれしい瞬間で大好きなドラマ今までのドラマももういちど始めから見てみたいなぁと思うこのごろ。

投稿: パプコーン | 2008年3月17日 (月) 09:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ド] デスパレートな妻たち3 #23:

« [ド] ダラス特番 | トップページ | 都まんじゅう »