« [ド] グレイズ・アナトミー3 #22 | トップページ | [映] ストリングス ~愛と絆の旅路~ »

2008年3月31日 (月)

[映] パフューム ~ある人殺しの物語~

 強烈なインパクトの映画だ。脳裏に焼き付くシーンが多い。PG-12指定なので、注意。

 舞台は18世紀のフランス。悪臭たちこめる魚市場で産み落とされたジャン=バティスト・グルヌイユ。腐った魚と一緒に廃棄されようとしていた彼は、奇跡的に助けられるが、孤児院に売られ、孤独な少年時代を過ごす。その後、皮なめし工場へ売られ、過酷な労働を強いられる。だが、彼にはある才能があった。それは、嗅覚が異様に鋭いこと。そしてある日、街に出た彼は、美しい少女の香りに惹かれて…

 冒頭の死刑宣告シーンも強烈だが、彼の誕生シーンはものすごい。魚市場の女の私生児として産み落とされた彼は、腐った魚の山に、無造作に放り投げられる。死んでいると思われた彼は、だが生きていた。子供を殺そうとしたと言うことで、母親は死刑。以後、彼を引き取った者は全て、彼を手放すと直後に死んでいる。

 生まれたときから、彼は誰からも愛されずに育った。故に、愛することを知らない。ただひたすら、香りに対する好奇心だけが、彼の生きる支えである。そしてある日、美しい女性の香りに出会う。だが、香りをかぐことにしか興味のない彼は、誤って彼女を殺してしまう。そして、死と共に、香りも消えてしまうことを知る。なんとかその香りを、保たせることはできないものか。

 彼は、殺したかったワケではない。ただ香りを集めたかっただけだ。美しい花から香水を作るのと同じ。殺してはいけないと言う考えは、彼にはない。つまり悪いことをしていると言う意識はない。だが、そんなことが許されるはずもなく、ついにつかまり、冒頭の死刑宣告となるわけだ。ここまでは、目が離せない展開。

 ちょっと納得がいかないのは、その後だ。少々意味不明の展開、なんだかなーの結末。わかったような、わからんような。でもまぁ、普通の展開じゃ、おもしろくないしね。

 老調香師役で、ダスティン・ホフマン。最後の獲物(美女)の父役で、ハリーポッターシリーズのスネイプ先生でお馴染み、アラン・リックマン。ナレイターはジョン・ハート。みんな、おかしなカツラをかぶり、白塗りメイクをしていて笑える。貧困層と、上流階級の暮らしの差が、身なりだけでなく、香ってきそうだ。

 セックスシーンこそないが、子供が見て楽しめる内容ではなさそうだ。PG-12も納得。だが、2時間以上の長さも感じさせず、一気に見てしまった。とにかく強烈な映画だ。

|

« [ド] グレイズ・アナトミー3 #22 | トップページ | [映] ストリングス ~愛と絆の旅路~ »

コメント

ジオさん、初めまして。コメントありがとうございます。ブログ拝見しました。「映画の値」ってなるほどって感じです。私はテレビで見ることが多いので、ハズされても時間の損で済みますが、映画館へ行ってハズされると、金返せ~って気になります、確かに。

すでにこのブログのリンクを張っていただいているんですね。ありがとうございます。さっそく私もリンク張りますね(^o^)。

投稿: マイキー | 2008年9月14日 (日) 11:57

はじめまして。
私は傑出映画なんてというブログを運営するジオです。

私のブログは主に素晴らしい飛びぬけた要素のある映画を紹介しています。

そこで、同じ映画についていろいろなページを公開され、非常に充実しているマイキー様と、ぜひ相互リンクをお願いできないかと思いました。

私のブログの概要は以下になります。
ぜひ、相互リンクお願いできませんでしょうか?

タイトル:傑出!映画
リンク先URL:http://emol.seesaa.net/

以上、ご検討のほどよろしくお願いします。

投稿: ジオ | 2008年9月14日 (日) 11:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] パフューム ~ある人殺しの物語~:

« [ド] グレイズ・アナトミー3 #22 | トップページ | [映] ストリングス ~愛と絆の旅路~ »