« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月26日 (月)

[映] トランスアメリカ

 フェリシティ・ハフマン(デス妻のリネット)が、性同一性障害で女性になりたい男性役を演じて話題になった映画だ。ゴールデングローブ賞、主演女優賞を受賞している。

 ブリーは、本名スタンリー。男性として生まれたが、性同一性障害であり、女性になるためにホルモン治療を受けている。セラピーを受け、手術を受けることになり、その日を心待ちにしていた。そんなある日、自分にトビーという息子がいること、彼が留置所にいることを知らされる。かつて、一度だけ寝た女性との間の子らしい。しかも、子供の母親は亡くなっているらしい。手術の前に、彼に会うべきだとセラピストから言われ、渋々引き取りに行くが…

 最初は渋々だったブリー。子供の扱いなんてわからない。息子とは言え、初対面だ。とりあえず彼を保釈してもらう手続きを済ませるが、女性の格好で父親だとも言えず、教会の者だとウソをつく。とりあえず、彼を義理の父親の元に送り届けようと考える。そして二人のドライブが始まる。

 ドライブって不思議なもので、狭い空間に二人だけで乗っていると、自然といろいろな話をしたりする。次第に仲良くなる。仲の良い母子のようになる。ところが、トビーは、彼女が女性ではないことを知ってしまう。ウソをつかれたと感じたトビーは、再び心を閉ざす…

 製作総指揮は、フェリシティの実夫ウィリアム・H・メイシー。役者さんとしても活躍しているが、今回は裏方。ブリーの母役は、ブラザーフッドのローズ・カフィーこと、フィオヌラ・フラナガン。旅の途中で助けてくれたカルヴィン役に、ネイティブ・アメリカンの役でお馴染みグレアム・グリーン。山あり谷ありの二人旅の中で、彼とのシーンは、ホッとするシーンでもある。

 ちょっと生々しいシーンもある。だが、とても心温まる物語だ。なんと言っても、フェリシティ演ずるブリーがいい。とても素敵な人だ。あえて難があると すれば、彼女は、女性にしか見えないと言うこと。女性になりたい男性とは、どうしても思えないところだろうか。とはいえ、普段のメイクとは全く違い、男 性っぽいメイクではある。

 男が女になったり、女が男になったりと言うのは、まだまだ広く受け入れられた事とは言い難いが、ままあることと言えよう。お父さんが女にと言うことだってあるだろう。これからこういうことも増えてくるだろうし、いろいろ問題も出てくるのかもしれない。けれど、みんなが幸せになれるよう、なんとかうまくやってほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

清水・河岸の市

 上の子の高校で、理数科の生徒による研究発表会があった。発表するのは先輩たちなのだが、保護者や、中学生も見に行って良いと言う案内が来たので、夫婦で行ってみることに。土曜日だし、ちょっと早めに行って清水でお昼でも食べようと言うことになった。 

 年のせいか、ごちそう=和食という感じになってきた。清水と言えば港。ここはやっぱり海鮮か?と言うことで、さっそく旦那がみつけてきた河岸の市。清水の魚市場らしい。行ってみると、焼津さかなセンターの小型版といった感じで、新鮮な魚介類がたくさん売っている。筋子なんかも安く売っていて、買いたいところなのだが、これから研究発表会があるので、我慢我慢。

Vfsh0041  お刺身の美味しいお店が何軒もある。すごい店になると、長蛇の列。まだ11時半なのだが… ぐるりと回って、とりあえず列の一番短かった「のっけ家」と言うお店に並んだ。どんぶりのお店らしい。カウンターと、少々のテーブル。メニューの写真を見ているだけでヨダレが…

 15分ほど並んだだろうか、なんとかカウンターにたどり着く。どれも美味しそうで、ものすごく迷ったのだが、私は五色丼、旦那はまぐろヘルシー丼とやらを頼んだ。目の前では、おじさんとおばさんが、手際よく盛りつけている。早く食べたい~

Vfsh0039 Vfsh00401  ご飯の上にのっけるだけなので、すぐに出てくるのかと思いきや、意外と時間がかかった。並んでからどんぶりにありつけるまで、約30分。

 左が五色丼800円。とろろ、挽き割り納豆、オクラ、マグロ中落ち、真ん中に温泉たまご。ネギのトッピング。
 右がヘルシー丼700円。まぐろがたっぷりで、めかぶが乗っていて、いくらのトッピング。+50円でみそ汁がつく。旦那だけみそ汁をつけてもらったのだが、なぜかみそ汁は二つ運ばれてきたので、ありがたくいただいた。(当然お金も払った)

 ご飯は酢飯なのだが、注文時に言えば、白いご飯にしてくれるそうだ。それほど量は多くないので、ペロッと食べられると思いきや、結構お腹いっぱいに。大満足。12時過ぎ、お店を出ると、長蛇の列がすっかり解消されていた。みんな出足が早いよ、早すぎる…

 帰ってから調べてみたら、他のお店もそれぞれいろいろなメニューがあって、美味しそう。今度は違うお店にも入ってみたい。駐車場もあるけれど、駅からも歩いて行かれる距離なのがありがたい。

 すっかり満腹になったところで、上の子の高校へ。30分くらいかけて歩いて行ったのだが、満腹だし、歩き疲れたしで、ウトウト… と言うか爆睡。何しに行ったんだか… 帰りに、しっかり都まんじゅうも40個購入。私としては、やっぱり美味しいお昼を食べに、&都まんじゅうを買いに行ったってところか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

[ド] Dirt

 AXNで始まったドラマ、ダート。フレンズのモニカこと、コートニー・コックスが主演と聞いて飛びついた。かなり露骨な性描写もあるので、完全に大人向けだ。

 セレブのゴシップを扱う雑誌「Dirt」と「Now」両方の編集長を務める女、ルーシー・スピナー。仕事に妥協は許されない。そして、スターの情報収集のためなら、手段を選ばない。彼女が目をつけたのは、売れない俳優ホルト・マクラレン。彼が売れるよう好意的な記事を書く代わりに、彼から情報をもらうことにするが…

 冒頭から、キッツイ女ぶりを発揮。使えない部下を即クビにするのだ。だが、仕事はデキる。ホルトから情報を得るために近づく。情報を得て雑誌としては成功。だが、そのことが元で人が1人死んでしまう。そして罪悪感に苦しむ。

 ルーシーは、常に罪悪感でいっぱいのようだ。だがそんなことを言っていては仕事にならない。そういう気持ちを押し殺して、冷たい女を演じているようにも見える。

 彼女が信頼する数少ない人物の1人にカメラマンのドンがいる。彼は、統合失調症だそうで、多数の薬を服用。さらに、幻覚が見えたり、かなり危ない感じの人物なのであるが、スクープ写真の腕前はピカイチ。彼を演ずるのは、「バックビート」でジョン・レノンを演じたイアン・ハート。
 ルーシーに利用される俳優ホルト役は、サードウォッチのフィニーこと、ジョッシュ・シュチュワート。どこか悲しげな目がたまらない。売れっ子女優の恋人ジュリアにコンプレックスを持ちつつ、なんとか自分も売れたいと考えるあまり、ルーシーの誘いに乗ってしまう。だが、そのことでジュリアの親友を陥れることになり、今後もずっと苦悩することになるのだろう。
 ホルトの恋人ジュリア役は、4400のリリーこと、ローラ・アレン。売れない恋人を心から愛し、励まし続けるのだが、真相を知ったらどうなるのか…?

 ハリウッドスターの陰の部分が描かれている。セックス、ドラッグ、アルコール。スキャンダルで金が動く。スターになれるかどうかは、本人の努力や運だけではなく、こういう裏の動きもあることを知る。表の笑顔とは裏腹に、ドロドロした世界だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

[ド] キル・ポイント

 銀行強盗を描いたドラマだ。WOWOWは、全8話を土日に2話ずつで一挙に放送するらしい。ジョン・レグイザモ主演と聞いたので、交渉人の刑事の役かと思っていたら、銀行強盗の親玉だった。

 ピッツバーグのスリー・リバーズ銀行へ、銀行強盗が押し入った。誰も傷つけることなく、手際よく金を奪い、さっさと逃走する… ハズだった。だが、たまたまその場にいたFBI捜査官が、逃げる彼らに向けて発砲。さらに、銀行にいた客の1人が携帯から通報したために、警察も集まってきており、撃ち合いに発展。多くの負傷者を出した上に、強盗たちは逃げ場を失い、銀行へ逆戻り。そして客たちを人質に立てこもることに…

 よくある強盗事件のようにも見える。だが、強盗たちは、妙に統率が取れている上に、傷の手当ても見事。そして、彼らの正体が次第にわかり、物語が俄然面白くなるのだ。

 まず、ジョン・レグイザモが主演なだけあって、強盗たちが妙に魅力的だ。彼らの結束力はとても強い。彼らは元軍人で、イラクでの戦闘経験がある。本来なら、英雄と言われてもおかしくない人たちだったハズというところがポイントだ。ジョン演ずるボスのウルフは、頭がよいだけでなく、部下から信頼されており、その訴えていることは人々の共感を呼ぶ。犯人でありながら、民衆の人気者になってしまうあたりは、「狼たちの午後」にも似ている気がするが、彼らはもっと計画的だし、チームワークも抜群だ。

 警察の側もなかなか興味深い。カリー警部が交渉人として、ウルフとの交渉にあたるが、副本部長がしゃしゃり出てきたり(早々に失敗するが)、FBIのねーちゃんが偉そうに仕切ったり(同様に失敗)。人数が多い割に、一枚岩でないところが弱み。

 人質たちも、いろいろだ。パソコンの天才である青年が、重要な存在となる。富豪の娘は、なんとか逃げ出すすべはないかと画策。おとなしくしていれば助かると信じる者、悟りを開いているようなゲイの老人。誰1人とっても、失っていい命などない。

 さらに、なんとか自分の娘だけ救いだそうとする富豪の出現。強盗団の1人で唯一逃げられた者が、仲間の窮地をニュースで知って、他の仲間を集めて外から加勢したりと、単純な人質たてこもり事件ではなく、見所満載だ。

 交渉人カリー警部役は、ドニー・ウォールバーグ。マーク・ウォールバーグの兄ちゃんだ。「ソウ」シリーズ(2以降)のエリック・マシューズ刑事役でお馴染みだが、面白いことに、ジグソウ役のトビン・ベルも娘を人質にとられている富豪アラン・ベック役で出演している。

 4話まで一気に見た。まだまだ先が読めない。人質は全員助かって欲しいし、犯人たちにも感情移入してしまっているので、逃げおおせて欲しい。8話で決着がつくのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

[映] レイヤー・ケーキ

 ダニエル・クレイグ主演のイギリス映画。麻薬ディーラーのお話だ。ジェームズ・ボンドとはまたちょっと違った魅力。こういうのもいい。タイトルのレイヤー・ケーキというのは、クリームなどをはさんで層になっているケーキのことだが、どうやら麻薬の世界も、階層社会らしい。

 彼は麻薬ディーラー。頭もよく、仕事もキッチリしているので、信頼されている。コツコツと金をため、そろそろ引退しようと考えたい矢先、ボスから重大な仕事を任されることに。それは、ボスの親友の娘を探し出すこと、そして、大量のブツの処分。仲間と手分けして仕事を進めようとする彼は、ボスのワナにはまっていく…

 最後の方になって気づいたのだが、ダニエル・クレイグ演ずる主人公の名前がいっさい出てこない。彼の視点で描かれているので、彼の名前を言う必要がないのだが、最後まで名前を明かさないのだ。それには、彼なりの理由があるようだ。

 彼は、いわば中間管理職。ケーキの真ん中辺りだろうか。それなりに仕事をこなし、蓄えもできた。そろそろ引退と考えるのは当然だろう。だが、そう簡単にはいかない。ボスは大きな仕事をもってきた。これを片づけたら引退しよう、そう考える。だが、次第に、ボスの策略が見えてくる。その辺りが一番の見所だ。

 ボスの親友エディ・テンプル役で、マイケル・ガンボン。ボスの右腕ジーン役で、新スタートレックのオブライエンこと、コーム・ミーニー。また、主人公の相棒モーティ役は、ハリー・ポッターシリーズのキングスレー・シャックルボルトでお馴染み、ジョージ・ハリス。

 ドロドロした闇の世界だ。その割には軽快な映画と言える。前半登場人物を覚えるのが少々大変だが、そこさえ押さえておけば楽しめる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

[映] アダプテーション

 なんとも人を食った映画だ。タイトルもよくわからない。何の映画なのか。「マルコビッチの穴」の監督と脚本家の映画だと聞いて、なるほどと思った。そういう感じである。

 「マルコビッチの穴」で成功した脚本家チャーリー・カウフマン。だが、特別有名になったわけでもなく、相変わらずサエない毎日。そんなある日、ある脚本を担当することに。だが、それはある蘭コレクターの男を追った、女性作家の本。作品を読んでも、今ひとつ映画になりそうになく、すっかり行き詰まってしまい…

 さえない脚本家チャーリー・カウフマンとは、まさにこの映画の脚本家である。ニコラス・ケイジ演ずる彼は、本人にかなり似せている。まさに彼の物語なのだ。彼が脚本を書くことになる原作本も、実際にあるようで、作家スーザン・オーリアンも、蘭コレクターのジョン・ラロシュも、実在するらしい。面白いのが、チャーリーの双子の兄弟ドナルドも、この映画の脚本に関わっていることになっているところ。(彼は実在しない) ゴールデン・グローブ賞やアカデミー賞に彼もノミネートされたと言うから笑える。

 前半はとにかくワケがわからない。チャーリーがブツクサ言うシーンと、スーザンがジョンを取材するシーンが交互に描かれる。しかも、チャーリーの部屋に居候している双子の兄弟ドナルドは、神経質なチャーリーとは正反対の脳天気な男。見た目はそっくりなのに、なんだかうまいことやってる。そんなこんなで、なんだか訳がわからないながらも、目が離せず、ずるずると見ていると後半ビックリの展開で、アッという間のラスト。なんとも不思議な映画なのだ。

 スーザン・オーリアン役がメリル・ストリープ。ジョン・ラロシュ役がクリス・クーパー。彼はこの役でアカデミー賞助演男優賞、ゴールデン・グローブ賞を受賞。(メリル・ストリープもゴールデン・グローブ賞受賞) また、ジョン・マルコビッチや、ジョン・キューザック、キャサリン・キーナー、スパイク・ジョーンズ監督が、本人役でチョロッと出ている。

 「マルコビッチの穴」同様、チャーリー・カウフマンの頭ん中を覗いたような映画だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] 父親たちの星条旗

 「硫黄島からの手紙」との2部作として話題になった映画。こちらが第1弾らしいのだが、第2弾の方を先に見てしまった… しかも、なかなか見る気になれずにいたのだが、「硫黄島~」とは少々雰囲気が違う。単なる戦争回想映画ではなく、硫黄島での戦い、本国のお祭り騒ぎ、そして息子が当時の様子を調べ始めた現在が、交差して描かれると言う構成になっている。さすがイーストウッド監督。

 終戦も近い1945年。硫黄島へ上陸したアメリカ軍は、日本軍の反撃に合い苦戦。そんな中、ちょっとした思いつきで山頂に星条旗を立てた。その時の写真がアメリカ本国で話題になり、その時旗を立てた6人は急遽帰国させられる。すっかり英雄に祭り上げられた彼らだったが…

 報道の影響ってすばらしいと同時に恐ろしい。1枚の写真によって、すっかり人生が変わってしまった彼ら。他の仲間が闘っている時に、国に呼び戻され、戦費調達のための国債キャンペーンに利用されてしまうのだ。日本が貧困にあえいでいる時、アメリカ人はチョコ食ったり肉食ったりしてたって話を聞いたことがあるが、当時彼らも相当資金難だったようだ。(日本の比ではないだろうが)

 しかも、この旗を立てた行為には、ちょっとした経緯がある上に、写真に写っているのが誰かで、少々問題があったようだ。この辺りの出来事を、硫黄島での戦いと、その後の様子とを交互に見せることで、少しずつ事情がわかってくる仕組みだ。

 主役ドク役はライアン・フィリップ。衛生兵である彼は、負傷した仲間の手当をするのが役目なのだが、その一方で、敵(日本兵)に襲われそうになり、相手を殺してしまう。また、味方の誤射で命を落とす仲間たち。なんともやりきれない思いが残る。本当に戦争ってくだらない。

 ドラマで見かける顔も多く(デス妻のビクター・ラングことジョン・スラタリー、ロバート・パトリック、「M.I.緊急医療捜査班」でお馴染みニール・マクドノー、「ボストン・パグリック」のケビン・ライリーことトーマス・マッカーシーなどなど)、全体的に渋めの配役。

 戦場で仲間を失った上に、特に何をしたわけでもないのに英雄に祭り上げられてしまった者のとまどい。息子を失った母親の悲しみ。彼らの気持ちなんかお構いなしに、資金集めのために英雄を作り出し利用する者たちのもくろみ。それを知った家族の想い。実に深い映画だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

[映] フリーダムランド

 全く知らない映画だったのだが、サミュエル・L・ジャクソンとジュリアン・ムーア主演のニューマン・ミステリーということで、興味を持った。だが、大きくハズされた気分…

 黒人低所得者層が多く住むアームストロング団地。自身もそこの出身の刑事ロレンゾは、ある日、白人女性がハイジャックされた事件を担当。容疑者が、この団地の人間らしいことがわかり…

 ロレンゾ(サミュエル・L・ジャクソン)は、何かと問題を起こすこの地区と、警察との、いわば仲介役だ。この地区の住民全てを知っていると言う彼は、白人女性の事件を担当することで、警察と住民との板挟みになってしまう。さらに、彼には持病(ぜんそく??)があるらしく、興奮すると発作が。また、自分の息子は刑務所にいる上に、彼がそうなった原因は自分にあると自分を責める。

 一方、被害者である女性(ジュリアン・ムーア)は、病院に血まみれの姿で現れ、カージャックされたと言う。だが、事情聴取しているうちに、車に4才の息子が乗っていたと言い出す。この時点で、この女性の言っていることが少々おかしいことに気づく。だって、息子が誘拐されたのなら、まずそれを一番先に言うハズだ。それが親ってもんだ。

 白人少年が誘拐された上に、容疑者が黒人ということで、大騒ぎである。団地の住民と警察とが衝突、暴動にまで発展してしまう。だが、被害者女性の言うことは、なんかおかしい。そして次第に、真相がわかってくる。

 題材としてはとても興味深いし、キャストも申し分ない。だが、脚本が面白くないのだ。なんだかズルズルと話が進み、特に盛り上がることもなく、結末も消化不良ぎみ。やたら周りを振り回したこの女性に腹が立つのだが、なぜか誰も彼女を責めない。彼女に同情すべき点はないのに、なぜかみな彼女に優しい。真相もわかったようなわからんような。なんだかなー。

 脇を固めるのは、ソプラノズのカーメラこと、イーディ・ファルコ。ERのシェップこと、ロン・エルダード。そして、ウィリアム・フォーサイス。

 なんだかもったいないと思う。原作もベストセラーらしいし、キャストもいいのに。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »