« [映] 不都合な真実 | トップページ | [映] 父親たちの星条旗 »

2008年5月 4日 (日)

[映] フリーダムランド

 全く知らない映画だったのだが、サミュエル・L・ジャクソンとジュリアン・ムーア主演のニューマン・ミステリーということで、興味を持った。だが、大きくハズされた気分…

 黒人低所得者層が多く住むアームストロング団地。自身もそこの出身の刑事ロレンゾは、ある日、白人女性がハイジャックされた事件を担当。容疑者が、この団地の人間らしいことがわかり…

 ロレンゾ(サミュエル・L・ジャクソン)は、何かと問題を起こすこの地区と、警察との、いわば仲介役だ。この地区の住民全てを知っていると言う彼は、白人女性の事件を担当することで、警察と住民との板挟みになってしまう。さらに、彼には持病(ぜんそく??)があるらしく、興奮すると発作が。また、自分の息子は刑務所にいる上に、彼がそうなった原因は自分にあると自分を責める。

 一方、被害者である女性(ジュリアン・ムーア)は、病院に血まみれの姿で現れ、カージャックされたと言う。だが、事情聴取しているうちに、車に4才の息子が乗っていたと言い出す。この時点で、この女性の言っていることが少々おかしいことに気づく。だって、息子が誘拐されたのなら、まずそれを一番先に言うハズだ。それが親ってもんだ。

 白人少年が誘拐された上に、容疑者が黒人ということで、大騒ぎである。団地の住民と警察とが衝突、暴動にまで発展してしまう。だが、被害者女性の言うことは、なんかおかしい。そして次第に、真相がわかってくる。

 題材としてはとても興味深いし、キャストも申し分ない。だが、脚本が面白くないのだ。なんだかズルズルと話が進み、特に盛り上がることもなく、結末も消化不良ぎみ。やたら周りを振り回したこの女性に腹が立つのだが、なぜか誰も彼女を責めない。彼女に同情すべき点はないのに、なぜかみな彼女に優しい。真相もわかったようなわからんような。なんだかなー。

 脇を固めるのは、ソプラノズのカーメラこと、イーディ・ファルコ。ERのシェップこと、ロン・エルダード。そして、ウィリアム・フォーサイス。

 なんだかもったいないと思う。原作もベストセラーらしいし、キャストもいいのに。残念。

|

« [映] 不都合な真実 | トップページ | [映] 父親たちの星条旗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] フリーダムランド:

« [映] 不都合な真実 | トップページ | [映] 父親たちの星条旗 »