« [映] ブラッド・ダイヤモンド | トップページ | [映] アメリカンサイコ »

2008年6月15日 (日)

[映] ゴーストライダー

 これは、はっきり言ってB級映画だ。ニコラス・ケイジが出ている意味がわからないし、もっと若手に任せれば良かったのにと思う。おまけにピーター・フォンダまで出ている… (イージーライダーだったから??) 墓場の番人(ケアテイカー)役で、サム・エリオットが出ていたのは、ちょっとうれしい。(ライラの冒険の、リー・スコーズビーでお馴染みか)

 バイクのスタントショーをしているバートンとジョニーのブレイズ父子。ある日、父バートンがガンで余命幾ばくもないことを知ったジョニー。そこへやってきた悪魔メフィストから、父の病気を治してやる代わりに魂をよこせと言われ、契約してしまう。翌日、すっかり元気になったバートンだったが、スタントで失敗して、死亡。失意のジョニーは町を出る…

 アメコミが原作ということで、いかにもそれらしい作り。悪魔メフィストに魂を売ってしまったジョニーは、その後、しばらくは普通に暮らしていたらしい。スタントで、それなりに稼いでスターになっている。だがある日、彼の前に再びメフィストが現れ、魔界の反逆者ブラックハートを捕まえろと言う指令を出す。そして彼は、自分の意志には関係なく、ブラックハートを探しに行くことになるのだが、このときの姿が燃える骸骨であり、燃えるバイクで、ちょっと格好良いのかもしれない。

 一応ストーリーもある。かつて、ちょっとした過ちでゴーストライダーになってしまった男がいる。彼は、悪魔の契約書を奪って隠したらしい。ブラックハートはそれを狙っている。それを阻止したいメフィスト。メフィストの指示で動かざるを得ないジョニー。それに、ジョニーのかつての恋人ロクサーヌも絡んで、それなりに面白い展開のハズ。

 だが、なんか今ひとつ。何が悪いのか。30才になったジョニーということなのだが、ニコラス・ケイジにはやっぱりムリがある。ギンギンのアメコミに徹するなら、もっと若くて格好良い人をジョニー役にすべきだ。大物俳優を使えばいいってもんじゃない。

|

« [映] ブラッド・ダイヤモンド | トップページ | [映] アメリカンサイコ »

コメント

あの終わり方は、続編作りたいってミエミエだよね~。ま、それもいいかもしれないけれど、やっぱ役者を替えて欲しい。ドラマ「スーパー・ナチュラル」の兄役の人なんか、ピッタリだと思うんだけどな。年齢的にも。

投稿: マイキー | 2008年6月17日 (火) 08:21

ニコラス・ケイジを「ナショナルトレジャーの人」程度の認識しかないうちの子達にとっては、元がコミックということもあって結構楽しめていたよう。吹き替え版で見たし。ただ、私も見ていて違和感が・・。そうか主人公は30才っていう設定だったのね。(←ちゃんと見ていない)ヒットすればパート2を作ろうかという終わり方も・・・・。子ども達は期待しているけど。

投稿: nana | 2008年6月16日 (月) 11:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ゴーストライダー:

« [映] ブラッド・ダイヤモンド | トップページ | [映] アメリカンサイコ »