« [ド] シックス・フィート・アンダー5 #9、#10 | トップページ | [映] リトル・チルドレン »

2008年7月21日 (月)

[映] スパイダーマン3

 シリーズ3作目。前回ちょっとスランプだったピーターも、すっかりヒーロー役が板についてきたところ。ちょっと図にのっているところが笑える。新しい敵や、自分自身も謎の寄生生物に取り付かれたりして、ストーリーもなかなかだ。

 スパイダーマンとしての役割にも慣れ、MJとの仲も順調なピーター。結婚も考え始め、ついにプロポーズを決意するが、ハリーにジャマされてしまう。そのころ、おじを殺害した犯人が脱獄、サンドマンとなって現れる。失意のピーターは、謎の寄生生物に取り付かれ、ブラック・スパイダーマンとなってしまい…

 前回はスランプだったが、今回は調子に乗ってやりすぎと言うことらしい。ヒーローでいるのもなかなか大変そうだ。MJは、女優として挫折。そんなときに、自分のことで頭がいっぱいのピーターは、彼女の気持ちを考える余裕がない。そこをハリーにつけこまれ、寄生生物に取り付かれ… と悪循環が続く。

 今回、記者としてのピーターにライバルが出現するのだが、このエディ役、70’sショーのエリック・フォアマンでお馴染み、トファー・グレイス。調子の良いキャラはそのまんまだ。ズルをして社員の座を手にするのだが、ピーターにあっさり暴かれて彼を恨み、ヴェノムとなる。また、サンドマン役は、ブロークン・トレイルが印象的だった、トーマス・ヘイデン・チャーチ。一見ちょっと悪そうだけれど、なんか憎めないキャラなので、今回の役にもうまくはまっている。

 ピーターは、能力は手に入れたけれども、人間的にはまだ未熟。今回は、謎の寄生生物のせいもあって、ちょっと暴走してしまう。いつもやられっぱなしの優しいピーターが、チョイワル・ピーターになったところはなかなか面白い。また、戦うシーンは相変わらず迫力満点だ。こうやって少しずつヒーローも成長していくんだなと思える作品だ。

 

 

|

« [ド] シックス・フィート・アンダー5 #9、#10 | トップページ | [映] リトル・チルドレン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] スパイダーマン3:

« [ド] シックス・フィート・アンダー5 #9、#10 | トップページ | [映] リトル・チルドレン »