« [映] ゾディアック | トップページ | [映] ダークナイト »

2008年8月10日 (日)

[映] ゾディアック 十二宮の連続殺人鬼

 前述の「ゾディアック」と同じ題材だが、描き方が少々違うようだ。こちらのほうが先にできたらしい。ゾディアックを追う刑事役に、グレイズ・アナトミーのアレックスこと、ジャスティン・チェンバース。

 1968年、カップルが襲われ殺害される事件が発生。パリッシュ刑事が担当となるが、手がかりも少なく、捜査は難航。そして半年後、再びカップルが襲われ、犯人から犯行声明が届く。パリッシュの息子も興味を持ち、ゾディアックと呼ばれる犯人の情報を集め始めるが…

 こちらは、捜査をする刑事の視点で描かれている。パリッシュは、なかなか腕利きのようである。だが、真犯人に近づくことすらできない。おまけに、捜査に没頭するあまり、家族をないがしろにしてしまう。

 パリッシュの息子役に、「サイン」ですっかりお馴染みになったロリー・カルキン(マコーレーの弟ね)。ちょっと謎めいた少年だ。ゾディアックについて、記事を集めたりして、連続殺人の関連性を調べている。何かに気づいているようでもある。きっと何かあると思って見ていたのだが、何も起こらない。ただ興味を持っていると言うだけらしい。なんたる思わせぶり。

 パリッシュの妻役に、プリズンブレイクのベロニカ・ドノバンこと、ロビン・タニー。記者(レポーター?)役に、LOSTのイーサンこと、ウィリアム・メイポーザー。そのほか、「ゾディアック」の方にも出演していた、フィリップ・ベイカー・ホール。CSIマイアミのトリップ刑事こと、レックス・リン。

 雰囲気は出ているのだが、メリハリがなく、結末も今ひとつ。せめてあの少年が、何かを見せてくれたら、もうちょっと面白かったのにね。

|

« [映] ゾディアック | トップページ | [映] ダークナイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ゾディアック 十二宮の連続殺人鬼:

« [映] ゾディアック | トップページ | [映] ダークナイト »