« aXbo 眠りの浅いところで起こしてくれる目覚まし時計 | トップページ | [映] アレックス・ライダー »

2008年8月31日 (日)

[映] ミス・ポター

 ピーター・ラビットの作者としてお馴染みの、ベアトリクス・ポッターの伝記映画。絵はもちろん知っていたし、オリジナル絵本のミニチュア版もなぜか持っている。だが、作者にそれほど興味を持ったことはなかった。なかなかユニークな人だったようだ。

 20世紀初頭のロンドン。裕福な家に育った32才独身のベアトリクス(レニー・ゼルウィガー)は、自分の絵本を出版しようと奔走していた。やっと出版社を見つけ、出版にこぎつけるが、両親が望んでいたのは幸せな結婚だった…

 当時、上流階級の女性が仕事をするなどということは、もってのほかだったようだ。両親も、早く財産のある人と結婚して欲しいと思っていた。だが、ベアトリクスは、そんなことには興味がなく、自分の友だち(かわいい動物たち)の絵本を出版する夢に向けて邁進。と言っても、今のキャリアウーマンのような仕事一筋というイメージとは全く違い、自然や動物たちを愛する、とてもチャーミングな女性である。

 やっと見つけた出版社で、出版が決まるが、担当になったのはこれが初仕事になると言うノーマン(ユアン・マクレガー)。なんだか頼りない感じだが、2人はすっかり意気投合。印刷所へまで足を運び、こだわりの絵本が完成する。そうこうするうち、2人は惹かれあい… と幸せ一直線の前半、突然訪れた不幸、そして新たな目的を見つけて立ちあがるところまで描かれているが、イギリスの田園風景や、動物たちと共に、ほのぼのと描かれている。

 こんな人生を送った人なのねと思うと同時に、ゆったりとした余韻が残るのは、やはりあの田園風景から来るものだろう。確かに、恵まれた生い立ちの人かもしれないが、自分で人生を切り開いた人でもある。自然や動物たちを愛する心は、絵に表れている。買ったままになっていたミニチュア絵本を読んでみる気になった。

|

« aXbo 眠りの浅いところで起こしてくれる目覚まし時計 | トップページ | [映] アレックス・ライダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ミス・ポター:

« aXbo 眠りの浅いところで起こしてくれる目覚まし時計 | トップページ | [映] アレックス・ライダー »