« [映] エバン・オールマイティ | トップページ | [映] 題名のない子守唄 »

2008年9月21日 (日)

[映] ボーン・アルティメイタム

 記憶をなくした、元CIA諜報部員ジェイソン・ボーンの3部作、最終章だ。ついにボーンが記憶を取り戻す。

 CIAの極秘プロジェクト「トレッドストーン」によって、暗殺者に仕立てられ、記憶を消された男ジェイソン・ボーン。自身の過去を取り戻し、恋人を殺した者への復讐をすべく、調査を続ける彼は、ブラックブライアー計画を知る。この計画について調査している記者に接触し、情報を得ようとするが…

 完結編ということで、やっと真相がわかる~と期待して見たのだけれど、(確かにわかったのだろうけど)、ちょっと肩すかし。結局、トレッドストーン計画やらブラックブライアー計画だのの存在はわかるけれど、それ自体がどういうものなのか、よくわからない。ボーンは利用されたと言うことを再確認しただけだ。(利用されたのは最初からわかっている)

 とはいえ、この映画の見所は、やっぱりアクションだろう。常に追われる身であるジェイソンが、逃げたり、戦ったりするシーンがほとんどで、これはスリリングだし、迫力満点だ。そういうものを見たいのならば、この映画は非常におすすめ。見応え十分だ。

|

« [映] エバン・オールマイティ | トップページ | [映] 題名のない子守唄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ボーン・アルティメイタム:

« [映] エバン・オールマイティ | トップページ | [映] 題名のない子守唄 »