« [映] フェイク | トップページ | [映] バタフライ・エフェクト2 »

2008年10月 2日 (木)

[映] ソウ4

 ソウシリーズ待望(?)の4作目。前作でジグソウは死亡しているので、どういう展開になるのかと思っていたが…

 ジグソウの遺体を解剖した検死官は、胃の中かから、ロウで固められたカセットテープを発見。内容を聞くホフマン刑事。一方、元SWAT隊員が次々とジグソウの餌食となり、マシューズ刑事も行方不明に。唯一生き残ったリッグ刑事は、マシューズ刑事探しに躍起になるうち、ジグソウのゲームに巻き込まれていく…

 まず、前作から続いていると言うことで、ソウ3を見ていない人は、見てからの方が、より楽しめると思う。前作から引き続き、マシューズ刑事役でドニー・ウォールバーグ(マークの兄ね)、ホフマン刑事役にコスタス・マンディロア(ピケットフェンスのケニーね)。リッグ刑事、ジェフ、共犯者アマンダ、元妻のジルが出演。さらに、本作で生き残ったホフマン刑事、FBIのストラム捜査官、ジル、アマンダは、ソウ5にも出演するらしい。っておい、まだ続くんかよ~。

 前作で死亡したジグソウの遺体解剖シーンから始まる。胃の中から出てきたテープで、まだゲームは終わってないよと告げる。3のすぐあとのシーンなのねと思って見ていると、最後で唖然。時折、3のシーンや過去の回想シーンを織り込みながらの展開で、時の流れが把握しにくいので、注意して見て欲しい。ストーリー的には、いつものパターンなのだが、この時間の流れの映し方にヒネリがあるのが今回の特徴。またさらに、ジョン・クレイマーというまっとうな男が、なぜジグソウとなったのかが、描かれている。

 とはいえ、なんと言っても残酷なシーン連発がウリのこの映画。バッチリR15指定だし、とにかくグロいシーンがてんこ盛りなので、苦手な方にはおすすめしない。

|

« [映] フェイク | トップページ | [映] バタフライ・エフェクト2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ソウ4:

« [映] フェイク | トップページ | [映] バタフライ・エフェクト2 »