« [映] レミーのおいしいレストラン | トップページ | [映] ファンタスティック・フォー:銀河の危機 »

2008年11月14日 (金)

[ド] ダーティ・セクシー・マネー

 シックス・フィート・アンダーのネイトこと、ピーター・クラウス主演のドラマが、スーパードラマTVで始まった。ちょっとどんなドラマか想像つかなかったのだが、なかなか面白そうだ。

 ニック・ジョージはNYに住む弁護士。父も弁護士で、大富豪ダーリング一族のお抱え弁護士だった。だが、一族の仕事に私生活を奪われたせいで両親は離婚。父に育てられたニックは、ダーリング一族の仕事は決して引き受けまいと考えていた。だが、父が突然の飛行機事故で死亡。そして、一族の家長であるトリップから、一族の弁護士となるよう頼まれる。あまりの好条件に引き受けてしまうのだが…

 ニックはなかなかやり手の弁護士のようだ。しかも、ボランティアに近い仕事をしている、正義感の強い人物らしい。愛する妻と、かわいい娘がいる。大金持ちの一族の仕事をするのだから、金銭的にはとても有利のハズ。ところが、このダーリング一族は、かなりのくせ者だ。一族のキャラクターを、おおざっぱにまとめてみると…

パトリック・”トリップ”・ダーリング3世(ドナルド・サザーランド):大金持ちのダーリング一族の家長。一見善良そうだが、裏もありそう。どうもジュリエットを溺愛している様子。
レティシア・ダーリング(ジル・クレイバーグ):トリップの妻。一見、品のある女性。ニックの父ダッチと40年も不倫していた(?)。
パトリック・ダーリング4世(ウィリアム・ボールドウィン):ダーリング家長男。ニューヨーク州検察局の検事総長。妻と子どももいるが、性転換した女性(元男性)と不倫関係に。
カレン・ダーリング(ナタリー・ジー):ダーリング家長女。4度目の結婚間近。かつてニックとつき合っていたことがあり、未だ未練があるらしい。
ブライアン・ダーリング(グレン・フィッツジェラルド):ダーリング家次男。牧師。妻も子どももいるが、隠し子もいる。ニックの父ダッチのことを良く思っておらず、ニックの事も嫌っている。
ジュリエット・ダーリング(サミーア・アームストロング):ダーリング家次女。女優志望だが、才能はなさそう。親の七光りでチヤホヤされてきたが、家を出て独り立ちを決意。(OCのアンナ役でお馴染みだね!)
ジェレミー・ダーリング(セス・ガベル):ダーリング家三男。ジュリエットの双子の弟。仕事もせずに親の金で遊んでいるくせに、自分を不幸だと思っている。

 ニックの娘キキ役は、#1のみエル・ファニングが演じている。(彼女とは、ロスト・ルームでも親子を演じているね)

 彼らは、それぞれニックを頼りにしていると言うか、彼らそれぞれに、ニックはこき使われている。つまらない用事で、始終呼び出されているのだ。そんなこんなで、早々に辞めると言い出したニックだが、トリップに説得されて続けることに。だがそれだけではなく、父親の死の真相を知るためには、彼らに近づくことが必要と考えたようだ。さて、ダッチに何があったのか?

 アメリカではなかなか高い評価を得ている。今年の10月からシーズン2を放送中。各シーズン13話らしいのだが、シーズン1は#10までしか放送されていない様子。スーパー・ドラマTVでも全10話となっている… その辺りがちょっと気がかりなのだが、なかなか面白そうなドラマだ。

|

« [映] レミーのおいしいレストラン | トップページ | [映] ファンタスティック・フォー:銀河の危機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ド] ダーティ・セクシー・マネー:

« [映] レミーのおいしいレストラン | トップページ | [映] ファンタスティック・フォー:銀河の危機 »