« [ド] ダーティ・セクシー・マネー | トップページ | [映] インベージョン »

2008年11月16日 (日)

[映] ファンタスティック・フォー:銀河の危機

 ファンタスティック・フォーの2作目。元々期待していなかったのだが、思った通りストーリーとしては今ひとつ。

 すっかりヒーローとして人気者の4人。そのうちの2人、リードとスーザンは、結婚間近。だが、式の事よりも、研究に打ち込むリード。彼を愛していながらも、プライベートの時間が取れない状態での結婚生活に不安を感じるスーザン。そんなある日、謎の宇宙人(サーフボードに乗った、全身銀色の宇宙人)による攻撃で、地球が壊滅の危機に。

 まず、ストーリーがちょっと唐突。突然やってきた謎の銀色宇宙人から、地球が攻撃を受ける。サーフボードに乗っている上に、ものすごい力を持っている。どうやら、彼が来て8日で星は破壊されてしまうらしい。とりあえず、彼ら4人に助けを求めてくる陸軍。

 銀色サーファーを、どうやって止めるか。どうすれば捕まえられるか、と言うところで、前作の悪役ビクター(チャームドのコール、ニップタックのクリスチャンこと、ジュリアン・マクマホン)が登場。協力を申し出る。でもさー、裏切るのミエミエだよね。

 銀色サーファー捕獲に成功し、彼との接触で、事情を知ったスーザン。結局、親玉は別にいて、銀色サーファーはパシリなわけだけれど、彼の協力なくしては地球は救えない。彼の気持ちを動かしたのは、スーザンを想うリードの気持ちなワケで、つまりテーマは「愛」?

 全体的にストーリーが薄い感じは、想像通り。まぁ、軽い気持ちで見るにはいいかも。なんでサーフボード? とか、なんで銀色? とか、なんで人間の姿と同じなんだとか、あの悪玉は何者だったんだとか、軍隊はあの4人に頼るばっかりでなんだか情けないぞとか、つっこみどころはいろいろあるが、その辺はまぁいい。どうも解せないのは、ビクターの考えていること。彼は、パワーの源であるサーフボードを狙っていたワケだけれど、サーフボードでパワーを得ても、地球が破壊されてしまったら意味ないんじゃない? 宇宙で1人サーフィンかい? 何がしたかったんだろう。

 

|

« [ド] ダーティ・セクシー・マネー | トップページ | [映] インベージョン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ファンタスティック・フォー:銀河の危機:

« [ド] ダーティ・セクシー・マネー | トップページ | [映] インベージョン »