« [映] ウェイトレス | トップページ | [ド] LOST4 #86 »

2008年12月11日 (木)

[映] パーフェクト・ストレンジャー

 ハリー・ベリーがやり手女性記者を演ずるサスペンス。どんでん返しが楽しめる!?

 やり手記者のロウィーナ。政財界の大物のスキャンダルを暴くが、記事にする直前にもみ消されてしまい激怒。新聞社を辞めてしまう。その直後、幼なじみのグレースが遺体で発見される。彼女の死の真相を探るため、彼女がつき合っていた広告業界の大物、ハリソン・ヒルに近づくが…

 どんでん返しは結構見てきたが、これはかなりすごい。と言うか酷い。掟破りと言えよう。

 ロウィーナは、グレースの事件を探るため、ハリソン・ヒルに近づくのだが、この潜入はなかなかスリリングだ。相棒マイルズの助けを借りて、お色気も振りまいて、ハリソンの秘密を探り出そうとする。かなり危険な状況に陥っても、ロウィーナは嘘で切り抜ける。実はここがポイントで、ロウィーナは嘘がとてもうまい。そもそも、新聞の記事も、男性の名前で出しているくらいだ。

 所々に挿入されている、ロウィーナの過去も重要だ。最初の方のシーンで、幼なじみであるグレースとの関係が、さりげなく描かれるが、ここも重要。最初っから謎を解く鍵はぶら下がっていたと言うことが、あとでわかる仕組みだ。

 相棒であるマイルズも侮れない。彼がロウィーナに惚れていることはすぐにわかるのだが、それは、信頼できる相棒の域を超えている。

 ハリソン・ヒル役に、ブルース・ウィリス。マイルズ役に、マイ・ネーム・イズ・アールのラルフ、フレンズのフランクこと、ジョヴァンニ・リビシ。ロウィーナとグレースの元彼役で、CSIのウォリックでお馴染みゲイリー・ドゥーダン。グレース役に、コールド・ケースのクリスティーナ(リリーの妹)でお馴染みニッキー・エイコックス。

 どんでん返しを楽しみたい人にはお勧め。ハリー・ベリーも美しい。けれど、ちょっとひねりすぎっていうか、やりすぎな気はする。ムリがある。見終わってしばらく、ポカンとしてしまった。

|

« [映] ウェイトレス | トップページ | [ド] LOST4 #86 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] パーフェクト・ストレンジャー:

« [映] ウェイトレス | トップページ | [ド] LOST4 #86 »