« [映] プロジェクトBB | トップページ | リモコン »

2009年1月 6日 (火)

[ド] バトルスター・ギャラクティカ

 昔放送していたドラマ、宇宙空母ギャラクティカの進化版と言うべきか。人工知能を備えたロボット「サイロン」と人類との戦いを描いた作品で、設定は同様だが、物語はかなり複雑になっているらしい。らしいと書いたのは、元作品を見ていないので、比較ができないから。当時見ていなかったことが悔やまれる…

 ロボットと人間の戦いって、よくあるお話だが、これはひと味違う。ロボットと言っても、人間と見分けがつかない→人間に紛れ込んでいる。自分がサイロンだと気づいていない者もいたりする。サイロンの一斉攻撃で、人類の多くが死滅。大半の戦艦や戦闘機はやられてしまうが、旧型であるためネットワーク化されていなかったギャラクティカと、展示用だったバイパー少々のみが残る。なんとも皮肉なことだが、この辺り、ハイテク化が進んだ現代で、考えなければいけないことかもしれない。

 また、大統領も死亡してしまったため、唯一難を逃れた教育庁長官が急遽大統領に就任。サイロンのワナにまんまとハマり、一斉攻撃に手を貸してしまったバルター博士は、ちゃっかり助かってギャラクティカにやってくる。未だにサイロンの美女の妄想にとらわれ、彼女のいいなりに操作されている。生き残った人類はわずか5万。サイロンの攻撃は続き、人間の戦力はわずか。さて、これから人類はどうするのか。

 ストーリーが複雑で、深みがあるだけでなく、登場人物も個性的。艦長のアダマ司令官に、エドワード・ジェームズ・オルモス(マイアミ・バイスのカステロ主任でお馴染み)、ロズリン大統領役にメアリー・マクドネル、バルター博士役に、ジェームズ・キャリス(ブリジット・ジョーンズの日記で、ブリジットの友だちトム役)。面白いことに、宇宙空母ギャラクティカのアポロ役でお馴染みリチャード・ハッチが、かつてテロリストだった男トム・ザレック役で出演している。

 最初の数話は、設定が飲み込めず、内容についていくのに必死だったが、後半から俄然面白くなってきた。スーパードラマTVではお正月にシーズン2までの全話を一挙に放送。毎週の放送もまだシーズン2の途中なのに、いいのかなぁ、もったいないと思いつつ、一挙に見てしまった。バルター博士が、なんと大統領選に出馬し、ロズリンと対決。そしてとんでもない結末に。

 現在アメリカでは、シーズン4を放送中。まだまだ続く戦い。人類最大の危機。どうするアダマ、どうなる人類!

|

« [映] プロジェクトBB | トップページ | リモコン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ド] バトルスター・ギャラクティカ:

« [映] プロジェクトBB | トップページ | リモコン »